Home > スポーツ | 社会 > 本来の柔道の精神を取り戻せ

本来の柔道の精神を取り戻せ


 今日は山口県知事選挙についてひとこと言っておこうと思ったのですが、あまおちさんがどうしても昨日の柔道のコトについて言いたいと言っておりますので、今日は我慢してお付き合いください。
 よろしくお願いします。
 
 
 おい、我慢してっていうのなんだー。
 
 と、みんな昨日の柔道見た?
 結果だけ見ればやはり柔道発祥国としては全部金メダルを取って欲しい気持ちはあるから色々と残念な部分もあるが、でも精一杯戦った選手達には最高の賛辞を送りたいと思うし、それでもやっぱり感動したっていうのが率直な気持ちだ
 だがね、ちょっとね、これについて一言言っておきたいんだ。
 

 五輪柔道:旗判定やり直しで、海老沼が準決勝へ
 
 審判に向かって大ブーイングが起きた。柔道男子66キロ級準々決勝。最初は相手の韓国選手に旗3本が上がったが、本部席にいる審判委員(ジュリー)から異議が出た。畳にいる審判3人が協議の末、もう一度、旗判定に。やり直しは、今度は海老沼に旗が3本上がった。韓国選手はしばらく畳から下りようとしない。後味の悪い試合ながらも、海老沼が準決勝に進んだ。

 
 柔道を知らない人はなんのこっちゃかもしれんが、簡単に説明すれば、柔道の試合時間5分+延長戦3分でも決着が付かない時は「旗判定」と言って、主審と2人の副審が「総合的にどっちが有利に試合を進めたか」を判断して有利だと思う方の色の旗を揚げて決着を付けるというルールがあるんだが、この試合の旗判定の結果としては海老沼選手の負けが宣告された後、審判本部席から判定のやり直しが指示され、なんと2回目の旗判定が行われて、海老沼選手の勝ちということになったという珍事があったのだ。
 オレは柔道の試合を観ていて、旗判定が2回もされたなんてのは初めて見た。
 オレの目から見たら明らかに試合内容は海老沼選手が勝っていた試合だと感じたが、それでも選手の気持ちになれば、判定を覆された選手はもちろん、海老沼選手にとってもしんどい出来事になってしまったのは否めないだろう。
 ビデオ判定は試合の公平性という観点からは今のところ最も有効な手立てだとは思うが、それと選手の気持ちは別問題だ。
 さすがにこれはどちらの選手に対しても同情を禁じ得ない。
 このようなことをしでかした国際柔道連盟には猛省を求めるところである。
 
 今回の柔道を見ていると、判定の取り消しがかなり多い。
 ビデオ判定が導入されて、それが柔道界で浸透してきたというのはあるのだろうが、それにしても一本と宣告された後に取り消しがあるなんてことも、今回の五輪だけでもかなり頻発してしまっている。
 色々な意味でこれは「ない」
 そもそも柔道というものの精神からして、ちょっとこれはあり得ないと言わざるを得ない。
 
 オレが最も言いたいのは、判定の取り消しがあるにも関わらず、一本や延長戦でのポイントが付いた後にはいったん試合が止まってしまう部分にある。
 ここも柔道を知らない人にはなんのこっちゃになってしまうが、柔道という競技は投げ技だけの競技ではなく、投げた後の寝技の攻防、つまり押さえ込みや絞め技、そして関節技もあってこその柔道であるのだから、本来の柔道で言えば、もし本当に一本が決まっていないならそのまま寝技の攻防に移行しなければならないという点だ。
 今のままのルールだと一本が宣言された時や、延長戦の場合は「有効以上のポイントが付いたらそこで終わり」という昔で言うサドンデス方式なので、延長戦時の有効以上の宣言が出された時は、そこで流れがいったん止まってしまう。
 だから、この場合は寝技の攻防は行われない。
 でもそれなのに、後から判定が覆えり、それは一本や有効以上ではないと宣告されるのであれば、では本来あるはずの寝技の部分が審判のミスによって行われないことになってしまう。
 あるべきものが無かったことにされてしまうわけだ。
 これは本来の柔道の精神としては、あってはならないことなのだ。
 
 柔道のもともとの考え方・精神で考えると、一本とは相手を殺させる威力のある技のことだ。
 立ち技ならその一撃かもしくは武器により楽にとどめがさせる状態に、押さえ込みであれば短刀などの武器で致命傷を負わせるぐらいの時間相手を制止出来ているという意味というのが、本来の柔道の精神である。
 だから一本が決まれば相手は「死んだ」ということで試合は即終了だし、重傷レベルである「技あり」は2回目で殺せるということで「合わせて一本」だし、そこまでの傷ではない有効はいくら有効を重ねても「技あり」以上にはならないという、そういうルールなのである。
 つまり逆に言えば一本でなければ相手は死んでいないのだから、そのまま試合は続行されなければならないのだ。
 
 もし判定が覆されるルールなのであれば、この本来の柔道の精神を激しく損なっていると言わざるを得ない。
 よってビデオ判定を取り入れて冷静に正確に判定する(これ自体には異論は無いが)のであれば、仮に一本であっても、延長戦であっても、投げ技をかけた後も試合を止めずに寝技の攻防までさせるべきだ。
 特に一本かと思うぐらい綺麗に投げれば、多くは寝技の体勢では有利になることが多いし、立ち技で崩して寝技で有利に試合を進めるというのは柔道の正道なのだから、判定が覆る可能性が僅かでもある限り、寝技できっちりと「仕留める」までさせなければ、柔道としては嘘になるだろう。
 ビデオ判定自体はなくならないだろうし、ビデオ判定の方が優先させられるというのは公平性の観点からは最も優れた方法だから、せめてこのようにルールは変更すべきである。
 もしその上で選手が一本を宣告された後に油断をして寝技をしなかったのであれば、それは自業自得なので仕方が無い。
 要は、本来の殺し合いであれば神の座視にいる審判が、その試合を無駄に止めなければいいだけの話なのだから。
 
 今回の件に関連して、もっと変えるべきルールは色々とある。
 「効果」の復活もその1つだ。
 「効果」とは「有効」のもう1段階下のポイントなのだが、今回はこれが廃止されている。
 例えば技をかけたことによって相手が尻餅をついても、これまでのルールだと「効果」なのだが、いまのルールでは一切のポイントが付かないことになってしまっている。
 おかしいだろう。
 技によって相手が尻餅ついても、一切の「技の有能性はなかった」となるのだから、こんなおかしいことはない。
 そしてなにより、ここが今回の誤審の一端にもなっているのだ。
 
 なぜ1回目の旗判定で海老沼選手が負けたのかと言うと、おそらく「相手選手の方が手数が多かった」という審判の判断が働いたのだと思われる。
 しかし柔道の判定とは、手数とか積極性とかだけで判断されるものではない。
 柔道には後の先を取るという技術もあり、相手の技に合わせてかける技もあり、決して先に仕掛ける方が優れているとは言えないのが柔道である。
 よって当然後の先によって有効的な技が決まるのであれば、それは十分に判断材料になるし、もちろん後の先だけでなく、手数は少ないけど出す技は全て相手を崩しているという場合も、柔道という競技においては優先させられるべきポイントなのである。
 よって、いくら手数は相手が多かったとしても、相手をより崩したり、分かりやすく言えば手数だけ出して全く相手が崩れなかった選手よりも、何度も何度も尻餅をつかせていた選手の方が、旗判定では勝たせるべきなのだ。
 一回しか技を出さなくても、ただ1回だけでも一本を取れば即勝ちになるのが柔道なのだからな。
 
 これが本来の柔道の姿なのだ。
 手数や積極性ではなく、「有効的な技を出したかどうか、相手を崩したかどうか」が、一番重視すべき点であるというのが柔道なのだ。
 審判本部も、だからこそ判定をやり直させて、それが結果となったのだろう。
 
 だから結果の結果としては、オレは間違っていないと思っています。
 しかし今回は、「効果」があればこんな誤審は起こらなかったと言える。
 まだ本戦の5分間の間であれば「効果」だけでは優勢勝ちにならないというルールでもいい。
 また、延長戦でも「効果」ではサドンデスにならないということでもいい。
 しかし延長戦を3分戦った後の旗判定に入る段階では、「効果」が多い方が勝ちにしなければ、それは柔道ではなくなってしまうと言えるだろう。
 ここはこのように変えるべきだ。
 
 まだまだ言いたいことはあるのだが、長くなるのでこの辺にしておこう。
 しかしもっとも重要なことは、審判の質をもっとあげることだ。
 まだまだ外国人審判の質が低い。
 今回の件は、海老沼選手にしても、相手の選手にしても、選手の立場に立てば気の毒な話だ。
 試合の公平性はいいが、それによって選手の心を折るようなことをしてしまっては本末転倒になりかねないだろう。
 国際柔道連盟には猛省を求める。



コメント:4

たっど 12-07-30 (月) 19:25

これをジャッジミスで済ませるつもりなのか?あまおちさんは。
明らかに審判買収されてるだろ。
「手数がチョの方が多かった」なんてのは、消極的な掛け捨ての連続だし、チョは柔道着を直さない(海老沼が組みにくくするため)し。
観客のブーイングが一回目のジャッジが明らかに不自然であることを物語っているし。

あまおち管理人 12-07-30 (月) 20:06

今のところの情報では、買収と言うのは陰謀論の域を出ないからな。
主審が日本人嫌いっていう話もあるが、それと買収は別問題だし。
また韓国人選手が柔道としてのマナーを守らないっていうのも、それは買収とかとは別問題。
それは彼らのスポーツに対する姿勢であって、責められてもいいけど、陰謀論のままそれを押しつけるのは違う。

ブーイングは、柔道を多少よく見る人なら明らかに「誤審」であるのだから、わりと当然だろう。
ブーイングの存在が買収の証拠とはなり得ない。

TIG 12-07-31 (火) 1:11

いくら韓国でもランダムで抽選される審判全員を買収は出来んだろうなw
個人的には礼までとはいわんから審判の勝敗の宣言までガッツポーズとか無しにして欲しいね
特に今日の男子決勝のロシアみたいにわざわざマウント取ってアピールみたいなあからさまな侮辱は失格にして欲しい
プロ競技ならまだしもオリンピックの精神にもとる行為を認めるべきではない

ぷぺー 12-08-01 (水) 17:47

・北朝鮮の試合の際、北朝鮮の国旗の代わりに韓国国旗を掲揚、北朝鮮の猛抗議で試合開始が大幅に遅延
・日本だけ開会式から強制退場、セレモニーから排除される
・水泳男子400メートル自由形の予選でフライング失格(画像からも明白)の韓国選手パク・テファンがなぜか失格取り消しで銀メダル、他国からの抗議も握り潰す
・柔道男子66キロ級で審判買収、チョ・ジュンホの反則技を無視、海老沼選手の有効も無視、判定で買収通りにチョ・ジュンホに3本旗が上がるも英国観客の大ブーイングにより判定やり直し、最終的に試合内容通りの海老沼選手勝利で英国観客大歓喜
・男子体操団体でルール無視の採点で日本チームを4位に落とすも、日本からの正当な抗議により採点見直しで日本が銀メダル。しかし3位以下の英国・ウクライナと禍根を残す事に成功
・サッカー男子でパク・チュヨンがスイス選手の足を故意に踏みつけイエローカード。テロチョン韓国が判定の腹いせにスイス選手のサイトへサイバーテロを実行→スイス選手が抗議。するとなぜかスイス主力選手の五輪追放で、韓国は予選突破へ大きく前進
・フェンシング女子で韓国の申アラムが敗退、幼児のようにダダをこねて座り込み、以降の試合運営が大きく遅延

まとめを拾ってまいりましたが、買収というか少なくとも韓国がオリンピック自体に結構な影響を与えているのは疑いようのない事実のようで
そして何故か日本絡みの問題もいくつか発生していますね
サッカーのは個人ブログを荒らした一般韓国人の人々がスイス選手の暴言を引き出しただけですけど
真実がどうあれ、先進国イギリスにしては色々問題山積みのオリンピックですね・・・

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2012/07/30815.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
本来の柔道の精神を取り戻せ from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > スポーツ | 社会 > 本来の柔道の精神を取り戻せ

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2012 年 7月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top