Home > 政治 | 民主党 | 自民党 | 野田内閣 > あさって解散

あさって解散


 ええっと、突然すぎて何がなんだかってところなんですが、あさって衆議院は解散されるようです。
 もう説明するまでもないと思いますが、今日の国会での党首討論において、野田総理が安倍自民党総裁に対して「定数削減を次の通常国会でやると約束すれば、あさってにでも解散する」と言い、安倍総裁もすぐにそれに呼応したコトで、もはやあさって解散が事実化しているというのが今です。
 あれだけ「具体的な日にちは挙げない」と言っていた野田総理ですが、いったいどうしたんでしょうかね。
 そこまで追い詰められたってコトなのでしょうか。
 
 いまのところ1つ言えるコトは、これは野田総理の壮大な自爆テロってコトです。
 
 野田総理の菅直人じみた解散のための条件の最後に、憲法問題とは一切関係の無い国会議員定数削減を出してきました。
 つまり、定数削減やるなら解散してやるよっていう、いまさら条件を出せる身分では無いくせにの逆ギレ条件提示ですが、しかしそれが総理大臣という立場の強いところ、野党もここに乗らざるを得なくなったワケですね。
 でここで重要なのが、定数削減っていうモノが国民の大部分において無条件正義になっているという点です。
 やえはここで何度も安易な定数削減は民主主義の根幹の破壊と警鐘を鳴らしているところですが、しかし国民の中ではもはや定数削減は理由がどうであれ正義となってしまっています。
 ですから野田総理としては、この風潮を最大限利用しようとしているのでしょう。
 定数削減と言えばとかにく支持されるのですから、後が無い野田総理としてはこの風潮に迎合して活路を見出そうとしているのだと思われます。
 他の点についてはもはや何をやってもダメな野田内閣と民主党ですが、とにかくここだけを強調するコトでせめてなんとかならないかと、負けるにしてもその傷が浅くならないだろうかと、そういう思惑なのだと思われます。
 
 正直、戦術としては悪くないとは思います。
 議員定数の削減が国民の中で無条件正義となっている中では、これを全面に出すというのは、選挙という戦いの意味だけで考えれば、悪くない戦術です。
 ただし、こんなのは国会や民主主義の私物化ですよね。
 議員の定数については、そもそも削減すべきだけなのかという点も含めて、選挙制度の問題もありますから、そんな簡単に答えを出していい問題ではありません。
 まして選挙の条件にしていい問題では決してありません。
 憲法問題は時間との戦いですが、そうでない部分の定数や選挙制度の問題についてはいくらでも時間をかけていい、言い方を変えれば選挙制度を変えなくても問題というべき問題はないのですから、それでいいのですから、ただ単に国民の「議員をネタにして溜飲を下げる」という自己満足以外の急ぐべき理由なんてないのですから、ここは本来じっくりと議論しなければならないのです。
 削減だけではない、むしろ増やす方向も見据えながらの議論が必要なのです。
 
 ですからこの野田総理の行為は自爆テロなのです。
 何も生み出しません。
 本来、その意義という面から、削減ありきではない根本からの議論をすべき問題なのに、野田総理がこうやって選挙のための人質にとってしまったがために、その議論がおざなりになりかねません。
 ただ解散をするために削減しよう、ただ選挙するために早く法案を通そう。
 本当に国家国民のためにはどうすべきなのかっていうのが全て置き去りになってしまっています。
 こういうのは良くないとやえは思います。
 
 まぁとにかく選挙になりそうですね。
 はてさてこの先どうなるのでしょうか。



コメント:3

code 12-11-15 (木) 2:49

こんばんは。【連用制】を調べていたらここに辿り着きました。

 昨日の国会で、野田さんは解散と引換に「0増5減以上の国会議員定数削減」を「身を切る覚悟」と言って有権者にアピールしていました。議員削減は有権者が気に入りそうな題目ですから、これに難色を示していた阿部さんが悪いように見えました。
 しかしこれは「連用制を飲め!」と阿部さんに迫っていたのですね。

 ブログ主さまが8/24に書いておられた記事も参照させていただきました。
民主主義の方法にのっとってはいても、民主主義の意味そのものを恣意的に曲げるのは民主主義ののっとりじゃないか、と私も思います。

 それにしても連用制は自・公の分断も期待できますし、通れば議席数も確保できる。狡猾な戦術です。もう狙いは無いのでしょうか…

S.S 13-12-16 (月) 21:13

 本日は解散から一年。折角ですので(?)、少し苦言を呈してみようと思います。
 政治学の雄、マキャヴェッリは嘗てこのように語っております。
「結果さえ良ければ、手段は常に正当化されるのである」
 やえさんの仰る事は、分からないではありません。
 やえさんのモットーは「民主主義の王道を貫け」ですから、「私物化した野田佳彦はケシカラン」になるのは、まあ納得できます。
 では、解散すべきではなかった、とお考えなのでしょうか。もしそうならば、とてもじゃありませんが、賛同しかねます。
 もし、もう少し遅れていたら、どうなっていたでしょう。マスコミのお蔭で維新の会や少数政党の類が躍進して、細川政権時代の二の舞になっていたら……。
 さらぬだに、今の政権が挙げた結果が大きい事は自分が取り上げずとも明らかであり、これひとえに解散によって安定政権が誕生した事に因ります。
 つまり、結果からすれば、我が国は大きな利益を得たのです。もっと早くやるべきだったならばいざ知らず、「民主主義に相応しくないからダメ」は、少し受け入れにくいのですが……
 

S.S 13-12-16 (月) 21:53

 すみません。言い忘れたことがあったので、補足させて頂きます。
 「議員の定数については、そもそも削減すべきだけなのかという点も含めて、選挙制度の問題もありますから、そんな簡単に答えを出していい問題ではありません。」
「本来、その意義という面から、削減ありきではない根本からの議論をすべき問題なのに(略)」
 之も結果論(?)からすれば、詭弁たることは分かるのではないでしょうか。
 もしも司法からの圧力も何もないならば、それで良いでしょう。しかし実際はそうではなかったですし、今でもそれは変わっていません。
 正直な事を言えば、司法の判断が正しいかどうかなど、それは後々の法学者が論議すればいい話です。少なくとも、それまでに何度も違憲状態、そして2013年に至っては無効判決まで出ている以上、どうしても、小手先にせよ修正が必要だったのです。2012年の当時で選挙を実行して、その格差が数倍云々であれば、最高裁が必ず何か言うだろう、という事くらいは、仮に権謀術数を活用する政治家ならば容易に予想できたでしょう。そして選挙に関しては、どこかの段階で一刻も早く行う必要がありました。
 何故ならば、野田佳彦氏にはどこかの段階で「近いうち」に解散する必要性が誰よりもあったからです。取り敢えず任期満了ではない選挙を行えば、多少なりとも面目だけは保てるでしょう。
 何が言いたいかというと、当時の優先順位としては、三権分立の一端たる司法の決断には無条件に従わねばならないのが現制度である以上、議論云々以前に司法の判断に取り敢えず了承しなければならなかったのであり、野田佳彦氏はその実行犯に過ぎない、という事であり、元総理一人を非難することは筋違いでは?という訳です(但し連用制に関しては汚いやり方だと付記しておく)。
 何故ならば、くどいようですが、それこそ民主主義の制度の一つたる三権分立の一端にある司法の決定には国会も内閣も、そして国民も従わなければならないのが現行の制度であるからです。
 それとも、野田佳彦氏の裁量が最悪だっただけで、今の自民党なら同じ状況であっても違う筈だ、と仰りたいのでしょうか。
 やえさんには申し訳ありませんが、民主主義を金科玉条にしておきながら、それを支えている権力の分立には疑問を呈するダブルスタンダードは、凡人の自分には理解しがたいものがあります。単にこの凡人が、目的と手段をはき違えているだけだったらいいのですが、いずれにせよ、その辺への言及が欲しいところです。

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2012/11/141007.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
あさって解散 from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > 政治 | 民主党 | 自民党 | 野田内閣 > あさって解散

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2012 年 11月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top