Home > 国民の責任 | 国際 | 安倍内閣 | 政治 | 海外 > シリアへの武力攻撃表明について日本の現状を鑑みると

シリアへの武力攻撃表明について日本の現状を鑑みると


 シリアの件でよく見られるであろう声に注文を付けておきたいと思います。
 
 1つは「アメリカの言いなりか」というモノです。
 一応日本政府は今のところハッキリとアメリカの方針を是認しているワケではありませんが、もし後方支援などを含めた支持表明をした場合、多分一番よく聞くようになるであろう意見だと思われます。
 いまでももう聞こえ始めていますね。
 
 ハッキリ言って、ここの部分だけを考えれば、まぁそれほど間違いではない意見だと思います。
 なんでもかんでもアメリカの言いなりっていうのは、主権国家としてとはどうかと思いますから、そのような態度を日本政府が取るのであれば、そういう批判も当然でしょう。
 日本独自で情報を集められ、独自に判断できるのであれば、日本としての国益を優先する形での判断をすべきだと思います。
 
 ただここで正面から見据えなければならない現実は、「日本は一人前の独自防衛力を持っていない」というコトです。
 防衛費も装備の最新性も、日本は世界の中でもトップクラスではあります。
 ただし憲法のからみから、日本は相手を叩くという戦術を採るコトを禁止されている関係上、装備の面もその手の能力を保有していません。
 相手のミサイルを打ち落とす能力はあっても、空爆する能力は持っていないんですね。
 この辺は自民党の石破幹事長の著書に詳しく載っているのですが、つまり装備は最新鋭であったとしても、ソフト(憲法)の面においても、ハード(軍装備)の面においても、他国から比べれば「一人前」なんて到底言えるレベルではないのです。
 まさにアメリカに庇護される必要のある「半人前」という言葉がピッタリなのが、日本の「防衛力」なのです。
 
 この「現実」を鑑みれば、残念ながら日本は、庇護してくれているアメリカの言いなりになっても仕方ないと言わざるを得ません。
 こと軍事に関してはなおさらです。
 一人前の防衛力を持たない「子供」が、いくら「大人」に口だけで反抗したところで、子供は子供です。
 なめた口を利くな、と思われて終わりでしょう。
 
 ですから、「アメリカの言いなりになるな」と主張するのであれば、同時に続いて「だから日本は憲法を改正して装備をと整え直し、ソフトハード両面の軍事力を他国並みにして、独自防衛力を持つように変えていかなければならない」と言わなければならないのです
 ただ「アメリカの言いなりになるな」と言うだけでは、子供の、ガキの我が侭に過ぎません。
 大人であれば、現実をちゃんと見た上で、現実に対応した意見を言う責任があります。
 「アメリカの言いなりになるな」だけでは、それはもはや「意見」ではなく「我が侭」です。
 この一言だけ言う人の意見は一切信用できません。
 シッカリとした意見とは、「アメリカの言いなりになるな。しかしそのためには憲法改正をし独自防衛力を持たなければならない」と同時に言ってこそ、初めて「意見」となるのです。
 この「現実」をシッカリと見据える必要があります。
 
 もうひとつの注文は、「アメリカを支持して日本をテロルの標的にする気か」というような声です。
 これ、自分で言ってて気付かないんですかね、この言い方というのは完全に「テロルに屈しろ」と言っているコトになっているのですが。
 
 国家の行動にしても個人の行動にしても、テロルというモノがそれらに影響力を与えるコトは一切認めてはなりません。
 なぜなら、テロルというモノがなぜテロルと呼ばれるのかと言えば、テロルとは破壊行動そのものが目的なのではなく、他人の行動や考え方に影響を与えるために行われるモノだからです。
 つまり、「テロルがこわいから○○しろ/するな」という発言は、テロリストとしては破壊活動をしていないのに目的を達成するコトそのものであるワケで、最も望ましい結果なのです。
 暴力という恐怖によって他人を動かし、自分達の都合のいい結論を得ようとしているのがテロリズムであって、暴力の実行はテロルの絶対条件ではありません。
 恐怖心によって動かすコトもテロルであって、すなわち、「こわいからテロリストの言う通りにしよう」でもテロルの成功そのものであるワケなのです。
 ですから言わば「テロルがこわいから日本は行動するな」とは、テロリストの主張を代弁しているコトに他ならなりません。
 キツイ言い方をすれば、こんなコト言っている人というのは「テロリストの先兵になっている」とすら言えてしまうのです。
 
 日本がこの件でどうするのかというのは、テロルの脅威とは一切関係ないお話にしなければなりません。
 もしテロルによって日本の行動が決定づけられるのであれば、別の組織から日本は暴力を背景に理不尽な要求を突き付けられてしまう可能性が出てくるでしょう。
 なぜテロルに屈してはならないのかと言えば、一度屈すれば次また味を占めたテロリストが同じコトをしてくるからです。
 例えば北朝鮮が、「食糧支援しなければ日本人を拉致する」と言って、「拉致がこわいから言いなりになろう」なんて言いますか?
 テロルに対しては、暴力に屈しないと堂々と態度を表明し、必要なら軍事力を持って制圧し、「テロルという行為では何も生まず、単に損するだけの愚かな行為でしかない」というコトを知らしめなければならないのです。
 「テロルの標的になるからやめるべき」は最も言ってはならないセリフなのです。
 
 シリアの件に関して、いまのところこの2つを言っておきたいと思います。
 



コメント:1

匿名 13-09-02 (月) 21:45

ホントにアサドが化学兵器を使用したのか??
そこは検証に値しないのかね

イギリスは議会承認得られなかったな

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2013/09/021398.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
シリアへの武力攻撃表明について日本の現状を鑑みると from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > 国民の責任 | 国際 | 安倍内閣 | 政治 | 海外 > シリアへの武力攻撃表明について日本の現状を鑑みると

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2013 年 9月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top