Home > 国民の見抜く力 | 国民の責任 | 政治 | 選挙制度 > デモや自殺をしたから言うコトを聞け、は全ての国民が等しく平等であるという民主主義を破壊する主張

デモや自殺をしたから言うコトを聞け、は全ての国民が等しく平等であるという民主主義を破壊する主張


 民主主義とは何か、と言うと、それは「全ての国民が政治に対して等しく平等に権利と責任を負っている制度」です。
 重要なのは「等しく平等」の部分です。
 なぜなら自分と他人の権利と責任に生まれながらに差があるのであれば、その権利が多い人間はすでに民ではなく、貴族などと呼ばれる特権階級となるのですから、それはもはや民主主義ではありませんよね。
 どんな生まれであったとしても、どんな仕事に就いていたとしても、所得がいくらだったとしても、日本国籍を持ち年齢が20歳を超えれば「自動的」に選挙権を得るからこそ、全ての国民は平等の権利と責任を持つという民主主義制度が担保されるワケです。
 そして「平等の権利と責任を持つ国民の中から平等に選ぶ」という選挙を経て、政治家という大きな権限を持つ人を選出する、すなわち、国民の中から国民の代表たる国民を選ぶのが選挙なんですね。
 国会議員は「全ての平等の権利と責任を持つ国民から選ばれた国民」という根幹があるからこそ大きな権限を持ち得るのです。
 民主主義国家において政治的権限を大きく持つためには、その根幹に必ず「全ての平等の権利と責任を持つ国民から選ばれた国民」がなければならないワケであり、その根幹がないのであれば、その人の権利と責任は「他の一般国民と等しく平等」の大きさであるのです。
 
 この大原則は多くの場面で言えるコトなのですが、今回特に言いたいのが、「こんなにもデモで人が集まった。これが民意だ」とか「自殺までしようとした人の声をなぜ無視するのか」と言ってしまう人に対してです。
 何を言っているのでしょうか?
 デモをしようが自殺をしようが、その人の権利と責任は、他の国民と全く等しく平等です。
 それなのになぜ、デモをした、自殺をしたっていうだけで、他人の権利を凌駕しなければならないかのような言い方をするのでしょうか。
 デモをすれば、自殺をすれば、「他人よりも大きな権限が持てる」と、どういう理屈で言っているのでしょうか。
 
 デモをしようが自殺をしようが、その人の権利は、デモも自殺もしていない人と全く同じですよ。
 平等ですよ。
 仮にデモで1万人が集まったとしましょう(実際は数百人ぐらいのようですが)。
 しかし1万人って衆議院の小選挙区では当選に箸にも棒にもかかりません。
 まして選挙には住居によって区分けされるワケで、こうして考えれば、いくらデモで人が集まろうが、自殺をしようが、それだけの理由で政治を動かして良い理由には一切ならないんですね。
 逆にもしそれで政治を動かしてしまえば、それはデモや自殺をしていない人の権利よりも、デモなどをした人の権利の方がより大きいというコトになってしまいますから、この時点で民主主義は破壊されたと言わざるを得なくなるワケです。
 それなのになぜ、デモや自殺という行為をするだけで、他人の権利を超えるかのような物言いをするのでしょうか。
 
 こういう人達は、政治家や政府に対して主張をしているつもりなのでしょうけど、しかしその実は、「他の国民より自分たちの権利の方が大きいんだ」というコトを宣言しているコトに他ならないのです。
 あまりにも傲慢ですね。
 やえは決してデモをしてはならないとは言いません。
 まぁ自殺もそうです、それは個人の勝手だと思ってますから、他人に迷惑をかけないのであれば、デモでも自殺でも個人の自由の範囲内ですればいいと思います。
 しかしそれはあくまで「個人の自由の範囲内」だけのお話です。
 決してそれらの行為が「他人の権利」を犯してよいモノにはなりません。
 ここを勘違いしないでほしいです。
 そもそもデモ自体が騒音や通路の封鎖などの他人に迷惑をかける行為ですから、正直やえ個人の意見であればデモは禁止すべきだと思っていますが、とりあえず日本の法的にはデモは合法行為ですからやってはならないとは言いません。
 言いませんが、それでもそれは絶対に「他人の権利を侵害出来るモノではない」というコトは、デモなどを行う人自身が強く自覚しておかなければならないコトのハズなのです。
 自分の行動に自覚を持ってもらいたいです。
 デモとは、行うだけで他人に著しく迷惑をかける行為であり、そしてその行為は決して他人の権利を侵害できるモノではなく、あくまでデモの参加者も他の一般国民も等しく同じ権利と責任を有しているという事実は決して忘れてはなりません。
 デモに参加している人も、デモに参加していない人も、どちらの権利が強いのかではなく、どちらも同じなのです。
 声を張り上げようが、首相官邸の前に集まろうが、それでその人達の権利が大きくなるワケでは決してないのです。
 
 自分の権利と他人の権利は平等です。
 それを超えようとするのであれば、それはもはや民主主義ではありません。
 デモなどで大声を張り上げている人は、ここのとても簡単な大原則を、キチンと理解して欲しいと思います。
 



コメント:3

禍福は糾える縄の如し 14-07-05 (土) 0:35

毎度毎度の事ですが、平日の真昼間からデモに参加とは何とも羨ましい

禍福は糾える縄の如し 14-07-05 (土) 0:42

途中で、しかも書き直そうと思いながら投稿してしまいました、仕切り直しさせていただきます。 

平日の真昼間からデモ参加とは、羨ましいくらい優雅な生活なんですなあ。 

私なぞ未だにアベノミクスの恩恵に与っていませんから今日もお仕事でしたが。

匿名 14-07-05 (土) 14:32

そもそもデモって自分達が正しいと思っている事をみんなに伝えて
それに共感する人を増やすためのものなんだから参加人数なんてあまり意味ないんですよね
少なくても現状の民主主義の制度においては決着付けるなら選挙でしかない
あと何かを訴える自殺については我が国みたいな平和な国で意味のない最低の行為だと思います
思い詰めていたにせよ他人に迷惑をかけるってどんな神経をしているのでしょうか

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2014/07/041866.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
デモや自殺をしたから言うコトを聞け、は全ての国民が等しく平等であるという民主主義を破壊する主張 from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > 国民の見抜く力 | 国民の責任 | 政治 | 選挙制度 > デモや自殺をしたから言うコトを聞け、は全ての国民が等しく平等であるという民主主義を破壊する主張

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2014 年 7月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top