Home > マスコミ | 朝日新聞 > 朝日新聞は捏造新聞

朝日新聞は捏造新聞


 福島第一原発事故のいわゆる「吉田調書」に対する報道と、いわゆる従軍慰安婦問題に対する報道について、昨日朝日新聞の社長が記者会見を開き、謝罪のようなモノをしました。
 これらの件の具体的な中身については他のマスコミやネットでも多く取り上げられているので、敢えてここでは深く取り上げません。
 どちらにしても本当に非道い内容であり、朝日新聞が日本全体に与えた悪影響は計り知れず、日本と日本人を貶めたその悪行は昨日の謝罪程度、また社長のクビ一つで済むようなお話ではありません。
 最低限、一年間は毎日一面で訂正と謝罪記事を載せ続けるべきでしょう。
 もちろんそれは英語版をはじめとして、もしいまないのであれば新設してでも、フランス語やドイツ語、また中国語や韓国語やアラブ語など、多くの人間が読める訂正謝罪記事を出し続けるべきです。
 32年間もデタラメ言い続けたコトを思えば、これでもまだ軽い方です。
 

 みなさまに深くおわびします 朝日新聞社社長
 
 しかし、その後の社内での精査の結果、吉田調書を読み解く過程で評価を誤り、「命令違反で撤退」という表現を使ったため、多くの東電社員の方々がその場から逃げ出したかのような印象を与える間違った記事になったと判断しました。「命令違反で撤退」の記事を取り消すとともに、読者及び東電福島第一原発で働いていた所員の方々をはじめ、みなさまに深くおわびいたします。

 

 様々な批判、指摘を頂いている慰安婦報道についても説明します。朝日新聞は8月5日付朝刊の特集「慰安婦問題を考える」で、韓国・済州島で慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言に基づく記事について、証言は虚偽と判断して取り消しました。戦時の女性の尊厳と人権、過去の歴史の克服と和解をテーマとする慰安婦問題を直視するためには、この問題に関する過去の朝日新聞報道の誤りを認め、そのうえでアジアの近隣諸国との相互信頼関係の構築をめざす私たちの元来の主張を展開していくべきだと考えたからです。この立場はいささかも揺らぎません。

 
 どこもかしこもツッコミどころ満載なんですが、今日はこの点について指摘をしておきたいと思います。
 そもそもですね、これは「捏造」なんですよ。
 どう考えてもそれしか考えられません。
 誤報とかではなく、明確な「捏造」です。
 理由を挙げます。
 
 特に「吉田調書」が分かりやすいのですが、安倍内閣が吉田調書の全文を公開すると発表してから慌てて訂正記事を出したコトからも分かりますように、吉田調書を普通の日本語読解力で読めば、「多くの作業員が命令を無視して撤退した」なんてセリフは浮かび上がらないのです。
 紛らわしい点や未だ解明されていない点があるのであればまだしも、現場責任者が自らの口で語った調書を目の前にしてどこから「撤退」の文字が出てくるのか、ちょっと考えられないワケです。
 しかもですよ、「証言は証言でしかなく、様々な証拠から判断するのであれば、事実とは「撤退した作業員が大半だった」なのだ」と言うのであればまだ議論の余地はありますが、しかし朝日が行った報道とは「『吉田調書』には撤退と書いてある」という報道だったワケで、もうここには吉田調書を読めれば議論の余地なんてないんですよね。
 結局「事実かどうか」ではなく「書いてあるかどうか」が論点なのですから。
 この点において、この世の中に「吉田調書」がこの世に1つしかない以上は、普通であればこんな内容から真反対の記事が出来上がるワケがないんですね。
 
 こんなデタラメ記事が出来上がる理由を考えれば、これは2つの理由しか考えられません。
 1つは、根拠を捏造した。
 もう1つは、結論を捏造した、です。
 
 本当に朝日新聞が「証拠を元に記事を書いた」と言うのであれば、その証拠、つまり吉田調書が間違っていたと考えるしかありません。
 しかし「吉田調書」は写本や死海文書とかじゃなく、この世に一つしかないのですから、「本物の吉田調書」であれば間違うワケがないのです。
 となれば、朝日新聞は「ウソの吉田調書」をもって記事を書いたと言うしかないんですね。
 つまり、自分の都合のいい「吉田調書」なるものを捏造し、その捏造した根拠をもって「こう書いてあるぞ」と記事を書いたのではないかと思われるワケです。
 
 もうひとつは、本物の吉田調書を手に入れていたのにも関わらず、自分たちの世論誘導のために結論を捏造したという可能性です。
 この場合、「どうせ吉田調書は非公開だから誰も検証なんてできないだろう」と朝日新聞がタカをくくっていたコトになります。
 悪質ですよね。
 「誰も見るコトができないから、そこに何が書いてあるのかを好き勝手書いても構わない」という精神が前提にあるワケで、こんなのはジャーナリズムでもなんでもありません。
 
 まさか「入試問題での引用率No1」とか豪語している朝日新聞が、常識的な日本語読解力すら持っていないために正しい吉田調書を“読み間違えた”なんてあるハズはないでしょうから、この理由を排除すれば、朝日新聞はもう「意図的に捏造した」としか言いようがないのです。
 これ以外の理由は見当たりません。
 そもそも「読み間違えた」であってもあまりにもレベルが低すぎて新聞を名乗るのもおこがましく今すぐ新聞という看板を下ろすべきお話にしかならないワケですが、当然捏造だったとしても言語道断の「犯罪」です。
 繰り返します。
 朝日新聞は「捏造」をしたのです。
 「偽の吉田調書を捏造して結論を書き上げた」
 「吉田調書が公開されないとタカをくくって結論を捏造した」
 このどちらかの犯罪を朝日新聞は犯したのです。
 
 それに対して朝日新聞社長の言いぐさはなんでしょうか。
 「間違った記事になったと判断しました」ですよ。
 違いますよね。
 朝日新聞が能動的に自らの意思で悪意を持ってウソを書いたのです。
 「結果的に間違った」のではなく、はじめから間違っているのを承知の上で意図的に書いたのです。
 こんなの全然謝罪にはなっていません。
 むしろ開き直っているというレベルです。
 
 信頼を回復したいとかなんとか言ってますが、会見ですらウソをついているのに、なにがどう回復するというのでしょうか。
 そもそも謝罪して済む問題だと思っている時点で間違っているのです。
 まぁ朝日新聞はもうこれで何を書いてもウソの可能性があるコトが証明されたので、もう別に朝日新聞がどうなろうが構いませんから、最後まで見苦しくあがけばいいのではないのでしょうか。
 口を開けば開くほど朝日新聞は誰にも見向きされなくなっていくのですからね。
 
 朝日新聞には、その末端の記者にもすら、人間としての最低限の良心の呵責はないのでしょうか。
 



コメント:1

禍福は糾える縄の如し 14-09-15 (月) 0:44

あまり耳にしなくなって久しいのですが、「アサヒる」を広めていきたいですね。

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2014/09/121967.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
朝日新聞は捏造新聞 from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > マスコミ | 朝日新聞 > 朝日新聞は捏造新聞

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2014 年 9月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top