Home > アーカイブ > 2017-04-19

2017-04-19

核に対しても通常兵器が抑止力になる


 核兵器に対しては核兵器でなければ抑止力にならない、と無意識も含めてそう思っている人がそれなりに多い気がするのですが、そうではないというコトをハッキリさせておきたいと思います。
 やえは「戦略的核廃絶論」でこう書きました。
 

 では北朝鮮自身はどういう状態こそを恐怖と感じるのかを考えると、それは「キム王国の滅亡」と考えられます。
 国民が多数死んでしまう、ではありません。
 キムジョンウンをトップとする現在の北朝鮮のキム体制が崩壊するコトこそが北朝鮮にとっては「最悪のシナリオ」となります。
 ですからキム体制が存続すれば、その他の国民なんて何人犠牲になっても構わないと北朝鮮は考えるコトでしょう。
 実際そのような政策を北朝鮮は採っていますよね。
 よって、これを成し遂げる装備を日本が調えれば、それは北朝鮮にとっては脅威となり、十分な抑止力となります。

 
 これ、まさにいまがそうですよね。
 いま、アメリカが北朝鮮に対して先制攻撃をするんじゃないかという緊張状態になっていますが、少なくともアメリカが北朝鮮に対して核兵器を撃ち込むなんて思っている人はいないでしょう。
 すなわち、通常兵器でもって北朝鮮に核実験などの行為をやめさせようと圧力をかけているというコトであり、そしてそれは今のところそれが成功していますよね。
 アメリカの通常兵器による抑止力が効いているワケです。
 そしてそれはなにより、いまこの事態になって日本を含めて東アジアの周辺国の全てが実感していると言えるでしょう。
 一番おそれているのは案外“核大国”の中国かもしれません。
 
 これまで「核兵器に対しては核兵器だけが対抗できる」かのように考えていた人も、これを機に、もう一度考え直してみる必要があるのではないでしょうか。
 「核に対しては核」という考え方というのは、そもそも抑止力というモノの考え方が違うんですね。
 戦争とは、決して「兵器と兵器をぶつけ合う」ワケではないのであって、特に抑止力という観点からすれば「相手が最も嫌がる行為」を可能とするコトこそが抑止力となります。
 よってその「相手が最も嫌がる行為」が可能であれば、その手段は核兵器と限定する必要はありません。
 北朝鮮の場合で言えば、「キム王朝の崩壊」もしくは「キム・ジョンウンの死」が、「相手が最も嫌がる行為」です。
 これを可能にする手段を持てば、相手は恐怖を感じ、つまり抑止力になるワケです。
 ではこれを達成するためにはどうしたらいいか、それは核兵器に限る必要は全くないですよね。
 逆に言えば、キム・ジョンウンがいない地方都市なんかを核攻撃したところで、北朝鮮に対してはたいした抑止力とならないでしょう。
 もっと言えば、キム・ジョンウン本人を暗殺できる体勢が整えば、それは強力な抑止力となるでしょう。
 つまりはそういうコトなんですね。
 
 一部ではキム・ジョンウンが中国に亡命かみたいな話もあるようで、もうこれは完全にアメリカの通常兵器の抑止力が効きまくっていると言えるでしょう。
 核に対しては核しか効力を持たないってコトではないのです。
 中には、「核を持っているから核を持つしかない」と、反射のように思い込んでいる人が少なくないような気がしてならないのですが、それは間違っていると言っておきたいのです。
 
 だからこそ、日本がまずやるコトは、通常兵器の全面解禁なんですね。
 核兵器をどうこうなんてお話をする前に、やるべきコトはいっぱいあるワケです。
 そしてその上で、核兵器が全世界に存在するような世界にしてしまっては、せっかくの日本の経済というアドバンテージを捨てるコトにしかならないという事実をキチンと認識してもらいたいのです。
 

Home > アーカイブ > 2017-04-19

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 4月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top