Home > テロリズム論

テロリズム論 Archive

自我を捨てるか、戦うか


 目前の理由としては身代金だったりするISISのテロルですが、しかしその根底の理由は、結局のところ「異教徒をこの世から抹殺せよ」という部分にあります。
 つまり彼らは、「自分と違う価値観を持つ人間の“存在自体を許さない”」のであり、そのためには手段も矛盾も自分の命さえも厭わないワケです。
 ですから、彼らにとっての「終わり」は、この地上から異教徒が殲滅するか、すべての人間が改宗するかしかないのであり、そのために彼らはテロルを続けるのでしょう。
 もしくは彼らこそが殲滅されるかまでは。
 
 現実的には違う落としどころがあるのかもしれませんが、少なくとも基本的な考え方はこうです。
 今回のバングラデシュの件で日本人が標的にされたとショックを受けている人も結構いるようですが、そもそもISISのテロルの精神的な構図を考えれば、日本人もしくは日本が標的にされないと考えている方が間違っていたと言わざるを得ません。
 なぜなら日本はイスラム教国ではないという以上に、「他者に寛容な社会」であり「自分とは違う他人の考え方を許容する社会」だからです。
 日本と日本人は、他人がイスラム教徒であるコトを認めるし、同時に自分がそうでないコトも認めるという考え方を持っています。
 そしてこのコトこそが、もはやすでにISISとは相容れないんですね。
 ISISは「自分もお前も全ての人間が我が神を崇めよ」という考え方であるのですから、いくら日本人が「アナタが崇めるコトは認めます」と言ってもそれだけではISISは許容しません。
 「自分も崇めます」と言わなければ、後は存在の消滅しか選択肢を用意しないのがISISなのです。
 一方がいくら「他人の考え方を許容する」と言っても、それでも共存できない思想があるというのも、残念ながらシビアな現実なんですね。
 今回のテロルは、それを無残な形で突き付けられたのです。
 
 言い換えれば、「日本人全てがISISの信じる神を信奉する」という選択肢以外を選ばなければ、日本人はISISのテロルの標的です。
 後になってから「支援金を送るなら敵だ」と言ってきたのも、こんなのは日本国内の混乱と分断が起こればラッキーぐらいの、単に理由を付けて宣言するコトができるという言語化しやすいというだけの後付けの理由に過ぎません。
 繰り返しますが、ISISは他者を認めないんですからね。
 例えば、日本が一国だけで引きこもって支援も何もしない状態が続いていたとしても、地球の全ての地域がISISの勢力下に収まってしまえば、最後は日本に「改宗か死か」を強要するコトでしょう。
 つまり結局は、相手が他者を認めない以上は、「戦うか屈服するか」のどちらかしか我々には選択肢はないんですね。
 
 「日本人がテロルに巻き込まれた」「ISISとは関係ないのに日本(安倍総理)が自ら首を突っ込んだ」と言っている人は、しかしこのテロルに対する選択肢は「ISISとなる」か「この世から消える」かしか存在しないというコトに気づいていないのでしょう。
 どっちもイヤなら戦うしかないのですが、戦うのがイヤであれば、「自我を捨てて自らもISISになる」しかないのです。
 さらに言えば、「他者にもISISになれと強要する」というオプションもついてきます。
 よって「ISISのテロルに関わるな」と言っている人は、つまり「自分は日本人を捨てISISになります」と「他の日本人にもISISになるよう強要します」と言っているようなもんなんですね。
 もしくは「自分は死にますし、他人も死ぬよう強要します」か。
 果たしてこんなのは許されるコトなのでしょうか。
 少なくとも、やえは絶対にイヤですね。
 
 自分が望まなくても、他人が他者の存在を認めない以上は、戦うか自我を捨てるかの二択しかない状況に追い込まれるのです。
 これをイヤイヤと現実逃避しても、なにもなりません。
 戦いたくなくても戦わなければならない時があるという、どうしようもない現実、そして当たり前の現実を、いまこそシッカリと認識する必要があるでしょう。
 これは自我を賭けた戦いなのです。
 

テロルはCM


 フランスで起こったテロルについて一言言っておこうと思います。
 
 テロルの目的とは何かと言えば、それは「政治目的の達成」です。
 よく勘違いしている人がいるんですが、テロルとは決して暴力そのものを目的としているワケではありません。
 テロルとは「建物を破壊した、人を殺した、これで目的は達成した」というモノではないんですね。
 それはただの無差別殺人犯です。
 
 例えば日本国内最大のテロル事件のオウムのサリン事件にしても、世界で最も有名なテロル事件の9.11にしても、それは犯人達が望む世界があり、その主張があった上で、その達成のために人心に恐怖を与えてそれを実行しようとテロルを行ったワケです。
 決して破壊活動が成功したからそれで終わりってコトなのではなく、それはあくまでひとつのキッカケでしかなく、それをもって「政治目的を達成する」のが真の目的です。
 オウムもアルカイダも、それぞれの事件で多くの人間を殺しただけでは満足していなかったコトからも、それは明かですし、そして今回のフランステロルでもISISが犯行声明を出したのも、殺人そのものが目的なのではなく、ISISが主張する世界の実現こそが目的であるからこそです。
 殺人そのものが目的なら、わさわざ自分が犯人であるなんて公言する必要ないんですからね。
 
 つまりテロルとは「自らの政治手段を広く伝えるためのCM」なのです。
 
 だからやえは、テロルの犯人がどういう意図を持って破壊活動を行ったのかなんてコトは、極力書かないつもりでいます。
 他の主題でどうしても触れなければならない際には、できるだけぼやかして書かざるを得ないかもしれませんが、それ以外では触れません。
 なぜなら、テロリストにおけるテロ行為とは、その主張の流布も大きな目的だからです。
 
 テロリストの最終目的は自らの政治を達成するコトですが、やはり政治ですから、その思想の主張を広く伝えるというコトも大きな目的のひとつとなります。
 もっと言えば、その伝達によって同調者が増えれば、テロリストにとっても政治目的への大きな前進となりますからね。
 実際、ISISだって破壊活動によりその名が有名になり、そうするコトで同志やお金が集まっているワケで、破壊活動を行うコトで資金集めに繋がり、人材の獲得に繋がり、そして賛同者の獲得をするコトができているのです。
 だから「テロルはCM」なんですね。
 破壊活動は目的なのではなく、むしろそこから発生する様々なコトこそが目的なのです。
 テロリストの最終目的は政治の達成ですが、同時に破壊活動によって自らの存在自体について、またその主義主張について広く伝えられれば、それだけでテロリストにとっては大きな目的の達成になってしまうのです。
 
 ですから是非とも今後公の場でテロルを語る時には、「テロルはCM」という視点を持って欲しいと思うんですね。
 テロリストの主義主張を語れば、それだけでテロリストの利益になるのです。
 ここをよく考えて貰いたいんです。
 破壊行為そのものが目的かのように考えている人や、またテロリストの宣伝をしているだけになっているのではないかと思わざるを得ない言説を見かけたりするのですが、それこそまさにテロリストの思うツボになってしまいます。
 テロリズムとはなにか、よくよく考えて貰いたいのです。
 

マスコミは報道の自由を守りたいのか、それともただ政権批判がしたいだけなのか


 邦人人質事件の件で、なぜここまでマスコミが国民にそっぽを向かれたのか、マスコミは未だその理由が分かっていないのでしょう。
 おそらくただ「報道の自由が大切だ」とか「それが一般国民には分からないから仕方ない」とか、そんな程度にしか思っていないのかもしれませんが、それは大きな勘違いです。
 なぜマスコミは国民にそっぽを向かれているのか、それはマスコミ自身の間違った言動が一番の原因なのです。
 
 勘違いしてはいけないのが、国民が何を怒っているのかと言えば、決して「ジャーナリストが政府の言うコトを聞かなかった」からではないんですね。
 政府に楯突くヤツはけしからんヤツだ、なんて理由で国民が怒っているワケではないのです。
 では何に怒っていたのか、何が自己責任なのかと言えば、それは「他人に迷惑をかけたから」なんですね。
 自己責任という言葉は、まさにそういう意味です。
 すなわち、自分の責任と決断で危険な地に赴いたのだから、その地で危険な目に会っても自分だけで解決しろ、っていうのが自己責任論の根本的な考え方です。
 それなのに、これは人質本人の意思がどうだったかはともかく、結果としてはテロリストからの恫喝という政府や一般国民まで巻き込んでしまったコトは確かであり、これに対して国民は「自分勝手に行っておいて、さらに我々まで巻き込むなんてどういうコトなのか」という怒りを持っているワケなのです。
 
 ですから、マスコミが「他人を巻き込んだ」という点を無視して、ただただジャーナリストの行動は自由だ自由だと言ってしまっても、それは火に油を注ぐ結果にしかなりません。
 だって言わば「報道の自由に比べれば、お前らが迷惑を被るなんてどうでもいい」と言ってるようなモノなのですからね。
 ただでさえ現在進行形で迷惑を被っているのに、さらに上から目線でマスコミにこんなコト言われて、テロリストの仲間以外の誰が納得するのですかってお話なのです。
 
 よって本当にマスコミが報道の自由というモノを大切にしたいのであれば、むしろそれを行うマスコミの方から「報道の自由のために他人に迷惑をかけない方法を採らなければならなかった」と言わなければならなかったハズなのです。
 だってそうしてこそ、国民も納得できる形で、誰にも邪魔されない形で報道の自由が担保されるのですから。
 むしろマスコミは今回の拘束されたジャーナリストに対して、他人に迷惑をかける形になった取材方法は二流三流でお話になりません、ぐらい言うべきだったのではないのでしょうか。
 
 しかしこれを言わないマスコミは、結局本気で報道の自由というモノを守ろうとしているのかどうか疑わしいとしか言いようがありません。
 自らこそが自由を守らずして他人に守ってもらおうなんて、そんな虫のいいお話は転がっていません。
 マスコミが報道の自由が大切と言うのであれば、マスコミこそがそれを積極的に守っていくべきなのです。
 それに対する今回のマスコミの反応。
 結局ここからも、つまりマスコミは、報道の自由なんていうのはただの言い訳でしかなく、単に政権批判したいだけなんでしょうと結論づけるしかないのです。
 

ホーム > テロリズム論

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 7月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top