Home > ネット論

ネット論 Archive

正しいコトを正しいと言うのが正道


 特にwebサイトとかで自分の意見を表明するのであれば、正しいコトを正しいって言うのが最も正しいコトだと信じたいじゃないですか。
 少なくともやえはそう信じてずっとこのサイトをやってきました。
 決して「本当は間違っているけど、うまく誤魔化して別の主張を広めてやろう」なんて煽動的なコトはしたくありません。
 それって結局、いつも強く批判している既存マスコミの手法ですからね。
 もしかしたら理解されないかもしれない、多くの人には受け入れてもらえないかもしれない、そう感じたとしても、やえは正しいと思うコトを正しいと言い続けてきたつもりです。
 
 そしてこういう姿勢って、せっかく誰しもが公の場で自らの主張が出来るインターネットというツールが発達した今こそ、全ての人にこうあって欲しいと思っています。
 もちろん人によって正しさは違うでしょう。
 その違う正しさによって議論が起こるコトもあるでしょう。
 でもそれでいいと思うんですね。
 それこそが本当の議論というモノであって、これこそが建設的な議論だと言えるモノでしょう。
 決して目的のために手段を選ばないようなテロリズム的手法に陥らないよう、公の場で意見を表明するのですから、自分の中で正しいと思ったコトをそのまま正しく表明して欲しいです。
 
 やえは正しさの広がりはこうして生まれるべきモノだと思っています。
 例えば従軍慰安婦の件にしても、ネットによっていよいよ朝日新聞が自らの嘘を隠しきれなくなったのでああいうコトになったワケで、しかしそれは当たり前のコトとして、マスコミだから煽動していいというワケでは決してなく、国民もマスコミも全ての人が「煽動よりも正しさ」を実践していれば、そもそもとしてこういうコトにはならなかったハズです。
 当時はネットも無かったので中々一般国民がこの嘘を見抜くのが難しかったというのは否定できないところですが、それでも国民こそが日本政府に賠償すべきだという声を強く上げていた時代があったという事実は噛みしめておくべき事柄でしょう。
 もし国民が正しいコトを正しいと認識し声を上げていれば、いまは幾分マシだったと言えるハズなのです。
 
 従軍慰安婦問題と言えば、過去にも取り上げましたようにいわゆる「河野談話」も同様です。
 河野談話を従軍慰安婦の根拠だと言わんばかりの人や、河野談話があるから韓国に言われるんだと、やっぱりこっちも「河野談話根拠説」を唱える人が、未だにかなり存在するワケですが、しかしキチンと河野談話を読めば、そんなコトは言えないとハッキリしているんですね。
 河野談話の詳しい解説はリンク先を読んで頂きたいと思うのですが、慰安所はあったし、不幸な背景によって慰安婦になった人もいたけど、軍が直接関与したとは言っていないんですね。
 そしてこれって歴史的に正しいワケですよ。
 もちろん中には好んで慰安婦になった人もいるかもしれませんが、中には親に売られた人もいたコトでしょう。
 それは日本や朝鮮半島だけの特有の事情なのではなく、時代としてどの国にもあったコトであって、それを今後無くそうとしていくコトは重要ですが、ただし実際にあったコトを無かったかのように言うのは、それも違うワケです。
 「日本は悪くない」という判断と、「慰安婦なんて存在は無かった」と言ってしまうコトは、やっぱり違います。
 事実は事実として受け止めた上で、しかしその善悪の判断は、ここも冷静に当時の状況や当時の法に照らし合わせて考えるべきです。
 そうしたとき、河野談話は決して間違っているとは言えないモノなんですね。
 
 そして、こういう正しいコトを正しいって主張する人がもっと増えてこそ、正しいコトが正しいと伝わるのではないのでしょうか。
 本来はこうやって正しさを伝えていくべきなのではないのでしょうか。
 やえはいつも思うのです。
 「河野談話なんて誤解されるモノがあるから日本が責められるんだ、日本政府はなんとかしろ」と言う人がいますが、しかし河野談話自体は正しいモノなのですから、それを否定するっていう行為が果たして本当に日本のためになるのでしょうかと。
 やえはいつも思うのです。
 もしその政府批判する労力をかけるのであれば、同じ労力で「日本は間違っていない」と公の場に発信する方がよっぽど日本のためになるのではないのでしょうかと。
 
 もちろん政府が間違っているなら、それを正面から堂々と批判するコトは、それこそ日本のためだと思っています。
 でも正しいコトを「利用されているから」という理由で批判するのは、間違っているのではないのでしょうか。
 それは悪用する方が間違っているワケであり、もし批判するなら悪用している方ですよね。
 もし正しいコトを正しいと広く伝わっていないのであれば、それは正しいコトを言っている人が悪いのではなく、正しいと言う人が少ないからなのではないのでしょうか。
 ましてその中に内ゲバのように標的を間違えている人が少なくないならなおさらでしょう。
 
 やえは、正しいコトを正しいと言うコトこそが正しいコトだと思っています。
 そしてそういう姿勢の人が一人でも増えて欲しいと思っています。
 なによりネットが発達したいま、正しさを検証するコトは決して難しくないハズです。
 ネットを、感情を爆発させるツールとして使うのではなく、正しさを検証し正しいコトを広く伝えるツールとして使って欲しいと、そう思っているのです。
 

タイトル捏造記事だと指摘するタイトル捏造記事


 シリーズの途中ですが、どうしても気になる記事を見つけてしまいましたモノで、今日はそちらの指摘をさせていただきます。
 

 細野豪志民主党幹事長の「訳がわからない」発言は「表現の自由」を指摘したもの【党幹部の動き】
 
 民主党の細野豪志幹事長は、19日、インターネットの生番組において行われたアンケートで、自民党の支持率が73.9%だったことについて、「訳がわからない」と述べた。
 番組は、「ニコニコ生放送」の中にある民主党チャンネルで「【ネット選挙解禁へ】民主党、ネットと向き合う夏!」と題して、細野豪志幹事長と、ドワンゴ社員の2人が出演。民主党のネット選挙への取り組みについて、トークが展開された。
 番組では、開始から6分あたりで「あなたの支持政党はどこですか」というアンケートを実施。視聴ユーザーに対して「1.民主党」「2.民主党以外」「3.支持政党無し」の3択で答えてもらったところ、「1.民主党…4.5%」「2.民主党以外…78.0%」「3.支持政党無し…17.5%」という結果が出た。
 民主党以外を選んだ方が多かったため、さらに、「1.自民党」「2.自民党以外」という選択肢で回答をしてもらったところ、「1.自民党…73.9%」「2.自民党以外…26.1%」という結果となった。
 これに対して、細野氏は、「訳がわからない」と発言する。
 

 「いきなりかましますけどね、わたしねー、これがわけわからないんですけれどもね、だって、最も、表現の自由を規制しようとしている政党でしょ?
 まず憲法。(自民党の改憲案では)憲法21条で、公益及び、公の秩序のために、制限できると書いてあるわけですよね。こんな憲法、ネットの人認めるんですかね。私ね、そこは、考えたほうがいいと思いますよ。我々は、言論の自由を守ります。」
(ニコニコ生放送「【ネット選挙解禁へ】民主党、ネットと向き合う夏!」より。 2013/06/19)

 
 まずこの記事のタイトルを読んでいただきたいのですが、もう一度引用すると
 

 細野豪志民主党幹事長の「訳がわからない」発言は「表現の自由」を指摘したもの

 
 です。
 これって普通に読んだら、「本当は細野幹事長は、表現の自由に対して「訳がわからない」と言ったのに、他のメディアでは別の場所を指して言っている、つまり捏造している」という意味に捉えられますよね。
 少なくともやえはそう読み取りました。
 そして他のメディアとは、多分これらのコトでしょう。
 

 細野氏、ネット番組で激怒 支持低迷に「訳が分からない!」
 
 民主党の細野豪志幹事長は19日夜、インターネットの生番組に出演し、番組アンケートで同党の支持率4.5%に対し自民党が73.9%だったことについて「訳が分からない。(自民党は)最も表現の自由を規制しようとしている政党なのに」と怒りをぶちまけた。
 細野氏は自民党の憲法改正草案が表現の自由を規制していると指摘した上で「こんな憲法をネットの人は認めるのか。皆さん、考えた方がいい」と怒りの矛先をネットユーザーに向けていた。

 
 こちらの記事のタイトルは
 

細野氏、ネット番組で激怒 支持低迷に「訳が分からない!」

 
 ですから、確かに同じ発言なのにタイトルだけで両者を比較するとかなり印象の違う記事になります。
 そして産経の記事のタイトルを普通に読めば、「細野幹事長の発言は「支持率低迷」に対しての「訳が分からない!」である」という風に読み取れるワケですから、つまり最初の記事が言いたいコトは、「事実はそうではない。こっちが事実だ」と言いたいコトになりますよね。
 特に最初に引用した方の記事は後追い記事になりますから、つまり後から引用した産経新聞などの記事のカウンターとしての記事であるワケで、前者の記事は確信を持って「違う」と言っていると読み取れるワケです。
 
 さてでは、実際はどうなのでしょうか。
 前者の記事はカウンターとしてですから、記事中に詳しく発言を文字に書き起こして検証しています。
 もう一度その部分を引用してみましょう。
 

 「いきなりかましますけどね、わたしねー、これがわけわからないんですけれどもね、だって、最も、表現の自由を規制しようとしている政党でしょ?
 まず憲法。(自民党の改憲案では)憲法21条で、公益及び、公の秩序のために、制限できると書いてあるわけですよね。こんな憲法、ネットの人認めるんですかね。私ね、そこは、考えたほうがいいと思いますよ。我々は、言論の自由を守ります。」

 
 ん?
 これ、細野幹事長、やっぱり、「支持率」に対して「わけわからないんですけれどもね」って言ってますよね?
 構図を分かりやすく書けばこうです。
 
-------------------------
・ネットの人は表現の自由規制にうるさい
   ↓
・自民党は表現の自由を規制しようとしている
   ↓
・自民党の支持率が高い
   ↓
・「わけわからない」
-------------------------
 
 ですから、「わけわからない」は完全に「支持率」に向かっての発言ですよね。
 むしろこれを「「表現の自由」を指摘したもの」と表現する方が不自然ではないのでしょうか。
 
 もっと言えば、
 
-------------------------
・ネットの人は表現の自由規制にうるさい
   ↓
・自民党は表現の自由を規制しようとしている
   ↓
・これを期に自民党の支持率が下がり始める
-------------------------
 
 であれば、「わけわからない」ではないですよね。
 むしろ「わけわかる」状態でしょう。
 これだけでも十分に「わけわからない」という言葉は「支持率」にかかっているというコトが分かると思います。
 
 さらに前者の記事はこう書いています。
 

 細野氏がネットユーザーに言いたかったことは、アベノミクスや外国人参政権などの問題で自民党を支持している人が多いようだけれども、自分が活動しようとしている分野に規制をかけようとしているのが自民党政権ではないのかという点であろう。それなのに、支持率が多いというのに対して「訳がわからない」。

 
 実はこの記事も、細野幹事長の発言本文の構図はちゃんと掴んでいるんですね。
 この分析はその通りだと思います。
 
 「自分が活動しようとしている分野(表現活動)」→「規制をかけようとしているのが自民党政権」→「それなのに」→「支持率が多い」→「訳がわからない」
 
 まったくやえの読み取った内容と同じです。
 はい。
 ですからつまりやっぱり、「訳がわからない」のは「支持率が多い」という点に対してですよね?
 なのになぜあんなタイトルになってしまっているのでしょうか。
 
 もし、この文脈を「自民党の動きがわけがわからない」と捉えるのであれば、それは日本語読解能力に問題があるとしか言いようがありません。
 細野幹事長は「だって、最も、表現の自由を規制しようとしている政党でしょ?」と言っているのですから、政党の評価に対しての言及であり、決して「規制の動きそのもの」に言及しているワケではありません。
 日本語的に「規制しようとしている政党でしょ?」と言う場合のその一文の主語というか主体は「政党」になりますから、文章の意味合いは「政党の評価がわけわからない」となります。
 もし動きそのものへの評価を問う言い方をするのであれば、せいぜい「規制をかけようとしているんでしょ、わけがわからない政党だよ」っていう言い方になるでしょう。
 この場合の「政党」は主体ではなく、規制という動きにかかってくる名詞の役割しか負っていないワケです。
 でも実際はそういう言い方ではなく、「規制しようとしている政党でしょ?」って言っているのですから、この時点ではもう「細野幹事長の頭には「支持率」に対する疑問が浮かんだ」と捉えるしか無いのです。
 
 そもそも本当に「表現の自由規制の動き」だけに言及しているのであれば、支持率調査は一切無関係というコトになります。
 規制の動きと支持率は関係ないのですから、規制の動き自体に意義を唱えるのであれば、支持率調査は関係がないですよね。
 でも細野氏の発言は、支持率調査の発表直後のモノであり、自身も「これが(わけわからない)」と支持率の結果に対して明確に代名詞を作って支持率を指しているのですから、もはやこれだけでも十分に「わけわからない」は「支持率」に対してのモノだと言えてしまうのです。
 いや、言うしかないのです。
 
 よってこれを「細野豪志民主党幹事長の「訳がわからない」発言は「表現の自由」を指摘したもの」と表現するのは、かなり無理があります。
 この一文自体が日本語的にちょっと意味不明になっている気もするのですが、一応好意的に解釈したとしてもそれは、「自民党の表現の自由規制に対して訳が分からないと細野幹事長が発言した」という意味になろうかと思います。
 しかし内容からすれば、このまとめ方は適切ではありませんよね。
 日本語として不適切、もし国語の「この文章を○○文字いないにまとめなさい」という問題があれば×を付けるしかない回答だと言わざるを得ません。
 このタイトルは内容を正確には伝えていないのです。
 
 悪質と言わざるを得ないのが、前者の記事は産経などの記事を受けてのカウンターとしての記事であるワケですから、意味としては「お前の記事は捏造だ」と指摘するのが主目的のひとつである記事だというコトです。
 でもその指摘は、むしろその指摘の方が捏造になってしまっているので、これはちょっとどうですかと言うしかありません。
 なぜこんなコトになってしまったのか、記者が意図的に内容を誤魔化しているのか、何も考えずにタイトルを付けてしまったのかは分かりませんが、残念ながら「タイトル捏造だと指摘するタイトル捏造」になってしまっているのです。
 ちょっとこれは、意図的でなかったとしても悪質と言わざるを得ないのです。
 
 マスコミによるタイトルでの印象操作はよくあるコトで、それは当サイトでもよく指摘しているところですが、さらにその反対もあり得るというコトも気をつけなければならないですね。
 「ネットは必ず真実」なんてあり得ないのですから。
 

無責任なのは匿名ではなく考え方


 はるかぜちゃんをめぐる問題について、その一端に過ぎませんがちょっとお話したいと思います。
 はるかぜちゃんを知らない人はこちらなどをご覧ください。
 はるかぜちゃん、かわいいですよね。
 
 で、はるかぜちゃんについては賛否両論様々あるワケですが、少なくともやえは、現代ネット社会に起こる様々な諸問題をその身に一手に引き受けている、是非はともかくとしてのある種の傑物であるコトは間違いないと思っています。
 それが本人にとって良いコトかどうかもこの際関係ありません。
 例えばモーツァルトだっていまでこそ幼少期のエピソードが神童の証明かのように言われていますが、普通で考えたら子供ながらにマリー・アントワネットに求婚する等、当時の視点で考えれば空気が読めないマセ過ぎた子供の行為でしかないですよね。
 しかしモーツァルトが天才であり、その賞賛の声には惜しみないのは変わりないワケで、人間の人生なにが素晴らしいと位置づけられるかなんて誰にも定義付けなんてできないのですから、「自分はこうだったらイヤだな」って思うのは勝手ですが、他人の人生を捕まえて「こうあるべきだ」と言ってしまうのは違うのではないでしょうか。
 よって、よく「こんな子供に育てた親や周りの大人が悪い」という言い方もたまに見られますが、それは「子供は子供らしく」という一般論に過ぎず、一般論に当てはまらない世界に生きている人間を捕まえてその批判というのは当てはまらないでしょう。
 もちろんそれが社会悪の行為であれば責任は追及されてしかるべきですが、突き詰めれば「子供らしくない」というコトを指して責任を追及するのは違うと思います。
 そもそも先のコトなんて誰にも分かりませんし、やえは芸能界には明るくないから分かりませんが、もし仮にはるかぜちゃん美空ひばりさんのような英雄になったら、いまの言動は神童としてのエピソードの一端になるでしょうしね。
 
 さて、今日はそんなコトを言いたいのではなくてですね、ひとつ「無責任とはなにか」というコトを考えてもらいたいと思っています。
 というのも、これははるかぜちゃんに対してだけではないのですが、特にツイッターで顕著なのが、ある有名人に対して批判をする際に、明らかに捨てアカウントで行なっている人がいるんですね。
 とんでもないコトや、ちょっと普通では考えられないような言葉を投げかける人のアカウントを見に行くと、過去の発言がたった数個だったり、そもそもその発言しかなかったりするようなアカウントがままあるんですね。
 これってどう考えても無責任なワケです。
 
 なぜ無責任かは言うまでもありませんが、ただ間違えてはいけないのが、これをもって決して「匿名だから無責任だ」と言ってしまうのは違うというコトです。
 この場合の問題、すなわち「捨てアカだから」という理由の場合は、あくまで「自分に対する批判が来ても、はじめから逃げる気まんまん」という姿勢だからこそ批判されるべきなのです。
 ですからもっと言えば、過去の発言が1つだけっていうだけでも、批判の理由にはなりません。
 本当にこれからツイッターを真剣に始めようとしていただけかもしれませんから、まぁそれでも有名人を名指しするのであれば、ある程度責任の所在を明確にするためにはある程度時間がたってからの方がいいとは思いますが、それでも発言が少ないというだけが理由では批判の論拠にはなりません。
 あくまで「自分に対する反論や批判なんて聞く耳持たない」という態度が批判の対象となり、論拠になり得るのです。
 
 「匿名=無責任」にはなりません。
 実名でも無責任な人間はたくさんいるからです。
 なにより実名で無責任な人間がいるからこそ犯罪が起こるワケで、責任を持たせるためにネットは全て実名にしようという言葉が正しければ、それはリアル世界で犯罪が起こっていない社会にだけ通用する論でしかないのです。
 もちろん実名がある程度の抑止力になるのは否定しません。
 ただ無責任である本質は、実名とか匿名とかにはない、ここに論拠を求めるのは無理があるというコトは忘れてはいけません。
 その言葉に責任を持つというコトは、結局その人の言葉に対するその人の姿勢の問題にしかならないのです。
 
 ネットで実名を出す出さないは、それは突き詰めれば「実名を出した方が有利になるか否か」にかかっています。
 例えば、残念ですが大学教授っていう肩書きの人がその肩書で実名を出してネットでブログを書いた方が、匿名で活動するブログよりもより多く支持を得られやすいというのは想像に容易いですよね。
 結局ネット上の実名や匿名は全てここに集約されるのです。
 実名を出している人というのは、たまたま自分の肩書きがネットで有利に働くからと実名を出しているだけであって、それ以上も以下も無く、ただの戦略上の違いでしかないのですから、匿名を匿名だからという理由だけで批判する材料には一切ならないのです。
 ここの微妙な違いは注意したいところです。
 
 そして捨てアカは、ここから一線を画する存在です。
 ネットに意見を書くコト、いえ意見に限らず何かを表現するというコトは、それは公の場で公開するという意味そのものであって、どんなコトだってあらゆる人からの批判や反論をされるのが前提での行為です。
 それはリアル世界での街頭演説に等しいです。
 街頭演説している人に対して反論した際に、もし「自分が言いたいだけなんだから反論するな」と言い出したらどう思うでしょうか。
 無責任極まりないですよね。
 そしてその行為は、実名や匿名に関わりがありません。
 公共の場に絵を展示して、それを下手だなとかなんて言ってはならないと言いますか?
 違いますよね。
 公の場に表現するコトは、誰からでもあらゆる批判や反論を受ける可能性があるというコトであり、その覚悟を持つというコトが責任を持つというコトなのです。
 
 当然ですが、人の尊厳に関わるような、また違法行為は論外です。
 しかしそうでないのであれば、論拠がしっかりしているのであれば、公の場に表現すれば、誰からでも批判や反論や意見は受ける必要があります。
 ここの覚悟と責任を持つコトが、無責任かどうかの分岐点です。
 そして捨てアカは、はじめからそれを放棄していますよと宣言しているのですから無責任なのですし、それは匿名か否かでも判断されるコトではなく、無責任かどうかというコトは批判を受け止める覚悟を持つ責任を負っているかどうかなのです。
 
 かたや有名人だからと捨てアカで罵詈雑言を投げかける大人と、それでも全ての言葉を受け止めて活動している子供のはるかぜちゃんと、なにがどう無責任なのかよくよく考えてもらいたいです。

ホーム > ネット論

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 11月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top