Home > マスコミ > 朝日新聞

朝日新聞 Archive

正しいコトを正しいと言うのが正道


 特にwebサイトとかで自分の意見を表明するのであれば、正しいコトを正しいって言うのが最も正しいコトだと信じたいじゃないですか。
 少なくともやえはそう信じてずっとこのサイトをやってきました。
 決して「本当は間違っているけど、うまく誤魔化して別の主張を広めてやろう」なんて煽動的なコトはしたくありません。
 それって結局、いつも強く批判している既存マスコミの手法ですからね。
 もしかしたら理解されないかもしれない、多くの人には受け入れてもらえないかもしれない、そう感じたとしても、やえは正しいと思うコトを正しいと言い続けてきたつもりです。
 
 そしてこういう姿勢って、せっかく誰しもが公の場で自らの主張が出来るインターネットというツールが発達した今こそ、全ての人にこうあって欲しいと思っています。
 もちろん人によって正しさは違うでしょう。
 その違う正しさによって議論が起こるコトもあるでしょう。
 でもそれでいいと思うんですね。
 それこそが本当の議論というモノであって、これこそが建設的な議論だと言えるモノでしょう。
 決して目的のために手段を選ばないようなテロリズム的手法に陥らないよう、公の場で意見を表明するのですから、自分の中で正しいと思ったコトをそのまま正しく表明して欲しいです。
 
 やえは正しさの広がりはこうして生まれるべきモノだと思っています。
 例えば従軍慰安婦の件にしても、ネットによっていよいよ朝日新聞が自らの嘘を隠しきれなくなったのでああいうコトになったワケで、しかしそれは当たり前のコトとして、マスコミだから煽動していいというワケでは決してなく、国民もマスコミも全ての人が「煽動よりも正しさ」を実践していれば、そもそもとしてこういうコトにはならなかったハズです。
 当時はネットも無かったので中々一般国民がこの嘘を見抜くのが難しかったというのは否定できないところですが、それでも国民こそが日本政府に賠償すべきだという声を強く上げていた時代があったという事実は噛みしめておくべき事柄でしょう。
 もし国民が正しいコトを正しいと認識し声を上げていれば、いまは幾分マシだったと言えるハズなのです。
 
 従軍慰安婦問題と言えば、過去にも取り上げましたようにいわゆる「河野談話」も同様です。
 河野談話を従軍慰安婦の根拠だと言わんばかりの人や、河野談話があるから韓国に言われるんだと、やっぱりこっちも「河野談話根拠説」を唱える人が、未だにかなり存在するワケですが、しかしキチンと河野談話を読めば、そんなコトは言えないとハッキリしているんですね。
 河野談話の詳しい解説はリンク先を読んで頂きたいと思うのですが、慰安所はあったし、不幸な背景によって慰安婦になった人もいたけど、軍が直接関与したとは言っていないんですね。
 そしてこれって歴史的に正しいワケですよ。
 もちろん中には好んで慰安婦になった人もいるかもしれませんが、中には親に売られた人もいたコトでしょう。
 それは日本や朝鮮半島だけの特有の事情なのではなく、時代としてどの国にもあったコトであって、それを今後無くそうとしていくコトは重要ですが、ただし実際にあったコトを無かったかのように言うのは、それも違うワケです。
 「日本は悪くない」という判断と、「慰安婦なんて存在は無かった」と言ってしまうコトは、やっぱり違います。
 事実は事実として受け止めた上で、しかしその善悪の判断は、ここも冷静に当時の状況や当時の法に照らし合わせて考えるべきです。
 そうしたとき、河野談話は決して間違っているとは言えないモノなんですね。
 
 そして、こういう正しいコトを正しいって主張する人がもっと増えてこそ、正しいコトが正しいと伝わるのではないのでしょうか。
 本来はこうやって正しさを伝えていくべきなのではないのでしょうか。
 やえはいつも思うのです。
 「河野談話なんて誤解されるモノがあるから日本が責められるんだ、日本政府はなんとかしろ」と言う人がいますが、しかし河野談話自体は正しいモノなのですから、それを否定するっていう行為が果たして本当に日本のためになるのでしょうかと。
 やえはいつも思うのです。
 もしその政府批判する労力をかけるのであれば、同じ労力で「日本は間違っていない」と公の場に発信する方がよっぽど日本のためになるのではないのでしょうかと。
 
 もちろん政府が間違っているなら、それを正面から堂々と批判するコトは、それこそ日本のためだと思っています。
 でも正しいコトを「利用されているから」という理由で批判するのは、間違っているのではないのでしょうか。
 それは悪用する方が間違っているワケであり、もし批判するなら悪用している方ですよね。
 もし正しいコトを正しいと広く伝わっていないのであれば、それは正しいコトを言っている人が悪いのではなく、正しいと言う人が少ないからなのではないのでしょうか。
 ましてその中に内ゲバのように標的を間違えている人が少なくないならなおさらでしょう。
 
 やえは、正しいコトを正しいと言うコトこそが正しいコトだと思っています。
 そしてそういう姿勢の人が一人でも増えて欲しいと思っています。
 なによりネットが発達したいま、正しさを検証するコトは決して難しくないハズです。
 ネットを、感情を爆発させるツールとして使うのではなく、正しさを検証し正しいコトを広く伝えるツールとして使って欲しいと、そう思っているのです。
 

結果ではなく過程を記するコト。根拠・論拠こそを主題とするコト。


 なぜ捏造報道が起きるのか、というコトを考えると、突き詰めるとここにたどり着きます。
 「結果が先にあるから」です。
 いわゆる従軍慰安婦問題に関する朝日新聞のスタンスが分かりやすくて、朝日はまず「日本軍は悪だ」「韓国は善だ」「だから従軍慰安婦は日本軍に虐げられたんだ」「日本政府は賠償すべきだ」という結果が先にあるからこそ、今回のようなコトが起きるのです。
 
 特に象徴的なのは、結局朝日新聞は今回の捏造記事は認めても、未だに従軍慰安婦は存在しそれは日本軍の強制があって韓国は被害者で日本軍は悪だと言い張っているところです。
 これおかしいんですよね。
 何かを悪と断罪する以上は、本当にその行為を行ったかどうかの検証と証拠を揃えるのが当たり前であって、その証拠が揃ってこそ他人を悪だと断罪できるようになるワケです。
 今回の朝日新聞だって、決して論拠レスで「朝日だから捏造に決まっている」という論調が主となったからこうなったワケではなく、他のメディアやネットなどでキチンと論拠を突きつけたからこそ、朝日新聞は耐えられなくなったのです。
 ただの罵詈雑言だけで朝日新聞が捏造を認めるハズがありませんからね。
 吉田調書なんてその最たるモノです。
 朝日新聞は自分達だけしか吉田調書を手に入れてないとタカをくくって捏造記事を書いたところ、しかし他のメディアも検証を始め、証拠を集めて朝日の嘘を指摘し、そしてなにより安倍内閣が吉田調書を公開すると決定するという誰にもごまかしようのない最強の証拠を突きつけられたからこそ、朝日はあっさりと捏造を認めてしまったのです。
 何にしてもまずは証拠であり、根拠論拠があってこその主張なんですよね。
 ここをはき違えると、アサヒるコトになってしまうのです。
 主張や論の力の源泉は、なにはともあれ「証拠」であり「根拠・論拠」なのです。
 
 ただこれは決して朝日新聞だけの問題ではありません。
 当サイトではちょくちょくマスコミの捏造や煽動記事をしてきましたように、今回もっとも朝日を批判してきた産経新聞だって、これまで多くの煽動記事を書いてきました。
 それもすべて、突き詰めれば「結果ありき」からきた記事なんですね。
 以前指摘した記事では、古賀元衆議院議員の言葉の一部をわざと掲載しないコトで安倍古賀対立を大げさに伝えたなんてコトも平然と産経新聞はやっているワケで、これも対立ありき、もっと言えば古賀叩きが先にあってから、そのアリバイ作りのために「根拠を作り出した」という記事になってしまっているワケです。
 もちろん朝日新聞はこれまでもっとも最悪なコトを繰り返していますから、それを今後とも指摘していき、責任を取らせなければなりません。
 他もやっているからという理由はなんら意味を持ちません。
 ですからここで手を緩めてはならないでしょう。
 しかし、この手の問題は誰にでも潜んでいる問題だというコトは忘れてはいけないのではないかと思うのです。
 
 これは既存メディアに限らず、公の場に何かを表現する人全ての問題です。
 新聞でもテレビでもラジオでも雑誌などでも、またブログでもツイッターでもフェイスブックなどでも、まずその論は根拠が伴っているモノなのか、論拠が明示されているモノなのか、そこをキチンと自覚して考えてもらいたいです。
 自分のその言葉は、結論ありきで書いているのではないだろうか。
 論拠が伴っているだろうか。
 ただの捏造に、煽動に、誹謗中傷になってしまってはないだろうか。
 常のその問題意識を持ってもらいたいです。
 
 もっと言えば、結論なんて書く必要ってないんですよね。
 だって結論というモノは個人ひとりひとりのモノでしかなく、最後は自分自身で決めるべきモノですから。
 ですから、誰か他人に自らの意見を提示しようと思えば、論拠さえ提示すれば、後の結論の部分はそれを読んだ人個人の中だけの問題でしかなく、そこをいちいち書く必要は無いのです。
 論拠に納得すれば主張者と同様の結論になるでしょうし、論拠に納得いかないのであれば別の結論になるコトでしょうからね。
 結論は書く必要はないのです。
 
 むしろ結論だけが先走れば、朝日新聞のようなコトになるのです。
 それはある程度煽動という意味では朝日新聞のたくらみは成功しているワケですが、ですから煽動が目的であればそういう手法もあるのかもしれませんけど、でもやっぱりそれは「言論」でも「思想」でもありません。
 それは卑怯な手法だと断じるしかないのです。
 そしてそれは受け取る方が「結論は自分だけのモノ」だとハッキリと自覚すれば、通用しなくなる手法でもあります。
 論拠無き結論なんて意味は無いと、そう自覚すれば、その全ては脆くも崩れ去るでしょう。
 これからはそういう世の中にしていかなければならないでしょう。
 自分が朝日新聞のようになりたくないのであれば、論拠こそを主題とするように自覚しなければならないのです。
 
 結果ではなく過程を記するコト、根拠・論拠こそを主題とするコトこそが、言論であり思想なのです。
 朝日新聞はもうただの煽動紙でしかないコトはハッキリしましたが、世の中には朝日新聞以外にも平気で捏造煽動してくる論はたくさんありますので、まずはそれに騙されないように「論拠こそを見るようにする」コトと、何かを書く場合は「論拠こそを書く」というコトを大切にしてほしいと思います。
 

朝日新聞は捏造新聞


 福島第一原発事故のいわゆる「吉田調書」に対する報道と、いわゆる従軍慰安婦問題に対する報道について、昨日朝日新聞の社長が記者会見を開き、謝罪のようなモノをしました。
 これらの件の具体的な中身については他のマスコミやネットでも多く取り上げられているので、敢えてここでは深く取り上げません。
 どちらにしても本当に非道い内容であり、朝日新聞が日本全体に与えた悪影響は計り知れず、日本と日本人を貶めたその悪行は昨日の謝罪程度、また社長のクビ一つで済むようなお話ではありません。
 最低限、一年間は毎日一面で訂正と謝罪記事を載せ続けるべきでしょう。
 もちろんそれは英語版をはじめとして、もしいまないのであれば新設してでも、フランス語やドイツ語、また中国語や韓国語やアラブ語など、多くの人間が読める訂正謝罪記事を出し続けるべきです。
 32年間もデタラメ言い続けたコトを思えば、これでもまだ軽い方です。
 

 みなさまに深くおわびします 朝日新聞社社長
 
 しかし、その後の社内での精査の結果、吉田調書を読み解く過程で評価を誤り、「命令違反で撤退」という表現を使ったため、多くの東電社員の方々がその場から逃げ出したかのような印象を与える間違った記事になったと判断しました。「命令違反で撤退」の記事を取り消すとともに、読者及び東電福島第一原発で働いていた所員の方々をはじめ、みなさまに深くおわびいたします。

 

 様々な批判、指摘を頂いている慰安婦報道についても説明します。朝日新聞は8月5日付朝刊の特集「慰安婦問題を考える」で、韓国・済州島で慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言に基づく記事について、証言は虚偽と判断して取り消しました。戦時の女性の尊厳と人権、過去の歴史の克服と和解をテーマとする慰安婦問題を直視するためには、この問題に関する過去の朝日新聞報道の誤りを認め、そのうえでアジアの近隣諸国との相互信頼関係の構築をめざす私たちの元来の主張を展開していくべきだと考えたからです。この立場はいささかも揺らぎません。

 
 どこもかしこもツッコミどころ満載なんですが、今日はこの点について指摘をしておきたいと思います。
 そもそもですね、これは「捏造」なんですよ。
 どう考えてもそれしか考えられません。
 誤報とかではなく、明確な「捏造」です。
 理由を挙げます。
 
 特に「吉田調書」が分かりやすいのですが、安倍内閣が吉田調書の全文を公開すると発表してから慌てて訂正記事を出したコトからも分かりますように、吉田調書を普通の日本語読解力で読めば、「多くの作業員が命令を無視して撤退した」なんてセリフは浮かび上がらないのです。
 紛らわしい点や未だ解明されていない点があるのであればまだしも、現場責任者が自らの口で語った調書を目の前にしてどこから「撤退」の文字が出てくるのか、ちょっと考えられないワケです。
 しかもですよ、「証言は証言でしかなく、様々な証拠から判断するのであれば、事実とは「撤退した作業員が大半だった」なのだ」と言うのであればまだ議論の余地はありますが、しかし朝日が行った報道とは「『吉田調書』には撤退と書いてある」という報道だったワケで、もうここには吉田調書を読めれば議論の余地なんてないんですよね。
 結局「事実かどうか」ではなく「書いてあるかどうか」が論点なのですから。
 この点において、この世の中に「吉田調書」がこの世に1つしかない以上は、普通であればこんな内容から真反対の記事が出来上がるワケがないんですね。
 
 こんなデタラメ記事が出来上がる理由を考えれば、これは2つの理由しか考えられません。
 1つは、根拠を捏造した。
 もう1つは、結論を捏造した、です。
 
 本当に朝日新聞が「証拠を元に記事を書いた」と言うのであれば、その証拠、つまり吉田調書が間違っていたと考えるしかありません。
 しかし「吉田調書」は写本や死海文書とかじゃなく、この世に一つしかないのですから、「本物の吉田調書」であれば間違うワケがないのです。
 となれば、朝日新聞は「ウソの吉田調書」をもって記事を書いたと言うしかないんですね。
 つまり、自分の都合のいい「吉田調書」なるものを捏造し、その捏造した根拠をもって「こう書いてあるぞ」と記事を書いたのではないかと思われるワケです。
 
 もうひとつは、本物の吉田調書を手に入れていたのにも関わらず、自分たちの世論誘導のために結論を捏造したという可能性です。
 この場合、「どうせ吉田調書は非公開だから誰も検証なんてできないだろう」と朝日新聞がタカをくくっていたコトになります。
 悪質ですよね。
 「誰も見るコトができないから、そこに何が書いてあるのかを好き勝手書いても構わない」という精神が前提にあるワケで、こんなのはジャーナリズムでもなんでもありません。
 
 まさか「入試問題での引用率No1」とか豪語している朝日新聞が、常識的な日本語読解力すら持っていないために正しい吉田調書を“読み間違えた”なんてあるハズはないでしょうから、この理由を排除すれば、朝日新聞はもう「意図的に捏造した」としか言いようがないのです。
 これ以外の理由は見当たりません。
 そもそも「読み間違えた」であってもあまりにもレベルが低すぎて新聞を名乗るのもおこがましく今すぐ新聞という看板を下ろすべきお話にしかならないワケですが、当然捏造だったとしても言語道断の「犯罪」です。
 繰り返します。
 朝日新聞は「捏造」をしたのです。
 「偽の吉田調書を捏造して結論を書き上げた」
 「吉田調書が公開されないとタカをくくって結論を捏造した」
 このどちらかの犯罪を朝日新聞は犯したのです。
 
 それに対して朝日新聞社長の言いぐさはなんでしょうか。
 「間違った記事になったと判断しました」ですよ。
 違いますよね。
 朝日新聞が能動的に自らの意思で悪意を持ってウソを書いたのです。
 「結果的に間違った」のではなく、はじめから間違っているのを承知の上で意図的に書いたのです。
 こんなの全然謝罪にはなっていません。
 むしろ開き直っているというレベルです。
 
 信頼を回復したいとかなんとか言ってますが、会見ですらウソをついているのに、なにがどう回復するというのでしょうか。
 そもそも謝罪して済む問題だと思っている時点で間違っているのです。
 まぁ朝日新聞はもうこれで何を書いてもウソの可能性があるコトが証明されたので、もう別に朝日新聞がどうなろうが構いませんから、最後まで見苦しくあがけばいいのではないのでしょうか。
 口を開けば開くほど朝日新聞は誰にも見向きされなくなっていくのですからね。
 
 朝日新聞には、その末端の記者にもすら、人間としての最低限の良心の呵責はないのでしょうか。
 

ホーム > マスコミ > 朝日新聞

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 11月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top