Home > マスコミ > NHK

NHK Archive

なぜNHKが一個人の意向で行動を決定させるのか


 歌手の小林幸子さんがコミックマーケットにサークル参加したというコトで、ここ数日ちょっとした話題になっていました。
 

 小林幸子、コミケ86に「降臨」 建物の外まで続く長蛇の列
 
 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の日本最大級の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)86」が最終日を迎えた8月17日、歌手の小林幸子さんが初めて参加した。今年でデビュー50周年を迎える大御所らしく、コミケ初参加ながらも人気サークルが配置される“壁サークル”として扱われた。小林さん自らがブースに立ち、ミニアルバムCD「さちさちにしてあげる♪」を販売した。

 
 これ自体は特に何かあるってワケじゃなくて、小林さんみたいな大物がコミケに出るっていうところが場代を感じるところではあるんですが、やっぱり自由に表現を公開できる場っていうのは、そもそもネット自体がそういう場でもあるワケで、これだけ広く普及している現象を鑑みても、誰にでも平等に与えられるべきモノなんですねと改めて思うワケです。
 
 それはともかくとしても、やえがちょっと違和感を感じますのは、小林幸子さんがコミケに出ざるを得なくなった、その理由です。
 こう書くと小林さんがイヤイヤコミケに出たかのような書き方になってしまうので、厳密には正確ではないのですが、ただその一因になったのは確かだという「事件」があるんですね。
 これはNHKの紅白歌合戦に出れなくなった理由と地続きなのでご存じの方も多いかと思いますが、簡単に説明しますと、次のような理由です。
 
・小林幸子さんが自分の事務所のゴタゴタで、社長などと揉める。
・その結果、小林幸子さんは独立して個人事務所を立ち上げる。
・しかし元所属事務所社長が芸能界の大物社長と懇意で、その大物がマスコミ各社に小林さんを扱わないように圧力をかける。
・その結果、NHKもその圧力により紅白歌合戦にも出場させないようにする。
・活動の場を無くした小林さんは、芸能界のしがらみの無いネットのニコニコ動画に活路を見いだす。
・その中でコミックマーケットという場を知り、サークル参加に至る。
 
 ハッキリ言えばよくあるお話ではあります。
 タレントが所属事務所と揉めて、独立したはいいけど圧力をかけられて芸能界を干されるというのは、珍しいお話ではありませんよね。
 正直、芸能界と関係ない世界に住んでいるやえにしてみれば、本当に腐っている業界ですねと呆れるしかないのですが、まぁ文字通り関係ないので関係ないお話です。
 芸能界という身内同士で足の引っ張り合いをしているだけであれば、勝手にやっていればいいと思います。
 そうしているウチに、どんどんテレビを筆頭とした既存メディアの影響力が低下していくだけでしょうからね。
 ただひとつやえが今回言いたいのが、その身内の足の引っ張り合いに、NHKまで参加しているという点です。
 
 NHKは国営放送ではありません、ありませんが、しかしその受信料は、法律によって義務的に支払うコトが定められているモノです。
 完全に民営会社であれば身内の足の引っ張り合いも勝手にしてればいいじゃないですかでもいいのかもしれませんが、NHKだけはそうはいきません。
 フジテレビに近年バッシングが増えて経営が厳しくなったというのはネットでは有名なお話ですが、ことNHKに関してはテレビを持っているだけでNHKを見なくても受信料を支払う義務があるだけに、選択の自由が無いのですから、そこはやはり全ての国民に対して公平で平等でなければならないハズです。
 それなのになぜ、ただ一民間人でしかない某大物芸能事務所社長の意向だけでNHKの行動が決定されなければならないのでしょうか。
 NHKはいつ一個人の所有物になったのでしょうか。
 
 これがまだ、法律を犯したとかという理由ならいいんですよ。
 NHKがその人を排除する理由も分かろうというモノです。
 しかし、自分の所属する事務所と揉めたなんてお話は、完全に身内揉めでしかなく、一般視聴者にも国民にも一切関係ないお話でしか無いのであって、それを国民に押しつけるかのようなNHKの行動理由になってはならないハズなのです。
 いったいどういう大義でNHKは、国民には一切関係ない理由で小林幸子さんを排除したのでしょうか。
 NHKがそんな「個人的な理由」で行動を決定するのであれば、自ら進んで視聴料の義務化を捨てなさいと言いたいです。
 
 NHK受信料に対してはいま色々なところで議論になっているところですが、少なくともこのような視聴者や国民を無視した行動を取るのであれば、もはや法律で国民を縛るような特権を持っておくべき存在ではないと言うしかありません。
 この問題だけでなく、いまNHKは様々な「公益放送局」らしからぬ内容の放送をしていると問題になっているところであり、このような体たらくであるなら、もはやNHKは一民間放送局に変えるべきでしょう。
 こんな体たらくであれば、一度NHKは解体すべきだと思います。
 

NHKは嘘を付くテレビ局


 連続オレ更新で悪いんだが、これは流石に許せないので、ここに記しておく。
 またまたNHKなんだが、まずはこれを見て欲しい。
 

NHK_PR NHK広報局(NHKについてユルく案内) 2/7
@kenta_PW 国会中継は、NHK側だけで放送する/しないが決めらるものではないのです。国会側からの要請・許可などがあって、初めて中継が出来るのです。

 
 まずパッとこれを読んでどのような印象を持つだろうか。
 ちょっと考えてみて欲しい。
 
 
 
 多分おそらくこの文章だと、「ああそうか、国会の方から何か言ってこないとNHKは中継が出来ないんだ」とか「国会中継って国会の規制が厳しくて色々と難しいんだなぁ」とか、そういう方向のイメージを持つのではないだろうか。
 実際オレは知人の何人かにこのツイートを見せて感想を聞いてみたが、だいたい同じような感じだった。
 基本的にはこの文章だと、「中継するためには国会の意志が強く働く」と捉える人が大部分だろう。
 
 
 大ウソだ。
 
 
 結論を先に言えば、国会中継や撮影や放送などはテレビ局側から申請が出来るし、一応それに対する国会側からの許可は必要ではあるが、少なくともオレは地上波のテレビ局がそれを拒否されたなんて聞いた事がない。
 撮影等の許可なんて形式的な物だけであって、そもそも国会の中には常にテレビカメラ入っているじゃないかと。
 国会内でカメラがたくさん入っている映像なんて、1度ぐらい見たことあるだろ?
 だから撮影が許可されないって事は基本的にはあり得ないし、つまり中継も国会からの要請が無くてもテレビ局の独自の判断で申請して放送する事ができるのだ。
 だいたいにして毎日毎日各局ニュースで一応は委員会の様子を動画で放送してるじゃないか。
 むしろ国会からの要請とは、ほぼNHKに対する命令に近いと言った方が適切だろう。
 要請はNHKに対して「必ず中継しろよ」ってものであって、よって当然、命令がなくてもNHKが中継したい放送したいと願うのであれば、それは簡単に叶うのである。
 毎日叶っているのである。
 
 例えばニコニコ動画ってあるじゃないか。
 あれって最近よく国会中継しているんだが、もし国会側からの要請が無ければ放送できないっていうシステムであれば、じゃあニコニコ動画は毎回毎回国会から要請を受けているって事になってしまう。
 NHKを差し置いてニコニコ動画だけに毎回要請しているのだろうか。
 あり得ない。
 この事例1つとっても、NHKのこの言い方はあまりにも欺瞞的すぎると言うしかないのだ。
 
 もしかしたらこれはNHKの計算づくしの発言なのかもしれない。
 確かに、形式的にとは言え国会側が許可をする形になっているというのは事実だから、文字上では「NHK側だけで放送する/しないが決めらるものではない」というのは間違いではない。
 また同様に許可が必要な訳だから、文字上では「国会側からの要請・許可などがあって、初めて中継が出来るのです」というのも、まぁ間違いではない。 
 だからこれをもってウソは言っていないと、そう言い逃れするつもりなのかもしれない。
 
 しかしもしそうだとしたら、それこそが欺瞞的な、そして傲慢な態度だと言わざるを得ない。
 
 これらの一文、最初に引用したアレだが、アレを読めば、普通の日本語能力を持っている人は「国会が申請しなければ中継できないんだな」と理解しかねない。
 というか実際、この返信を貰っていた人はそのように捉えていた。
 

kenta_PW kenta KAMADA 2/7
@NHK_PR インターネット中継とは法律など手筈が違うのでしょうか?昼間の中継を夜、録画放送するにも制約があるのですか?もっと広く、多くの国民に知らしめる必要があると思うのですが。 #NHK

 
 ニコニコ動画は中継しているのに、なぜNHKは国会の要請が必要なのか、ネットとNHKでは手筈が違うのか? という質問であるな。
 つまりはそういう事だ。
 このNHKの文章では、大部分の人が「国会の要請がなければNHKは中継は出来ない」と捉えるしかない文章なのだ。
 そして1つ言っておくが「国会側からの要請があって、初めて中継が出来るのです」という事には絶対にならないというのは指摘しておこう。
 「要請・許可などがあって」という書き方だと、要請と許可が並列に並んでいるから、どちらかが存在しなくても成立する文章となる。
 よって「国会の要請がなければNHKは中継は出来ない」と捉える事が可能な文章を書いたこれは、全くの大ウソと言うしかないのだ。
 
 そしてNHKのウソは、ついにここまで来てしまう。
 

NHK_PR NHK広報局(NHKについてユルく案内) 2/7
@kenta_PW 国会側がどうしたいかによるのです。

 
 NHKはどこまでウソを付き続ければ気が済むのだろうか。
 これはもう完全に「国会の胸三寸で全てが決まる」「NHKには国会の意志に従うしかない」と言っているのだ。
 大ウソにもほどがある。
 繰り返すが、事実とは、テレビ局が放送したい中継したいと思えば国会に申請する事ができるし、国会はそれを拒否することはまずない。
 もしテレビ局が申請して国会が拒否したのであれば、それこそそれを批判する報道をすればいい。
 ここで重要なのは、NHK側から国会に中継したい旨を申請したかどうか/できるかどうかだ。
 ここで問われているのはNHKの国会中継に対する姿勢なのだからな。
 もしテレビ局には一切の申請する仕組みが無いというのであれば、「国会側がどうしたいかによるのです」という言い方は適切だが、事実はそうではないのだ。
 テレビ局の意志によって国会中継は実現できるのだ。
 
 よって、やろうと思えば毎日でも、予算委員会以外でも国会中継は可能である。
 それをやらないのは100%NHKの意志なのである。
 NHKが自らの判断で国会中継をしていないのだ。
 
 よくもまぁこんなウソを平然とつけるものだ。
 ちなみにオレもNHK宛にメッセージを送っているのだが、いまだにその返答はない。
 それは事実とは違う嘘だと言っているのに、それを訂正することなく、現在進行形で嘘を付き続けているのだ。
 
 NHKは嘘を付くテレビ局なのである。

NHKの傲慢


 なんか最近オレが出張る時はツイッターの時が多い気がするんだが、今日もそれでね、ちょっとそりゃねぇだろうっていう反応をされたから、紹介してみるテスト。
 しかし今回は一般人の反応ではなく、あの天下のNHKだ。
 正直この対応はお粗末だと言わざるを得ない。
 
 事の発端は、このツイートがオレの目にとまった事に始まる。
 

●223naonao ぽんぽこ
相撲は夜中に再放送するくせに。 RT @ueharakikaku: お前らに言われなくてもNetで見ているよ。 何を偉そうに、ちゃんちゃらおかしい! RT @NHK_PR: @皆さまから受信料をいただいているからこそ、国会の放送のみをお求めの場合には国会TVなどをご利用ください。

 
 かなり、ん?なツイートだ。
 まさか天下のNHKがこんな発言をしたのかと、かなりんん?なツイートである。
 だからオレはこう発言した。
 

◆オレのツーイト(amaochi)
何このNHKの反応マジかよ。 RT @ueharakikaku: お前らに言われなくてもNetで見ているよ。 何を偉そうに、ちゃんちゃらおかしい! RT @NHK_PR: @皆さまから受信料をいただいているからこそ、国会の放送のみをお求めの場合には国会TVなどをご利用ください。

 
 するとなんとNHKからオレ宛の最初の返事が来る。
 まさか返事が来るとは思っていなかったので多少ビックリするが、返事をくれるのはありがたい事だ。
 しかし、
 

■NHK_PR NHK広報局(NHKについてユルく案内)
@amaochi 元のツイートは「皆さまから受信料をいただいているからこそ、様々なお声に応え、総合的に多様な番組を放送する必要が生じます。重ねて申し上げますが、国会の放送のみをお求めの場合には国会TVなどをご利用ください。」です。

 
 うん、ちょっと勘違いしてるね。
 別にオレは元のツイートが短縮されて、NHKの本意を間違えて解釈した訳じゃないぞと。
 「いただいているから国会TVなどをご利用下さい」という風にNHKが発言していると読み取った(勘違いした)からではないぞと。
 これツイッターしていない人は分かりにくいと思うが、ツイッターは文字数制限があるからよく引用でも中略して引用する事がよくあり、その結果意図が代わってしまう事もままあったりするんだよ。
 だから、たまに略したことによる齟齬が元での不毛な論争になる事もあるので、多分NHKとしては、オレがそのように勘違いしたと思っていたのだろう。
 
 この時点では。
 

◆オレのツーイト(amaochi)
のみ? せめて国家根幹の予算委員会ぐらい放送しろって事だと思うが?

 
 ツイッターしていない人は分かりづらくなるので、以下、オレの発言の後に続く引用部分は省略する。
 ちなみにこの部分のその後に続く全文は「のみ? せめて国家根幹の予算委員会ぐらい放送しろって事だと思うが? RT @NHK_PR 皆さまから受信料をいただいているからこそ、様々なお声に応え、総合的に多様な番組を放送する必要が生じます。重ねて申し上げますが、国会の放送のみをお求めの場合には国会TVなどをご利用ください。」となる。
 この「RT」以下が引用という意味なので、ここを省略。
 
 で、ここで分かるように、オレは「金を取っているからこそ国会は別で見ろとNHKが言っている」と理解している訳ではないとハッキリさせている。
 引用が時に省略されているのは分かっているから、そこははじめから予想して、オレは本意をキチンと読み取っていた。
 問題はそこではなくて、NHKが「国会の放送のみを国民が望んでいる」と理解し、そんなのは無茶な要求だ理不尽な要求だとNHK自らが弁明している点を問題視しているのだ。
 ある意見に対して、その意見を不当に脹らましすぎて「そんなのは無理だ」と言う手法は、それなりに使われる手ではあるが、そんなのは実は詐話でしかない。
 
 すると次のような返事が返ってきた。
 

■NHK_PR NHK広報局(NHKについてユルく案内)
@amaochi 国会中継は国会からの中継要請があるかどうかも含めて、「本会議の施政方針演説等の政府演説と関連する代表質問を放送する」「衆参両院の予算委員会の基本的質疑のうち、各会派の第一質問者の質疑(関連質問含む)を放送する」という基準に基づいて行っています。

 
 まぁなんとまぁ、官僚的答弁。
 もし別の人なら、それなら仕方ないかと引いてしまいがちな、いわゆるテンプレート的な回答だ。
 

◆オレのツーイト(amaochi)
別に現状説明は求めてない。
 
◆オレのツーイト(amaochi)
NHK_PRが「国会中継“のみ”」と表現するから、「NHKは国会専用放送局になれ」と言っているわけじゃないだろ、そんな奴見たことねぇよと言っているだけやんけ。論点すり替えられてもなぁ。
 
◆オレのツーイト(amaochi)
まして、それNHKの内部規定だろ? もし法律にそう定められているのであれば国会マターなので国会議員に変更要請すべき事だと思うが、それがNHKの基準であれば、その基準を変えろって話なんだろうから、ますます基準の説明されても、ただの論点のすり替え。

 
 やっぱりNHKはオレの意図を全然理解していなかったのである。
 だからさらに分かりやすいように説明する事にした。
 ツイッターは文字数制限があるから難しい面が多いのだが、これだけ言えばさすがに理解できるだろう。
 もちろんだが、オレのこれらのツイートは全てNHKが見れるように@を付けて発信し、必ず向こうのツイッターに表示されるようにしている。
 
 しかしこれ以降NHKは返信をくれなくなってしまった。
 オレの最初の発言の時は、数分と置かずに返信をくれたのにも関わらずだ。
 
 まぁ多分、さっきも言ったように、このNHKの中の人はオレの発言を誤解して受け取っていたのだ。
 NHKがさも「金貰ってるけど国会だけは別で見ろ」と言っているようにあまおちが誤解していると、NHKはそのように理解してしまったのだろう。
 でも違う訳だ。
 それはハッキリと違うと、オレの意図は「NHKが、“のみ”と言って最初の発言の人の意図をズラそうとしているから、それは違うんじゃないか」と言いたかったのだ。
 
 だから、過去の発言についても調べてみた。
 こういうやりとりがあって、NHKの「のみ発言」が出たのだ。
 

●bariyou 為蔵
@NHK_PR 国会中継しろ
 
■NHK_PR NHK広報局(NHKについてユルく案内)
@bariyou 国会中継は公共放送の重要な役割なので、他番組を中止して放送することもあります。ただ、他番組へのご要望も多くあるため、一定の原則で中継をしています。NHKは放送法百六条に基づく編成をしているので「国会のみ」をご視聴になりたい場合は、国会TVなどをご利用ください。
 
●ueharakikaku ヒポポタマス2
放送法も大事だが視聴者から視聴料をとっている事を忘れるな。 RT @NHK_PR: 国会中継は公共放送の重要な役割なので、他番組を中止して放送することもあります。……NHKは放送法百六条に基づく編成をしているので「国会のみ」をご視聴になりたい場合は、国会TVなどをご利用ください。
 
●223naonao ぽんぽこ
相撲は夜中に再放送するくせに。 RT @ueharakikaku: お前らに言われなくてもNetで見ているよ。 何を偉そうに、ちゃんちゃらおかしい! RT @NHK_PR: @皆さまから受信料をいただいているからこそ、国会の放送のみをお求めの場合には国会TVなどをご利用ください。

 
 この一連のやりとりを見ても、なぜNHKが「国会のみ」と捉えたのか全く謎である。
 ましてわざわざ「」付きで表現しているあたり、むしろ挑発しているようにも感じられる。
 まぁその真意は分からないが、少なくとも、やっぱりオレがツイートしたように「「NHKは国会専用放送局になれ」と言っているわけじゃないだろ」というのが、そもそもの発端としては間違っていなかったと言えるだろう。
 むしろなぜNHKが、国会中継しろっていう意見に対して「国会のみを見たいなら国会TV見ろ」と言い出したのか分からない。
 
 そしてNHKが内部規定を持ち出すのも、全くの無意味。
 というか論点ズラし。
 その内規に従って国会中継しているのであれば、「国会中継しろ」という主張は、「その内規を変えて中継しろ」という主張になるのだから、こう言い換えればいかに内規を持ち出したのが無意味であり、日本語の会話として成立していないのが分かるだろう。
 だいたいにして「NHKは国会中継専門チャンネルになれ」なんて発言するトンデモ野郎が存在するとは思えないしな。
 いたとしても、そんなのトンデモ過ぎて普通はスルーするレベルだよね。
 それなのになぜNHKが「」付きで「国会のみ」と表現したのか、本当に謎である。
 
 そして未だにオレの
 

まして、それNHKの内部規定だろ? もし法律にそう定められているのであれば国会マターなので国会議員に変更要請すべき事だと思うが、それがNHKの基準であれば、その基準を変えろって話なんだろうから、ますます基準の説明されても、ただの論点のすり替え。

 
 というツイートには一切返事が返ってこない。
 もう一日以上経っているのに返ってこない。
 こう言うのもなんだが、オレが誤読していると思っていた時はすごい早さで返してきたのに、そして内部規定という武器があった時はすごい早さで返ってきたのに、オレの真意が伝わったとたんにだんまりだ。
 まぁいっぱいフォロワーがいるんだろうからいちいち全部返事しないのは何事だとかは言わないが、でも自分の都合のいい時だけ返事をして、都合が悪くなったら返してこないというのは、なかなか腑に落ちないよね。
 
 ちなみにオレの「別に現状説明は求めてない。」と「NHK_PRが「国会中継“のみ”」と表現するから~~」のツイートはNHKが公式リツイート(引用改変出来ない形での引用)していたのに、「まして、それNHKの内部規定だろ?」のツイートは無反応だった。
 リプライと呼ばれる方法での返信では、NHKとオレを同時にフォローしている人しか基本的には表示されないのだが、公式リツイートすると、NHKをフォローしている全員がその内容を見る事ができるようになる。
 つまりこのNHKがやった状態だとNHKだけをフォローしている人からすれば、オレは「別に現状説明は求めてない。」と「NHK_PRが「国会中継“のみ”」という発言はしたけど、「まして、それNHKの内部規定だろ?」という発言をしたとは認識できない、結局そんな発言はしていないという風に感じてしまう事になる訳だ。
 
 なんだろうね。
 オレ、NHKはフォローしていないから、最初は全部のツイートを公式リツイートする人なのかと思っていたら、そうでもない。
 この差はなんだろうと。
 つまり下手をすれば、オレの真意が伝わらない、むしろあまおちという人間は省略した文章をキチンと読まない不遜な人間だと思い込ませられてしまっているのかもしれないのだ。
 
 まぁいいや。
 
 とりあえずだ、法律によって受信料を義務づけている放送局に対しての「~~という放送をすべきだ」という意見に向かって、「それが見たいなら専用放送局を見ろ」と言ってしまうのは、あまりにも不適切としか言いようがない。
 「イヤなら見るな」に匹敵する、思い上がった発言だ。
 いや、受信料を義務づけているだけに性質が悪いと言わざるを得ない。
 無難に「今後の検討課題にさせていただきます」ぐらいに言っておけばいいものを、いちいち「国会TV見ればいいだろ」的な言い方をするから、なにかNHKの別の意図があって国会中継だけは頑なに放送しないようにしているのかもしれないと思われてしまうのだ。
 
 この問題言い出したら様々な問題がある訳だが、例えば法律で一律強制徴収しているからこそ、韓国ドラマのような一部の視聴者しか喜ばない、しかも視聴率の低いモノを放送するのではなく、全ての国民に関係する主権者の利益に叶う国会を中継すべきという、そういう理屈もある訳で、これ以上言い出すと長くなるから別の機会にするとして、とにかくNHKは社会人としての態度も含めて、よくよく考え直さなければならないだろう。

ホーム > マスコミ > NHK

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top