Home > 原爆・核問題

原爆・核問題 Archive

原爆忌


 8月6日は広島に生まれた身としては忘れられない日です。
 今年もその日が訪れ、そして去って行きました。
 あの日がキッカケで命を奪われた人には鎮魂を、身体に心に傷を負われた人にはお悔やみと心の平安を祈念いたします。
 
 核兵器の問題については、過去散々語ってきましたし、未だにやえの意見が変わるところはありません。
 やえの中では、「核兵器は人間を人間でなくす最悪の兵器」という感情が出発点となる廃絶論と、現在の日本においてはむしろ核兵器がない世界の方が戦略的に優位に立てるという「戦略的核廃絶論」が、共に併存しています。
 さらに言えば、G7広島外相会合とオバマ米国大統領の広島訪問という歴史的な場面を作り出すコトが出来たのにも関わらず、当の日本が核保有を検討しては、日本だけでなくアメリカすら立場がなくなってしまうというコトも、ひとつ、保有すべきでないという大きな理由として十分に説得力があると言えるでしょう。
 思想は思想として今後も核保有の不要性を訴えつつ、一方政治では日本の核保有は今後あり得ないと内外に示せたコトは大変大きく、そういう意味で今年の8月6日は今までとは違う日となったのではないかと感慨深く思います。
 
 やえが広島出身であり、こうしてネットで自分の意見を述べる活動をしているという感覚から感じるに、今年のサミットをキッカケにして核廃絶運動に多少の変化が生まれていると感じています。
 それは「被爆の実相を世界の人に見てもらいたい」という具体的な主張が大きくなっているという点です。
 これまでの核廃絶論は、とにかく廃絶を訴えていただけに終始していましたが、いまは「広島に来て、様々な資料を見て、語り部の話を聞いて、核兵器とは何か、被爆とはどういうコトなのかを、自分の目で見て耳で聞いて肌で感じてほしい」という具体的な主張に変わってきているんですね。
 もちろんどちらも最終的には「核廃絶」という目的には変わりありませんし、また「実際に見て欲しい」という主張も以前からありましたが、ただやはり、その声の大きさはきG7広島外相会合をキッカケにしてとてもとても大きくなったと感じています。
 そしてそれは着実に世界に広まってきているワケです。
 
 例えば様々な報道を見ると、オバマ大統領の広島訪問も、G7広島外相会合でケリー国務長官が原爆資料館や原爆ドームを直接見たコトが、一番大きな後押しになったと言えるのではないでしょうか。
 実際、ケリー長官の資料館視察は、所要時間30分の予定のところを20分もオーバーして「展示を一つ一つじっくり見ていた」そうです。
 さらに「人間としてのすべての感受性を揺さぶられる衝撃的な展示だった」「すべての人が広島を訪れるべきだ」という言葉をのこしておられます
 それが核廃絶まで到達するほどなのかどうかはまだ分かりませんが、しかしこの「広島訪問」がある種の力になったのは確かです。
 広島訪問が国を動かしたというのは、代えがたい事実なのです。
 未だ核廃絶のためには何をしていけばいいのか難しい問題ですが、ひとつ着実な一歩を踏み出せているコトは喜ばしいコトだと歓迎したいです。
 
 この意味からも今年の8月6日は、いつもとちょっと違う1日に感じられました。
 

オバマ大統領が広島を訪問した意義


 もう説明するまでもないと思いますが、先週末、オバマ大統領の広島訪問、そして何より歴史的な広島平和公園での献花と原爆資料館の視察が行われました。
 広島で生まれた身として、もうその瞬間は言葉にするのが難しく、感無量としか言いようのない気持ちでいっぱいになりました。
 まずは素直に、「オバマ大統領、ようこそ広島にお越しくださいました、ありがとうございました」と言いたいです。
 
 さて。
 核廃絶への道や、外交的な意義については、色んなところで語られていますので、今回はやえはパスします。
 よってここでは、もっと政治的な、他の人はあまり語らないようなコトを指摘してみたいと思います。
 
 というのも、国内的にもやはりこれは大きな支点となったと思うんですね。
 何がかと言えば、それは「もうこれで日本は核武装論を取り上げるコトすらできなくなった」という大きな事実です。
 これは本当に大きいと思っています。
 
 だって、ここ数日のオバマ効果で核廃絶の機運がすごく高まってはいますが、ちょっと前までは日本の核武装論がおおっぴらとまでは言いませんが、くすぶっていたっていうコトは確かだと思うんですね。
 それは安倍さんが総理になったからという点も小さくなく、もちろん安倍総理自身がそんな発言をしたというワケではないのですが、安倍総理に期待する特に過激な方向の保守系から日本の核保有論が増えてきていたコトは確かだったと思います。
 安倍さんなら憲法改正できる、九条改正出来る、ついでに核兵器も持てるようになれると、まぁ願望のようなモノも混じった、そんな期待がそれなりにあったワケです。
 
 でもこれでくさびを打ちつけるコトができました。
 もちろん議論は議論ですから市井で核武装論を主張するコトはダメだとは言いませんが、しかし少なくとも「米国大統領の広島訪問を主導した日本政府」としては、もう可能性が少しでも出てくるようなコト、つまり議論するコトすら不可能となったと言っても過言ではありません。
 特に今回の広島訪問はインパクトが強いです。
 もう世界中でこのニュースが駆け巡っています。
 すなわちこれは、「日本は原爆を投下されたから核武装をする」のではなく、「日本は原爆を投下されたからこそ核廃絶を主導する」と力強く宣言したワケなのです。
 日本は5/27を持って、今後将来にわたって一切の核武装の道を絶ったのです。
 日本政府や国会議員は議論すらもう不可能でしょう。
 
 日本の核武装論の是非は今回はしません。
 やえの核武装に対する評価は過去に散々やってますから、そちらをご覧ください。
 今回はまずこの大きな1点の事実を確認しておこうと思ったのです。
 
 もうちょっと書きますと、今回の件は広島選出の岸田外務大臣の功績が大だと評価するところです。
 もちろん岸田外相を留任し続けたという意味で安倍総理の功績もありますが、しかし逆に言えば、安倍総理が岸田さんを外務大臣に起用しなければ、今回のコトは無かったと思っています。
 日本政府の核廃絶に対する動きは、明らかに岸田さんが外務大臣になってから急加速しました。
 例えるならけっこうあるのですが、第1次安倍内閣では実現できず、第2次内閣で初めて署名した国連の共同ステートメントですとか、日本で初めての開催となった核を持っていない国で組織されている核不拡散イニシアティブ(NPDI)外相会合を広島で開催し、各国外相と被爆者との意見交換会などを行い成功裏に導いたコトですとか、そして外相全員で平和公園・原爆資料館、そして突然の原爆ドーム視察が行われたG7外相会合ですとか、もし安倍総理だけの思いであれば第1次の時にできたハズのコト、または外相マターではなく総理マターでできるコトがたくさんあったにも関わらず、このように基本的に日本の核廃絶政策は全て外相マターで行われてきたんですね。
 すなわち岸田外相がこれらを主導し、環境を作り、お膳立てをしてきたのです。
 
 繰り返しますが、それを是認してきた安倍総理ももちろん功績として挙げられますし、なにより第1次内閣の失敗を反省してバランスの取れた内閣を組織し、外相という要職に自民党の中では反対側に位置する岸田さんを外務大臣に就けたコトは安倍さんの評価を高める要因であって、下げる原因には一切なりません。
 ただ、もしかしたら安倍さんはここまでは予想してなかったかもしれないとは思うのです。
 バランスを取るために起用した岸田外相ですが、ここまで明確にくさびを打たれるとは思っていなかったのではないでしょうか。
 岸田外務大臣は日本にもアメリカにも大きなくさびを打ち込んだのです。
 
 オバマ大統領が広島を訪問した意義、これは日本国内にとっても大きな意味を持ちます。
 これからは、これをどう武器として使っていくのか、したたかに政治的に外交的に考えていかなければならないでしょう。
 

広島をダシに使うのは本当にやめてください


 ごめんなさい、今日はちょっと感情的な文章になるかもしれません。
 まず一言。
 
 広島をダシに使うのは本当にやめてください。
 
 なんなのですか。
 いままで原爆や広島なんて見向きもしなかったような人たちが、いざオバマ米国大統領が広島に来るって決まってから、好き勝手広島をダシにして言いたい放題言ってくれまして。
 まして全然関係のない、沖縄の軍属の人間の犯罪をからめていろいろ好き勝手言ってですね、アナタたちは本当に広島の人間の気持ちを分かっているのですか?
 広島をダシにして自説を言いたいだけとしか思えませんよ。
 
 何度も言いますが、広島の人間の一番の想いは「核廃絶」です。
 まずこれを達成するためにどう一歩ずつ歩みを進めていくのかっていうのが重要なのであって、そのためにどうすべきかというコトを広島の人間は考えているのです。
 
 沖縄の事件、確かに大問題です。
 やえの個人的な感想としては、元軍人であろうと現在は米軍基地で働くだけの人間なので、アメリカ人に限らない全ての外国人犯罪と同じ問題(だから扱いを小さくすべきだではなく、むしろ全ての外国人犯罪はもっと大きく取り上げるべきだと思っています)だとは思うのですが、それはそれとしてももちろんそれぞれの立場でしっかりと取り組まなければならない問題だとは思います。
 でも、でもですよ、それって原爆と核廃絶の問題には何の関係もないお話です。
 「平和と核廃絶を志向するオバマ大統領なら、沖縄の事件についても真摯に耳を傾けるはずだ」とはなんのお話ですか?
 そもそもそれって日本語として成立しているんですか?
 G7サミットはG7サミットです。
 毎年7つの国で持ち回りで議長国が決まっているので、予定通り今年は日本で開催されるだけです。
 その上でオバマ大統領は、G7とは直接関係ないけど、特別に広島を訪問してくれるのです。
 それは、オバマ大統領にも様々な思惑があるにせよ、少なくとも「核廃絶」という目的のために広島を訪問してくださるのです。
 その理由だけで、サミット開催地以外の場所に忙しい日程を縫って移動してくれるのです。
 
 これ以外の理由で広島にたかってくるの、本当にやめてもらえませんか?
 
 前からずっと言ってますように、広島の人間としては様々な想いがあります。
 核廃絶という目的のためだけで、全ての感情を洗い流せるような簡単な感情ではありません。
 表に出さないだけで、奥深くにはとても言えないような暗く深い感情が渦巻いてます。
 でもそれでも、核廃絶という目的のために表に出さないだけなのです。
 
 そういう「人間の生の感情」を、このダシにしている人たちはどう感じているのでしょうか。
 全く理解していませんよね。
 むしろ広島をダシにして色々好き勝手言っている人たちは、広島の人たちのそういう気持ちを踏みにじっているとしか言いようがありません。
 
 広島や原爆・核兵器問題に興味が持てない人は、別にそれそれで構いません。
 全ての人に興味を持てなんてやえは言いませんよ。
 でもそれなら、ほっといてくださいってお話です。
 まして、興味もないのにあるようなフリをして、しかし全くそれとは関係ない自説のダシにするコトだけは本当にやめてもらいたいです。
 迷惑です。
 

ホーム > 原爆・核問題

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 3月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top