Home > 原爆・核問題 > 戦略的核廃絶論

戦略的核廃絶論 Archive

原爆忌


 8月6日は広島に生まれた身としては忘れられない日です。
 今年もその日が訪れ、そして去って行きました。
 あの日がキッカケで命を奪われた人には鎮魂を、身体に心に傷を負われた人にはお悔やみと心の平安を祈念いたします。
 
 核兵器の問題については、過去散々語ってきましたし、未だにやえの意見が変わるところはありません。
 やえの中では、「核兵器は人間を人間でなくす最悪の兵器」という感情が出発点となる廃絶論と、現在の日本においてはむしろ核兵器がない世界の方が戦略的に優位に立てるという「戦略的核廃絶論」が、共に併存しています。
 さらに言えば、G7広島外相会合とオバマ米国大統領の広島訪問という歴史的な場面を作り出すコトが出来たのにも関わらず、当の日本が核保有を検討しては、日本だけでなくアメリカすら立場がなくなってしまうというコトも、ひとつ、保有すべきでないという大きな理由として十分に説得力があると言えるでしょう。
 思想は思想として今後も核保有の不要性を訴えつつ、一方政治では日本の核保有は今後あり得ないと内外に示せたコトは大変大きく、そういう意味で今年の8月6日は今までとは違う日となったのではないかと感慨深く思います。
 
 やえが広島出身であり、こうしてネットで自分の意見を述べる活動をしているという感覚から感じるに、今年のサミットをキッカケにして核廃絶運動に多少の変化が生まれていると感じています。
 それは「被爆の実相を世界の人に見てもらいたい」という具体的な主張が大きくなっているという点です。
 これまでの核廃絶論は、とにかく廃絶を訴えていただけに終始していましたが、いまは「広島に来て、様々な資料を見て、語り部の話を聞いて、核兵器とは何か、被爆とはどういうコトなのかを、自分の目で見て耳で聞いて肌で感じてほしい」という具体的な主張に変わってきているんですね。
 もちろんどちらも最終的には「核廃絶」という目的には変わりありませんし、また「実際に見て欲しい」という主張も以前からありましたが、ただやはり、その声の大きさはきG7広島外相会合をキッカケにしてとてもとても大きくなったと感じています。
 そしてそれは着実に世界に広まってきているワケです。
 
 例えば様々な報道を見ると、オバマ大統領の広島訪問も、G7広島外相会合でケリー国務長官が原爆資料館や原爆ドームを直接見たコトが、一番大きな後押しになったと言えるのではないでしょうか。
 実際、ケリー長官の資料館視察は、所要時間30分の予定のところを20分もオーバーして「展示を一つ一つじっくり見ていた」そうです。
 さらに「人間としてのすべての感受性を揺さぶられる衝撃的な展示だった」「すべての人が広島を訪れるべきだ」という言葉をのこしておられます
 それが核廃絶まで到達するほどなのかどうかはまだ分かりませんが、しかしこの「広島訪問」がある種の力になったのは確かです。
 広島訪問が国を動かしたというのは、代えがたい事実なのです。
 未だ核廃絶のためには何をしていけばいいのか難しい問題ですが、ひとつ着実な一歩を踏み出せているコトは喜ばしいコトだと歓迎したいです。
 
 この意味からも今年の8月6日は、いつもとちょっと違う1日に感じられました。
 

戦略的核廃絶論2015


 8月6日は、広島に生まれた身としては様々な感情がわき出る日です。
 まずはあの日の原爆によって命を絶たれた方のご冥福とお祈りしたいと思います。
 
 さて、去年と全く同じお話をします。
 しばらくこの日はこのお話が浸透するまで続けていこうと思っています。
 
 この考え方は、決して人道的見地とか反戦思想のためのお話ではありません。
 やえ自身は核兵器というモノに対して様々な感情がありますが、「戦略的核廃絶論」という名の考え方の場合は、それらを一切排除した上での、純粋なる「日本の国益」、もっと簡単に言えば「その方が日本によって有利になる」という見地からの考え方です。
 まずこの入口の段階について確認しておきたいと思います。
 
 ではなぜ、核兵器廃絶によって日本が有利になるのか、です。
 でもこれってよくよく考えれば実はすごく簡単なお話です。
 分かりやすいように一番極端な例で考えましょう。
 「世界中の全ての国家が核兵器を持っている世界」と「世界中どこの国家も核兵器を持っていない世界」と、果たして日本の軍事力は比較してどちらが上位にあると言えるでしょうか。
 
 それは「核兵器が無い世界」です。
 なぜなら、核兵器と通常兵器のコストパフォーマンスが全然違うからです。
 核兵器10発vs100発の脅威度抑止力度の差と、通常兵器にかける予算が10倍の時の脅威度抑止力度の差は、どう考えても通常兵器の差の方が大きいです。
 むしろ核兵器の場合はこの程度では差は無いと言ってもいいぐらいですよね。
 核兵器10発も持っていれば、それだけですでにオーバーキルの破壊力を持っていますから、100発に比べたところでオーバーキルという意味では変わらないですから、戦力差も無いと言って過言ではないワケです。
 ですから、現状核兵器を持っている国家が100発、その他の日本を含めた新しい国家が10発の核兵器を持ったとすれば、その軍事力の差というモノは、どの国もほぼ横並びというコトになってしまいます。
 よって日本も相対的に上位の軍事力とはとても言えない状況になってしまいます。
 
 しかし通常兵器はそうはいきません。
 通常兵器の戦力差を比べるコトは難しいですが、しかし少なくともその国家の経済力が戦力差の大きなウエイトを占めるのは確かです。
 さらに言えばその他の部分、例えば国家の科学技術力や練度の高さ(国民性からくる真面目さ)などを考えれば、9条などのソフトの面をのぞけば、現状日本は世界トップレベルの軍事力を持っているというのは否定できない事実でしょう。
 もちろんソフトの面は吃緊の課題で、ここは核廃絶論とは別で早急に対応しなければならないコトですが、日本の経済力と科学力を持ってすれば、核兵器がない世界においては世界トップレベルの軍事力を誇るコトは容易いお話なのです。
 
 こう考えたとき、では日本は「核のある世界」と「核の無い世界」とどっちを選択すべきかって考えれば、それはもう「核の無い世界」を選ぶべきだと言うしかないわけです。
 世界から核兵器が減れば減るほど相対的な日本の軍事力が増すのですからね。
 であるなら、日本はやはり核廃絶を訴えるコトが国益になると言えますよね。
 むしろ主張するだけで軍事力が上がるのですから、最も安上がりな軍事対策とすら言えるでしょう。
 
 これが「戦略的核廃絶論」です。
 最初に言いましたように、やえは核兵器に対しては人道的な面や感情の面についても色々と言いたいコトはある、というか今まで色々と言ってきましたが、この「戦略的核廃絶論」はそこを除いた純粋な軍事面における優位性を説いたモノです。
 ぜひとも多くの人に理解して貰いたいと思っています。
 

戦略的核廃絶論


 『戦略的核廃絶論』の目的は、「世界各国と比較して日本が軍事的に優位に立つ」コトにあります。
 
 多くの核廃絶論は核兵器の廃絶そのものを目的としていますが、戦略的核廃絶論ではそれはあくまで手段でしかないコトに注意して下さい。
 核兵器がない世界においての各国の軍事力の比較とは通常兵器での総合的な優越による比較になりますので、そうなれば当然、経済強国が軍事の面においても優位に立つコトになります。
 ですから戦略的核廃絶論の絶対条件として、その時が来ても日本は変わらず経済大国であり続けていなければなりません。
 戦略的核廃絶論とは、日本が軍事的にも強国であるために、経済弱国でも簡単に通常兵器を超える破壊力と抑止力を得るコトのできる核兵器というバランスを崩す兵器を無くすコトによって、経済力とイコールで直結する通常兵器による軍事力だけの比較で優位性を得ようとする考え方です。
 よって日本がその軍事強国になるためには核兵器が無く、経済大国であり技術大国であり、そしてできれば普通の国並みに交戦権が認められる憲法を整備する必要があります。
 これが成れば、今の世界で考えれば技術力に劣る中国を抜き、日本は世界第二位の軍事大国になるコトができるでしょう。
 これが『戦略的核廃絶論』です。
 
 「核兵器とは何か」を知る際、「抑止力とは何か」という部分を考える必要があります。
 抑止力とは、下手に攻撃をすればそれ以上の反撃を受けて、自らが望むメリットよりもデメリットが大きくなってしまうと「政府などの為政者」に意識させるコトによって、攻撃を躊躇わせる力です。
 この場合、為政者がどう思うか、為政者にどう思わせるか、という点こそが抑止力のキモとなります。
 極端な例を取りますが、その為政者がものすごく潔癖主義で国民の一人として、それが軍人であっても一人として犠牲者を出さない、犠牲者を出さないためにはなんでもするっていう主義の人であれば、戦闘機の数機だけでも、その国に対しては大変な抑止力となるでしょう。
 すなわちその国の為政者が「たった一人の命」を最終ラインと定めたために、相手国にとってはたったそれだけを目標とする兵器を得れば、相手の行動を縛るコトができるのです。
 逆に、国民の命なんてどうでもいい、何人死んでも自分が死ぬまでは絶対に降伏しないんだっていう為政者の国であれば、当然戦闘機数機程度では全く抑止力にはなりはしません。
 相手の為政者が何を持って恐怖と感じるのか、これが抑止力のはかり方なんですね。
 
 具体的に考えてみましょう。
 いま最も日本にとって相手から攻撃をしてくる可能性を考慮しなければならない国と言えば、まずは北朝鮮ですね。
 では北朝鮮自身はどういう状態こそを恐怖と感じるのかを考えると、それは「キム王国の滅亡」と考えられます。
 国民が多数死んでしまう、ではありません。
 キムジョンウンをトップとする現在の北朝鮮のキム体制が崩壊するコトこそが北朝鮮にとっては「最悪のシナリオ」となります。
 ですからキム体制が存続すれば、その他の国民なんて何人犠牲になっても構わないと北朝鮮は考えるコトでしょう。
 実際そのような政策を北朝鮮は採っていますよね。
 よって、これを成し遂げる装備を日本が調えれば、それは北朝鮮にとっては脅威となり、十分な抑止力となります。
 
 さてではこの攻撃は日本に可能なコトなのかどうかを考えます。
 ハッキリ言えば今の憲法で縛られている日本では不可能ですが、ただしそれが無ければ可能です。
 北朝鮮が持つ兵器では、(9条の縛りの無い場合の)日本の兵器を完全に防ぐコトはできませんから、北朝鮮の国家中枢を叩くコトはそう難しいコトではないでしょう。
 それはアメリカに置き換えれば、いますぐでも可能です。
 よって日米同盟のある現状では、これは北朝鮮にとって大変な脅威であり、北朝鮮に対する抑止力としては十分に機能を発揮していると言えるのです。
 
 ここでの注意点は、ここに北朝鮮が持つ(と思われる)核兵器は、「北朝鮮に対する抑止力」=「北朝鮮が感じる脅威」に対しての考慮のウチには一切入らないという点です。
 北朝鮮に対する抑止力とは、北朝鮮の為政者が自ら定めるデッドライン、北朝鮮の場合は「キム王国の滅亡」なワケですが、このデッドラインを超える実力を相手国が持つかどうか、またそれを自国で防ぐコトができるかどうかにかかっているのであって、よって地上を爆撃するだけに過ぎない核兵器では北朝鮮が感じる脅威を防いだり減少させたりするコトはできませんので、ここでの考慮には一切影響しないのです。
 抑止力はある意味一方通行で考える必要があるんですね。
 相手の装備が自分の装備に対してデットラインを超える能力があると判断される場合に脅威と感じるワケであり、その相手の脅威を軍事的な意味で軽減させる能力のある装備を多く持っているのであれば脅威を下げるコトはできますが、相手を叩くコトしかできない兵器をいくら持っていたとしても、それは相手に対して脅威を与えるコトはできたとしても、自分が感じる脅威を下げるコトには一切ならないのです。
 
 抑止力という言葉を使う場合、どうも攻撃力の比べ合いだけでもって考えている人が多い気がしてならないのですが、ここは大変に注意が必要です。
 例えば日本が開発を進めているミサイル防衛システムがもし100%の精度となれば、ミサイル防衛システム自身は相手国に打撃を与える攻撃力には一切なりませんが、しかし日本に向けるミサイルが一切無効化されるのですから、日本が感じる脅威は大変に小さくなります。
 これは「北朝鮮が持つ日本に対する抑止力」が小さくなっているコトを指し示す事柄なのですが、その一方、ミサイル防衛システムの精度をいくら高めても「北朝鮮が感じる脅威」=「北朝鮮に対する抑止力」は全く変わりません。
 日本は今国防費がかなり大きいですから通常兵器だけで十分北朝鮮に対しては抑止力になっているので、ミサイル防衛システムの精度を上げるだけでも十分意味はあるのですが、これが例えば全く通常兵器ですら相手のデッドラインを超える能力の無い、本当の意味での防御力しか無いような国であったとすれば、北朝鮮からの脅威度は下げる一方、しかし自国からの脅威度も低いままであって、つまり北朝鮮に対しては抑止力を発揮しているコトにはならないと表現できるんですね。
 もっと簡単に言えば、核ミサイルは無効化されたけど、他の兵器によって攻め入るスキはいくらでもあるので、いつ北朝鮮が攻めてきてもおかしくないという状況が続いてしまうのです。
 このように抑止力とは、単なる攻撃力の比べ合いではなく、整える装備の質によっても変わってくる、ある意味一方通行の概念でしかないという点に注意しなければなりません。
 
 ややこしいのが、抑止力とは相手に攻撃を躊躇わす力であるので、実際の攻撃力と抑止力は表裏一体の関係にあるって点です。
 抑止力は「実際攻撃を受けた場合どれだけの被害を受けるだろうか」という概念を元に条件を満たせば「攻撃を躊躇わせる力」が発生しますから、両者は表裏一体の関係ではあります。
 しかし「攻撃を躊躇わせる力」と「実際攻撃を受けた場合どれだけの被害を受けるだろうか」という概念事態は別ですので、抑止力は他の抑止力に影響を与えるコトはできません。
 例えば、北朝鮮が核兵器を持つコトは日本にとっては脅威なので、北朝鮮の核は北朝鮮から見た日本に対する抑止力にはなっているでしょうが、でもこれによって日本の強大な軍事力による脅威度が北朝鮮にとって低くなったワケではありません。
 だって北が核を持つ前に北から日本に攻撃をした場合の「反撃の被害の大きさ」と、核を持ってからの日本に攻撃をした場合の「反撃の被害の大きさ」は変わらない、もっと言えば、核を持とうが持つまいが北朝鮮から日本に攻め込む難易度は変わってはいないのです。
 つまり北朝鮮が核兵器を持つってコトは、日本やアメリカ側から攻撃をしかけにくくする力に作用するのであって、それは「日本やアメリカが脅威に感じる度合い」が増えているのであって、しかし逆に日本やアメリカから与える北朝鮮への脅威度には一切影響を与えているワケではないんですね。
 これが「一方通行」という意味です。
 自分が受ける抑止力と、自分が与える抑止力は、クロスするコトなく一方通行に与えたり受けたりするのです。
 
 もうひとつ、抑止力を考える場合に考慮すべき点があります。
 それは、あくまで抑止力とは相手の為政者自身が決めるデッドラインを越すかどうかによって判断されるのであって、デッドラインを超える力が強ければ強いほど抑止力が高まるというモノでもないという点です。
 例えば北朝鮮に対する抑止力とは「キム王国を崩壊させる力」がラインであって、これは決して核兵器でなければ達成不可能な条件ではないんですね。
 これは戦争というモノを考える上でも同義なのですが、戦争にしても抑止力にしても、相手の国民を全て滅亡させるコトや、国土そのものを消滅させるコトが目的とはならないのであり、その場合、戦争や国家が持つべき抑止力の範囲内において核兵器でしか達成できないという条件は存在しないと言えるのです。
 つまり通常兵器でもできるし、核兵器でも達成できる、ただし核兵器の場合オーバーキルが多分にに含まれる、という状態と言えます。
 ここもよく勘違いされる点なのですが、民族浄化などの戦争ではない行為を目的とするのではない、あくまで戦争という状態を前提にした場合においては、相手の為政者が定めるデッドラインにおいて核兵器でなければ達成できないという状態は想定しづらいです。
 もし核兵器が攻守共に他の兵器より格段に高いモノ、別の言い方をすれば「攻守共にチート武器」であればまたお話は別ですが、核兵器は攻撃力しか高めるコトができない以上、それはオーバーキルをするしかできない兵器としか見るコトはできません。
 少なくとも日本は国家の装備を一都市に全て集中させているワケではないですしね。
 ですから、実際の軍事上において「核兵器でなければならない」という理由は存在しないのです。
 核兵器のメリットというのは別の点、すなわち経済的な部分にメリットがあるのです。
 
 核兵器に一切のメリットは無い、というつもりはありません。
 核兵器を持つコトによってメリットを受ける場合もあります。
 それは、経済弱国の場合です。
 核兵器の最大の特徴は、その大きな攻撃力なのではなく、攻撃力の大きさに対する開発費の小ささです。
 全く具体的な金額ではなくただの抽象的な例ですが、例えば10のお金に対して通常兵器なら10の攻撃力の武器しか作れませんが、核兵器は10のお金に対して1000ぐらいの攻撃力を得るコトができるんですね。
 これが核兵器の最大の特徴でありメリットなのです。
 攻撃力ではなく、通常兵器との比較によって安価に保有するコトができるのが核兵器の最大のメリットなんですね。
 ここの作用によって、経済弱国であったとしても通常兵器だけなら経済力に比例するので経済強国に対して大きな力の差を開けられてしまうところ、安価に作れる核兵器によって経済力の差とは関係なく軍事力の部分において経済強国と経済弱国との差を埋めるコトができるんですね。
 ですから、経済弱国が核兵器を持つメリットはあるのは確かです。
 そこは否定しません。
 
 一方、経済強国が核兵器を持つ必要性は、特に二国だけで戦争をやっていたかのような冷戦体制が終わった今においては、かなり低くなっていると言えます。
 通常兵器だけで十分体制の崩壊は達成できるのに、それ以上の攻撃力を持ったところで、その意味は無いからです。
 特に米ソ時代の核開発競争は、そこに「開発」という文字が入るコトからも、技術力の競争という面があったためにエスカレートした部分もありました。
 でもいまはそんな時代ではありませんし、そもそも米ソ時代だって後期には核軍縮が行われたワケで、これは「必要以上の攻撃力を持っていても意味は無い」とお互いに認めていたからこそだと言えるでしょう。
 結局冷戦時は、軍事でさえ「競争」という意識が強かったワケですが、いまは競争の時代ではなく「脅威から身を守る時代」になっており、具体的にその脅威からどう身を守るのかを考えれば、核兵器は絶対的な必要性が認められる兵器ではないんですね。
 
 「特に二国だけで戦争をやっていたかのような冷戦体制が終わった今」においては、これは大国同士の関係にでも同じようなコトが言えます。
 いまの世界のパワーバランスを考えれば、本当に単純に二国同士が戦争状態になるなんてコトは考えられません。
 必ず複数の大国がどちらかの陣営に付くか、もしくは多数国(世界中)vs一国という状態になるでしょう。
 むしろほとんどの場合は後者になるのでは無いのでしょうか。
 ウクライナの件を見てもそれは分かるコトです。
 となれば、やっぱり核兵器はオーバーキルの道具にしかならず、必要不可欠の存在ではなくなるのです。
 複数の大国の通常兵器達だけで相手のデッドラインを越せるからです。
 もしくは一国だけで世界全ての国を敵に回す場合は核兵器はある程度意味のあるモノになるかもしれませんが、しかしその場合、核兵器があったところで情勢を覆す力にはなり得ないでしょう。
 
 核兵器は「貧乏人の兵器」です。
 経済弱国だからこそ意味のある兵器です。
 例えば日本も含めた全ての国が核兵器補保有していた場合、各国の軍事的優劣を考えると、決して日本が必ず優位に立てるとは言い切れないでしょう。
 むしろ全ての国がほぼ同列の軍事力を有しているかのような、とても不安定な世界情勢になりかねません。
 繰り返しますが、核兵器のメリットや恐ろしさはその破壊力にあるのではなく(もちろんその人道性は広島出身者としてよく分かっているので、それはそれで別の面もありますが)、破壊力に対する「経済的な軽さ」にあるのです。
 ですから日本としては、その秩序を乱すようなコトを易々と見逃すかのようなコトはしてはならないのです。
 日本は今現在、世界秩序の中ではトップクラスなのですからね。
 
 ですから、日本一国だけが核兵器を持っているっていう状態であれば戦略的には反対する理由は無くなりますが、こんなのはあり得ません。
 そしてもし日本が核兵器を持つ事態になるのであれば、その際はもはや核不拡散体制が崩壊している状況でしょう。
 すなわち日本自身が核兵器を持つというコトは、日本自らが自分の首を絞めている、自らの意思で世界秩序の階段を降りる行為に他ならないんですね。
 こんなバカバカしいコトはないのです。
 
 長々と、主に日本が核兵器を持つ意味は少ないというような内容のコトを書いてきましたが、結局『戦略的核廃絶論』を突き詰めて考えると、こういう説明も実はいらないんですね。
 最初に言いましたように『戦略的核廃絶論』の目的は「世界各国と比較して日本が軍事的に優位に立つ」コトにあるワケですから、つまりこの目的のためにはどういう状況が日本にとって望ましいかを考えれば、そう難しい問題ではないのです。
 「現状」と「無秩序に核兵器を保有できる世界」と「核兵器保有の無い世界」とどれが日本が最も国際秩序の中で優位に上位にいるかを考えれば、これはもう答えは出ていますよね。
 もちろん「核兵器保有の無い世界」です。
 この状態こそが最も日本が国際的に上位に立てる世界と言えます。
 だからこそ目指すべきなんですね。
 
 日本に最も有利な状態を目指すコトこそが日本の戦略じゃないですか。
 それを核兵器の部分で突き詰めて考えれば、核廃絶を目指すのが最も有利に働くと考えるのが妥当だと判断されるのです。
 決して感情論でもなく、義務感からでもなく、単純に日本に有利な道を模索した結果、それが最も日本にとってよい結果になると判断されるからこそ、核は廃絶した方が良いと主張するのです。
 それこそが『戦略的核廃絶論』なのです。
 

ホーム > 原爆・核問題 > 戦略的核廃絶論

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 3月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top