Home > 地方 > 橋下市長

橋下市長 Archive

過去の苦労にただ乗りするだけでなく批判までしてしまう愚


 連休を思う存分満喫中なのであるが、金曜日にやえが橋下大阪市長の件で言及していた件について、その引用先の記事が気になったので、たまにはオレもしゃべってみたいと思う。
 

 小林よしのり氏 河村市長的な南京否定発言したら昔は袋叩き
 
小林:彼らの主張は、憲法9条改正や国旗国歌の問題、靖国参拝など、わしが過去に取り組んできたテーマばかり。で、すでに自虐史観を相対化するところまでは成功したわけ。だから、保守と称する連中がいまだにその話をしていると「まだそれが好きなのか」とウンザリするんだ。
 
中野:今はそれを、リスクなしで主張できるんですよ。敵が強大だった時には戦わず、先駆者が切り開いた道を勝ち馬に乗って進んでいる。
 
小林:昔は、河村たかしみたいな南京虐殺否定発言をしたら、袋叩きだったよ。絶対に辞任しなきゃいけなかった。「愛国心を持っている」と言うだけでも叩かれたんだから。ところが今は、愛国心を強調するほうがポピュリズムになっている。だから構造改革を進める時に小泉が保守を取り込むために取った戦法も、靖国神社参拝だった。

 
 小林さんは小泉内閣時代にあまりにアメリカ憎しに偏ってしまって、アメリカや政治が絡むと滅茶苦茶な論になってしまうのだが、ただ小林さんがやってきた道っていうのは、やっぱり大きな功績があると思うのよ。
 いまでは考えられんかもしれんが、十数年前まではサヨク的な考えが正義で、例えば日本が核武装の検討をすべきだって政治家が発言するだけで辞任騒ぎになるほどの、そんな硬直した空気が日本を覆っていた。
 いまでこそ先の大戦について評価すべきだという論調も普通に見えるようになってきたが、その前までは大東亜戦争という言葉を使うだけで右翼とレッテルを貼られ、議論にすらならない空気だったんだよ。
 これは小林さんひとりの功績と言うつもりはないが、しかしこの硬直した空気を打破したきっかけになったひとりとしては、やはり小林さんの力は大きかったとオレは見ている。
 
 手前味噌だが、オレだって当時はいろいろと苦労した。
 そんな時代からネットで思想サイトをやっていたし、スタンスはいまでもそう変わってないから、いろいろな誹謗中傷を受けたよ。
 当時は朝鮮半島に対しては言及することすらタブーな空気があったんだが、それでもオレは「韓国は日本に対して敵対心を持っている」と主張した。
 いまではこれだけでは生ぬるいと言われる程度だが、しかし当時はこれだけで右翼だ売国奴だと言われたもんだ。
 北朝鮮による拉致事件も、オレは小泉さんが総理になる前から特設ページを作って論陣を張っていたが、当時はほとんど誰にも相手にされなかった。
 ネットでの運動のあり方の意見相違で、右翼と名乗る団体と正面から議論したこともあった。
 
 他にも、これはやえが関わった話だが、千人祈っていうネット上の運動があった。
 今でもサイトが残っているようだが、これは当時「テキストサイト」と呼ばれていたサイト群やその読者が集まって、イラク戦争に反対するネットの声を一冊の本にまとめたという運動だった。
 当時はまだサイトの数が少なく、ブログなんて存在しない時代だったから、当時サイトを構えていた多くの人が関わったと言ってもいいものなのだが、オレはこれに正面から反対した。
 このサイトをちらっとでもいいから見て欲しいのだが、副題からして「NO WAR! ことばで綴る千羽鶴」だ。
 いまの感覚で言えば「サヨク臭い」と言えてしまうものだろう。
 実際の中身を見れば、それはさらにひどくなる
 

・平和を願う。だから、願いを言葉に。言葉を声に。声を行動に。
・手を繋ごう。僕らは同じ『人』であるが故に。
・破壊、殺戮、憎悪、悲哀、絶望。命と引き換えに生み出していいものじゃない。
・素直なコトバを発しても、行動を起こしても。 無気力な同意で終わってしまいそうだから。 だから僕はひたすら挑発を続けたい。 「ワカリアウマエニコロシアエ」と。 立ち止まり、考えてくれることを期待しながら。
・理をもって戦争を語るも、利をもって戦争を語るも、あなた方の自由です、星条旗の国の人。ただ、ちょっと冷静になりませんか? あなた方はあなた方が信じているほどに強くない。

 
 戦争は外交である。
 政治である。
 だから感情論だけで戦争を語ってもまったく意味は無い。
 だからやえはこのように当時批判した
 

 まぁそれでも運動自体はなんとか進んでいるようではあるんですが、なんて言えばいいんでしょうか、一昔前のちょっと勘違いした学生運動のノリでやるのは正直どうなのかなと思います。
 主催者の一人によればこの運動は「オフ会のノリでやればいい」とのことなんですが、反戦運動とかデモというものは立派な政治活動です。
 思想無き政治活動などあり得ません。
 もしガキの遊びのノリで政治活動をやっているのであったら今すぐ辞めて欲しいモノです。
 そしてもう二度と政治家批判などしてはいけません。
 もしそうでないなら、きちんとした思想を見せてもらいたいと思います。

 
 いまでなら、こんなバカバカしい運動は、まぁ実行する奴はネットに関わる絶対数が増えたのでやる奴はやるんだろうけど、でも現実を分かってる人間からすれば一笑に付す程度で終わるだろう。
 でも当時のネットは、これが主流だったのだ。
 これはネットだけではなく、現実世界の雰囲気も同じだった。
 こんな時代があったんだよ。
 
 でね、別にオレややえがいたからネットもここまで雰囲気が変わったと言うつもりはないが、それでも当時完全アウェイだったところでやってきたという歴史がオレやウチのサイトにはあるわけよ。
 どれぐらい意味があったのかはともかく、それが極僅かでも、それでもその時代の空気を打破したことに少しは影響を与えているのは確かだ…と思いたい。
 だから偉そうに言うのであれば、橋下市長とかにも、「今アンタはそんなに偉そうにものを言ってるけど、当時サヨク全盛期だった時にいま言っているようなことを堂々と言えたのか、言ってきたのか?」と言いたくなるわけなんだよね。
 「保守だ、国だと偉そうなフレーズは口に出すが、要は暇児なだけじゃねえか。」なんて言うなら、お前は昔何してたんだと、テレビっていう煽動媒体に出演して当時の大衆の空気に迎合して媚びを売って金をもらいつつ顔と名前を広めてもらってたんだろと、そう言いたくなる。
 口だけと言うならなおさらだ。
 お前は口だけすら当時の圧倒的な雰囲気に立ち向かうことすらしてねぇだろと。
 
 今の橋下市長の過激な発言は、当時の硬直した空気を打破したからこそ出来ることだ。
 今の雰囲気に乗っかっただけだろうと。
 一昔前なら、とっくに辞任騒ぎになっていたぞと。
 
 橋下は他人が均した道路に唾を吐きながら我が物顔で爆音立てて暴走しているのだ。
 
 別に昔から主張している人間が偉いとか言うつもりはないが、でもそういう歴史があったことは知るべきだろう。
 まして自分がいまの立場に立てている下地を作ってくれた人に唾を吐きかけるような行為は以ての外だ。
 そんなことされれば、昔苦労した身としては、お前ふざけんなと、そりゃ言いたくなる。
 
 公の場で自らの意見を言うのであれば、それは誰からでも批判される可能性があるし、その覚悟が無ければ公の場で主張なんてしてはいかん。
 公の場の意見に対して批判する権利は誰にでもあるし、その批判に対する批判も甘んじて受けなければならない。
 ましてそれが政治に対するものであれば、主権者である以上は批判する方もされる方も責任を持ってなされなければならない。
 それなのに橋下の「口だけ」とは何事だろうか。
 実行出来る人間だけが意見出来るなんて言い出したら、選挙も民主主義も成り立たなくなる。
 そんなことぐらい橋下市長なら分かりそうなもんだが、だからこう言うこというからこいつは権力だけが目的だと見えてしまうのだ。
 
 橋下市長は保守系の政治家と見られているようだが、本当に保守であれば、先人達の苦労を理解し敬意を持って、いまこうやって活動出来ていることに感謝するのが筋なんじゃないだろうか。
 自分だけが道を作っていると思っているのであれば、あまりにも傲慢すぎる。
 小林さんより傲慢だ。

やはり権力が目的にしか見えない


 まずは引用からです。
 

 民主党には目を覚まして欲しい。国民は賢明だ。もう新聞の大キャンペーンには惑わされない。今回の民主党の消費増税は、完全に民主主義のルール違反だ。増税するなら、きちんと手続きを踏むべきだ。選挙だ。僕は増税に反対ではない。しかし今の民主党案とは全く異なる考えを持つ。

 
 全くもって正しい意見です。
 当サイトが以前からずっと言い続けている主張と全て合致します。
 例えば以前に「自民党が消費税に関する3党協議に乗ってはいけない8つの理由」というエントリーを上げて、その一番に挙げた理由が
 

 1.「消費税増税は議論すらしない」-民主党には消費税論議の資格無し
 民主党は衆議院選挙の前に「消費税増税は議論すらしない」と言っていました。
 次の選挙まではこれを守る義務があり、そもそも民主党には消費税論議をする資格はありません。

 
 だったワケで、いまの消費税云々の議論というのは、なによりまずは民主党自体の政治に対する姿勢の問題であって、そして選挙の際の国民に対する政治家や政党の姿勢の問題でもあるワケで、ここからしていまの民主党には消費税を語る、政治を語る資格など無いと言うしか無いのです。
 もし政治家が選挙の際に国民とした約束を破るコトが普通になってしまったらどうなってしまうでしょうか。
 選挙なんて意味が無くなってしまいますよね。
 仮にですよ、共産党が共産主義辞めましたと言って選挙に大勝して、その後に「やっぱり共産主義やります」と言い出して共産主義革命したらどうしますか。
 いまの民主党というのはこういうコトをしているんです。
 
 最初に引用した方も、こう言ってます。
 

 それをいとも簡単にマニフェストの根幹部分の変更を認めたら、もう選挙前の政策討論なんて何の意味もなくなりますよ。こんな風潮だからいつまで経っても日本の政治は強くならない。そこまでのマニフェストなら、野党も反対のための反対にならない。選挙で勝ったマニフェストをまずは尊重する。

 
 その通りです。
 この問題はなにより、この状況を国民が許してしまうコトが一番危険なのです。
 国民の方が「まぁいいや」ぐらいに思って民主党の横暴を許してしまうと、いつかそれが先程のような共産党のような事態を招くのです。
 大げさではありませんよ。
 やっているコトは同じなのですから。
 「選挙の時に嘘を付いて議席を取り、選挙後にはそれを破棄して真反対のコトをする」
 ただこれだけです
 全く同じですよ。
 
 嘘を付いても選挙に通るなら、そりゃ言いたい放題適当なコトをさも本当かのように言いますよ。
 言いたくないコトは言いませんよ。
 だってそれを国民が許容するんですから、そんな楽な選挙はないですよね。
 嘘つきますよ。
 そして結局誰も責任を取らなくなり、そして日本の政治はデタラメになるでしょう。
 つまりこの問題は、まずは国民の資質こそが問われている問題でもあるのです。
 
 ところでこの発言はどなたのモノでしょうか。
 もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、はい、橋下大阪市長のツイートです。
 この件に関してはやえも全く同意見です。
 そして民主党は本当にやってはならないコトをしていると思います。
 
 でも、ここまではいいんですが、であるなら橋下さんには1つ冷静になってもらいたいコトがあります。
 

 前回の政権交代選挙の流れからすると、国民は民主党に消費税増税する権限を与えていない。ここをしっかりと押さえなければならない。こういうことを大切にする政治慣行を確立しないと、日本の民主主義は成熟しない。相も変わらず議会では野党は反対するだけ。もう国民はほとほと嫌気がさしている。

 
 後半部分です。
 「相も変わらず議会では野党は反対するだけ。もう国民はほとほと嫌気がさしている」?
 この人はなにを言っているんですか?
 橋下さん、同じ口で「増税するなら、きちんと手続きを踏むべきだ。選挙だ。僕は増税に反対ではない。しかし今の民主党案とは全く異なる考えを持つ」と言っているのに、なぜそうなのに「野党は反対するだけ」なのですか?
 「増税するなら、きちんと手続きを踏むべきだ。選挙だ」というのは、自民党が、谷垣総裁がずーーーーーーっと言い続けているコトですよね。
 橋下さんなんかよりも、ずーーーーっと前から言い続けているコトです。
 それなのになんですか。
 「野党は反対するだけ。もう国民はほとほと嫌気がさしている」って。
 橋下さんは谷垣総裁と全く同じコトを言っているのに、その結果がなぜ「野党は反対するだけ」になるんですか。
 全く理解が出来ません。
 
 「民主党には消費税議論する資格はない。まずは選挙だ」というのは論拠です。
 この部分において、橋下市長も谷垣総裁も全く同じです。
 であるなら、結論も全く同じになるハズです本来は。
 論拠が同じなのに結論が違うコトになってしまえば、そもそも論拠の意味が無くなってしまいますからね。
 それなのになんでこんなコトになってしまっているのでしょうか。
 
 つまりこれは、「結論ありきの結論」と言うしか他なくなってしまいます。
 結局橋下さんは「民主党も自民党もダメだ」というどっちもどっち論を、理由もなく論拠もなく主張しているのです。
 それは多分、自分が権力を得るためでしょう。
 自分が、というか維新の会が選挙に勝つために、同じコトは言っているがとりあえず自民党も批判しておこうという、こういう卑しい気持ちの発言と言わざるを得ないのです。
 もし本当に民主主義のコトを考えているのであれば、まずは橋下さんは自民党に谷垣総裁に賛意を送るべきなのではないでしょうか。
 少なくとも批判するいわれは全くないワケです。
 
 こういうところから、橋下さんはどうしても「権力が目的」になってしまっているのではないかと思わざるを得ないところなのです。
 「政策実現という目的のために、権力を手段として使う」のではなく、「権力が目的で、政策を手段にしているだけ」ではないかと思うしかないのです。
 でないとこの矛盾を説明できません。
 
 これいつも言っているんですが、橋下さん、時に言っているコトは大変に賛成できるコトも多々あるのですが、本当に残念でなりません。

ホーム > 地方 > 橋下市長

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2018 年 9月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top