Home > 外交 > 岸田文雄外務大臣

岸田文雄外務大臣 Archive

外交の最後は国民の評価で決まる


 やえが最も日本の歴史上最も外交で失敗したと思っている1つに、日比谷焼き討ち事件があります。
 この事件の直接的な原因は、日露戦争における講和条約であるポーツマス条約が発端なワケですが、何が失敗かと言えば、政府の外交手腕が失敗したのではなく、国民の反応評価によって政府の功績が全く逆の評価になった点にあります。
 さらにもっと言えば、その時の国民の反応が、その後に続いていく日本の戦争に対する冷静な判断力を著しく落としてしまった原因になったのではないかと思っています。
 
 今でこそポーツマス条約は日本にとって高い評価を得ています。
 戦争自体は日本とロシアとどちらが勝ったとは言いづらいギリギリのモノだったのに、外交交渉によって勝ちと言える内容の条約を結ぶコトが出来たというのが、この条約です。
 Wikipediaにも「日本は困難な外交的取引を通じて辛うじて勝者としての体面を勝ち取った」との一文があります。
 この辺は今では有名なお話ですよね。
 
 しかしそれを当時の日本国民が理解せず、外交の失敗と責め立て、ついには焼き討ち事件を起こす事態にまで至ってしまいました。
 今でこそポーツマス条約は政府の正しい判断だったと言われますが、しかし当時の国民の反応ははどういうモノだったのかは、それはもう焼き討ち事件が起きたというだけで想像できますよね。
 そして事実としてこの焼き討ち事件の結果、当時の内閣であるに第1次桂内閣が総辞職するという事態を招いてしまっています。
 政権は正しい外交を行ったのに、国民の判断によって政権が倒れてしまったのです。
 
 この“弱腰外交”は、その後ますます政府に対して強気の対応を迫るコトになります。
 その後日本は負けていく戦争に突入していくワケですが、やえはこれだけが全てとは言いませんけど、しかし「引くに引けなくなった要因」の1つとしてこの日比谷焼き討ち事件があったと言えるのではないのかと思っています。
 当時の日本は君主制とは言え、選挙で選ばれた議員が多くを占める行政府や立法府が存在する民主主義国家とも言え、国民の意思が政治に大きく影響する国家でもありました。
 そういう中においてこの国民の判断は、“政治家”に強い恐怖心を植え付けてしまったと言えるでしょう。
 「もうこの程度では国民に理解されない」という思いが、より無謀な戦争を招いてしまったという一面は否定できない事実だと思います。
 
 この過去は教訓にしなければなりません。
 歴史的にその出来事が正しいと証明されても、しかし政治はその時代において点ではなく線や面として繋がっていくモノであり、その時その場でその1つの出来事が国民の判断でダメだと判断されてしまった結果、その後に続く別の出来事への判断を狂わせてしまうコトになりかねません。
 いえ過去に事実としてそうなってしまったワケです。
 国民の判断・評価というモノは、外交にとってとてもとても大きなファクターであり、国民の冷静な判断が必要なモノなのです。
 
 こういう記事があります。
 

 強硬派・ラブロフ外相は岸田氏との握手を拒否 長門会談をめぐる日程闘争はなお…
 
 3日午前(日本時間同日午後)、露外務省別館。ラブロフ氏は岸田氏と並んで会場入りしたが、報道陣の前を素通りして席に着いた。立ち止まって握手し、記念撮影に応じる通例をあえて無視したとみられる。

 
 ネット上ではこれだけで、岸田外相や政府の“弱腰”を責める書き込みが見られました。
 また、昨年か一昨年ぐらいの日露外相会合の記者会見における「日本とは北方領土の協議はしていない」との突然のラブロフ外相の発言に対しても、未だに岸田外相への批判があり、今回の件と併せて“弱腰”を責める書き込みがそれなりにあるワケです。
 特にロシアや中国との外交の場において、記者会見だけにおける「勝手に振る舞う相手」だけの映像を見て、「日本はナメられている」とか「日本は弱腰外交をいつまで続けるのか」とか言ってしまう国民がそれなりにいてしまうワケです。
 
 しかし果たして実際はどうなのでしょうか。
 そもそもとして、ラブロフ外相の思うままの結果が出るのであれば、むしろそれはラブロフ外相は満面の笑みを浮かべて握手するコトでしょう。
 そんなのちょっと自分に置き換えて考えれば分かるコトですよね。
 本来外交とは勝ち負けではないのですから、だからこそそういう場では笑顔で握手するっていうのが国際外交儀礼であるにも関わらず、たまにロシアや中国なんかは感情をあらわにするワケですが、しかしそれはつまりは「自分が気にくわない結果だからこその悪態」でしかないワケですよね。
 もちろんその「自分」とは、自国や自国民にとってという意味の場合もあるワケですが、どちらにしても外交儀礼を曲げて悪態をつくというのは、「笑顔をとるコトができない自分側の都合」があると捉えるワケです。
 こんなの少なくとも「日本の弱腰」とは全く繋がらないコトなんですね。
 
 そして、記事の一部だけを見るのではなく、全体をよく読み、さらに別の記事なども見れば、もっと見えてくるコトがあります。
 まず、さっき引用した同じ記事には、こんな一文があります。
 

 普段、外相級との会談に応じないプーチン氏が岸田氏と会談し、安倍晋三首相の親書を受け取ったことも、ラブロフ氏は気に食わなかったようだ。しかも、ラブロフ氏は当初、この会談に同席すると伝えられたが、実際に同席したのはモルグロフ外務次官だった。

 
 もしこれがラブロフ外相の個人的な感情でのお話でしたら、これはもうラブロフ外相の器が小さすぎるってだけにしかなりません。
 こんなんで日本側が一喜一憂する必要は全くありません、というか、するだけ損です。
 
 もしこれがロシアの国家としての行動であるのであれば、これはむしろ岸田外務大臣がプーチン大統領に会ったコト、そして安倍総理の親書を渡したコトが、日本の外交的勝利(あまり勝ち負けで表現したくないのですが)と言えるコトとなるでしょう。
 よってこっちだったとしても(おそらくの後に「16日に東京での経済フォーラムへのプーチン氏出席を決めたのもラブロフ氏だった」とありますので、こっちだとは思ってます)、日本は一喜一憂する必要は全くないどころか、ちょっと悪態をつかれたぐらいで右往左往するのは日本の外交的利益を失わせるコトに繋がると言えるでしょう。
 これってつまりは、日比谷焼き討ち事件と全く同じ構図になるワケです。
 ここをよくよく考えなければなりません。
 まして相手は、日比谷焼き討ち事件の時のロシアなのですからね。
 
 もうひとつ、こちらの記事をご覧ください。
 

 岸田外相、ラブロフ外相と会談 北方領土問題で詰めの協議
 
 前回のロシアでの日ロ外相会談では、岸田外相が、記者会見で「領土問題について、突っ込んだ話し合いをした」と強調したのに対し、ラブロフ外相は「領土問題の話はしなかった」と完全に否定した。
会議に同席した人物によると、カメラが会場を去ったあと、ラブロフ外相は、国内世論対策から、「領土問題を議論したことを認めるわけにはいかなかった」と岸田外相に謝ったという。

 
 もちろんこんなコトは冷静に考えれば分かっていたコトなのですが、それでも「ロシア側の勝手な都合」による悪態で、日本の一部国民が右往左往したのは事実です。
 これはあまりにも日本外交にとっては害悪でしかなかったと断じざるを得ません。
 
 現代はこうやって色んなところから一般国民にも情報は入ってくるのです。
 先ほどの「握手拒否」にしても、同じ時期にこの記事が出ているのですから、こうやってキチンと情報を仕入れれば、「ああまた国内世論のためのワガママ発動か」と冷静に判断できるワケですし、そうすれば自ずとどのような評価を下せば日本にとってよいのかも見えてきますよね。
 すなわち、「またロシアにとっては良くない結果=日本にとっては良い結果が出た、少なくとも交渉の中で出てきたんだな」と判断するコトができるワケです。
 少なくとも「日本や岸田外相がナメられている」とか「日本外交は弱腰だ」とかという批判は全くの的外れであり、そしてその批判はむしろ日本の国益を損なう、日本外交の利益を無に帰さしかねない害悪だと断じるしかなくなるのです。
 
 繰り返しますが、確かに日比谷焼き討ち事件の時はマスコミも発達していませんでしたから国民にどれだけの情報が流れていたか分かりませんので一考の余地はないコトはありませんが、しかし現代ではそんな言い訳も通用しません。
 ちょっと探せば、こうやって色んな情報に接するコトができますし、キチンと精査すれば、このような結論を出すコトも難しくないのです。
 もし精査する時間なんてないと言うなら、短絡的な考えを誰もが見れるような場所で書く方が間違っていると言うしかありません。
 だってそれは、日本の国益を損なう行為なのですからね。
 外交は一般国民にとって一番縁の遠い政治かと思いがちですが、実は国民のその場の評価がすぐに反映されてしまう一番身近な政治だというコトを意識する必要があるのではないでしょうか。
 
 まぁそもそもとして外交に限らず交渉官という人は、表面上はニコニコして腹を読ませず、交渉すればいつの間にか利益を持って行ってしまうような人こそが、優秀な人と言える人なのではないでしょうか。
 ちょっと不利益なコトがあったからと悪態をつくような人は、交渉官としては二流三流ですよ。
 そしてそれを受ける人、外交の場合は国民ですが、その表面だけの三流交渉官にコロっとやられてしまうようでは、あまりにも情けないと表現せざるを得なくなってしまうでしょう。
 

政治も外交も点で見るのではなく、線と面で見なければならない


 外交を勝ち負けで見てしまう人、また記者会見の表面上でしか判断しない人、自国の総理や大臣の態度だけで全てを決めようとする人がいますが、これはあまりにも危険な政治の見方だと言わざるを得ません。
 政治も外交も、その場その場の点だけで判断するのではなく、過去と現在と未来とを総合的に見た上で、つまり線であり面で見なければ、本来その評価なんてできるハズがないんですね。
 ちょっと古いお話になりますが、その最たる例がありますので、紹介しておこうと思います。
 
 昨年の9月に、岸田文雄外務大臣がロシアを訪問し、ラブロフ外相と日露外相会談を行いました。
 この時のロシアはウクライナ問題でかなりピリピリしていた時期で、すでにG8から追放されてG7になっていた時でしたが、日本は日本で様々な諸懸案、特に北方領土問題と平和条約問題がありますので、二国間外交は行わなければならないという状況でした。
 そんな中で行われた日露外相会合でしたが、そこでひとつ問題が起きました。
 外相会合が終わった後の記者会見で、突然ラブロフ外相が「領土問題は協議していない」と言いだし、岸田外相があきらかな不満を態度を示したのです。
 その後、一応は両者握手しましたが、いまロシアが国際社会の中で置かれている微妙な立場が浮き彫りになった“事件”と言えるコトでした。
 
 これについて、日本国内でもだいぶ広く報道されましたし、結構印象深いシーンでしたから、よく覚えている人もいると思います。
 そして未だに「岸田はロシアにやられた」と言っている人がいます。
 それぐらい印象的なシーンだったのは確かです。
 
 しかしハッキリ言ってしまいますと、そう言っている人はあまりにも短慮で、外交を評価するコトに向いていない人だと言わざるを得ません。
 
 この問題、2つの視点があります。
 1つは過去の日露の外相同士のこれまでの関係と、そもそも岸田外相という人物の人となりについて。
 もう1つはその未来に行われた日露首脳会談での結果についてです。
 
 まぁ政治家の人となりまで知るべきとは言いませんが、ただ、政治を良く知る人の間では、岸田外相は超慎重で粘り強い性格で、公式の場ではあまり感情をあらわにする人ではないというのは、わりと有名なお話です。
 その一方、お酒には永田町一強いという面もあり、この回より以前の日露外相会合では、お酒の強いロシア人であるラブロフ外相と飲み比べをして懇親を深めたという逸話もあったりします。
 つまり、ラブロフ外相も岸田外相の人となりはよく分かっているワケですね。
 
 まずここがポイントです。
 「普段は感情をあらわにする人ではない」「それをラブロフ外相も分かっていた」のであり、その上で、岸田外相のあの態度だったのです。
 ラブロフ外相もラブロフ外相で事情や立場があるのでしょう。 
 おそらく「領土問題は議論していない」という発言はロシア国内向けだと言われているところで、はじめから記者会見でそう発言するコトは決めていたのでしょうけど、しかし岸田外相のアレは想定外だったハズです。
 それでも岸田外相なら淡々と記者会見をこなすのではないかという、ロシア側の思惑があったのではないのでしょうか。
 記者会見は会談ではありませんから、議論する場ではありません。
 また公式の場でもありまんから、仮に記者会見の場で議論したところで、「外相会談」とは呼べないシロモノです。
 だからあの場でムキになって反論しても、見ている人がスッキリするかどうかという実質論以外の部分では無意味とは言いませんが、しかし下手すれば外相会合で積み重ねたモノが無意味になるというリスクがある以上、そこで反論する利益は全くありません。
 その上で岸田外相のあの態度だったんですね。
 それは、ロシアとラブロフ外相にとって、計算外の行動だったのです。
 まさか“あの”岸田外相が、あそこまで露骨な態度を示したというのは、おそらく日本関係者だってビックリしたコトと思います。
 
 そしてそれを踏まえた上で、その後の日露首脳会談で、その結果があらわれます。
 外相会合も首脳会合も去年のお話なので記事が見つけられなかったのですが、たぶんこの首脳会談も覚えている人多いと思います。
 安倍総理がちょっと遅刻してしまって、小走りでプーチン大統領に駆け寄った、あの時の首脳会談です。
 この時の首脳会談は11月15日ですが、さきほどの外相会談は9月21日ですから、その間わずか2ヶ月弱という短期間の差というコトになります。
 
 さてここでは何が議論されたのでしょうか。
 もちろん領土問題と平和条約締結問題(これは戦争後の講和条約とか和平条約と言った方が分かりやすいですが)を議論していますし、そしてそれに対して後からプーチン大統領が異議を唱えたとかもありませんでした。
 もしそんなコトがあったら、安倍さんの小走りではなくそっちの方が大きく報道されいたでしょうしね。
 
 たった2ヶ月の間の会談のこの違いです。
 外相会談の時には「岸田外相ははしごを外された」と言っていた人もいましたが、そういう意味では果たしてはしごを外されたのは誰だったのでしょうか。
 もっと言えば、岸田外相のあの“メッセージ”があったからこそ、その先に繋がったとすら言えるかもしれません。
 もし言われるままに何も反応しなければ、ロシアはそれに味を占めて、国内を引き締める意味で同じ手を使ってきたかもしれませんし、下手をすれば日露首脳会談ではもっと厳しい態度が待っていたかもしれません。
 でも、少なくとも結果としては、日露首脳会談では領土問題も議論されたと、プーチン大統領も認める会談で終わったのです。
 
 これのよう「結果」を見れば、岸田外相は、会談と記者会見を壊さずかつロシアに強いメッセージを送ったと、そう見る方が適切ではないのでしょうか。
 少なくとも結果としてはそう出ているワケです。
 未だロシア関係の記事が出ると、岸田外相のこの時の態度を批判するような書き込みとかを見かけますが、これはあまりにもこれまでの経緯が無知な、不適切な政治と外交の見方をしている人だと言わざるを得ません。
 政治も外交も点で見て、その場その場だけで感情に振り回されて評価していては、結果的に国益を失わせるコトにしかなりません。
 広く長く、線で、面で見るべきなのです。
 

オバマ大統領が広島を訪問した意義


 もう説明するまでもないと思いますが、先週末、オバマ大統領の広島訪問、そして何より歴史的な広島平和公園での献花と原爆資料館の視察が行われました。
 広島で生まれた身として、もうその瞬間は言葉にするのが難しく、感無量としか言いようのない気持ちでいっぱいになりました。
 まずは素直に、「オバマ大統領、ようこそ広島にお越しくださいました、ありがとうございました」と言いたいです。
 
 さて。
 核廃絶への道や、外交的な意義については、色んなところで語られていますので、今回はやえはパスします。
 よってここでは、もっと政治的な、他の人はあまり語らないようなコトを指摘してみたいと思います。
 
 というのも、国内的にもやはりこれは大きな支点となったと思うんですね。
 何がかと言えば、それは「もうこれで日本は核武装論を取り上げるコトすらできなくなった」という大きな事実です。
 これは本当に大きいと思っています。
 
 だって、ここ数日のオバマ効果で核廃絶の機運がすごく高まってはいますが、ちょっと前までは日本の核武装論がおおっぴらとまでは言いませんが、くすぶっていたっていうコトは確かだと思うんですね。
 それは安倍さんが総理になったからという点も小さくなく、もちろん安倍総理自身がそんな発言をしたというワケではないのですが、安倍総理に期待する特に過激な方向の保守系から日本の核保有論が増えてきていたコトは確かだったと思います。
 安倍さんなら憲法改正できる、九条改正出来る、ついでに核兵器も持てるようになれると、まぁ願望のようなモノも混じった、そんな期待がそれなりにあったワケです。
 
 でもこれでくさびを打ちつけるコトができました。
 もちろん議論は議論ですから市井で核武装論を主張するコトはダメだとは言いませんが、しかし少なくとも「米国大統領の広島訪問を主導した日本政府」としては、もう可能性が少しでも出てくるようなコト、つまり議論するコトすら不可能となったと言っても過言ではありません。
 特に今回の広島訪問はインパクトが強いです。
 もう世界中でこのニュースが駆け巡っています。
 すなわちこれは、「日本は原爆を投下されたから核武装をする」のではなく、「日本は原爆を投下されたからこそ核廃絶を主導する」と力強く宣言したワケなのです。
 日本は5/27を持って、今後将来にわたって一切の核武装の道を絶ったのです。
 日本政府や国会議員は議論すらもう不可能でしょう。
 
 日本の核武装論の是非は今回はしません。
 やえの核武装に対する評価は過去に散々やってますから、そちらをご覧ください。
 今回はまずこの大きな1点の事実を確認しておこうと思ったのです。
 
 もうちょっと書きますと、今回の件は広島選出の岸田外務大臣の功績が大だと評価するところです。
 もちろん岸田外相を留任し続けたという意味で安倍総理の功績もありますが、しかし逆に言えば、安倍総理が岸田さんを外務大臣に起用しなければ、今回のコトは無かったと思っています。
 日本政府の核廃絶に対する動きは、明らかに岸田さんが外務大臣になってから急加速しました。
 例えるならけっこうあるのですが、第1次安倍内閣では実現できず、第2次内閣で初めて署名した国連の共同ステートメントですとか、日本で初めての開催となった核を持っていない国で組織されている核不拡散イニシアティブ(NPDI)外相会合を広島で開催し、各国外相と被爆者との意見交換会などを行い成功裏に導いたコトですとか、そして外相全員で平和公園・原爆資料館、そして突然の原爆ドーム視察が行われたG7外相会合ですとか、もし安倍総理だけの思いであれば第1次の時にできたハズのコト、または外相マターではなく総理マターでできるコトがたくさんあったにも関わらず、このように基本的に日本の核廃絶政策は全て外相マターで行われてきたんですね。
 すなわち岸田外相がこれらを主導し、環境を作り、お膳立てをしてきたのです。
 
 繰り返しますが、それを是認してきた安倍総理ももちろん功績として挙げられますし、なにより第1次内閣の失敗を反省してバランスの取れた内閣を組織し、外相という要職に自民党の中では反対側に位置する岸田さんを外務大臣に就けたコトは安倍さんの評価を高める要因であって、下げる原因には一切なりません。
 ただ、もしかしたら安倍さんはここまでは予想してなかったかもしれないとは思うのです。
 バランスを取るために起用した岸田外相ですが、ここまで明確にくさびを打たれるとは思っていなかったのではないでしょうか。
 岸田外務大臣は日本にもアメリカにも大きなくさびを打ち込んだのです。
 
 オバマ大統領が広島を訪問した意義、これは日本国内にとっても大きな意味を持ちます。
 これからは、これをどう武器として使っていくのか、したたかに政治的に外交的に考えていかなければならないでしょう。
 

ホーム > 外交 > 岸田文雄外務大臣

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 5月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top