Home > 外交 > 日韓合意

日韓合意 Archive

日韓合意という“国際的な”強力なカード


 あけおめでございます。
 今年はどんな年になるのか分かりませんが、ぜひよい年になればいいと願っています。
 皆様どうぞ今年もよろしくお願いします。
 
 さて、総理大臣の評価論の続きを書こうと思っていたのですが、ちょっといま話題になっている日韓合意の件で、ホットなウチに今一度言っておきたいコトがありますので、今日はそちらを書かせて頂きます。
 
 一昨年末当時はだいぶ悪く言われていた日韓合意ですが、実際はこのように、日本にとって強力なカードになっています。
 ここで勘違いしてはいけないのが、日韓合意とは「日本が10億円払うから、韓国は慰安婦像を撤去しろ」というお金がトリガーになって発動するような構図の合意ではない、というコトです。
 正確には、日韓合意とは双方がそれぞれが履行すべき行為を並行的に規定されたモノです。
 
 日本は財団設立のために10億円を拠出する。
 韓国は大使館前の慰安婦像の撤去に努力する。
 両国はこの合意で慰安婦問題が解決されたので、以後国際的な場でこの問題を蒸し返さない。
 
 これらはそれぞれ別モノの履行項目であり、例えば仮に韓国が一方的に10億円を日本に送金したとしても、だからといって日本が合意内容を履行した事実は変わりませんし、韓国が合意内容を履行していない事実も全く変わりません。
 「日本が10億円払ったから韓国は履行しなければならない」のではないのです。
 韓国としては、日本がどんな行為を行ったとしても、仮に日本がまだ10億円を拠出していなかったとしても、それでもやっぱり韓国は慰安婦像などの合意内容に対する履行の義務は存在します。
 10億円は条件でもトリガーでもありません。
 ただの日本側の履行内容なだけなのです。
 
 そしてだからこそ日韓合意は強力なカードになっているのです。
 しかもこれは「国際的に強力なカード」です。
 間違えてはいけないのが、日本は決して韓国だけを相手に外交をしているワケではありません。
 韓国はどう思っているのか知りませんが、日本は常に国際社会に対して外交を行っているのであり、韓国に対する態度も、全ては国際社会に日本がどう映るのか、国際社会に対して日本のプラスになるかどうかを基準にして外交を行っているのです。
 ですからもちろん、日韓合意も国際社会の中における外交の1つとして結んだワケであり、国際社会に向けた効果を狙ってのモノであるワケです。
 
 その上で日韓合意は日本にとって大変プラスになっていると言えます。
 なぜか。
 一番大きい理由は、先ほど説明しましたように、日韓合意は条件が合致したら成立するという構図のモノなのではなく、合意自体がまず成立という形になっており、その先にそれぞれ両国が内容を履行する形になっているという構図になっているからです。
 すなわち「相手がどうあれ、自分が履行すれば、自分側はそれで終わり」なんですね。
 そして日本はすでに履行しているワケです。
 ちょっとアレな韓国人はともかく、理性ある法治国家の国民であれば日韓合意の内容をキチンと読めばそれぐらい簡単に分かるコトですから、「日本は合意を守った。一方韓国はどうか」という単純な問いに対してどう答えを出すかなんて、まさに言うまでもないコトなのです。
 「お互いに自国内のコトを履行する」という、並行的な内容だからこそ、どちらかの行動の是非と賛否が一目瞭然になるのです。
 
 そしてもう一つ大きなコトが、この日韓合意の一次ソースがフルオープンにされた記者会見で日韓両国の外相の生の言葉によって発表されたという点にあります。
 当時は「なぜ文章じゃないんだ」という批判もありましたが、文章ではどうしても解釈に差が出てきかねません。
 特に違う言語間でのやりとりなんですから、微妙なニュアンスも含めて完璧に同じ文章を作るコトは不可能です。
 よって日韓合意は、それぞれの国民に向かって自国の外務大臣が直接言葉に出して合意内容を発表するコトによって、そういう後々の齟齬を消し去っています。
 そして同時に、これを全世界にテレビという逃げ場のない方法で発表するコトで、二国間だけではない全世界の人間を証人とするコトに成功しました。
 先日岸田外務大臣がヨーロッパ訪問中にこの問題について「国際的に高く評価されている」と言ってましたが、テレビによって全世界に広く告知された合意なのですから、どこに行っても日韓に関係ない地であったとしても、堂々と「日本は合意を履行している」と主張するコトができるのです。
 
 ハッキリ言って、このロジックの前に、さすがの韓国人も真っ向から否定できていません。
 ですから「日韓合意の範囲外だ」ではなく「日韓合意を破棄しよう」としか言えないんですね。
 まぁお金を返せば破棄できると思っている姿は正直滑稽だと言わざるを得ないのですが、とにかく、日韓合意がこの問題の強力なカードになっているコトは、これでもう完璧に証明されていると言えるでしょう。
 
 慰安婦問題については、過去何度も言ってますように、一番の原因は日本のマスコミにあり、そしてそれを享受した日本国民にあります。
 河野談話も、当時は「なぜ明確に日本の責任を認めないのか」という声が大きく、むしろ保守系からは「日本軍の直接的な関与はなかったと政府が認めて良かった」という声があがったぐらいでした。
 これは当時の日本の雰囲気がなせるワザであり、先日の更新に対する反応でもどうしても昔の日本の雰囲気が理解できない人がいて、それはまぁ仕方ないのかもしれませんが、しかしそれを今の時代になってから政治家や政府に責任を転嫁させるというのは許されるモノではありません。
 こうした歴史に終止符を打ったのが日韓合意なんですね。
 
 これは合意直後にも言いましたように、日本国民としては、これをシッカリと冷静に受け止めて、何より「日本は誠実に履行している」という事実を確認する必要があります。
 そして「履行していないのは誰か」というコトも確認するコトです。
 一番愚かしいコトは「日韓合意なんて結んだ日本政府はけしからん」と、相手を利する言動をとるコトです。
 日韓合意の一番のキモは、10億円でも慰安婦像でもなく、「国際的にこの問題は終わりだ」と宣言した点です。
 同時に、日本も韓国も国際社会の中でこの問題を蒸し返さないというところにあります。
 これが日本にとっては一番のメリットなのであり、ここさえ守れば韓国国内でどんなモノ建てようが、特にどうでもいいのです。
 だって外国から仮にそれについて聞かれても「日韓合意で終わったコトだから」と説明できるのですからね。
 それなのに韓国がわざわざ日韓合意を履行しようとしないのですから、日本とすればそれなら「誠実に履行しなさい」と言うしかないワケで、それで全てなんですよね。
 「日本は履行した。では韓国はどうか?」と言えばいいだけのお話を、なぜ自国政府批判に繋げなければならないのか、そんなのは全く無意味ですよね。
 このように日韓合意は、日本にとって国際的な強力なカードになっているのです。
 
 そしてもし、万が一にでも合意が破棄されるようなコトになれば、それは破棄した方が悪いのです。
 当たり前です。
 この時こそ日本人は冷静に当たり前のコトを当たり前に言う冷静な判断が必要となるでしょう。
 

政治外交を自己満足に使うか、それとも国益のために考えるのか


 いわゆる「日韓合意」については、ただ愛国愛国と言って自分が気持ちよくなるためだけの自己満足に使うコトしか考えていない人でしかないのか、それとも政治外交を中長期的に見るコトができ真に国益を考えられる人なのかを見分けられる、いい試金石になっていると言えるでしょう。
 
 ここに来て勘違いしている人、もしくはマスコミのミスリードにまんまとハマっている人がいるようですが、この日韓合意の一番の意義は、決して日本大使館前の慰安婦像なんかではなく、「全世界の前で韓国は二度とこの問題を蒸し返して国際社会でネガキャンをしないと約束させた」という点にあります。
 つまりこの問題というのは、もしまた韓国が蒸し返せば、それは「韓国が約束を破った」と全世界に後ろ指を指される構図を作ったという構図になっているワケで、ここに「ネガキャンをさせない」っていう重しにもなっているんですね。
 事実、「告げ口外交」と言われたうっとおしい韓国の日本に対するネガキャンはあの日以来ピタッと止まっています。
 国際条約の件もあるので大使館前の像はそのままでいいとは言いませんが、ただ日韓合意を「慰安婦像を撤去させるためのモノ」なんて考えていては、なにより「とにかく韓国をやり込めるコトが必要だ」なんて考えていては、それは結局日本にとってなんの国益も守れない結果にしかならなくなってしまいます。
 
 人によっては「どうせ政権が変わったら韓国はまた蒸し返す」と言いますが、しかし仮に仮に蒸し返したとしても、それは「日韓合意のせい」なのではなく「韓国のせい」だという構図を忘れてはいけません。
 これなんて「自己満足」の最たる例になりかねないんですよね。
 つまり、日韓合意を結んだコトが間違いなんだと日本人が日本政府を批判するコトは、何より韓国を利するコトにしかならないワケで、とにかく韓国が叩きたいだけのハズなのに頭に血が上り冷静に判断できなくなって返す刀で日本政府を批判するその姿は、全く韓国人と同じ姿なんですね。
 滑稽なんてモノじゃないですし、なによりそれは、日本の国益を貶めるコトにしかなっていません。
 
 日韓合意を、単なる慰安婦像の問題だけに矮小化させてはなりません。
 日韓お互いに履行しなければならないモノがある中で、日本は国際社会の前で「少なくとも日本は合意を履行した」と明らかにする必要があります。
 そしてここで間違えてはならないのが、アピールする先は韓国なのではなく国際社会だという点です。
 一番大切なのは、国際社会が、第三国がどう感じるか、なのです。
 韓国が憎くて憎くて仕方ない人は、しかし韓国の顔色ばかりうかがう矛盾した考えに囚われてしまっていますが、しかし本当に日本のためを考えるなら、いまさら韓国や韓国人が日本をどう思おうが関係ないんですね。
 韓国がいくら日本を嫌っていても、その他の国、国際社会が「韓国って変な国だね」って思っていれば、日本は何も困るコトはありません。
 
 冷静に考えて、あんな慰安婦像なんて置いたところで、特に韓国国外の外国の現地の人がどんな反応を示すのか、少なくともやえは「日本ってひどい」なんて現地の人が思うとはとても思えません。
 むしろ「韓国はなんでこんな汚らしい像をこんなところに置くんだ」と思うのがオチでしょう。
 もちろんこの問題の誤解を解いていくコト、国際社会にアピールするコトは大切ですが、慰安婦像だけの問題だと矮小化させるのは、最も愚かな考えだと言うしかありません。
 まして韓国国内で置くのなんてほっとけばいいじゃないですか。
 条約の問題はともかく、韓国人が韓国国内であんないびつな像を起きまくるコトなんて、どうでもいいじゃないですか。
 それをいちいち怒って、ましてその怒りを日本政府批判に転嫁していては、まるで韓国人の思うツボです。
 少なくとも、日韓合意の日本にとっての意義は、そんなところにはないのです。
 
 この問題に限らず昔から政治外交を自己満足でしか判断できない人はたくさんいますが、日韓合意はそれを見分ける格好の材料となっていると言えるでしょう。
 

河野談話は国民が作らせたのだから他人に責任転嫁は出来ない


 外交問題になっている以上、それは政治です。
 そして政治とは、完全なる勝利とか完全なる敗北とかはあり得ず、それは戦争になったとしてもあり得ず、必ずどこかで妥協が必要なモノになります。
 特に「相手がある」外交はそれが顕著です。
 ですから、理屈や納得いかないなどの感情は分からなくもないですが、しかし現実問題としてすでに外交問題・政治問題になってしまっているいわゆる従軍慰安婦問題は、どこかで「外交的落としどころ」が必要な問題だったわけです。
 
 その上での「政治問題としての日韓合意」だったワケですが、未だにこれに対して色々言う人がいます。
 もちろん政治にせよ思想にせよ完全に全ての人が納得する決着なんてあり得ないですから、どんな問題でも不満や批判はあるワケですが、それでもやえとしては、この批判だけは本当に自分勝手で無責任だと断罪せざるを得ません。
 それは「慰安婦問題を悪化させたのは政治または自民党だろ」という主張です。
 
 無知を罪と言うつもりはありません。
 しかし無知のままにそれを根拠として他人を断罪したり責任を押しつけたりする行為は罪です。
 慰安婦問題、昔は政治家特に自民党の国会議員に比べて国民の方がはるかに「謝罪・賠償しろ派」が主流だったのです。
 
 過去に何度も指摘していますように、河野洋平官房長官談話が発表された時、むしろ世論は「なぜハッキリと政府は責任を認め謝罪し、賠償をしないのか」という論調が主流でした。
 いまでは考えられないほど、日本の空気は「左寄り」だったのです。
 産経新聞社の『正論』でもこの発表を歓迎する論説が出ていたぐらいですし、その数年後でさえ、インターネット上で「韓国は日本に敵愾心がある」と発言するだけで「日韓友好を阻害する売国奴だ」と断罪される時代が確かにあったのです。
 そしてそれは、普通で考えたら当たり前のお話で、いくら河野洋平元官房長官が個人的思想が左翼的だったとしても、突然個人的思想だけで内閣の公式な見解を出せるワケはありませんし、まして世論と真っ向から相対するようなモノを突然ポンと出せるハズもありません。
 世論の一定数以上の賛意がなければ、こんな大きな談話が出されるワケがないんですね。
 どうも河野談話を河野官房長官の思い付きかのように突然出されたモノのように認識している人が少なくないようですが、そんなコトができるほど日本政府は軽くなく、また世論の声も無視できるハズもなく、実際のこの談話が出された経緯というモノは、ずっと前から韓国からの大きな批判の声と、それに同情する日本国民(それはもちろん朝日新聞の記事が大きな原動力になっているワケで)からの批判の声に対して、一定の決着を付ける意味で出されたモノだったのです。
 特に昔は朝日新聞はクオリティーペーパーだったんですよ。
 新聞が嘘をつくなんて想像も出来ないような時代だったんですよ。
 まずこの河野談話は「国民の支持」があったからこそ出すコトができた、という事実は忘れてはならないでしょう。
 
 河野談話の評価は人それぞれでしょう。
 確かに中身をよく読めばギリギリのところで日本の立場は守っていますが、もっと明確に日本の責任なんてモノなんて否定してもいいじゃないかという意見も、それはその通りだと思います。
 慰安婦の存在は決して簡単に肯定できるモノではありませんが、しかしだからといって時代を無視してそれを言うコトはできません。
 例えば奴隷制度は今は否定すべきモノですが、過去の奴隷制度をもって現代の人間を裁くなんて行為は、それこそ野蛮でしかありません。
 ですから、日本はもっと強い表現で責任を否定してもよかったとは思います。
 
 ただし、それは時代と国民世論が許さなかったのです。
 
 世論はむしろ、もっとハッキリとした謝罪と賠償を求めました。
 しかし日本政府は法こそを優先させるべき責任があるからこそ、ギリギリのところで踏みとどまるコトができました。
 河野談話は、そんな世論と法とのギリギリのバランスの産物なのです。
 あの時代を考えれば、ここが「落としどころ」だったと言わざるを得ないのです。
 
 ですから、いまのこの問題に対する日本への不利益は、全て国民本人が支払うべきツケなんですね。
 もしあの時の世論が、いまのような冷静な判断ができる世論であれば、河野洋平さんが同じように官房長官であったとしても、河野談話は生まれなかったでしょう。
 もしくは、もっと日本の責任を否定するかのような談話が出ていたかもしれません。
 これは政治家個人の資質の問題ではないのです。
 全ては世論が要請した結果だと言えるのです。
 
 そして全ての政治の世論のミスは、国民のツケとして国民自身が支払うモノになります。
 それは、時にとても大きく、そして時間のかかるモノになるコトすらあります。
 民主党政権の誕生もそうですね。
 いくら「マスコミが煽動した」とか「民主党に騙された」と言ったところで、選んだ主体は国民自身であって、その責任を他者になすりつけるコトはできません。
 もちろんこの問題に関する朝日新聞の責任はとてつもなく大きいモノですし、これからも断罪され続けるべきだと思いますが、同時に、それを受け入れていた国民自身の責任も決して無視はできません。
 現実を見てください。
 確かに日本国民は朝日新聞の報道を長年にわたって受け入れてきたのです。
 この事実からは決して逃げられないのです。
 
 慰安婦問題の誤解が広まった原因は、「自民党が放置してきたから」ではなく、「日本国民が朝日新聞を受け入れていたから」です。
 ここを間違えてはいけません。
 1990年代から今まで、政府が世論の声を無視し続けるコトなんて出来るワケがありません。
 もしあの時代から一定数の河野談話反発の世論があり続けていたなら、自民党よりも保守寄りの政党が早くから誕生していたコトでしょう。
 ですからあの当時はあの当時の世論があり、そんな世論の上での「一定の決着を図る目的」での河野談話だったワケですし、そしてそれが出された以上は、また政府はそれに縛られるコトになってしまうという歴史をたどってきたワケです。
 あの時河野談話がなければ今の政府を縛るようなコトにはならなかったでしょうけど、しかし河野談話を出さざるをを得ない雰囲気が確かに当時の日本にはあったのです。
 すなわち結局いまでも日本政府は河野談話を継承しているコトになっており、その上での日韓合意なんですね。
 
 ハッキリ言えば、思想的な見地からして慰安婦問題は日本にとって大きなマイナスになったとやえは思っています。
 こういう経緯を無視して原理原則論を言えば、それはもう悪手にもほどがあるでしょう。
 しかしそういう方向になってしまった一番の言動力は、それは国民世論にあるんですね。
 ここを忘れてはいけませんし、だからこそ、その責任は国民がとるしかないのです。
 決して政治や自民党の転嫁できるモノではありません。
 だからやえはそれを政治に押しつけるような物言いはしませんし、するとしたら朝日新聞と国民にすべきだと思い、そう実践してきました。
 
 そしてこういう構図を国民自身が自覚しなければ、また同じ過ちを繰り返してしまうでしょう。
 「国民が間違えたからこそ、不利益を被った」と反省しなければ、そりゃ繰り返しますよ。
 まして「自民党のせいだ」なんて責任転嫁しているようでは、また自分たちの世論のせいで政治を動かし、自覚のないまま繰り返し大きな過ちを犯してしまうコトでしょう。
 同じ過ちを繰り返さないためにも、ここのところをよくよく考えてもらいたいのです。
 

ホーム > 外交 > 日韓合意

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top