Home > 思想

思想 Archive

自分の一票と他人の一票


 民主主義だからこそ、よくよく考えてもらいたい問題があります。
 
 文字にすると当たり前すぎるお話なんですが、「自分の一票と他人の一票は等しく平等」です。
 当たり前ですよね。
 民主主義ってそういう制度です。
 (年齢などの一定の条件を満たせば)全ての国民が等しく権利と義務を負うというのが民主主義であり、よってどんな大金持ちでも高学歴でも一般庶民でも無職でもなんでも、とにかく他人と自分の一票は等しく平等というのが民主主義の制度なのです。
 自分は立派な意見を持っているから他人よりも多くの権利があるべきだ、とは決してなりません。
 
 文字にすると当たり前なんですが、これ結構、実際に行動する場面においてはキチンと理解していないと言わざるを得ない人が多い気がしてなりません。
 例えばこのよく聞くセリフも、実は「自分の一票と他人の一票は等しく平等」に反するんですね。
 
 「どうせ自分のが一票入れたところで何も変わらないから投票しない」
 
 これは、自分の意志で結果が変わるなら投票するっていう裏返しですよね、結果が変わらないから投票しないって言ってるんですから。
 つまり、自分だけの投票で結果が変わるほど自分にだけ大きな権力があるべきだと、暗に言ってしまっているワケです。。
 本当に色んなところで耳にする意見ですが、しかしこのように実は大変に傲慢な考え方だと断じざるを得ないのです。
 
 自分も他人と全く同じ1票だと心から理解していれば、本来はこんなコト言えるハズがないんですね。
 あくまで自分の1票とはザックリ言うと「1/1億」の重みなのですから、もしそれ以上を求めるのであれば、それは「自分の1票は、他人の1票よりも重い」と言っているコトと何ら変わりはないのです。
 「自分の投票だけで政治が変わる」のは、大変に「他人の一票」を蔑ろにしている考え方だと言わざるを得ません。
 
 やえはこれを1票だけでなく、「意見」にしても同じだと思っています。
 やえの意見は、あくまで「1/1億」の意見、つまり1億人の中の1つに意見にすぎないのです。
 やえは常にこう思っています。
 
 その上でやえはサイトに意見を公開しているんですね。
 つまりこれは誰に向けて意見を言っているのかと言えば、やえと同じ「1/1億」の重みの国民に向けてしゃべっているワケです。
 同じ立場だからこそ、自分の意見を主張し、そして何か感じて頂ければと、同意でも反論でも共感でも反発でも、同じ立場だからこそ感じてもらいたいと思って日々更新しているのです。
 そしてもし、やえと同じ「1/1億」の重みの国民の何人かでも、やえの意見に賛同してもらえれば、それは大変嬉しいコトですし、なによりこうしてこそ健全なる民主主義のあり方だと思うのです。
 主権者である国民が、主権者である国民に向かって意見を言い、主権者である国民がそれについて考えて結論を出していく。
 これぞ民主主義じゃないですか。
 
 ですから、やえは国会議員に向けて意見は書いていません。
 国会議員の批判をするコトもありますが、それも誰に向けての文章かと言えば、全て国民に向けてのやえの考え方を公開しているんですね。
 だって国会議員とは一般国民と違い、「1/1億」ではないですから。
 国会議員は多くの国民の負託を受けた国民の代表です。
 もし仮にやえの「1/1億」の主張だけで国会議員の意見が変われば、それは民主主義としては歪んでいる、間違っていると言わざるを得なくなってしまいます。
 国会議員ではないやえの言葉で国政が直接動いてしまっては、それは民主主義とは言えなくなってしまうのです。
 
 この辺はデモへの批判で何度も言ってきました。
 デモというたった数万人程度の意見で国政の方針を転換させるのであれば、それは民主主義に反する行為ですと、そもそもデモ自体が「少数で選挙の結果を返させる行為」ですと、そう批判してきたところです。
 やえはデモが国民に向かって主張するのであれば、ああいう批判はしません。
 というか本来は、デモは国民に向かってすべきモノだと思っています。
 日本は民主主義ですから。
 でも残念ながら、いま多くのデモというのは、国会議員に直接政策を変えさせようと圧力を掛けるやり方で行われているモノがほとんどだと言わざるを得ません。
 国民が国民に意見を主張し、それに共感し仲間を得て、その結果として選挙の結果が出れば、まさしくそれは健全な民主主義の姿だと言えるでしょう。
 しかしデモは、そういう手順をすっ飛ばし、無理やり為政者の意見を変えさせようとする手法です。
 民主主義以外の国ではデモは国民にとっての有効な政治参加の一つなのかもしれませんが、少なくとも民主主義国家においては邪道の手法なのです。
 
 自分と他人とでは権利は同じです。
 当たり前のコトです。
 でもそれをたまに忘れていませんか?
 

自分の主張と相手の主張と論拠


 今日はごく普通の、当たり前のお話をしたいと思います。
 
 やえはサイトやブログで様々な主張をしています。
 例えば「憲法は改正すべきです」と主張しているとしましょう。
 
 それに対し、やえ以外の別の人が「自分は憲法改正に反対です」と、自分のブログなどで主張するのは、これは普通の行動ですよね。
 誰にも咎められる行為ではありません。
 またその際、もしやえの文章を引用して反論されているのであれば、それに対しやえも再反論をするコトもあるでしょう。
 そしてさらにそのやえの再反論に、さらに反論するコトだってできます。
 議論とはこうあるべきですね。
 これらは誰にも咎められる行為ではありません。
 
 しかしこういう言い方は違います。
 
 「やえ十四歳は改憲意見を主張してはならない」
 
 ハッキリ言って、こんな言い方されても、どういう根拠でそんなコト言わなきゃいけないのですかと、改憲論以前の問題として言わざるを得なくなります。
 もっときつい言い方するなら、「アナタにそんなコト言われる筋合いはありません」となります。
 
 これがもし「14歳はブログを書くことを禁止する」という法律があれば別です。
 すなわち「14歳禁止法により、やえ十四歳は意見をブログで主張してはならないコトになっている。よって改憲意見を主張してはならない」という論立てでしたら、筋は通りますし、主張としてもわりと正当なモノとなるでしょう。
 つまりこの場合は、「法律がある」という論拠があるからこそ、「主張してはならない」という論が成り立つんですね。
 そもそものお話として、どんな論や意見や主張だとしても、一番大切なのは「論拠」なのです。
 
 お話を現実世界に戻すと、つまり「14歳禁止法」なんて存在しない世界のお話に戻しますと、少なくともやえに対して「自分の意見を書くな」とか「改憲論を主張するな」と他人が言える論拠はありません。
 それはいくら自分が憲法改正に反対という意見であったとしても、「主張するな」という意見の論拠にはなり得ず、まったくその主張に正当性はありません。
 それこそ「アナタにそんなコト言われる筋合いはありません」であり、さらに第三者から「他人の口を塞ぐようなコトを言うな」と批判されても仕方ないでしょう。
 
 「やえは改憲論を主張するな」という主張は、それは実際は「憲法論議」なのではなく、「やえの行動に対する口出し」なんですよね。
 「やえは改憲論を主張するな」という主張の主論は「やえの行動に対する口出し」なんです。
 よって、この主張の論拠はあくまで「やえの行動に口出しできる理由があるかどうか」なのであり、憲法に対する意見というモノは実は一切関係がないのです。
 ここを間違えてはいけません。
 全ての意見は、その主論と論拠の関係が適切に成り立ってこそ、初めて論として成り立つのです。
 これが成り立たない意見は、それは意見ではなくただの罵詈雑言、つまり悪口でしかありません。
 
 まぁ当たり前のお話です。
 当たり前のお話ですから、もちろんここの登場人物がやえではなく国会議員だってこれに当てはまります。
 いえ、国会議員の方がより明確だと言えるでしょう。
 
 なぜなら、国会議員ひとりひとりの意志とは、明確に採決という形で目に見えるからです。
 つまり仮に改憲に賛成か反対かで採決が行われれば、全ての国会議員は国会において賛否を明らかにして投票が行われるワケで、この「国会議員1人につき1票」を投じる投票の行動については、誰にも咎めるコトのできない、いや本来は咎めてはならない行為ですよね。
 だって民主主義の根幹じゃないですか、国民の代表たる国会議員の投票なんですから。
 ですから、いくらその議員がどんな思想を持っていたとしても、他の議員の行動を縛るような言い方をしてはなりません。
 
 「自分は改憲に反対だから、お前は改憲を検討してはならない」
 
 どれだけ独善的な発言なのでしょうか。
 よく他人をヒトラーに例える人がいますが、この発言こそ独裁者の発想だと言わざるを得ません。
 
 国会議員には憲法や法律などにより、その権限が明確に定められています。
 国会内でどのようなコトが出来るのか、それは全て憲法や法律などが根拠となって、その権限が与えられています。
 それは憲法改正でも同様です。
 今さら説明しませんが、憲法法律などにより国会議員は憲法を改正する発議を行うコトが許されていると明記されている以上、国会議員のその行動を咎めるコトができる人間はこの世にはいないのです。
 もちろん成否は別ですよ。
 改憲できるかどうかは、これも憲法法律などによって定められていますから、その方法に乗っ取って、改正発議に是となれば発議は成功ですし、非となれば失敗となります。
 ですから是か非かどちらに投票するかは国会議員の自らの判断ですが、それと同じように、「発議にかける」という行動そのものもについても、それを咎めるコトなんて誰にも出来ません。
 憲法改正の発議の手続きを進めるコトと、その結論を出すコトは、それらは別々の行動であり、それぞれについて憲法法律によって定められている方法で進めるべきであって、そしてそれらも別々に、行動に対してそれを咎める権利は誰にもありはしないのです。
 
 もちろんですが、「むこうは改憲へ動いているが、我々は憲法改正には反対だ」と主張するだけならいいんですよ。
 そして投票の際に反対票を投じるのも、当然の権利でしょう。
 しかし、他人の行動を縛るような言い方をするのは、全くもって正当性のない言動です。
 それは決して「憲法改正論議」ではなく、「他人の行動を縛る」という主張でしかありません。
 そしてその主張に論拠は無いんですね。
 ここをごちゃ混ぜにしてはいけません。
 「自分は改憲に反対だ」という主張と、「改憲に動くコトは許されない」という主張は、これは全く別の主張なのです。
 ここをごちゃ混ぜにしてはいけないのです。
 
 論とは結論の部分ではなく、論拠こそが核心です。
 論拠があれば結論に説得力が生まれ、論拠がなければいくら結論がシッカリしていても論とは呼べません。
 落書きです。
 こんなコトは、本来は言うまでもない当たり前のコトなのですけどね。
 

効率性は絶対正義か?


 近年、効率性こそが絶対正義かのような風潮があります。
 確かに民間企業であるなら、それは大きな指針の一つとなるのでしょう。
 効率性を高め、少しでも利益を増やすというコトは、民間企業としては正しい目標なんだと思います。
 
 しかし一方、効率性絶対正義論に陥るのも危険です。
 民間企業のコトだとしても、例えば目先の利益ばかり追い求めすぎて、結果的に人材を育てるコトができずに中長期的には会社が成り立たなくなってしまう、なんて危険性も、極論かもしれませんが決して無いとも言い切れないお話でしょう。
 これは「効率性」という言葉をどう捉えるかの問題とも言えるワケですが、ではさらに、これがそもそもとして効率性を求めるべき分野かどうかという問題もあると思うのです。
 
 一部で話題になっている、レンタルチェーン店のTSUTAYAが図書館の運営を任されているという件、現在いろいろな部分で問題視されているところですが、ここでもひとつ効率性絶対正義論が隠れているように思うのです。
 最初どういう経緯でTSUTAYAに業務委託されたのかというのはともかくとしても、民営化された大きな方向転換の理由のひとつには、確実に「効率性」があったと思われます。
 つまり、利益などを全く考えない国や地方自治体が運営するのではなく、常に効率性と利益を考える民間企業が運営した方が無駄のない図書館運営が出来るんだという理由です。
 そしてこれが大きな説得力のひとつとして、民営化への舵を切ったというのは否定できないところでしょう。
 最近こういう論調多いですよね。
 郵政民営化もこれが大きな原動力となっていましたが、公営では効率性を重視できないので民間に委託しようという考え方が最近強くなってきています。
 
 でも果たしてそうなのかと、一歩立ち止まって考えてみる部分もあるんじゃないのかと思うのです。
 図書館で言えば、その存在理由は決して利用者の利便性だけではないハズです。
 図書館とは、まさに書籍を保存するというコトそのものも、大きな役割であり価値であるハズです。
 例えば国会図書館なんかは、あそこは貸し出しはしていなくて館内の閲覧だけしか認められていないという利便性の低さですが、それでも日本一の蔵書数というコトこそが大きな価値を見いだし、名実ともに日本一の図書館として存在し続けているワケでよね。
 そしてそれは、日本が日本であり続ける限り半永久的に蔵書が増えていくワケで、時間の経過と共にその価値も益々高まっていくワケです。
 この部分、決して利便性とか効率性だけを絶対視してしまうと軽視してしまう、見落としてしまう価値なのではなでしょうか。
 こういう部分もひとつ、ちょっと立ち止まって考えてみるべき問題だと思うのです。
 
 やえは決してTSUTAYAの図書館が失敗に終わると言うつもりはありません。
 利便性を向上しつつ、質も高い図書館として今後生まれ変わる可能性だって否定できません。
 だからこの問題は、求める方の意識の問題だと思うんですよね。
 なんでもかんでも、効率性が高ければ正義、利益が上がれば正義、利便性が上がれば正義、という価値観から、ちょっと一瞬立ち止まって、他にも考えるべき役割と価値があるのではないかと考える必要があるのではないでしょうか。
 
 TSUTAYA図書館のゴタゴタを見ていると、優先すべき価値観を間違えてしまった結果なんじゃないかなと感じるのです。
 

ホーム > 思想

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 7月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top