Home > 思想 > 差別問題

差別問題 Archive

犯罪は犯罪、差別は差別、これは別問題


 なんだかいっぱいお休みを頂いてしまいました。
 みなさんGWはいかがお過ごしでしたでしょうか。
 と言いつつ、もうGWの初日とか、すごく昔なお話の気がしますよね。
 今日から日常に戻ってガッカリな人も多いのではないでしょうか。
 と言っても、現実は常に無情にも追いかけてきますから、気持ちを切り替えて頑張っていきましょー。
 
 右も左も逝ってよし!!
 バーチャルネット思想アイドルのやえです。
 おはろーございます。
 
 今日もコメントをレスする形で、差別問題についてちょっと考えていきたいと思います。
 こちらのコメントです。
 書き込みありがとーございまーす。
 

 こんにちは、こちらにコメントするのは久しぶりです。
 プリクラ男子禁制(正確には、男性のみの団体が禁制で男女連れなら可というケースが多い)について、差別である点には同意ですが気になる点があります。
 ご存知かもしれませんが、プリクラコーナーは誕生した当初から、男性客によるナンパや盗撮被害が後を絶たない店舗が多数あったという事実も鑑みなければならないと思います。
 いずれにせよ、真面目な男女が割を食うんですけどね…。

 
 これは「商売は売り主の自由だから差別をしても許される!?」の更新に対していただいたコメントです。
 ゲームセンターのプリクラコーナーを「男性禁止」にするのは差別ではないか、という問題と、なにより弁護士を名乗る人物が「商売のためなら差別しても合法だ」と言い切ったコトについて批判した文章です。
 「商売のためなら差別しても合法だ」と言ったらメチャクチャな主張のように聞こえるかもしれませんが、その弁護士の、全く問題はないと言い換えるその言い方というのは、いまちょっと思い出してもイラっとしてしまう主張だと言わざるを得ません。
 
 で、それはまぁ前回の更新を読んでいただくとして、今日は頂いたコメントについてです。
 

 ご存知かもしれませんが、プリクラコーナーは誕生した当初から、男性客によるナンパや盗撮被害が後を絶たない店舗が多数あったという事実も鑑みなければならないと思います。

 
 いま日本の中にある、やえは差別だと思っている様々な「サービス」、例えば女性専用車両とかですね、こういうモノがある根底には、この「一部迷惑行為や犯罪行為をする輩が居るから」という理由があるんだろうと思います。
 それはやえも理解します。
 ただ単に「差別がしたいから差別をしている」なんて思っている人は、少なくともそんなコトを思っている企業はいないワケで、でもその中で、犯罪行為をする輩が絶たないから、企業としてはやむにやまれずという思い出そういう「措置」をとっているんだろうというコトは理解はしているんです。
 簡単に言えば、「やりたくてやっているワケではない」というコトですね。
 
 ただそれでも、差別は差別ですし、やむにやまれぬも結局は事なかれ主義の甘えだと、厳しく言わなければなりません。
 コメントをくださった方も「いずれにせよ、真面目な男女が割を食うんですけどね…。」とおっしゃっているように、そういう形っていうのは、かなり歪んだ措置だと言わざるを得ないんですよね。
 あくまで「ナンパや盗撮」とか「痴漢」というのは、ごく一部の不定な輩の犯罪行為でしかなく、それを善良な一般人にまでその「罰」を適用するかのような行為は、それはやっぱり差別だと言うしかなくなるのではないのでしょうか。
 少なくとも差別を容認する理由にはなりはしないハズなのです。
 
 すごい極端なコトを言うのであれば、プリクラ店がやっているコトを例えるなら、「お前らの町内から犯罪者が出たから、全員野外外出禁止だ」と警察が命令を下すようなモノなんですね。
 町内に住む人々と犯罪者との間には「同じ町内」という関連性しかありませんが、しかし「男だから」という関連性だけで「進入禁止」が合法だと言うのであれば、これだって合法ではありませんか。
 もっと言えば、もしかしたらまだ差別が根強く残っていた時代の人々というのは「黒人は犯罪率が高いから区別して当然だ」というぐらいは思っていたかもしれません。
 いまだって一部のちょっと過激な人たちも、似たようなコトを言っていたりしますよね。
 それが事実かどうかはともかくとしても、しかしこの「一部の人間が犯罪を犯すから、似た属性を持つ人をまとめて禁止させる」という行為が合法だと言い張るのでしたら、そういう仮にデタラメなちょっとアレな人たちの主張ですら認めなければならないハズなんですよ。
 だってプリクラ禁止だって女性専用車両だって、具体的なデータがあって、例えば「利用者の総数に於ける犯罪発生率」なんていうデータがあって言っているワケではないワケですからね。
 そしてそもそもそんなのがあったとしても、「犯罪を犯していない一般人を、全く別人が犯した犯罪を理由にして、行動を制限してよい」なんていう理由にはなりはしませんし。
 このように、これって本来とてもおそろしいコトなんですよ。
 
 プリクラとかの企業に同情すべき事情があるのは分かります。
 しかしだからといって差別をしていい理由にはなりません。
 だって「同情すべき理由があるから犯罪を犯しても構わない」なんて、なるハズありませんからね。
 そんなコトを許していては法治国家とは呼べなくなってしまいます。
 差別にしても、罰をなすりつけられる行為にしても、盗撮や痴漢と同じように犯罪だと言うしかありませんし、いえ近代国家としてはそれ以上のやってはならない大罪行為だと言うしかないハズなのですから。
 

商売は売り主の自由だから差別をしても許される!?


 今日はこちらの記事です。
 記事全体としては、「男子禁制ルール」というモノは性差別に当たるのか?というコトを扱った記事で、まぁ結論としてはこの記事は差別ではないと結論づけているモノですが、とりあえず今日はその結論自体には触れようとは思いません。
 プリクラゾーン男子禁止という取扱いが実際にどうなのかという点は、ひとまず置いておきますが、しかしですね、ただこの引用した部分だけは、どうしても看破できない内容なんですね。
 弁護士の言葉らしいのですが、とてもまともな弁護士とは思えません。
 

 「男性のみの入場禁止!」プリクラコーナーの「男子禁制ルール」は性差別でないのか?
 
●「男性のみの入場禁止は法的に許される」
 「まず『差別にあたるかどうか』ですが、この場合、そもそも法律的な意味で『差別』の問題は生じません」
 尾崎弁護士はこのように切り出した。なぜだろうか?
 「このケースを考えるにあたっては、自分の家に誰かを招き入れる場合のことを考えてみると良いでしょう。自分の家に誰を招くかはその人の自由であって、どんな理由であっても責められる筋合いはありません。
 これは、ゲームセンターにおいても同様です。つまり、本来ゲームセンターがどういった人を客として呼び込むかは営業上の判断であって、それは原則として自由になされるべきです。
 したがって、男性の入場を禁止し、女性のみを入場させることは、法的には許されると考えられます」

 
 この弁護士の主張を一言で書くと、「商売は売り主の自由だから差別をしても許される」というモノです。
 こう書くと誰しも見過ごせないような感じになってくると思うのですが、しかしやえは決して大げさに書いているのではなく、「自分の家に誰かを招き入れる場合」というモノを例に挙げながら理由にして、商売主は自らの店舗に誰を入れるかを自由に選別できるとハッキリと言い、つまり性差を理由にしても全く問題ないと結論づけているワケですから、やっぱりこの弁護士は「商売は売り主の自由だから差別をしても許される」と言ってしまっているコトになるワケですよ。
 おそらくこの弁護士の頭の中では、「商売上の店舗内=個人のプライベートルーム」という前提が成り立っているからでしょう、「店舗内はプライベート空間だから店舗主の自由であり、性差によって差をつけても構わない」となるワケです。
 
 とんでもない間違いです。
 
 この弁護士の頭の中の前提条件が全く間違っているのですが、商売上の店舗というのはかなり公共性の高い空間です。
 店舗はプライベート空間ではありません。
 差別の歴史というモノをこの弁護士は知らないのでしょうか。
 もし店舗はプライベートだから入店条件は店舗主が自由にできると言うのであれば、「黒人禁止レストラン」「黒人専用車両」「黒人専用トイレ」などの差別への闘争の歴史を全て否定してしまうコトになります。
 決して差別は公権力や政府施設の中の取扱いだけを言うモノではありません。
 そんなのは例えばアニメ化して有名になった『ジョジョの奇妙な冒険』第一部のスモーキーという黒人少年がレストランで他の客から黒人であるコトを罵倒されたシーンですとか、つい最近も歌手のGACKTさんがフランスのレストランで差別的な扱いを受けたと話題になった件とか、こういう問題は時代を超えて未だに人間として考えるべき問題として存在しているワケです。
 果たしてこの弁護士という人は、こういう差別の闘争の歴史というモノを本当に知らないのでしょうか。
 
 勘違いしてほしくないのは、今日の議題はあくまで「店舗内は店舗主の自由にできる」という主張の部分についてです。
 黒人差別と男子禁止は違う、と言ってしまうのは筋違いです。
 この弁護士の主張をよく読んでください。
 
 「自分の家に誰を招くかはその人の自由であって、どんな理由であっても責められる筋合いはありません」
 「これは、ゲームセンターにおいても同様」
 「どういった人を客として呼び込むかは営業上の判断」
 「原則として自由になされるべき」
 
 この弁護士の主張は、男子がどうこうという内容ではなく、完全に「自分の店の中に入れるためのルールは店舗主の自由だ」と言っているのです。
 だからここを間違えないでください。
 男子どうこうについてもやえは言いたいコトがいっぱいあるのですが、問題がごちゃ混ぜになっちゃいますので少なくとも今日はまず、「商売は売り主の自由だからその中においては差別をしても許される」という部分についてのみ考えてください。
 
 すでに成立され公布していて来年に施行されるである「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」にはこうあります。
 

第三章 行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置
 
第八条 事業者は、その事業を行うに当たり、障害を理由として障害者でない者と不当な差別的取扱いをすることにより、障害者の権利利益を侵害してはならない。

 
 施行されていないとは言えすでに成立公布されている法律ですら、公的機関の中だけでなく、一般事業者についても同様に差別をしてはならないと明記してあります。
 つまり、店舗内でも「障害者は立ち入り禁止」としてはならないと、ハッキリと法律で決められているんですね。
 
 でもこんなの当たり前なワケですよ。
 
 この記事を書いた人でもその弁護士でもいいですが、じゃあ自分の会社や弁護士事務所で堂々と言ってみればいいんですよ、「黒人は入店禁止だ、出て行け」と。
 もう国際的に大問題となるでしょう。
 でもこの弁護士はちゃんと主張してくださいよ、「自分の事務所なんだから誰を入れるかは自分の自由だ」と。
 なんでこんな簡単な、小学生でも習うような差別の歴史をスルーできてしまうのでしょうか。
 
 よくよく考えてください。
 差別とは何なのかというコトを。
 繰り返しますが、男子禁止がどうこうというのは今回はとりあえず扱いません。
 それはまず忘れた上で、しかし「商売は売り主の自由だから差別をしても許される」というのはあまりにもデタラメだというコトはしっかりと認識してください。
 そしてこんな記事がまかり通ってしまういまの日本の現実には、やえはちょっとこわいモノを感じてしまいます。
 差別とは、意識的なモノよりも、無意識に行ってしまうモノの方がより陰湿で防ぎにくくこわいのです。
 ここをよくよく認識して欲しいと思います。
 

男女には差がある事実は認めろ


 今日はこちらのニュースです。
 

 松島氏「赤いストール」で参院本会議出席 猪木氏の「闘魂マフラー」は不許可なのに…
 
 2日午前の参院議院運営委員会理事会で、松島みどり法相が本会議場で赤いストールを着用したとして与野党の議論が紛糾し、同日午前の参院本会議の開会が約20分遅れるハプニングがあった。次世代の党のアントニオ猪木参院議員は、参院規則でトレードマークの赤いマフラーの着用を断念した経緯があり、野党側は「猪木氏のマフラーは駄目で法相のストールならいいのか」と追及した。

 
 この問題って、一見したらくだらないお話のように思えます。
 まぁ確かにマフラーとかストールで審議が止まるなんて時間の無駄すぎてくだらないお話とは思いますが、今回はもうちょっと踏み込んでこの問題を考えてもらいたいんですね。
 というのも、この言い分がやえは気になるんです。
 
 「猪木氏のマフラーは駄目で法相のストールならいいのか」
 
 なにがおかしいって、結局男女の間には何をどうやっても変わらない「差」というモノがあるワケじゃないですか。
 それって様々な場面でそういうコトがあると思うんですが、この場面で言えば、ドレスコードもやっぱり男女では違うワケですよね。
 簡単なお話、スカートは女ではOKですが、男の人がスカートを履いて正式な場に出れば、それは大変に失礼なコトにしかならないでしょう。
 しかしそれをもって「法相のスカートはいいのに、猪木氏のはダメなのか」と言いますか?
 男女の差はあるべきではないと言い始めてもうだいぶ時間が経つところですが、しかしどこまでいっても男女には生物的な差がある以上、その差すら見て見ぬ振りをするっていうのは、むしろ現実無視にしかなっていないと思うのです。
 
 引用していない部分に「参院規則では本会議場で「襟巻き」の着用は認められておらず」とありますので、参議院規則に対してどうなのか、また写真のような服にストールというのが正式な場におけるドレスコードとして適切なのかどうかっていう部分については、それはまた別の議論です。
 ドレスコードというのは決してくだらない規則なのではなく、人間が社会生活を営む上で生み出してきた文化であるワケで必要なモノですから、ここは場面場面で考える必要があるでしょう。
 一言「正式な場」と言っても、その中においても色々な「ランク」もありますしね。
 
 でも、その問題と「男女間の性差」の問題は別です。
 なぜ野党はわざわざ猪木議員のマフラーなんかを引き合いに出してしまったのでしょうか。
 少なくとも男性のスーツに赤いマフラーっていうのは、一般的に猪木議員しかする人を見たコトがないような「一般的な服装」ではないのですから、ドレスコードから外れていると言われて当然の格好です。
 逆に言えば猪木議員は「他人がやらないような奇抜な格好だからこそ」トレードマークにしているのでしょうから、正式な場におけるドレスコードの引き合いに出すのは分が悪すぎるんですね。
 ですから最初から普通に参議院規則やドレスコードの問題にしていればいいのに、この手は悪手としか言いようがありません。
 安倍内閣に責め手がないとは言え、野党は焦りすぎでしょう。
 
 この問題、もうちょっと社会全体の問題として考えてもらいたいのです。
 いま、なんでもかんでも男女間に差が存在するコトすら悪だと言わんばかりの風潮になりつつありますが、しかし現実的に男女には生物として差があるのですから、それすら無視するのは愚かな行為です。
 特に衣服というモノは古今東西男女で違うのがほとんどの国や地域での文化じゃないですか。
 日本だってそうです。
 そういう中で、ドレスコードについて「女は良くて男はダメだ」って言ってしまうのは、ちょっとズレてるとしか言いようがありません。
 野党はおそらくここまで考えて猪木氏を引き合いに出したのではなくて、むしろ何も考えてないのでしょうけど、でもせめて受け取る側はこの辺をちょっと注意深く考えてもらいたいのです。
 男女には明確に性差があるのですから。
 

ホーム > 思想 > 差別問題

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 3月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top