Home > 思想 > 思考方法

思考方法 Archive

結論から入る人間とは議論にならない


 ほとんどの物事って、理由や論拠があるからこそ結論があるワケです。
 単純なお話で、例えばなぜ信号機があるのかと言えば、自動車の発達にともなって道路の交通整理が必要となったからという理由から、信号機が発明されて設置されているんですよね。
 決して「信号機を設置するために設置している」ワケではありません。
 理由も無く「道路には信号機があって当然だ」と置かれているのではなく、交通整理が必要だからという純然たる理由や論拠があるからこそ信号機はそこに存在しているのです。
 
 それなのに、理由も論拠も存在せず、結論から入ってしまう人がけっこういたりします。
 例えば、安保法案に反対する人たち。
 一見、理由らしきモノがあるようには見えます。
 「戦争が起きるから」
 でもこれ、理由になっていないというのはちょっと考えれば分かります。
 なぜなら集団的自衛権は国連が認める国家固有の権利であり、もし集団的自衛権が行使可能な状態がイコールで戦争開始の合図になるのであれば、現在進行形で集団的自衛権の行為が可能なほぼ全ての国がいまも戦争していなければならなくなってしまうからです。
 だいたいそもそもとしてですね、今回のお話の主題通りに言えば、この「戦争が起こる」という結論に対して、その論拠が存在しないんですね。
 とにかく安保法制が成立したら戦争になると、そういう決めつけだけで反対反対と騒いでいるワケです。
 このような、論拠が無い決めつけで物事が言えるのであれば何でもありになってしまうワケで、例えば「信号機があるから交通事故が起こるんだ」と言って誰が納得するのかっていうお話なのですす。
 
 でも、自分が正しいと信じて疑わない、別の意見が存在しているコトすら見ようとしない人は、何を言っても聞く耳を持ちません。
 ひどいところまでいってしまうと、「法案の中身とか言われても難しいコトは分からないが、とにかく戦争になるから反対だ」と、冷静に考えればとてもまともな人間が発するとは思えないセリフを発します。
 なぜ理由が分からないのに「戦争が起きる」という結論を得るコトができるのでしょうか。
 こんなのまだ「占い師が言っているから戦争が起きる」と言われた方が、理由が分かるだけマシと言えるでしょう。
 「理由は無いけど戦争が起こる」なんて言われても、それはただの妄想ですよねとしか言えないワケです。
 でも世の中には、こんなコトを平然と言ってのける人がそれなりにいてしまうワケです。
 
 そしてこれは決して、サヨク系の特徴ではありません。
 残念ながらどの問題でもこのような構図が発生する可能性があります。
 やえとしたらその最たるモノが、人権擁護法案に関する問題でした。
 「よく分からないけどとにかく人権擁護法案に反対するコトが日本のためだ」と平然と言ってのける人が、これがかなりいたんですね。
 「法案の中身の話をされても分からない。それは分かる人がやっていればいい。自分はただ反対するだけ」と、実際にこんなコトも言われたモノです。
 やえには、理由が存在しないのに反対という結論がどうやって出せるのかまったく理解できなかったのですが、とにかくこういう人は問題の中身に関わらず存在してしまうんですね。
 
 そしてこういう人に対しては議論が成立しません。
 議論とは論拠の応酬ですから、そもそも論拠が存在しない人とは議論にならないんですね。
 「○○という理由からその問題は賛成だ」と言っても「いいや反対だ」としか返さない人には、何を言っても聞かない、「いや反対という理由を聞かせてください」と言っても「とにかく反対だ」としか言わないんですから、議論なんて成立するハズがないのです。
 ですからこういう人とは議論するだけ時間の無駄なワケなんですが、でも残念ながらいま日本ではこんなデタラメが一定数まかり通っているというのが現実です。
 本来こういう構図には、その問題の個人的見解はともかくとした上で、主張の仕方というそもそも論として間違っていると冷静な判断を下すべきなのですが、マスコミすらこうした姿勢をとっているところがあるというのが今の日本の厳しい現状と言えるでしょう。
 
 どんな論にしろ、結論ではなくまず論拠を見るようにしてほしいと思います。
 

「喧嘩両成敗」「先に手を出した方が悪い」という悪習


 以前やえは「喧嘩両成敗の考え方は、原因の突き止めの放棄でしかなく、むしろ無責任な考え方だ」というコトを言ったコトがあります。
 人間同士の諍いには必ず発端となる原因があるハズで、それはどんな小さな子供であっても当然で、何もないのにいきなりケンカがはじまるワケもなく、よって諍いを納めるためにはまずは必ずその発端を知らなければならないハズなんですが、しかしこの「喧嘩両成敗」の考え方は、ケンカという結果だけを見て原因を無視して両方に同じ罰を与えるという、むしろ仲裁する人の責任すらぶん投げてしまっている、強引で適当な解決方法でしかありません。
 そしてこんな無責任なコトを子供の頃から教育として植え付けてしまっては、「原因を知る」という重要性を理解できない人間に育ってしまうワケで、やえとしてはこの「喧嘩両成敗」という考え方は悪習でしかないぐらいに考えていたりします。
 
 そしてそれと同じくらい悪習だと言えるのが、「先に手を出した方が悪い」です。
 
 言ってみればこれも、原因を知ろうとしない結果だけを見た無責任な解決方法でしかないんですね。
 「手を出す(暴力を揮う)」と一言で言っても、やはりそこに至るまでの原因が必ずあるハズです。
 それは「自分の欲しいモノを手に入れるため」という自分勝手な原因の場合もあるでしょうし、「相手が気に入らなかった」なんていうデタラメな一方的な原因の場合もあるでしょう。
 しかしそれはそれで「原因を知る必要がある」というコトの重要性はなんら変わりがありません。
 むしろその原因を知るという行為を行ったコトによって、暴力を揮ったというコトよりも、なぜそのようなコトをしたのかという原因を知るコトができ、その結果ますますその暴力が不条理で自分勝手な行為だと知るコトができるワケですよね。
 もちろん暴力の規模によっても罪と罰は変わってくるのでしょうけど、しかしその前に知るべきコトは、やはり原因でしょう。
 
 そして暴力を揮った原因には、「人格を否定する暴言を吐かれた」「自分や親しい者を侮辱された」から暴力に至った、という場合だってあるでしょう。
 この場合、果たして暴力を揮われた“被害者”だけが一方的な被害者と言えるのでしょうか。
 暴力という行為自体は罪だとしても、それが免罪符となって被害者が一方的正義で善人で一切罪も罰も受けない人間になるのでしょうか。
 そんなハズはありませんよね。
 本来そういう暴言があったのであれば、それに対する罪と罰があってしかるべきだと思うのですが、しかしこの「先に手を出した方が悪い」というのは、そういう原因を全く無視して罰を与えるという無責任な行為にしかなっていないのです。
 そしてこれが教育の場であれば、反対に「手さえ出さなければ何を言っても構わない」という大きな間違いさえ与えてしまいかねない大変危険な教育方法とすら言えてしまうでしょう。
 
 暴力を隠れ蓑にして暴言を正当化させるような振る舞いは、それはもはや大罪であると言えてしまうのではないのでしょうか。
 人はケモノではないのです。
 暴力によっても傷つきますが、言葉によっても傷つくのです。
 もし暴力だけを罪と規定し言葉の暴力の存在を否定するのであれば、それはケモノと何が違うと言うのでしょうか。
 特にメディアが発達して言葉が国境すら越えてどこにでも発信できしまう現代だからこそ、もっと人は言葉の強さに責任を持たなければならないのではないかと思うのです。
 
 バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳は、見た目だけにとらわれない原因追及の姿勢を応援しています。
 

結果ではなく過程を記するコト。根拠・論拠こそを主題とするコト。


 なぜ捏造報道が起きるのか、というコトを考えると、突き詰めるとここにたどり着きます。
 「結果が先にあるから」です。
 いわゆる従軍慰安婦問題に関する朝日新聞のスタンスが分かりやすくて、朝日はまず「日本軍は悪だ」「韓国は善だ」「だから従軍慰安婦は日本軍に虐げられたんだ」「日本政府は賠償すべきだ」という結果が先にあるからこそ、今回のようなコトが起きるのです。
 
 特に象徴的なのは、結局朝日新聞は今回の捏造記事は認めても、未だに従軍慰安婦は存在しそれは日本軍の強制があって韓国は被害者で日本軍は悪だと言い張っているところです。
 これおかしいんですよね。
 何かを悪と断罪する以上は、本当にその行為を行ったかどうかの検証と証拠を揃えるのが当たり前であって、その証拠が揃ってこそ他人を悪だと断罪できるようになるワケです。
 今回の朝日新聞だって、決して論拠レスで「朝日だから捏造に決まっている」という論調が主となったからこうなったワケではなく、他のメディアやネットなどでキチンと論拠を突きつけたからこそ、朝日新聞は耐えられなくなったのです。
 ただの罵詈雑言だけで朝日新聞が捏造を認めるハズがありませんからね。
 吉田調書なんてその最たるモノです。
 朝日新聞は自分達だけしか吉田調書を手に入れてないとタカをくくって捏造記事を書いたところ、しかし他のメディアも検証を始め、証拠を集めて朝日の嘘を指摘し、そしてなにより安倍内閣が吉田調書を公開すると決定するという誰にもごまかしようのない最強の証拠を突きつけられたからこそ、朝日はあっさりと捏造を認めてしまったのです。
 何にしてもまずは証拠であり、根拠論拠があってこその主張なんですよね。
 ここをはき違えると、アサヒるコトになってしまうのです。
 主張や論の力の源泉は、なにはともあれ「証拠」であり「根拠・論拠」なのです。
 
 ただこれは決して朝日新聞だけの問題ではありません。
 当サイトではちょくちょくマスコミの捏造や煽動記事をしてきましたように、今回もっとも朝日を批判してきた産経新聞だって、これまで多くの煽動記事を書いてきました。
 それもすべて、突き詰めれば「結果ありき」からきた記事なんですね。
 以前指摘した記事では、古賀元衆議院議員の言葉の一部をわざと掲載しないコトで安倍古賀対立を大げさに伝えたなんてコトも平然と産経新聞はやっているワケで、これも対立ありき、もっと言えば古賀叩きが先にあってから、そのアリバイ作りのために「根拠を作り出した」という記事になってしまっているワケです。
 もちろん朝日新聞はこれまでもっとも最悪なコトを繰り返していますから、それを今後とも指摘していき、責任を取らせなければなりません。
 他もやっているからという理由はなんら意味を持ちません。
 ですからここで手を緩めてはならないでしょう。
 しかし、この手の問題は誰にでも潜んでいる問題だというコトは忘れてはいけないのではないかと思うのです。
 
 これは既存メディアに限らず、公の場に何かを表現する人全ての問題です。
 新聞でもテレビでもラジオでも雑誌などでも、またブログでもツイッターでもフェイスブックなどでも、まずその論は根拠が伴っているモノなのか、論拠が明示されているモノなのか、そこをキチンと自覚して考えてもらいたいです。
 自分のその言葉は、結論ありきで書いているのではないだろうか。
 論拠が伴っているだろうか。
 ただの捏造に、煽動に、誹謗中傷になってしまってはないだろうか。
 常のその問題意識を持ってもらいたいです。
 
 もっと言えば、結論なんて書く必要ってないんですよね。
 だって結論というモノは個人ひとりひとりのモノでしかなく、最後は自分自身で決めるべきモノですから。
 ですから、誰か他人に自らの意見を提示しようと思えば、論拠さえ提示すれば、後の結論の部分はそれを読んだ人個人の中だけの問題でしかなく、そこをいちいち書く必要は無いのです。
 論拠に納得すれば主張者と同様の結論になるでしょうし、論拠に納得いかないのであれば別の結論になるコトでしょうからね。
 結論は書く必要はないのです。
 
 むしろ結論だけが先走れば、朝日新聞のようなコトになるのです。
 それはある程度煽動という意味では朝日新聞のたくらみは成功しているワケですが、ですから煽動が目的であればそういう手法もあるのかもしれませんけど、でもやっぱりそれは「言論」でも「思想」でもありません。
 それは卑怯な手法だと断じるしかないのです。
 そしてそれは受け取る方が「結論は自分だけのモノ」だとハッキリと自覚すれば、通用しなくなる手法でもあります。
 論拠無き結論なんて意味は無いと、そう自覚すれば、その全ては脆くも崩れ去るでしょう。
 これからはそういう世の中にしていかなければならないでしょう。
 自分が朝日新聞のようになりたくないのであれば、論拠こそを主題とするように自覚しなければならないのです。
 
 結果ではなく過程を記するコト、根拠・論拠こそを主題とするコトこそが、言論であり思想なのです。
 朝日新聞はもうただの煽動紙でしかないコトはハッキリしましたが、世の中には朝日新聞以外にも平気で捏造煽動してくる論はたくさんありますので、まずはそれに騙されないように「論拠こそを見るようにする」コトと、何かを書く場合は「論拠こそを書く」というコトを大切にしてほしいと思います。
 

ホーム > 思想 > 思考方法

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top