Home > 政治

政治 Archive

政治家の行政に対する「関与」


 マスコミは理解した上であえて印象操作をしようとしているのでしょう。
 ちょっと一言言っておきたいコトがあります。
 
 いわゆる政治家の「関与」ってどういうコトだと思われますでしょうか。
 こう表現すると、けっこうダークな印象を持つ人の方が多いと思います。
 多くの人にとっては「口利き」とか「斡旋」とか、そんなイメージを持つ人の方が多いと思います。
 
 しかし「関与」と「口利き」は違います。
 もっと言いましょう。
 特に議会制民主主義において、政治家が行政に口を出すというのは、正常な状態とすら言えます。
 
 逆に考えてみましょう。
 どういう状態が民主主義において悪なのか。
 それは「とある介入によって、法や正規の手続きに基づかない方法によって行政の決定がなされる」のが悪なのです。
 こう書けば当たり前だと思いますよね。
 しかし、いわゆる「関与」はこれに該当しないのです。
 
 なぜか。
 それは、悪なのは「介入」ではなく「法や正規の手続きに基づかない決定」だからです。
 正しい法に基づき、規定の手続きを経て決定を得られれば、それは当然適法でしょう。
 半分言葉遊びな感じになっているのですが、それは当たり前のコトを当たり前として言っているからです。
 正しい法と正しい手続きを経れば、正しい結果が出る、当たり前のコトです。
 
 もっと言いましょう。
 「介入があっても、法や正規の手続きに基づいた決定」なら、それは正しい決定です。
 ここでちょっと納得できない人が出てくるかもしれませんが、ではここで言う「介入」とはどういうコトなのかを考えてみます。
 それは、民主主義における政治家とは、どういう存在なのかを思い出してみる必要があります。
 すなわち政治家とは、国民の代表です。
 
 行政に対して政治家の介入を一切許さないという社会は、それは「行政が常に1分の隙も無く常に正しい」という前提にのみ成り立つ社会です。
 では聞きましょう。
 果たして行政は、すなわち官僚は、常にパーフェクトに正しいと断言できるでしょうか?
 
 そもそも大臣制とは、それが成り立たないからこそ採用させている制度です。
 最終的には選挙によって国民に選ばれた政治家が行政の上に立つコトで、国民こそが行政の最終的に責任を負うというのが、現代の民主主義ですよね。
 特にこれは議会制民主主義においては顕著です。
 大統領ひとりが選挙で選ばれた政治家なのではなく、大臣の多くも政治家であり、また内閣と与党がほぼ一体だからこそ、より国民の代表たる政治家が行政に影響を与えられるというのが議会制民主主義なのです。
 
 政治家の行政への関与は、つまり「間違っているかもしれない行政の姿勢を正す」意味を持っています。
 みんなよく「お役所仕事」って言うじゃないですか。
 でもあれは国民のための行政としては不適切なワケで、そこに国民の代表たる、言い換えれば国民そのものである政治家がメスを入れて正常な状態に戻すというのが、政治家の正しい行政への関与だと言えるワケなのです。
 
 もちろん政治家に関与によって「法や手続きを曲げて決定が下った」のであれば問題です。
 それは断罪されるべきです。
 つまりこれは、「関与」だけでは善悪を断じるコトはできないというコトなんですね。
 あくまで善悪は「法や手続きに合致しているかどうか」で判断されるモノです。
 
 ではこういう場合はどう考えるべきでしょうか。
 「政治家からの問い合わせがあったが、法と手続きを厳格に照らし合わせた結果、それは不採用となった」
 問題があるとは言えません。
 なぜなら、正しく法と手続きによって審査されたからこそ不採用になったワケなのですから。
 これを悪と断じる理由が存在しないのです。
 
 政治家は国民の代表であり、国民そのものなのです。
 ここを無視してはなりません。
 問題ない行為を悪かのように印象操作をしようとするマスコミこそが、最も民主主義の敵だと言うしかないでしょう。
 

権力を振りかざす民進党などはリベラルではない


 今日は森友学園の件について、その中で起きているとある主張について批判しておこうと思います。
 その主張とは、民進党などが求めている森友学園の理事長、いまは元理事長でしょうか、その人を国会に招致して話を聞こうとしている、つまり証人喚問をしろと求めている件についてです。
 
 ハッキリ言ってこの行為は、国家権力の乱用です。
 法的に問題が限りなくあるという段階ならともかく、未だ何の法律にひっかかるのかさえ説明できないような段階の民間人を、強制力を持って国会に呼びつけ、偽証罪までつけた上で衆人の目にさらし者にして一方的に尋問するという行為なんてモノは、権力の乱用以外何物でもありません。
 一部の野党議員は、「証人喚問して問題を明らかにする」と言っているようですが、そんなのは「証拠はないけどとりあえず逮捕してから取り調べる」と言っているようなモノで、こんな秘密警察はないワケです。
 中世の絶対王政の国家ならともかく、こんな権力の乱用、まして権力者が民に向かって振るう一方的な乱用を行うような国家は、果たして民主主義国家と言えるのか、法治国家と言えるのか、大変に疑問だと言わざるを得ません。
 
 近年の総理大臣の評価論を最近行っていますが、麻生太郎総理の中で、やえは「麻生総理はリベラルな政治家だと思っている」と評価しました。
 それは麻生総理の政策的な部分ではなく、政治家としての権力との向き合い方、その姿勢が、リベラルだと評しました。
 つまり権力とは抑制的に使うべきで、使うなら自分のためではなく広く公のために使うべきだという、そんな自民党保守本流のリベラルの考え方を麻生総理は実践したと、やえは見ているからです。
 むしろ政策の左右は時代によって変化するモノですから、ではリベラルとは何かと考えれば、この辺の政治哲学に行き着くのではないかと、やえはそう思っています。
 
 そうやって見たとき、果たして民間人の自由を奪う目的で権力を振るい、しかもその目的は自分たちの利益のために強権を振るおうとしている民進党は、果たしてリベラルと呼べるのでしょうか。
 少し前から民進党などの一部政党は、自民党のリベラルの名門派閥「宏池会」にすり寄るような場面が多々あります。
 むしろ安倍一強と言われているタカ派寄りに寄ってしまった自民党のリベラルにとってかわり、民進党などこそが本当のリベラルだと、保守本流であり中道左派だと、そう主張する人がいたりします。
 こんな記事もありますね
 しかしこれはとんでもないワケです。
 権力の使い方を見れば、権力に対する政治哲学を考えてみれば、法に触れているとする根拠すら提示できない段階の民間人を強制力を持って晒し者にしようとしている民進党は、タカ派もタカ派、安倍総理なんて裸足で逃げ出すほどのタカ派だと言うしかありません。
 野党の一部は、リベラルという言葉を都合よく解釈しすぎでしょう。
 
 もちろん、この後、森友学園に新しい事実が発覚して法的な問題が明らかになったり、また別の問題が出てきたりしたら、それはそれです。
 しかし今回のこの問題というのは「根拠も無く民間人を国家権力によって証人喚問する」という行為に対して、それは権力の乱用だと指摘しておきたいのです。
 そしてこんなのはリベラルでもなんでもないワケです。
 
 さらにこの流れに朝日新聞など、いつもの面々が民進党に乗っているのも、大変に滑稽です。
 曰く、「やましいコトがなければ証人喚問すればいい」「自民党が証人喚問を拒否しているのは、森友学園をかばっているからだ」と、恥ずかしげもなく主張しています
 でたらめなんですよね。
 法的根拠もない一方的な主張だけで公権力によって自由を縛るような行為こそ、本来は反権力を標榜する立場が批判すべき行為なのではないのでしょうか?
 つまり朝日新聞など、権力でもって民間人の自由を奪えという主張なのであり、それに懸念を示す自民党などの立場の人は間違っていると言っているワケですよ。
 これのどこが反権力で、中道左派で、リベラルなのでしょうか。
 聞いてあきれるしかありません。
 
 民進党も朝日新聞などの「自称リベラル」の方々は、ぜひとも「民間人の自由を国家権力で縛り付ける」という行為がどういうコトなのか、よくよく考えてもらいたいです。
 

総理大臣評価論6-麻生太郎-


 では麻生太郎総理です。
 
 麻生太郎という政治家について、世間ではタカ派的なイメージで見ている人が多いと思いますが、やえはこの人のコトはリベラルだと思っています。
 それは政策的なお話ではありません。
 日本政治史で言うタカ派やハト派、保守的なリベラル、そして保守本流と保守傍流などという場合の定義論というのは、多くの要素によって成り立っているので一概に言えるモノではありませんし、見る方向によっても定義が変わってくるのですが、ではこの場合、やえはどういう理由を持って麻生太郎さんをリベラルと見ているのかと言えば、それは「権力に対する姿勢」の問題です。
 この面において麻生太郎さんは極めてリベラルであり、言い方を変えれば極めて保守本流・宏池会的な人だと思っています。
 
 保守本流・宏池会的の人は、権力は極力抑制的に使い、また極めて公的に公平に使おうとします。
 保守傍流・清和会的の人は、権力は積極的に使うものだと考え、また可能なら自らのために使おうとします。
 これらは政治哲学的なお話であり、また何事にも例外があります。
 例えば前回取り上げました福田康夫総理は、まったく清和会的なにおいを感じさせない人でしたよね。
 そういう中で、麻生太郎さんは雰囲気は清和的な感じを醸し出しつつ、しかしよくよく見れば、その本質は宏池会的な姿勢で政治を行ってきた総理大臣だとやえは思っています。
 
 麻生太郎さんの総理としての評価は難しいです。
 なぜなら、結局国民によって途中退場させられたからです。
 本来、総理大臣の職責を1年だけで評価しろという方が無茶なのであって、だからこそ第一次の安倍総理や福田総理の評価は難しく、しかしそれは自らが投げ出したという点をもって厳しい評価を付けざるを得ないのですから、自らの意志に反して総理から引きずり下ろされた麻生太郎総理については、評価は難しいのです。
 それは「国民の意思なんだから当然だろ」と言う人もいるかもしれませんが、そもそもとしてやえはあの時の選挙は国民の判断が間違っていたし、過ちだったとずっと批判していますので、やえとしたら当然ではないのです。
 国民の判断によって暗黒の民主党政権が誕生したという十字架は、日本国民はずっと背負っていかなければならない、そして教訓にしていかなければならないでしょう。
 麻生政権の時の国内の雰囲気は本当に異常でしたし、選挙後の民主党へのメディアの持ち上げ方も異常でした。
 しかしそれはすべて国民が望んだコトであり、そしてその結果があの3年間だったコトについての責任は国民にあるのです。
 
 麻生総理はそんな異常な雰囲気の中で、さらにリーマンショックという前代未聞の出来事と対峙するコトになります。
 
 当時麻生政権は、選挙管理内閣になると言われていました。
 安倍・福田と続く1年しか持たなかった政権と自民党に対し、マスコミと世間は「もはや選挙待ったなし(=自民党政権の終わりを決定する)」という雰囲気になっていました。
 そんな中で自民党が切った最後の切り札が、当時「国民的人気がある」とされていた麻生太郎さんだったんですね。
 自民党としては、負けるかもしれないけど麻生太郎の人気によってギリギリイーブンぐらいになれば大成功、ダメでも少しでも傷を浅くしたい、という思いがありました。
 よって、麻生政権としてはできるだけ政権発足直後、まだ期待値が高い時点で解散を行い、元々の麻生人気と期待値によって選挙を可能な限り有利に進めたいと考えていたのです。
 
 しかしその思惑は、リーマンショックによって打ち砕かれました。
 
 打ち砕かれたというのはちょっと違うかもしれません。
 というのも、麻生総理は自らの判断によって、解散ではなくリーマンショックと戦うコトを決めたからです。
 衆議院議員選挙となれば実質的に2ヶ月ぐらいは政治が止まりますし、特にこの時の選挙ともなれば、政権交代か否かの関ヶ原になるワケですから、こういう言い方もどうかとは思いますが、行政なんて構ってられなくなってしまいます。
 少なくとも自民党総裁である麻生総理は1秒も休むコトなく全国を応援で飛び回るコトになるでしょうし、他の閣僚もそうです。
 最低限の行政の職務は官僚が行うにしても、閣僚不在では大胆な政策が打てるハズもありません。
 自らの使命は「選挙に勝つ」というコトは麻生総理も身にしみて分かっていたハズですが、こういう事情から、自民党総裁としての責任を捨て、総理大臣としてこの国難から背を向けるコトが麻生太郎総理にはできなかったのです。
 
 あの時、自民党の中でさえ、いえ自民党の中だからこそかもしれませんが、この姿勢を批判する人達がいました。
 「リーマンショックは分かるが、だからこそ速やかに解散した後に次の内閣に任せるべきだ」と。
 もちろんそれは、できるだけ支持率が高い今のうちに選挙をしたいという意図なワケですよね。
 麻生太郎さんは、日本国内閣総理大臣であると同時に、自由民主党総裁だったのですから、その両方のプレッシャーは相当だったでしょう。
 麻生さんの有名な言葉ですが「(総理大臣とは)どす黒いまでの孤独に耐えきれるだけの体力、精神力がいる」と語っているように、本当に色々なところからの期待や責任やプレッシャーが、麻生太郎という一人の人間に集まっていました。
 その中で出した結論が、選挙を先送りにしてでもリーマンショックと対峙する、というモノでした。
 
 その結果どうだったかというのは、やえはかなり高く評価しています。
 たぶん麻生総理があの時多くの対策をしなければ、日本経済はもっと悪くなっていたと思っていますし、できれば次の政権も自民党政権であればもっとマシだった、アメリカ並みの復活ができたのではないかと思っていますが、その辺は残念なお話です。
 そして、この姿勢こそが、麻生太郎という政治家が極めてリベラルな人だという証拠でもあると思うんですね。
 
 他の人だったらどうしていたかは分かりません。
 それは所詮「もし」のお話ではありませんから。
 しかし確実に言えるコトは、麻生太郎総理は、自らの権力よりも、日本国の公のために権力を使うコトを選択したのです。
 そしてそれで救われた部分はかなりたくさんあるでしょう。
 例えば、この時総理だったらどうしていたのかというのは分かりませんが、小泉総理というのはどこまでも自分のために権力を利用しましたよね。
 だからこの人は、政治政策はタカ派かどうかはともかく、政治哲学はかなりタカ派であり保守傍流の清和会的な人だと言えるワケなのです。
 逆に麻生太郎という政治家は、政治家として公のために権力を使うコトを決断した人だったのです。
 できればあと2年は麻生政権を見てみたかった、というのが、やえの麻生太郎総理の評価です。
 
 では次は、民主党政権を超えて、第二次以降の安倍総理についてです。
 とは言え、まだ続いている総理ですから、評価は断言できません。
 ですから主に、第一次の時とどう違うのかっていう視点が多くなるかと思います。
 

ホーム > 政治

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 3月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top