Home > 政治 > ネット選挙で一般人が出来るコト

ネット選挙で一般人が出来るコト Archive

シリーズ「ネット選挙で一般人が出来るコト」-実践編- 2


5.政治家の写真をアップしよう【選挙期間前】【選挙期間中】
 
 ひいき政党の議員さんなどが街頭演説などをしているところを見かけたら、すかさずスマホで写真を撮ってツイッターなどにアップしましょう。
 基本的に公務中の公務員には肖像権は適用されないコトになっていますから、一般人が入り込まないように、うまく議員さんや候補者さんだけを写して、ツイッターなどにアップするとOKです。
 また、かなりマンツーマン的な距離なら一声かけるなどの人間としての最低限のマナーは守るべきでしょう。
 この場合も、政治家も人気商売ですから、声かけて断られるコトはまずないと思いますので、積極的に声をかければ良いと思います。
 
 その際にひとこと添えれば効果的です。
 「○○党の○○さんの街頭演説に遭遇」とかです。
 ただこの場合気をつけなければならないのが、選挙期間前であれば「この○○候補に一票投じよう」というようなコトを言うとアウトになってしまうので注意が必要です。
 写真はやっぱり訴える力が強いですから、文章はキャプション程度にしておけばいいでしょう。
 
 
6.SNSのメッセージ機能を活用しよう【選挙期間中】
 
 選挙期間中メールは選挙活動に使えません。
 候補者本人は使えますが、それ以外の人が選挙運動のためにメールを使うコトは禁止されています。
 よってパソコンでもスマホでも、知り合いなどに「○○候補に一票入れてね」っていうような内容のメールを送ってしまうのは違反となりますので注意が必要です。
 
 しかしツイッターやフェイスブックなどのSNSについてるメッセージ機能は、これはメールではなくSNSの一部なのでメール扱いにはならず、選挙期間中でも選挙活動が出来ます。
 よって、メッセージ機能で「○○候補に一票入れてね」と言うのは合法行為となります。
 ちょっと抜け穴的な活用ですね。
 
 ただ、一般人がメッセージ機能を使えると言っても、なかなか使いどころは難しいんじゃないかと思います。
 正直やえも、いまはパッと効果的な使い方が思いつきません。
 あまり普段親しくない人から選挙のメッセージが来てもアレですし、親しい人ならいちいちメッセージで送らなくても分かってるでしょうからね。
 ですからいまのところなかなか使いどころが難しいとは思いますが、ただまぁ、一応こういう裏技的な手法を使えるってコトは覚えておいて損は無いと思います。
 
 
7.選挙運動のサイトはメールアドレスなどの表示義務があります【選挙期間中】
 
 これはテクニックではありませんが、知っておくべきコトです。
 選挙期間中に選挙活動をする際、特にwebサイトやブログの場合には、メールアドレスなど管理者に直接連絡が取れるモノを表示するよう法律で義務づけられています。
 これは最低限無責任な言いっ放しで終わるようなコトにさせないためであるワケですが、ただし「本名を載せろ」というコトではないので安心して下さい。
 どこにも連絡先が無く、ただ書き殴るように批判ばかり書いてるようなページはダメだってコトです。
 これは法律的な問題ですから、もし選挙活動する気持ちがあり、しかしいま自分が運営しているサイトやブログにメールアドレスを載せていないのであれば、フリーメールでも構わないでしょうから取得して、載せておくべきでしょう。
 
 
8.落選運動も選挙運動だと規定されました【選挙期間中】
 
 最後にもうひとつ。
 今回の法改正で、落選運動についても規定されるようになりました。
 いままでは落選運動については特に規定が無かったために、わりとやりたい放題なところがありましたが、これからは法的に「選挙運動」のひとつとなりましたので、落選運動も公選法で規制されるコトになります。
 よって、一般人が落選のためのメール運動は出来ませんし、サイト上で行う場合もメールアドレスなどの明記が必要になります。
 そして未成年の落選運動活動もNGとなります。
 
 また、ちょっとここは確認していないのですが、選挙期間以外での落選運動もNGになるんじゃないのかと思います。
 ここは確認が取れ次第、追記しておきますね。
 
 
 とりあえず、シリーズ「ネット選挙で一般人が出来るコト」は以上です。
 でももしかしたらこの他にもいろいろと出来るコトがあるかもしれませんから、そういうのがありましたら、また追って更新していきたいと思います。
 またご質問や、「こういう活動はできないのか」などがありましたら、どんどんコメントいただければと思います。
 よろしくお願いします。
 

シリーズ「ネット選挙で一般人が出来るコト」-実践編- 1


 では、ネット選挙解禁になった際、また選挙期間に入る前も含めて、選挙関連に関してネット上で一般人は何が出来るのかというコトを個別具体的に挙げていこうと思います。
 
 
0.投票日は選挙期間ではない【投票日当日】
 
 まず前提として、投票日当日は選挙期間ではないというコトに注意して下さい。
 これはネット選挙に限らず、基本的な公職選挙法の規定です。
 つまり投票日当日は選挙期間ではないのでその日に「○○候補に投票しよう」と書いてしまうのは違法行為となってしまいまうワケです。
 繰り返しますが、これは全ての選挙活動において適用されるコトですから、ネットならいいだろうとか思わないよう、ネットの気軽さでついつい選挙違反をしてしまわないようにしましょう。
 むしろ投票日当日はおとなしくしておくというぐらいの気構えの方がいいかもしれませんね。
 
 
1.リンクバナーを貼ろう【選挙期間前】【選挙期間中】
 
 自分でサイトやブログを運営している人やSNSなどで、贔屓政党や議員さんのサイトにいってバナーをダウンロードして、リンクしてあげましょう。
 このリンク行為は、選挙期間に関わらず、いつでも行うコトができます。
 これが一番簡単で、かつ最も効果的な応援方法ではないかと思います。
 
 ネット選挙が解禁する以前では、候補者情報が載っているページは、選挙期間中は更新できないコトになっていました。
 よって、個人サイトであったとしても、候補者のバナーがあると更新ができない、もしくは外す必要があったワケですが、ネット選挙解禁になってからはこの制限がなくなりましたから、選挙期間とか気にせずいつでも気軽にバナーやリンクを貼るコトができます。
 また政党によっては様々なブログパーツとかマニフェストとかもネット上に公開していますから、それをリンクしたり紹介したりするコトも有効でしょう。
 
 
2.ツイッターなどで演説日程などをつぶやこう【選挙期間中のみ】
 
 ネット選挙が解禁されると予想されるのが、候補者陣営が個人演説会などの日程をネット上で公開するという選挙運動です。
 個人演説会というのは、選挙法で定められている建物の中で行われる演説会のコトですが、つまりこれは「選挙活動」になりますから、今まではネット上にはなかなか情報が回らなかったモノなんですね。
 しかしネット選挙解禁になってからは、選挙期間中においてもサイトを更新できますから、候補者陣営もこの手の情報を流せますし、同時一般人もこれらの情報をさらにネットの海に流すコトができるようになるワケです。
 ですから、自分のサイト上に情報を載せてもいいですが、特にこの手のリアルタイム的な情報はツイッターが一番得意とするジャンルでしょうから、ツイッターで活用するのが良いでしょう。
 候補者陣営のアカウントをフォローしておき、個人演説会などの情報がつぶやかれたら、すかさずリツイートする、などです。
 
 また、現在のところ全ての議員さんがツイッターをしているというところまではいってませんから、人によっては自分の選挙区の応援候補がツイッターでこの手の情報を流していない可能性もあります。
 この場合は、自分で候補者のサイトを見て情報を得て自らのツイッターで情報を流す、という行為が有効ではないかと思います。
 ネット選挙解禁前は、選挙期間中に「今日18時から○○候補が■■公民館で演説するから見に行こう」とツイッターでつぶやくと選挙違反でしたが、参議院選挙からは合法となりますので、積極的に活用していきたいところです。
 
 
3.日記などで応援する場合、選挙期間前編【選挙期間前】
 
 ブログやSNSなどの日記で、贔屓政党や議員さんを応援する日記を等を書くこコトは大変有効かと思われます。
 「バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳は、○○候補を応援しています」って書くだけでも、なかなかの宣伝効果ですよね。
 ただし、その書き方は選挙期間前と選挙期間中とでは大きく異なりますので注意が必要です。
 
 選挙期間前において一番注意するコトは、「投票を連想するようなコトは禁止」というコトです。
 つまり選挙期間前に「○○議員は立派に実績を上げた。だから次の選挙でも一票を投じよう」と言ってしまうのは、かなり違反と判断せざるを得ない書き込みになってしまいます。
 選挙に関するコトは選挙期間中だけ行える、というのが公職選挙法の大原則だからです。
 ですから、選挙期間中でない時期は、あくまで「政治活動」や「後援会活動」に限られます。
 そしてこれは一般人にも当然として適用されますから、ここは注意が必要なところです。
 選挙前で日記などにこの手のコトを書く場合は、現職議員さんなら議員活動に関する紹介ですとか要望ですとか、「いつも応援してます」とか、選挙を連想しない形での書き方が推奨されます。
 
 
4.日記などで応援する場合、選挙期間中編【選挙期間中】
 
 選挙期間中は、選挙に関する発言がOKとなります。
 よって「○○候補へ投票しよう」も合法となりますから、自分の常識の範囲内で投票へ呼びかける日記を書けばいいと思います。
 ツイッターなんかで連呼するとうるさいと言われて逆効果だと思いますので、応援しているのに逆に足を引っぱっていたなんてならないように注意すべきですけどね。
 
 もうひとつ、念のために書いておきます。
 0のところで書きましたように、投票日当日は選挙期間ではありませんから、当日に投票を呼びかけるような日記やツイッターは禁止となります。
 ブログなどの日記自体は前日までの記事を消す必要は無いと思いますが、当日に投票を呼びかける内容の日記を新たに書いてしまうのは違反行為となりますので注意が必要です。
 ツイッターも同様です。
 特にツイッターは速報性が強いSNSですから、ついつい当日に投票を呼びかけたくなりがちですが、ここは完全に選挙違反となりますから、絶対にやらないように心がけましょう。
 
 ただし裏技的ですが、特定の政党や候補を挙げずに「選挙に行こう」「投票に行こう」とだけ呼びかけるのは合法とされています。
 これは当選させる活動である「選挙活動」ではないという判断からです。

(つづく)

シリーズ「ネット選挙で一般人が出来るコト」-概要編- 2


4.一般人のメールでの選挙活動は禁止
 
 ここが今回のネット選挙解禁となった時の一番注意すべき点です。
 候補者陣営が選挙期間中にメールにおいて選挙運動するコトは、色々な制約はあるにしても可能なのですけど、一般人がメールにおいて選挙運動をするコトは禁止されています。
 これ、将来的には解禁される可能性もあるようですが、少なくとも今回の参議院選挙では禁止ですから、間違えないようにしなければなりません。
 
 なぜメールは禁止されているのかと言いますと、なりすましがやりやすいという点が挙げられています。
 スパムメールは誰しもが迷惑しているところだと思いますが、メールの偽装というのはちょっと調べれば誰でも簡単にできるワケで、例えば嫌いな候補者になりすましてスパムメールを有権者に送りつけまくるとか、デタラメな公約を書いて送りつけるとか、こういうコトがしやすいので、今回は禁止というコトになっているようです。
 未だスパムメールに対して有効な手立てがとれていない現状とすれば、致し方ないのかもしれませんね。
 
 よって、いくら選挙期間中だったとしても「○○候補に一票入れてね」っていうメールを送るのは選挙違反となりますので注意が必要です。
 
 ただし、個人的な友達とかの特定個人に送る雑談の中で出てくるようなメールまでをも規制するコトはないんじゃないかとは思っています。
 現状でも個人同士の個人的なやりとりの中で行われる行為までを規制する法律はありませんので、「常識の範囲内」では問題ないかと思っています。
 あくまで「運動」と見られかねないような行為は慎んだ方がいいでしょう。
 選挙の内容だけのメールを、いくら友達とは言え何十人にも一斉に送りつけるようなコトをすれば、それは選挙運動と捉えられかねないですし、そうなれば法令違反となってしまうコトでしょう。
 よって万全を期すのであれば、メールでそのようなコトを言うのは念のためにやめておくっていうぐらいでいいと思います。
 あまり一般的な会話の中で選挙のお話が出るコトもないでしょうしね。
 
 どうしても候補者や政党の支援を伝えたければ電話をしてください。
 電話による選挙運動は、現状においても合法です。
 
 
6.報酬を受けての選挙運動は違法
 
 これはネット選挙に限らないのですが、つまりネット選挙でも同様のコトが言えますので、念のために書いておきます。
 選挙運動は一部の法令で定められている人達を除いて基本的にはボランティアでしか活動できないコトになっています。
 
 例えば、「応援ツイート1回につき5円払うから○○候補の応援ツイートをしてくれ」と言われてこれを受けたら、完全なる違法行為となります。
 また、「キミのサイトに○○候補のバナーを貼ってくれれば1000円出そう」と言われて受けても違法行為となります。
 これは、候補者陣営から言われなくても、熱烈な支援者からの報酬であってもアウトになりますから注意しましょう。
 
 とにかく選挙に関するコトを行うのであれば、全て無償で行うってコトを肝に銘じておけばいいと思います。
 選挙はお金目当てでやるモノではないのです。
 
 
7.有償バナーは政党のみ
 
 バナーのお話が出ましたので、一般人にはあまり関係ありませんが、念のため置き添えておきます。
 ヤフーとか色々なサイトに今でも政治関係の広告バナーがあるのを見かけたコトがあると思いますが、現在のところあれが出来るのは政党のみとなっています。
 例えばいくら自分が○○候補の熱烈な支援者だとしても、そしてお金があまりまくっているとしても、ヤフーに○○候補のバナーを貼る申請をするコトは出来ません。
 まぁ貼ってしまうと違法行為になるので申請が受理されるコトはないとは思いますが。
 だから注意すべきは、自分がわりと大手のサイト運営者だったり、今流行りのアフィリエイトブログ運営者だったりする場合、もし政党以外からバナー貼りの申請があって、報酬を請求して貼ったとしたら、おそらく申請者もサイト運営者も違法となってしまいますから、ここに注意です。
 まぁ個人サイトに、政党も含めて有償バナーの申請をしてくるコトはないとは思いますが、念のため、特に大手サイトさんの運営者さんは気をつけた方がいいでしょう。
 
 
8.無償バナーは合法
 
 これはどっちかと言えば実践編の内容になりますが、バナーのお話として軽く触れておきます。
 先程「有償バナー」は禁止と書きましたが、これが無償になると一切の制限はなくなります。
 サイトの規模に関わらず、無償で候補者のサイトにリンクする形で(もちろんリンクしなくてもいいですが)バナーを貼って宣伝や応援するのは、普通のネット選挙、もしくは政治活動の応援の範疇に含まれます。
 いわゆるボランティア活動ですね。
 ですから、もし贔屓議員さんとかいれば、その議員さんのサイトに行ってバナーを自分のサイトにリンクして貼ったりしましょう。
 
 
9.SNS上で出来るコトは制限無し
 
 最後に、詳しくは実践編で書きますが、簡単に書いておきます。
 選挙中にツイッターやフェイスブックなどのSNSを活用する行為は、全て解禁となります。
 よって、例えばしつこいぐらいの連呼ツイートをしたとしても、法律上は合法となっています。
 フォロワーは減るかもしれませんけどね(笑)
 もちろんリツイートも合法ですから、例えば候補者陣営の個人演説会の告知ツイートなんかは、積極的にリツイートしてあげれば喜ばれるでしょう。
 
 あと、実はダイレクトメッセージのような機能も、これはメールではありませんので合法となります。
 個人が禁止されているメール選挙活動は、あくまでメールサーバーを使ってのメールだけが制限の対象ですので、SNS内の機能の一部である特定個人だけに送られるメッセージは合法となります。
 やえはフェイスブックをやっていないので分からないのですか、多分フェイスブックにもそんな機能ありますよね?
 つまりこれらで支援を呼びかけるのは合法となりますので、ひとつテクニックとして知っておいていいと思います。
 
 もちろん、制限無しと言っても報酬をもらって行えば、すべて違法行為となります。
 これは最初に書きましたように、いくらネット選挙解禁とは言っても、元々の公職選挙法はほとんど変わっていませんので、全てその中で行われるというコトを忘れてはいけません。
 ネットの中は無法地帯だヒャッハーではありませんので、ここは注意しておきましょう。
 
 
 というワケで、概要編はこれで終わりです。
 次に実践編に移ります。
 一般人にとって選挙に関してネット上で何が出来るのか、具体的に出来るコトを挙げていきたいと思います。
 
 また同時に、質問や疑問があればバシバシコメント欄に書いて下さい。
 これが充実するとQ&Aも出来ちゃいますから、やえにとっても一石二鳥です(笑)
 よろしくお願いします。
 

ホーム > 政治 > ネット選挙で一般人が出来るコト

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 11月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top