Home > 政治 > 国民の見抜く力

国民の見抜く力 Archive

反対のための反対にならないために


 民進党などの人達が、テロ準備罪、一部では共謀罪と呼ばれている法案について、手段を選ばない反対の仕方をしています。
 例えばこんな主張です。
 

 皆さんのメール、LINE、Twitter、Facebookが監視されるようになってしまいます。
昨日有楽町で枝野本部長、海江田元代表、松尾東京2区総支部長と共に、共謀罪廃案を訴える街頭演説をしました。
 
民進党山尾しおり議員Twitterより

 
 共謀罪というイメージだけで、曖昧な表現で恐怖を煽ったり、実際には法案の中に全く規定されていない行動までをさもこの法律の中でできてしまうかのように喧伝して、つまりデマによって、法案への反対を広めようとしているワケですね。
 例えば「皆さんのメール、LINE、Twitter、Facebookが監視されるようになってしまいます」というのも、例えば現行法下であったとしても「○○を爆発する」なんて書けば違法行為になるのですから、共謀罪によって突然新しい概念が発生するワケではありませんし、またこれが特定の誰かに向けただけのメールやDMなどの文章に対するモノだったとしても、それもやっぱり現行法下で裁判所の令状が下りれば可能な捜査手法であり、共謀罪ができれば警察などが無制限に全ての人の通信を傍受できるようになるワケではありません。
 それなのにこの書き方というのは、敢えて事実誤認させようとしているとしか思えない書きぶりなんですね。
 また他にも、「共謀罪が成立したら国外逃亡しなければならない」とか言ってた民進党の議員もいるようですが、これも果たして具体的にテロ準備罪のどこの条文にひっかかるからそうなるのか、その辺の説明が一切無く、無根拠に、もはやデマによって恐怖を煽っているとしか言いようがありません。
 恐怖を感じるような結論だけを提示し、しかしその根拠を示さず、時にデマによって人心を煽る手法は、もはや反対のための反対の手法でしかなく、それがどんな主義主張であっても許してはならない手法のハズなんですね。
 
 これを踏まえた上で、よく考えてもらいたいコトがあります。
 いまテロ準備罪では、このような醜く卑怯な論法を民進党やサヨクな人達がよく使っていますが、しかしこれは決してサヨク方面の常套手段ではないんですね。
 むしろこれは、思想の左右を問わず、反対をするための常套の手段であるとすら言えてしまうのです。
 右寄りの人達も、ちょっと前までは似たような論法で、とある法案に反対していました。
 
 人権擁護法案です
 もう中身については詳しく説明しませんが、この時も多くの人から、法案の中身からかけ離れた例え話や恐怖を煽る例え話が多く飛び交っていました。
 例えば、ちょっと一部を隠して引用してみます
 

 これは、ほんの一例ですが●●●●とその関係者が自分たちに都合の悪い報道・世論に対して●●という言葉を付けて有形無形の圧力をかけてきます。
 要するに●●●●という秘密警察をつくり、国民を「●●」という言葉をこじつけて監視・取締りします。
 これでは●●●●による独裁!になります

 
 どうですか?
 これ下手したら、民進党や左翼系メディアがテロ準備罪や特定機密保護法かなんかの法案で反対するために流布されたプロパガンダと言われても、そのまま信じてしまいそうじゃないですか。
 「秘密警察」とか「独裁」とか、いかにもですよね。
 でもこれ、さっきも言いましたように、人権擁護法案に反対するために書かれた文章であり、黒丸のところは「人権」もしくは「人権擁護委員」という言葉が入る文章です。
 そしてこのプロパガンダを載せているサイトは、当時多くの自称保守人によって引用され、また根拠として使われました。
 当時は相当有名なサイトだったんですよ。
 
 しかし当然ながら、人権擁護法案にはそのようなコトができる条文は皆無だったんですね。
 
 ですから、思想の左右に限らず、こういうコトってあるんですよ。
 何かを反対するために、安易にデマに飛びついてしまう、下手をすればデマそのものを作ってしまうコトがあるワケです。
 その姿は、左右の思想を問わず滑稽なのですが、やってる本人はそれに気づかないんですよね。
 ですからせめて、自分とは別の立場の人を見て、我が身を振り返って欲しいです。
 ああはなってはいけないと。
 
 特に法案というのは、必ず国会に提出されてその中身が国民に知らさせれるワケですから、それに賛否を言うなら、当たり前ですが中身をキチンと読んで、中身に則した議論をしなれば意味はありません。
 それが国会議員ならなおさらです。
 ですからもう一度、よくよく立ち止まって考えてもらいたいんですね。
 特にいまの民進党のひどさが、デマすら作りかねない論法がひどいと思うのであれば、それは決して民進党やサヨク思想特有の症例ではないというコトを、立ち止まって考えてもらいたいと思います。
 これは思想の左右を問わず、よくプロパガンダとして使われる手法なのです。
 そしてその手法は、健全な議論を行う上では許してはならないのです。
 
 民進党のコトをひどいと思うのであれば、それを教訓として、どんな場面でもそうならないよう、国会議員は当然としして、公の場で持論を主張する活動をする人全てに自覚してもらいたいと思います。
 

評価は野党が決めるのではなく国民が決めること


 今村大臣の件に限らないのですが、野党の審議拒否って、民主主義における本来主役であるハズの国民を完全に置き去ってしまっているんですよね。
 いや、野党が審議拒否と言って国会審議の場に出てこないというのは、勝手にすればいいと思うんですよ。
 中には「税金の無駄だ」という人もいますが、代議員制民主主義においてはいったん代議員を選んだ以上は任期中はその行動の全てを保障すべきですから、お金がもったいなどの批判は当てはまらないとは思います。
 ですが、その経費を使った上でのその政治家や政党の言動に対する評価は、国民自身が下すべきです。
 具体的に言えば、選挙の際に国民が審判を下すべきなのです。
 
 よって、民進党などが審議拒否するのは民進党の勝手ですが、その評価は国民が下すべきであって、つまりは委員会を止める必要は一切ないんですよね。
 野党が欠席するから審議できない、と考える必要は本来ないハズなのです。
 現在の国会運営は、こういうときにそれでも与党が委員会を開会しようとすると、野党やマスコミなどが「強行運営だ」と無責任に騒ぎ立てるので与党も無理に進めようとははしませんが、そもそもこのマスコミの伝え方自体が間違いであって、委員会も淡々とスケジュール通り進め、それで野党が欠席するなら淡々と欠席し、マスコミもマスコミで「野党が欠席した」という事実だけを脚色せずに伝えればいいのです。
 その結果、与党の行動と野党の行動を、国民が自分の目で見て自分の頭で考えて判断すればいいだけなのですから。
 ここに与党も野党もマスコミも、他人のバイアスがかかる余地はありません。
 大臣の言動とそれに対する与党の言動を国民が判断する。
 それに対する野党の言動を国民が判断する。
 これが民主主義です。
 マスコミは、事実を事実だけ淡々と伝えればいいのであって、マスコミの個人的な意見など必要ありません。
 
 民進党も自らの主張に自信があるなら、与党だけで国会を進めてもいいハズですよね。
 「民進党は審議しないと主張し、自民党は審議すると主張する」、この構図に民進党自身が自信があるのであれば、与党が強硬に国会を進めるコトに対して批判する必要はなく、単に自分の事務所でニタニタしながら、空席の目立つ委員会をテレビかなにかで見ていればいいじゃないですか。
 与党が審議をし野党が拒否をするというこの構図自体を広く国民に知らしめられたとしても、むしろその方が民進党自身は国民から支持が得られるんだと自信を持っているからこそ審議拒否をしているハズなのですから、なんら慌てる必要はないハズですよね。
 それなのになぜ、いちいち「強行採決だ」とか何だとか騒ぎ立てるのでしょうか。
 民進党は自分たちの行動に自信がないのでしょうか。
 
 今村大臣の発言の件は、確かに国民に対しては謝罪すべき案件だとは思いますよ、日本人としては本音と建て前は使い分けてこそだと思いますし。
 でも、国民に対しては謝罪すべきですけど、野党に対しては関係ないじゃないですか。
 まして国会運営には一切関係ないハズです。
 これがまだ、新しい大臣の所信表明からやり直せ、と言うのでしたら理解はできますが、一切の審議拒否とは、いったいどういう理由で審議拒否になるのか、やえには全く理解できません。
 
 そういうコトからも国会運営はとにかく淡々と行うべきで、その上で出席するしないは政党が自らの判断で決めればいいだけで、国民はそれを審判するだけという、そういう国会運営にすべきなのではないでしょうか。
 少なくともマスコミなんかがそれに口出ししていい理由はありません。
 判断は国民自身が行うべきです。
 

総理大臣評価論7-安倍晋三(第2次~)-


 では最後に、第2次から現在までの安倍晋三総理です。
 とは言っても、現在進行中の内閣ですから、最終的な評価はできません。
 現在のところ、さらにどこまで続くか分からない、なかなかにすごいというかこわい内閣になっています。
 
 しかしこれは明らかに、第一次の“失敗”を教訓にした結果というのは、おそらく誰からも異論は出ないコトでしょう。
 それは第二次発足時の閣僚の顔ぶれを眺めれば見えてきます。
 第一次の時は「お友達内閣」と揶揄されましたが、その批判が妥当かどうかはともかく、適材適所バランスが取れているとは言いがたい陣容だったコトは否めません。
 例えば内閣の要である官房長官は、第一次の時は塩崎恭久さんでしたが、この人、ちょっと自分中心的なところがあって国会とかの根回しが下手だったために、政権運営がうまく行かなかったと言われています。
 むしろ第一次安倍内閣の失敗の一番の原因は塩崎さんだと言う人もいるぐらいです。
 もちろん今は厚生労働大臣として活躍されていますから、塩崎さんがダメな政治家であるとは言いませんが、少なくとも官房長官という職には向いていなかったとは言えるワケです。
 このように、第一次の時はちょっと稚拙な人事が目立ったというのは否めないワケなんですね。 
 変わって第二次発足時の内閣は、はじめから安定重視でした。
 この理由に麻生副総理や菅官房長官の名前がよく挙がるワケですが、やえからしたら一番の「第一次と違う点」は、外務大臣の岸田文雄さんだと思います。
 今でこそ超安定の外務大臣として国民の間にも定着していますが、おそらく第二次発足時の一番のサプライズはこの岸田さんの外務大臣だったかもしれません。
 なぜなら、自民党の中でタカ派の代表の安倍さんに対して、岸田さんは自民党の中でのハト派の代表ですからね。
 その岸田さんを他の閣僚ならともかく、最重要閣僚の外務大臣に就けたというのが、安倍総理の“変わったところ”の象徴だったと言えるでしょう。
 
 かくしてその起用は大成功だったワケです。
 第二次発足時の閣僚は、一人も変わらないままという同一閣僚内閣として戦後最長を記録しましたし、なにより内閣の基幹である財務大臣・外務大臣・内閣官房長官の3人が未だに変わらず4年以上も安倍政権を支えているというのが、第二次以降の安倍内閣の成功の大きな要因となっています。
 麻生さんは口が、菅さんは官房長官としての腕が、岸田さんは安倍さんとの思想の違いが、それぞれ未知数だったとは言えるのですが、それでもそれぞれが内閣を支えるという点において私情を捨てて職務に精励し続けているという点は、政治家としての矜持を見るコトが出来ると言えるのではないでしょうか。
 安倍総理自身も含めて、この4人が安倍長期政権の基盤を作ったと言っても過言ではないワケです。
 
 第二次以降の安倍総理の安定感は、1つは人事、1つは外交、そして1つは権力の使い方だと思っています。
 人事は、たまに「ん?」と思う閣僚もいますし、少なくとも稲田さんは重量級に就かせるのは早すぎたと思っていますが、それでも過去の内閣に比べて閣僚の全体的な安定感は抜群です。
 そして先ほども言いましたように、内閣の要の安定感と言ったらないワケですから、それはもう安定するのが当然とすら言えるでしょう。
 
 そして内閣の安定感は、外交の安定感に繋がります。
 外交は特に総理や外務大臣が長く続けるコトに大きな意味を持つ分野です。
 他国のカウンターパートナーと長く接するコトで信頼を得て、信頼があるからこそ難しい課題に対しても共に協力し合えるという効果が見込まれます。
 あの日韓合意ですら、岸田外相とユン長官のある種の信頼関係があってこそだと思っています。
 これが鳩山政権だったとしたら、こんな合意は絶対に無理だったコトでしょう。
 なによりオバマ大統領の広島訪問と、安倍総理の真珠湾訪問は、岸田外相とケリー国務長官そしてケネディ大使との信頼関係があってこそだったワケです。
 ケリー長官の岸田外相大好きっぷりは、ちょっと話題になりましたよね。
 
 最後、権力の使い方ですが、これは安倍総理などが政権維持のために、かなりなりふり構わない権力の使い方をしています。
 例えば自民党に対しても公認権や人事権を盾に、なかなか異論を唱えにくい雰囲気にしているというのはよく指摘されているところですし、また省庁や官僚に対しても強いリーダーシップを発揮できています。
 省庁に対しては、これは安倍総理だけの功績ではなく、総理府を内閣府にして官邸機能を強化してきた先人達の努力の賜であるワケですが、それをいま安倍総理がうまく使いこなしている結果なんですね。
 また同時に、閣僚の安定感も、官僚を使いこなす機能に大きく寄与しています。
 財務省色に染められたなんて時々言われる麻生財務大臣ですが、しかしそれでも最後の最後には安倍総理の決断に従う麻生財務大臣の姿勢があるからこそ財務省の暴走は防げているワケですし、また“伏魔殿”外務省も、官邸外交と言われつつも根本の外務省を岸田外務大臣が押さえているからこそ出来るコトだと言えます。
 
 よく「岸田は安倍の言うコトを聞くから留任され続けているんだ」と言う人がいますが、もしその程度の理由だけなら、別に岸田さんを留任させ続ける必要はないんですよね。
 だってお飾り大臣でいいなら安倍さんの子分的な議員を次々に着けさせればいいだけで、それなら本当に「言いなりの外相」が出来るワケですので、安倍さんにとっても外務大臣というおいしい役職を多くの議員に与えるコトで益々地盤を固めるコトができるのですから、政治思想の異なる岸田さんを4年以上も着けさせるより、次々に自分の言うコトを聞く議員を着ける方が安倍さんにとってはいいハズです。
 それをしないというのは、1つは岸田さんの交渉能力の高さを買っている点、もう1つは官僚に対するプレゼンス能力の高さを買っているのだと思われます。
 岸田さんの閣僚の使いこなし能力の高さは、福田内閣の時の消費者庁創設の時にも証明されていますからね。
 
 こうして様々な要因がお互いに影響し合って、安倍内閣の安定性に寄与していると見るコトができるワケです。
 これは必然の部分もありますし、偶然の部分もあります。
 安倍さんにとっては岸田さんのここまでの動きは予想外だったでしょうからね。
 
 敢えて安倍総理の欠点を言うと、これは安倍総理自身のお話ではないのですが、周辺があまりお行儀がよくない人が多いという点が挙げられます。
 やえは安倍さん自身はバランス感覚のある政治家だと思っていますが、そうでない若手の議員とか取り巻きが、安倍さんの派手で目立つところだけをマネしてしまい、それが安倍さんのイメージダウンになってしまっているんですね。
 例えば稲田さんなんて、最近の国会答弁の仕方が、安倍さんの悪いところばかり真似してるんですよね、ヤジに対していちいち反応したり、ムキになったりして、しかもそれが下手なんですよね。
 また副官房長官だった人とか自民党青年局長だった人とかが、過去に失言をしてしまったりとかありました。
 こういうのは安倍さん個人の責任ではありませんが、しかしこういう言動も結局安倍さんのイメージになってしまうので、周りの人はむしろ「権力を持っているからこそ謙虚に」という姿勢を忘れて欲しくないなと、そしてそれは「権力は使ってこそ」という思想は時に危険だなと、改めて思うワケです。 
 
 第二次以降の安倍内閣は、与党と官僚を押さえ、また野党のぐだぐだにも助けられ、マスコミに対しても柔軟様々な姿勢で第一次のようなデタラメさまでにはならないようコントロールして、第二次以降の安倍内閣はここまでやってきました。
 やえは、まだマスコミをはじめとする自民党に対する基本的に批判するのが正しい姿だと思っている世間の姿勢には疑問を持たざるを得ません。
 まだまだ政治に対しては不公平感が拭えていないのが日本のあり方だと思っています。
 その中で民主党政権と安倍政権によって、なんとかマシになってきたと言えますが、それでもまだまだです。
 そういう意味において、安倍政権の多少強引な政権運営は大きな意味があると思っています。
 先日の自民党大会において正式に自民党総裁の任期が延長されましたので、安倍総理もあと4年は総理を続けられるようになりましたが、それが良いか悪いかはこれからですが、ただもうしばらく安倍政権が続く意義はあるとやえは思っています。
 最初にも言いましたように、いま現在進行形で続けている内閣ですから、現段階で評価は出せませんが、第一次安倍内閣から6代に続く混乱期を取り戻す意味において、もうしばらく安定した政治でいてほしいと思っています。
 

ホーム > 政治 > 国民の見抜く力

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 5月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top