Home > 政治 > 国民の責任

国民の責任 Archive

怒りは北朝鮮に向けなければ


 北朝鮮が、いよいよ日本列島を越える形でミサイルを発射しました。
 言うまでもなく、とんでもないお話であり、許してはならないコトであり、野放しにしてはならない事態です。
 
 しかしこの事態に対して、なぜか日本政府に怒りの矛先を向けている人達がチラホラと散見されます。
 でもそれって、ハッキリ言って北朝鮮を利する行為ですよね。
 北朝鮮がトンデモナイ行為をしたコトをもって日本政府を批判するのであれば、北朝鮮としては今後ますますミサイルをバンバン撃ってしまうコトになるんじゃないでしょうか。
 変なお話、やえがキムの立場だったらそうしますよ、だって撃てば撃つほど日本の政権に打撃を与えられるんですから、こんなおいしいお話はありません。
 敵対する相手が喜ぶコトをしてどうするんですかと。
 
 これ、もっと怒らなければならないコトなんですね。
 もちろん北朝鮮に対してです。
 いまの日本の報道や雰囲気って、ではミサイルが本当に日本本土に飛来したときにはどうしたらいいんだっていう、そんなお話ばかりしている気がしてならないんですが、ちょっとそれってズレてるとしか言いようがありません。
 なぜなら、対処すべきは「いかに撃たせないか」だからです。
 撃った後にどう対処すべきかは、全く準備しなくてもいいとは決していいませんしそれはそれで大切ですが、しかしそれよりも「撃つ前の対処」の方が格段に大切であるというコトは、本来言うまでもないコトのハズです。
 何事も、戦いは始まる前に勝敗がついているモノですし、少なくとも勝つためには勝つ道筋が見えてなければなりません。
 でもいまの日本では、この議論が全くできていないのではないのでしょうか。
 撃った後にどうするか、なんて後手後手の事後策しか考えないというのは、あまりにもまずい考え方だと言わざるを得ません。
 
 日本の国土を飛び越えてミサイルを撃ってきたワケです。
 例えばこれがアメリカだったらロシアだったら、いったいどんな反応をするのでしょうか。
 ロシアは過去に、間違って飛行機が領空内に入ってきただけで撃墜していたような国です。
 そしてそれが国際的に何か制裁を受けるような問題に発展したとは記憶していません。
 まして今回は、平和利用が確実な民間航空機なんかではなく、核兵器すら積むコトができるミサイルです。
 この段階まできて、「撃ってきた後どう対処しよう」と言っているのは、さすがに平和ボケしていると言われても仕方ないのではないのでしょうか。
 
 やえは感情論は好きではありませんが、怒りという感情を理性的に表すコトは、場面によっては必要です。
 そしていまこそ、その時でしょう。
 撃つ前の対処をさせるために日本政府に怒るべきだと言う人がいるかもしれませんが、それで政府の力を弱めれば北朝鮮の思うツボです。
 むしろ北朝鮮への怒りが国民の中で高まれば、その方が北朝鮮に対する対策が強いモノになっていくコトでしょう。
 政治とは政治家の考えを変えさせるモノなのではなく、国民の意思と総意によって変えさせるモノなのです。
 
 いま日本は戦後最大の岐路に立たされていると言っても過言ではありません。
 この重みをどう国民自身が考えるのか、ひとりひとりが大変な決断を迫られていると言えるでしょう。
 

果たして行政のトップの任期はどれぐらいの期間が適切か


 安倍総理の支持率がガタ落ちしています。
 やえは、所詮は一私企業でしかないマスコミが行う支持率というモノを基準にするコトはあまり適切ではないとは思っていますが、それでも一時期よりも安倍総理の勢いは落ちているのは確かでしょうし、近々行われるであろうと言われている内閣改造と自民党役員人事の記事などを見れば、いま安倍総理は第二次内閣発足以降一番の窮地に立たされているというのは、やはり否定できないところでしょう。
 
 では果たして安倍総理の何が問題だったのでしょうか。
 マスコミでは森友とか加計とか言うのでしょうけど、しかし色々とかなりぶん投げて総合的に言えば、「安倍さんに飽きた」というのが一番大きいのではないかと思っていたりします。
 もっと言えば、飽きたのは安倍さん個人なのではなく、「1人の同じ総理」に国民が飽きてしまったのではないかと言えるのではないかと思うのです。
 第二次安倍内閣の発足は平成24年の12月ですから、いま4年半ぐらいですね。
 もし衆議院が任期一杯まで行けばあと1年半ぐらいですから、第二次以降の安倍内閣は6年となるワケですし、さらに言えば、再燃にあるとされている自民党の総裁選に安倍さんが三度勝利すれば、一年半後の後さらに3年続くコトになりますから、これを入れると9年となってしまうワケですね。
 もしかしたら民主党政権からの政権交代もすでにかなり昔のコトのような感覚の中、あと4年以上も安倍総理が続くというコトについて、国民から飽きが出てきてしまっているのではないのでしょうか。
 
 やえとしましては、たぶんこれって、善し悪しじゃなくて、もう国民の基本的性質になってしまっているのではないかと危惧しているところです。
 というのも、第1次安倍内閣以降、ほぼ1年ごとに総理と内閣が替わった時期が6代(安倍・福田・麻生・鳩山・菅・野田)と続きましたが、口では「1年ごとに総理が替わるのはよくない」と言いつつも、実際のところ国民の中では危機感を感じている人はほぼ皆無で、むしろ当然だったと感じていた人の方がほとんどだったのではないでしょうか。
 そう考えれば、「まぁ1年は短いかもしれないけど2年ぐらいかな。3年も続けば長い方だよね」という感覚に、いま日本の国民は普通の感覚として受け入れてしまっているのではないかとも思うのです。
 特に何かこれを裏付けるデータがあるワケではないのですが、けっこう一般国民の平均的な意識って、これぐらいなのではないかとやえは思っているところですし、そして安倍総理は、そんな国民感覚からしてら、規格外に長くなってしまっている、というところなのでしょう。
 
 結構これは難しい問題なんですよね。
 強い行政と、強い外交のコトを考えれば、行政のトップは長ければ長い方がいいです。
 これは議論の余地はありません、例えばプーチン大統領の例を見れば一目瞭然で、ある種中国よりも強権を持つトップがいるコトで、国内のゴタゴタというモノはあまり見えてこないという強みが今のロシアはあります。
 国力などを考えればもはや比較対象にならないハズですが、アメリカでは国論を二分する大統領選挙が行われ、まして予想外の候補者が勝ったというコトだけでも、国内はかなりゴタゴタしたと見られる(いまでも見られているかもしれません)ワケで、ロシアとアメリカと、国力以上のイメージの差がありますよね。。
 一方、行政が固定化されれば、それだけ腐敗や、時に法を超えた措置が平気で行われるようになってしまいます。
 まぁこれなんか特に説明するまでもないでしょう。
 ですから、多くの国は大統領には任期を設けていますし、議院内閣制のところは議会に任期をかけるコトで実質的な首相の任期をかけているワケです。
 
 では大統領制のところを見てみると、しかし以外と任期が長いコトに気づきます。
 アメリカは1期4年で、最大2期8年です。
 フランスは1期5年で、最大2期10年です。
 あとG7で比較しようと思ったんですが、サミットに参加する役職を調べると、大統領のいない日本とイギリスを除いても、あとのドイツ・イタリア・カナダも首相が参加のようなので、ごめんなさい、比較にならないですね。
 つまり、長いと思われている第2次以降の安倍内閣も現時点で4年半ぐらいですから、アメリカなら満期2期まではまだまだ折り返し地点、フランスなら1期すら終わっていないというところの長さでしかないと言えるワケです。
 
 この辺をどう考えるかでしょうね。
 いくらなんでも1年は短すぎます。
 そもそも1年では中長期的な政策はもちろん、計画する立てられないでしょう。
 しかしでは3年では本当に十分なのかどうかを考えたら、やえはちょっとまだ疑問がつきます。
 もし安倍総理が来年の自民党総裁選で再任されれば最大9年であり、確かに9年って長いとは感じます、歴代総理を比較しても9年は戦後で見れば前人未踏の最長とはなってしまいます。
 でもそれでも、アメリカ大統領よりは1年長い程度で、フランス大統領よりは1年短いっていう期間を、果たして「前人未踏の最長」なんて呼べてしまう環境が正しいかどうかというのは、よくよく考えなければならないのではないのでしょうか。
 
 わりとこれは国民のマインドの問題です。
 まずは3年をどう考えるか、では次は5年ではどうか、8年ではどうか、こんな感じで考えもらいたいです。
 もし素晴らしい政策を実行しているのに、単に“長いから飽きた”という理由だけで総理大臣がマスコミに叩かれて国民からも引きずり下ろされるようでは、それは国益を損なう行為に他ならないでしょう。
 果たして安倍総理はどういう理由でいまこのような状況になっているのか、本当に飽きたという理由だけではないのか、この辺はシッカリと考えるべきなのではないかと思うのです。
 

豊洲に移転して5年後に築地に戻る?


 未だにこれちょっとよく意味が分からないのですが、東京都の市場について小池知事が打ち出した、豊洲に移転して5年後に築地に戻る、もしくは両方を使うという案、いったい何なのでしょうか?
 ちょっと考えただけでも問題点はたくさんあります。
 
・豊洲を建設し、さらに築地ももう一度建設するのだから、どう考えても一番お金がかかる最悪手にしか思えない。
・両方使う場合、しかし豊洲と築地は物理的にかなり距離があり、無駄な輸送コストなどがかかるコトが安易に想定される。
・豊洲の水が汚染されていると大騒ぎしていたコトに対する責任は?(そもそもこれがあるから豊洲移転を大幅に遅らせた大原因となっていたハズ)
・上記に関連して築地は豊洲以上の水が汚いコトが判明しているのに、なぜこちらはそこまで問題にせず、あっさりと5年後に再開発することができるのか。

 
 もっと深く考察したらもっともっと出てきそうなつっこみどころですが、何が問題って、これだけでも巨額のお金が無駄になっているというコトと、そして絶対にお金では買えない時間が相当に無駄になっているのに、それを引き起こした張本人である小池知事の責任論には一切なっていないというのが一番の問題なのではないのでしょうか。
 以前にも指摘したコトがありますが、ここまでくればそれもハッキリしていると言えるでしょう、結局この市場問題・豊洲移転問題を小池知事は、自分の人気取りのために利用したとしか言うしかありません。
 自分が知事になって今までとは違うコトをし、前代までの知事の方針に異議を唱えるコトで、自分は改革派だと印象づけて、自分の支持に繋げるという手法です。
 もっと言えば、「外の敵を作って吊すコトによって、相対的に自分の立場を上げる」という手法です。
 
 でもこれって“民主党政権”なんですよね。
 
 なぜなら、中身が伴っていないからです。
 結果を見れば明らかじゃないですか、結局大騒ぎしていた豊洲の土壌や水の汚染とやらも、こちらの記事にありますように、『有識者による専門家会議が「地上部は安全」』だったワケなのですから、騒ぐだけ無意味だったと言うしかありません。
 ではあの時、ずらずらとマスコミを引き連れて地下道に行ってコップに水を汲んでいたパフォーマンスは、いったいぜんたいなんだったのでしょうか。
 というコトはですよ、やっぱり「当初の計画通りに豊洲に移転」がベストの選択肢だったと言うしかないのです。
 しかもこれは、結果論なのではなく、数年前から、それこそ石原都知事時代からキッチリと立ててた計画だったのですからね。
 それを自分の功名心のためだけにひっくり返してごちゃまぜにしたのは小池知事なのです。
 
 自ら騒いで自ら敵を作って、それで自分の足場を固める。
 こういう手法にもう日本人は騙されてはいけないハズです。
 それともこの「5年後に築地に戻る」という案が、やえには想像もし得ないすごい効果があるというのでしたら、ぜひともどなたか教えてもらいたいと思います。
 

ホーム > 政治 > 国民の責任

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top