Home > 政治 > 地方政治

地方政治 Archive

劇場型政治の危うさ


 予定を変えて、ちょっと例の築地移転問題について一言言っておこうと思います。
 
 多少過激な言い方になりますが、小池知事は自らの立場を固めるために築地市場移転問題を生け贄にしたのではないかと言わざるを得ません。
 この問題、決して「コンクリートの空洞」そのものが問題ではないハズなんですね。
 この移転問題で一番重要なのは「安全かどうか」です。
 まずここを確認したいです。
 
 勘違いしないでもらいたいので言っておきますが、決してやえは、コンクリート空洞がいいと言いたいワケではありません。
 むしろ、コンクリート空洞の善し悪しなんかを議論している時点で、本来の議論から遠ざかっているんですね。
 今回やえが問題にしたいのは、議論の持っていき方です。
 小池知事、まずコンクリート空洞を絶対悪だと決めつけた上で、それに関わった人を断罪するコトで自らを正義の位置に固定するような手法を採ってしまってはいないでしょうか。
 自分以前の人は間違っていて、自分はそれを正す正義の味方だと位置づけるワケです。
 まぁ古今東西、政権や王朝が代わるたびに採られてきた手法ではありますが、こういう一方的な断罪の手法を用いてしまっているのではないかと、大変に危惧するのです。
 
 例えば、なにやら石原元知事が記者会見で空洞方式について言及したからというコトでテレビなどに吊し上げにされていましたが、これ、おかしいですよね。
 さも石原元知事が記者会見で言及したから空洞が決まったかのような伝え方をしていましたけど、実際その会見を見れば、単に空洞は可能性のひとつとして一例を挙げていただけっていうのはすぐ分かります。
 だいたい記者会見ですよ?
 そこは都政の政策決定をする場でないコトは明らかであり、そして決定を伝える会見でもなかったワケですから、どういう方式にするかの決定は後日正式な都の中の会議で決まるっていうのは言うまでもありません。
 つまりこれだけで「可能性のひとつとして提示してみただけ」っていうのが簡単に分かるワケです。
 まさか、可能性を言うだけで批判されるっていうのは、あまりにも非自由主義過ぎますよね。
 むしろ為政者としては、あらゆる可能性を検討するコトの方が重要であり、そういう意味ではむしろ石原元知事のこの見解は褒められこそ、批判されるコトではありません。
 むしろ批判する方が間違っていると言うべきです。
 
 でもマスコミは石原元知事は吊し上げられました。
 空洞方式を口にするだけで悪かのような雰囲気のもと、検討するコトさえ許さないという前提でのつるし上げです。
 これって絶対違うと思うんですね。
 一番重要なのは、「盛り土=正義・空洞=悪」の方程式に当てはめるコトでは決してないワケで、どの方法が最も安全かを確認するコトです。
 更に言えば、もしかしたら、石原知事時代に様々な検討された結果として空洞形式が最も安全だというコトで決定が成されたのかもしれません。
 よって今やるべきは、そういう検査などの資料を精査するコトであり、またいまの段階での安全性を冷静に考えるコトです。
 少なくとも、今のまだ精査が終わっていない段階で空洞は絶対悪だとしてそれに関わった人間を次々に断罪する行為に害はあっても得も意味もあるとは思えません。
 意味があるとすれば、小池知事の足下が堅くなるコトぐらいでしょうか。
 
 繰り返しますが、いまこの段階でコンクリート空洞が正しいかどうかなんてコトを判断する材料も知識もやえは持ち合わせていませんので、その是非を問うているワケではありません。
 問題なのは議論の進め方です。
 どうも小池知事ははじめから築地市場移転問題を都政第一歩の目玉としてやり玉に挙げようとしていたきらいがあり、その上でちょこっと調べてみたら空洞が見つかり、それ見たコトかと精査もせずに一気に悪玉に祭り上げてしまったのではないのでしょうか。
 これはやっぱり間違っていたと言わざるを得ません。
 本来であれば空洞が見つかったのであればまずはその経緯を精査をすべきだったのです。
 だって少なくとも小池知事にとってはある程度時間を掛けて精査しなければ、これまでの経緯なんて分からないハズなんですからね、これまで都議会議員でも都の職員でもなく、初めて都政に参画するコトになったのですから。
 だったらもっとマスコミにオープンにする前にすべきコトがあったハズでしょうと。
 最低限、現状の安全に関する調査、各数値は計った上で、その結果が危険だったのであれば、その時に「このように危険だ」と公表すべきだったと思うのですが、実際のところは逆でしたよね。
 それなのに実際に行ったコトは、「空洞が見つかりました。とんでもないコトですね。前までの知事は何してたんでしょうかね」であり、水質調査などもわざわざマスコミを引き連れて行っていましたよね。
 やっぱりこれ、色々と順番が違いすぎる気がしてなりません。
 しかも安全基準適合無いという結果でしたし。
 
 これらの結果、もはやマスコミは問答無用でコンクリート空洞=悪になっていて、それに関わる人間を断罪するコトで視聴率を稼ぐ思考になってしまっています。
 しかしこれは正しい政治の行いなのかどうかは、大変に疑問が残ります。
 もし今後の調査の結果、いまの方式の方がより安全だと判明する可能性だってあるワケですし、しかしそうであったとしても、おそらく小池知事は今さら方針転換できないでしょうし、仮にしたとしたら今度は石原元知事に対してはかなり悪質な名誉毀損をしたコトになります。
 手間もお金も様々面でも損失ですよね。
 また、そもそもとして現段階でコンクリート空洞が悪だと確定しているワケではないのに、悪かのように言ってしまっているコト自体が間違いなんですよね。
 また仮にコンクリート空間が盛り土よりも危険度が高いというコトが判明したとしても、それは当たり前ですが確定した時に方針の撤回や処分を行うべきです。
 仮定の状態で他人を断罪していい理由なんてありはしません。
 そしてそれが現代日本で行われる正しい政治であるハズがないのです。
 
 いまこの問題については冷静になれない人が多い気がしてなりませんが、本当にここのところを冷静になってよくよく考えてもらいたいです。
 

こんなコトでは地方分権は達成できない-沖縄米軍基地移転問題-


 やえも何度もここで批判しているところですが、地方分権っていまなぜか無条件で正義みたいになっちゃってるじゃないですか。
 どういう形にするかっていう部分については色々な意見が出されて、時に議論になる時もありますが、しかしその前の前提の段階での「果たして本当に地方分権は必要なのか」という点についてが議論になるコトはありません。
 むしろ「地方分権に反対」と言うだけで批判を受けるような、例えばこんなコトを選挙で言えば当選なんてできないんじゃないかと思われるぐらいの、いまそんな空気に日本はなっています。
 
 でもこれっておかしいんですよね。
 今日はここが本題ではないので詳しくはまたにしますが、例えば道州制ひとつとっても、地方分権とは「その地方の特色にマッチしたきめ細かい行政サービスを提供するため」なのですから、つまり行政区分は小さい方がいいワケで、それなのに地方ブロックを一つの行政区分にするっていうのはむしろ逆だと言わざるを得ないんですね。
 やえにはそのブロックに何の意味があるのかさっぱり分からないワケで、まぁこのように現在の日本の地方分権に対する議論というのは、「地方分権」という結果だけが無条件無批判無議論のまま正義として先行し、本来本質であるハズの「何を達成すたるめに行うのか」という点がまったく抜け落ちていると批判せざるを得ないのです。
 
 さてそんな歪んだ地方分権論ですが、このニュースもまた大きな矛盾をはらんでいる問題だと首をかしげてしまいます。
 

 沖縄県が対抗措置へ=翁長氏「反対の民意出ている」-作業継続へ知事指示停止・政府
 
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、林芳正農林水産相は30日、翁長雄志知事が防衛省沖縄防衛局に対して出した移設作業停止指示を一時的に無効とすることを決めた。翁長知事は同日、農水相の決定を批判、移設阻止に向けて対抗措置の検討に入った。政府は今夏の本格着工を目指し、海底ボーリング調査などの作業を継続する方針で、政府と県の対立のさらなる激化は不可避な情勢だ。

 
 この記事の内容は主題ではなく、この沖縄県知事が主張する「民意が出てるから止めろ」という主張についてです。
 これ、地方分権という観点からは大変にデタラメな論だと言わざるを得ません。
 
 だって、地方分権という形のあり方というのは、地方ができるコトは全て地方がやり、国家全体に関わる問題だけを国が分担するというシステムであり、具体的には外交と国防については国が担当するっていうのが地方分権のあり方のハズです。
 おそらくいままでこの地方分権の総論に異論を唱えている人はいないですよね。
 むしろ最初に言いましたように、これが無条件に正義だという前提で日本の地方分権論は語られていると言っても過言ではないぐらいです。
 例えば全国知事会では、このような資料も公開しています。
 

2(地方公共団体及び国の事務の範囲等)
① 国が所掌する事務は、原則として、次に掲げる範囲のものに限定するものとする。

(1) 天皇及び皇室に関すること。
(2) 外交、防衛及び安全保障に関すること。
(3) 司法に関すること。
(4) 国政選挙に関すること。

 
 それなのに、これ、おかしいですよね。
 沖縄の米軍基地問題は、外交問題であり国防問題でもある、完全に国が担当すべき課題です。
 確かに基地があれば地元住民には他にはない負担があるとは思いますが、でもそもそもとして「なぜ沖縄なのか」という部分は、これは完全に地政学上の問題であり、安全保障の観点からの理由であって、よってこの基地問題というのはどこからどこまでも外交・国防・安全保障問題という国が担うべき問題でしかなく、地方分権の観点からもむしろ地方がどうこういう問題ではないのです。
 
 よってこの問題には「地元住民の民意」なんてモノが入り込む余地はありません。
 
 やえがおかしいと思うのは、普段地方分権地方分権という人に限って、なぜかこの問題についてはその観点から語ろうとしていないという点です。
 地方分権の観点からは、むしろ地方分権を強く主張する人ほど、基地問題では「沖縄県は黙っていろ」と言わなければならないハズなのです。
 でもマスコミを始めとして、こういう主張をやえは見たコトも聞いたコトもありません。
 これ、矛盾しているんですよね。
 
 こういうところを見ても、やっぱり地方分権というのはただの方便に成り下がっていると思わざるを得ないのです。
 都合のいい時だけに絶対正義の盾とするために地方分権という言葉を利用しているだけだと、そう言わざるを得ないのです。
 でも実際こんなコトをしていては、本当の地方分権なんて達成できるワケないですよね。
 

「選挙」と言えば何でも国政与野党対決構図に持ってくる愚かな図


 今日はこちらの記事です。
 

 自民が知事選「4連敗」も?! 長野で異例の“不戦敗”
 
 8月10日の長野県知事選投開票まであと1週間。戦況は「無風」ゆえに、中央の政界ではほとんど話題に上らない上、メディアも“素通り”を決め込んでいる。しかし「無風」であっさり片付けるわけにはいかない。平成10年4月の民主党誕生以来初めて、都道府県知事選で自民党が自前候補を立てず、民主党の色がしっかりついた「敵」の現職候補に抱くつくという、事実上の“不戦敗”を決め込んだからだ。
 
 (中略)
 
 むろん今回の知事選で自民党は当初、事実上の「民主党知事」である阿部氏への対抗馬を擁立する方向で動いていた。しかし結局、各種世論調査で時に「80%超」とされる県民の高支持率を維持している阿部氏と手を組むしかないとの判断に傾き、春先には独自候補擁立断念の白旗を掲げざるを得なくなった。
 そして自民党は善後策として阿部氏の推薦を決めた。いわば「昨日の敵」についたのである。うがった見方をすれば、主戦論を貫き通せば敗北は不可避であり、目に見える「1敗」を覆い隠すために弥縫(びほう)策として今回の戦略をとったといえなくもない。

 
 いろいろ長ったらしい文章をこの記事では書いていますが、要は前回の選挙の際には民主党の推薦で通った候補だったけど、実際知事としての手腕は抜群であり、県内の支持率が80%を超えているので、自民党も対立候補を出さずに現職知事にを推薦するコトを決めた、というお話です。
 この記事、長々と自民党の国政の方の党本部の事情ばかりズラズラと書き綴っていますが、しかしよくよくこの現場のコトを考えれば、自民党の対応も、こんなの当たり前なんですよね。
 だって、現職知事が素晴らしいと県民が支持するのであれば、つまりその知事が県のためにもっとも相応しいと判断されれば、その人に今一度知事を任せようと判断するのは当たり前じゃないですか。
 もちろん選挙ですから立候補者を立てるっていうのも自由です。
 しかし立候補者を立てないのも自由であって、県知事選挙なんですからその県知事がそこまで県民に支持されているのでしたら、自民党だ民主党だっていう「ガワ」にこだわる方が間違いなのではないのでしょうか?
 そして自民党は実際そういう判断に至ったのではないのでしょうか。
 
 この産経新聞の記事が間違っているところは、政党のために政治があるかのように構図を決めて付けている点です。
 まず政党があって対立があるから、選挙では必ず対立候補を出さなければならないという前提でなければこんな記事は書けません。
 しかし現実は違いますよ。
 特に地方政治は国政と違ってその政治体系すら違う、国政は議院内閣制ですが、地方は疑似大統領制という点もあって、国政の事情をそのまま地方選挙に当てはめるのは全くの間違いです。
 それなのに地方選挙の結果で国政を計ろうとする、これは産経に限らず全てのメディアは、あまりにも正しく政治を見るコトができていないとしか言いようが無いワケです。
 
 さらに間違っている点は、政治は政党ではなく人である、という点です。
 国政は政党政治ですからそれなりに政党の政策やカラーも重要視されるところではありますが、それでも最後は人ですよ。
 だってそんなの、総理大臣が替わればけっこう政策も変わってくるところを考えれば、簡単に理解できるコトでしょう。
 あの民主党政権だって、鳩山・菅は全然ダメだったけど野田はまだマシだった、という人も結構いますが、しかしこの間は選挙があったワケでもないワケで、つまりマニフェストが変わってワケでもないのですから、結局は人が変わったコトによってそれなりに政治が変わったコトを物語っているワケです。
 特にですよ、県知事というのは疑似大統領ですから、一人に与えられる権限は総理大臣よりももっと大きいのです。
 そういう事情を考えれば、いくら民主党推薦で通った人であったとしても、空前だったとしても必然だったとしてもその人がシッカリしている人であれば、県民にとっては民主党だ自民党だってこだわる必要は一切無く、その人本位で知事としての評価を下すのが、その方がむしろ普通だと言えるでしょう。
 繰り返しますが、議院内閣制における議員と、疑似大統領制における知事とは、求められる政治手腕はかなり違う部分にあるのですからね。
 
 やえは長野県にゆかりがあるワケでもありませんし、この知事さんは全く知らない人ですから、やえの中の知事としての評価を下すコトはできません。
 しかし有権者である長野県民がそういう判断を下すのであれば、それは県民にとっては良い知事なのでしょう。
 そしてその声に従って現職知事を自民党が推薦するのであれば、それはそれでいいんじゃないのでしょうか。
 むしろ80%という数字を見れば普通のコトだと思います。
 自民党が「自主投票」ではなく「推薦」まで出すのですから、おそらく自民党としての政策からもそこまで遠く離れた知事なのではないのでしょうしね。
 
 一番のデタラメは、これをもって国政と安直に結びつけて、勝った負けたで大喜びしているマスコミです。
 滑稽にも程があるでしょう。
 

ホーム > 政治 > 地方政治

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top