Home > 政治 > 安倍内閣

安倍内閣 Archive

それでもまだ踊らされるのか


 こうなるとやっぱり冷静に考えられないのかなって思っちゃうんですが、前回の更新でやえが言っているコトは単純に「罰は罪とのバランスで考えるべき」であり、そのために「罪の内容を精査して冷静に判断すべき」というコトだけなんですね。
 ここに与党も野党も安倍総理も麻生財務大臣もありません。
 罰を与えるなら罪に見合う内容でなければならないワケであり、これは法治国家であれば当然のお話ですよね。
 ネットが生活の一部になってそれなりの年月が経ちましたが、世の中の雰囲気やマスコミが流す報道に踊らされてしまい、当たり前のコトを当たり前と捉えられない人、冷静にものごとを判断できなくなってしまう人が未だ多いと言わざるを得ない状況は、ちょっと改めて色々と考えちゃうところです。
 
 例えば国会質疑ですら、籠池容疑者が安倍昭恵さんの名前を出したというコトだけをもって、「名前が出た以上は無関係ではない」と質問していた野党議員がいました。
 これは法治国家としてはゆゆしき問題ですよ、むしろ。
 国会議員がこんな発言を、しかも国権の最高機関である国会の正式な公式な委員会の場でこんな発言をしてスルーされてしまっているコトが、本来大問題のハズです。
 もし詐欺師が勝手に自分の名前を出して商売していたとして、「お名前は名前を出されたんだから無関係じゃない。責任とれ」なんて言われて、それが通用してしまう国っていうのは、やえはそれを法治国家とは呼びたくはありません。
 少なくとも日本はそうでない国のハズですが、つまり本題に戻りますと、この程度の内容・根拠でもって罰を与えてしまうというのは、絶対にやってはならないコトです。
 罪と罰のバランスのお話からも、そもそもの法治国家としてのあり方からしても、あり得ないコトなワケです。
 
 ですから、麻生財務大臣や安倍総理に罰を与えるべき罪が具体的に指摘されるのであれば、罰を与えるべきでしょう。
 罪が大きければ辞任などあってしかるべきだと思います。
 しかしやえは、少なくとも前回の更新では、まずは罪が具体的にどういうモノなのかというコトを冷静に考えなければ罰など与えられるハズもありませんと言っているに過ぎません。
 いま国民は冷静さを欠いています。
 「罰を与えるには罪を精査しなければならない」と法治国家として当たり前のコトを言っただけで、安倍内閣を庇っているとかなんとか言われるコト自体が、いま全体の雰囲気があまりにも冷静さを欠いていると言わざるを得ません。
 正直やえは安倍的政治よりは宏池会政治の方が日本にはあってると思っていて、宏池会特集も何度かしたぐらいで、別に安倍総理を何が何でも庇わなければ的な気持ちなんてこれっぽっちもないんですけど、まぁそれはまた別の機会にしまして、でも好きでも嫌いでも、冷静でない感情だけで他人を罰するなんて、思想以前の問題として許してはならないコトのハズなのであり、ここをキチンと考えてもらいたいのです。
 
 そして結局これはマスコミが作る出す雰囲気に踊らされていると言わざるを得ないんですね。
 いつまでこんな馬鹿馬鹿しい構図を続けるのでしょうか。
 こんなコトをやっても、結局は国民の手で政治の質を落としているコトになりません。
 どんな問題でも、キチンと中身を見て論拠で語ってほしいなと思います。
 

憲法改正安倍私案について


 先日、自民党の安倍総裁が読売新聞で憲法改正に関する考えを発表しました。
 一応これは総理大臣としてでもないというコトですし、また自民党としても正式な党内手続きを経て決定されたモノではなさそうなので、いまのところ「安倍私案」と呼ばせて頂きます。
 特に大きな話題になったのは9条の部分ですね。
 現行の9条第一項・第二項をそのまま残したまま、さらに自衛隊の存在について9条内に追記するという形をとるという、そういう発案です。
 これについて、簡単にはなりますが、やえの感想を述べておこうと思います。
 
 率直な感想を言えば、これに反対する日本人なんているんですかね?という感じです。
 まぁ自衛隊の存在すら反対しかねない共産党のような人達もいますし、その考え方そのものは存在を尊重しなければなりませらんから、反対なんてあり得ないとは言いませんが、それでもいまさら自衛隊の存在を否定するというのは、あまりにも現実が見えていないと言わざるを得ないでしょう。
 9条の一項や二項については、確かに様々な意見があり、ある意味最も日本にとってセンシティブな、下手をすると真面目に国を二分してしまいかねない難しい問題です。
 ですから、それをひとまずそのままにしておき、しかし9条に自衛隊を明記して、自衛権についてはハッキリと憲法の中で存在を明らかにしておくというのは、様々な意味で有効的な手段ではないでしょうか。
 安倍さん、上手い手を考えついたモノです。
 
 もちろんそれ以外の部分で異論があるというのも、それはそれでそれぞれの事情があるんでしょうし、あってしかるべきだとは思います。
 例えば自民党内で言えば、最初にも言いましたように、この安倍私案は自民党の組織内手続きで正式に通ったモノではありませんし、まして自民党には野党時代に組織として正式決定した改正草案がありますから、それを無視するような形をとってしまった安倍総裁に対して異論を言うというのは、組織人としては間違ってはいないと思います。
 また、行政府が立法府を権限を侵したなどと言っている人はさすがに飛躍しすぎてイチャモンレベルだとは思いますが、手続き論はそれはそれで大切なモノですから、手続き論について自論を述べておられる人も、それはそれで間違ってはいないでしょう。
 それぞれの立場において、その立場での発言は、尊重されるべきです。
 これらの議論は憲法の中身の議論ではありませんが、これはこれで必要な議論でしょう。
 
 もしかすれば、一項や二項を残すコトに不満を口にする人もいるかと思います。
 しかしそれは、やはり現実をキチンと見てからにすべきじゃないかと思うんですね。
 結局そういう人って0か1かでしか物事を見れない人でしかなく、しかし現実というのは1回で全てが達成されるコトなんてあり得ないワケで、成果というモノはなにごともコツコツと積み重ねていった上での結果でしかないワケです。
 憲法改正がいかに難しい問題かは、ちょっと考えれば分かるコトのハズです。
 やえだって9条は、他国並みに戦争ができる形にすべきだと思っています。
 しかしだからといって、今回の安倍私案に反対するというのは筋が違うでしょう。
 まず「9条を改正した」という事実と、その積み重ねが重要なのです。
 そういう意味で、この「反対しにくい改正案」は、安倍さんのかなりの妙手だと評価できるんだと思っています。
 
 これから色々な議論が起きるでしょう。
 しかしこれは安倍さんもおっしゃっているように、議論はどんどんすべきです。
 そしていずれ来たるべき日に、もっとまともな、世界に誇るコトのできる憲法に直さなければなりません。
 まずはこれがその第一歩になればいいなと思います。
 

第三次安倍第二次改造内閣発足


 報道されていますように、第三次安倍第二次改造内閣が発足しました。
 今日はこちらの内閣改造について、ちょっとした解説を入れておこうと思います。
 
 まず内閣の名前について説明しておきましょう。
 現在は第三次内閣ですが、これは第一次安倍内閣は小泉内閣の後の内閣を指しますので、自民党が野党から復帰した時に発足した内閣が第二次安倍内閣と呼称します。
 その後、衆議院選挙があったので第三次安倍内閣となり、さらに一度改造を行い第三次安倍改造内閣となって昨日まで来ていたところ、本日さらに改造が行われたので「第三次安倍第二次改造内閣」となったんですね。
 ですから例えばこのまま衆議院選挙がないままもう一度改造を行うと「第三次安倍第三次改造内閣」と呼ばれるコトになります。
 まぁちょっとした豆知識です(笑)
 
 さて新内閣の陣容を見てみましょう。
 
 色々言われましたが、結局のところ主要閣僚というか、行政の要の部分はほぼ留任という形になりました。
 すなわち、麻生副総理兼財務大臣、菅内閣官房長官、そして岸田外務大臣ですね。
 岸田外務大臣については自民党幹事長という見方もあり、フジテレビが大誤報もしたようですが、結局ロシア問題などの継続の任に当たるため、岸田さんが留任となりました。
 
 また重要閣僚としては、稲田朋美さんが新たに防衛大臣に就任されました。
 稲田大臣、衆議院議員としては4期と期数はそんなに多くはないのですが、第二次安倍内閣発足時から安倍総理に重用され続け、ついに防衛大臣です。
 稲田大臣と言えば保守派の姫として有名ですが、防衛大臣という立場で靖国神社に参拝するのか、諸外国の反応はどうなのか、色々と気になるところです。
 
 今回での初入閣は8人です。
 スライドも含めると新たな大臣は12人ですから、本来ならなかなかの大規模改造とは言えるのですが、やはり中核は変わらないのと、稲田さんや世耕さんをはじめ、元々政権中枢にいた人のスライドもあり、あまりガラッと変わったという感じは受けないですね。
 新内閣の一番の目玉はやはり稲田防衛大臣ですが、五輪担当大臣にスライドした丸川前環境大臣が、多少の注目点かなとは思っています。
 つまり安倍総理からの小池新都知事へのメッセージではないかと。
 丸川さんは選挙区が東京で、つまり都連所属の女性議員としてもマスコミ人としても小池さんの後輩に当たるワケですから、五輪開催に向けて政府と東京都の連携を図るという意味のメッセージではないでしょうか。
 
 ところで、内閣の方はまぁ無難な感じですが、自民党の役員はビックリしました。
 正直やえは幹事長は岸田さんだと思ってたんですけど、まさかの二階さんとなりました。
 報道などによると、官邸としては谷垣さん続投を強く望んでいたようですが、おそらく谷垣さん、かなり容態が良くないのでしょう。
 というワケで、総務会長を務めていた二階さんが幹事長にスライドとなりました。
 
 なぜ意外かと言えば、やはり二階さんは今時珍しい豪腕タイプの政治家ですから、幹事長という党内で強い権限を持つポストに就けたら、その豪腕ぶりが止められなくなるのではないかと危惧するからです。
 俗な言い方をすれば、安倍総裁にしても寝首をかかれかねないと思うんですね。
 もちろん安倍さんもそれは承知のコトなのでしょう、その上でしかし安倍総理に対しては常に従順な態度を見せ続けていてる二階さんを、むしろその豪腕でもって党内を制してもらおうという人事なんだと思われます。
 特に安倍さんとしては、自民党総裁の任期の延長という大野望がありますから、二階幹事長というのはその布石なのではないのでしょうか。
 それが成功するかどうか、これからの注目点です。
 
 最後に派閥単位で見てみましょう。
 閣僚だけで選出派閥を数えると、細田派4人・額賀派2人・岸田派2人・麻生派2人・二階派2人・石破派1人・石原派1人・山東派0人・谷垣グループ1人、無派閥3人・公明党1人(安倍総理を除く)となっています。
 しかしこれに自民党副総裁と四役を加えると、細田派5人・額賀派3人・二階派3人・山東派1人となる上に、新しい選挙対策委員長の古屋圭司さんは今でこそ無派閥ですが元々二階派で、今でも二階さんと強いつながりがあると言われていますから、今回の人事では二階さんの強い影響力が見て取れます。
 やはりここでも二階さんの豪腕ぶりが見て取れるワケです。
 
 また、意外なのが石破派から1人閣僚が出ているコトです。
 石破さん本人が閣僚を固持したコトで、石破派は完全非主流派になるのかと思われましたが、一人閣僚が出たコトで、安倍さんのギリギリのバランスを取ろうという意図が見て取れます。
 また、二階派が突出したせいか、岸田派と麻生派が多少割を食った感じになっています。
 麻生財務大臣・岸田外務大臣と最重要閣僚を占めているとは言え、第二次安倍内閣からの引き続きですから、やっぱりちょっと物足りないと言わざるを得ないでしょう。
 
 とりあえず、第三次安倍第二次改造内閣の陣容はこんな感じです。
 この内閣であとどれだけ続けるのか、そしてこの内閣で何をするのかが注目となります。
 例えば次の選挙という目線で考えても、解散自体がが安倍さんが憲法改正に手を付けるかどうかでかなり変わってきますから、安倍総裁のあと2年の任期の間でどうなるのか、予想が付きません。
 この内閣は「憲法改正」と「総裁任期延長」が、今後2年でのキーワードとなるでしょう。
 さてどうなるでしょうか。
 

ホーム > 政治 > 安倍内閣

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2018 年 12月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top