Home > 政治 > 自民党

自民党 Archive

比例選150議席のうち30議席かそれ以上を第2党以下に優先配分する???


 高等裁判所の判決もあったせいだとは思いますが、ここ数日、急に選挙制度についてのニュースが増えてきます。
 やえとしましても、この手のお話は気になるところですから、今後とも注視して反応していきたいと思います。
 また、昨日の更新にコメントを頂きましたが、そのお返事は来週させていただきます。
 今日はこちらのニュースです。
 

 衆院選改革、自民案「憲法違反の疑い」…岡田氏
 
 自民案には〈1〉比例選の地域ブロックを11から8に再編して死票を少なくする〈2〉比例選150議席のうち30議席かそれ以上を第2党以下に優先配分する――など、中小政党に配慮する仕組みも盛り込まれている。岡田氏は5日の協議で、優先配分は有権者の意思を正確に反映しないとの立場から「憲法違反の疑いがある」と指摘。「国民にわかりやすい制度にすべきだ」と述べ、賛同は難しいとの認識を示した。

 
 今日のニュースは一票の格差問題ではなく、単純に議員定数削減の問題です。
 問題は〈2〉です。
 「第2党以下に優先配分する」
 優先配分?
 いったいぜんたい何を言ってしまっているのでしょうか?
 
 選挙って基本的性質としてどういうモノかと言いますと、それは国民全体の意見を一定数の少数の人間(つまり代議員ですね)に集約するというコトです。
 理想と現実に齟齬が出るのはどの問題も仕方ない面があるワケですが、それでも理想に近づく努力は常に必要です。
 選挙の問題で言えば、国民の意見と一言で言ってもいろんな意見があるワケで、選挙とはその様々な意見の比率を出来るだけ変えない形で議員数に反映させるというのが理想なワケです。
 小選挙区制は1人の議員を選ぶという仕組みですから勝ち負けと極端に別れますが、比例については文字通り国民のそれぞれの意見を比例した形で議員数に割り振る制度ですから、制度としても、いかに意見の違い(支持政党の違い)をそのまま議員数に反映させるのかというコトを重点において制度設計をしなければなりません。
 例えば「自民党6割・民主党2割・維新2割」という国民の意見であれば、議席数100の場合でしたら「自民党60人・民主党20人・維新20人」という議員数の割り振りにするというコトですね。
 これはあくまで国民の意志だからです。
 
 しかし「第2党以下に優先配分する」は、この大前提を破壊してしまう考え方です。
 そしてなにより、国民の意志からも逸脱したシステムです。
 例えば「共産党は日本の政治の中においてこの程度の議席数で良い」と国民が判断してるからこそいつもだいたいあの程度の議席数なワケですが、しかしこの制度が成立してしまえば、なぜかシステム的にそれ以上の議席数を与えるのですから、国民の意思以上に共産党に議席が割り振られてしまいます。
 これは果たして誰の意思なんですかと問い直したくなります。
 むしろそれって民主主義なんですかと、そこまでの問い直しが必要になってしまうコトでしょう。
 いったいぜんたい、どういう理由で「第2党以下に優先配分」しなければならないのでしょうか。
 まずは第2党以下に優先しなければならない論拠を聞きたいです。
 
 小政党の配慮なんて必要ですか?
 そもそもその政党がなぜ小政党なのかと言えば、それは国民の意志によって小政党になっているのだけなのです。
 自民党も国民の意志によっては野党に転落しますし、社民党だって社会党時代は野党第一党だったのです。
 現在があるのは全て国民の意志によるモノなのです。
 決して天から与えられた議席数ではないのです。
 ここを勘違いしてはいけません。
 
 つまりそれを超えて「配慮する」というコトは、国民の意志を超えるという意味にしかなりません。
 小政党が仮に議席ゼロになっても、それは国民の意志なのです。
 それを制度で救おうなんて、あってはならないコトなのです。
 
 この部分に関しては岡田元副総理の言う通りです。
 自民党はもう一度この案についてよくよく考えてもらいたいところです。

批判は全て攻撃だと理解する病理


 この精神構造はもはや病気ですよ。
 自意識過剰と言いましょうか、被害妄想と言いましょうか、あれだけマスコミがかばっていたのにも関わらず、この精神構造が解けないのは、もはや病気としか言いようがありません。
 

 細野幹事長、レーダー照射問題で会見
 
 中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦などにレーダーを照射していたことについて、民主党の細野幹事長は「中国側がさらに事態をエスカレートさせたということであれば、それは由々しき事態だ」と述べました。
 一方で、民主党政権時代に外交姿勢が弱腰だと批判した自民党に対し、「危機管理に与野党の対立を持ち込んだ自民党のやり方は間違っていたと私は思う」と批判した上で、「我々は、危機管理においてそういうことはしない。政府与党にしっかり対応してもらいたい」と指摘しました。

 
 すみません、テレビ局の記事リンクはすぐに消えてしまいますので、まとめブログの方をリンクさせていただきました。
 で、ツッコミどころ満載の細野民主党幹事長の発言ですが、どこが一番ダメかと言いますと、政府への批判を「与野党の対立」と解釈しているのが一番の間違いなのです。
 おそらく自分達が今まで行ってきた「政府への批判」が、「無駄に対立を煽る党利党略での批判」だったと自覚があるからそう言ってしまっているのでしょう。
 自分がそうだから相手もそうに違いないという、そういう低脳な発想です。
 
 なぜ自民党が野党時代に民主党政府の外交防衛政策を批判していたかと言えば、その民主党政府の手法では国益を損なうと自民党が判断したからこそです。
 別に相手が民主党だからというワケではありません。
 批判の対象は民主党ではなく「手法」なのです。
 ここを勘違いしてはいけません。
 
 むしろ自由主義、民主主義においては、大切な問題、重要な問題ほど、多くの人の意見に耳を傾ける必要があります。
 危機管理もそうです。
 民主党はその危機管理においてそのような手法が正しいと判断した、でも自民党はその手法はおかしいと判断した、別の政党はさらに違うと判断した、このように大切な問題だからこそ意見の違いがでるワケです。
 その上で最終的に判断するのが政府の仕事であって、間違っても「批判するコトが間違い」とか「外野が意見を言うな」と言っては、民主主義の崩壊にしかなりません。
 結局民主党政府の失敗は、そういう外の声に対して自らの意志、つまり「これが正しい方針だ」という確固たる自信が持てずに、しかし他人の意見を受け入れるだけの度量もなく、ただただ迷うだけ迷って時間を無駄に浪費したところにあるのです。
 全ては民主党自身の意志が決定出来なかったところにあるのです。
 それを「他人が口を出したから」と言うのは、あまりにも無責任であり責任転嫁であり、なにより自らの無能さをさらけ出しているコトにしかなっていません。
 
 民主党政府に、与党として政府としてその方針が正しいと真に信じられるのであれば、野党に何を言われても自らの方針を貫けば良かったのです。
 それが出来なかったのは全て民主党自身の責任です。
 そこに他人の責任が入り込む余地はありません。
 だから再び野党に戻った民主党も、もし自民党安倍政権の方針に反対意見があれば、それを堂々と述べればいいのです。
 今回みたいに「対立を煽った自民党が全て悪い」なんていやらしく言い放つ必要なんてありません。
 今回の問題で言えば、ではどうするのが「民主党としてのベスト」だったのかというコトを、理屈立てて理論的に蕩々と語ればいいのです。
 もしくは「安倍政権のここの施策は○○という理由で間違っている」と批判すればいいのです。
 それも出来ずに、過去のネタミツラミだけを愚痴るだけとは、本当にどうかしているとしか思えません。
 結局「自分に自信が最後まで持てなかった」末路なのでしょう。
 
 全ては「自分達への批判は全て攻撃」と思ってしまう精神構造がなせる技です。
 こんな体たらくでいったいどういう考えで政権運営していたのでしょうか。
 自分達は常に悪の組織に付け狙われているとでも思っていたのでしょうか。
 もはや病気ですよね、それ。
 別に再建する必要もないとは思いますが、このような精神構造のままでは、いつまで経っても民主党は再建されるコトはないでしょう。
 というか、このまま消えて無くなるだけでしょうね。
 
 ただ日本のためには、民主党でなくてもいいので、キチンと建設的な意見を言える、真に国益になると自信を持って発言でき、その上で政府を「質せる」野党の出現を臨むところです。
 いまのところいませんが。

派閥を悪にして人気取りに使うのはもうやめよう


 やっと体調が戻りました。
 けど微熱が続いていたのでガッツリと体力が奪われちゃいました。
 インフルエンザとかじゃなかったので、それは不幸中の幸いだったんですけど、ともあれ皆様にご迷惑をお掛けしてしまいました。
 ごめんなさい。
 今日からまた通常運転していきますのでよろしくお願いします。
 
 右も左も逝ってよし!!
 バーチャルネット思想アイドルのやえです。
 おはろーございます。
 
 さて。
 体調不良によりちょっと古い話題になってしまいましたが、今日はこちらの記事です。
 

 「脱派閥」の石破氏、「無派閥連絡会」で派閥?
 
 自民党の石破幹事長の側近議員らが「無派閥連絡会」を結成し、31日から定期的に会合を開く。
 党内では、次期総裁選をにらんだ「事実上の『石破派』結成ではないか」と見る向きもある。石破氏は「脱派閥」を唱えているだけに、矛盾するかのような動きは波紋を呼びそうだ。
 「派閥に入っていない人は情報過疎になっている。ご飯を食べながら情報交換しようという趣旨だ」
 無派閥連絡会の呼びかけ人の一人で石破氏に近い鴨下一郎国会対策委員長は29日の記者会見で、同会結成の趣旨をこう説明し、新たな派閥の結成には当たらないとした。石破氏も同日の記者会見で「いろんな情報を共有するために会合をつくるのは、何ら妨げになるとは思っていない」と語った。

 
 何かと悪く言われる「派閥」ですが、その派閥を否定している石破幹事長の口からまず派閥のメリットが提示されているという、奇妙な記事です。
 「派閥に入っていない人は情報過疎になっている。ご飯を食べながら情報交換しようという趣旨だ」
 つまり、派閥は情報交換がスムーズに豊富に出来るというコトを脱派閥主義者の石破さんが認めているという記事ですよね。
 最近の世の中派閥を否定する人は多いですが、ここの事実はちゃんと理解しているのでしょうか。
 
 この前の自民党の総裁選挙の時に散々言いましたけど、もはや派閥の負の部分っていうのは自民党には残ってないんですね。
 というかやえとしては、派閥の負の部分も本当に負だと言うべきかどうかという点は大変に疑問なのですが、例えば派閥の領袖の鶴の一声で全てが決するようなコトとかは、前回の総裁選では全くなかったワケです。
 派閥が一枚岩でひとりの候補を推していたっていうのは、パッと思い出すだけでは麻生派だけだった気がします。
 もちろん派閥の領袖が出馬すれば派は一枚岩になるかもしれませんが、というかそれは当たり前のお話であって、つまりそうでなければもはや「鶴の一声」はなくなっているというコトです。
 また「カネとポスト」もよく言われるところですが、政治家になればお金が儲かるなんて思っている人はもはや政治の実情を知らない人でしかないワケですし、ポストもむしろ与党議員300人以上の個人個人の能力を総裁ひとりで全て把握しているという方が異常ですから、日頃から密に接している人が推薦するっていうのは、むしろ効率的と言った方が適切でしょう。
 また別の面から見ても、今回の第二次安倍内閣はなかなか安定感のある陣容ですが、結果的には派閥均衡型の陣容になっていますように、結局自民党の中で各議員さんが日頃から勉強して切磋琢磨しているのですから、安定感を出そうと思ったら結果的にそうなるのです。
 派閥を悪のように言う人は、派閥が悪いという結果でしか見ようとしませんが、でも仮に派閥の推薦があったかなかったかは内閣の能力に直結するワケではなく、今回の第二次安倍内閣のように派閥均衡型でも素晴らしい陣容で安定感のある仕事ぶりが続いているのは結果として出ているワケなのですから、内閣の能力を言うのに派閥の力を言う方がこじつけだと言うしかないでしょう。
 
 こういうメリットを積み重ねていけば、やはりある程度気の置ける人間を中心にしてある程度のグループを作る方が、政治活動する上において有用だというコトになるワケです。
 デメリットがもはや存在しない上に、そもそも派閥は入会するも脱会するも自由なのですから政治家が他者に縛られるワケでもなく、その上で情報交換や人間関係の構築や勉強会や政策提言がなされるのであれば、それは派閥が政治に果たすべき役割は小さくないと言えるでしょう。
 だから無派閥だと言う石破さんも、こういうグループを作るのです。
 石破さんにとっても、そこに集まる“無派閥議員”にとっても、グループ=派閥があるコトの方が政治活動において有用だと判断するからこその今回の集まりなワケです。
 これは自然なコトですよ。
 もし派閥が無用なモノであれば、そもそも既存の派閥もとっくになくなっています。
 何度も言いますが、派閥入会は任意ですからね、強制されるモノではないからです。
 その上でまだ派閥は存在する。
 つまりはそういうコトなのです。
 
 そもそも派閥は、今回の石破さんのような動きから生まれてきたモノです。
 例えば麻生派だって、まぁもとは河野派ではありますが、いまは麻生さんの個人を慕って集まっているという風潮が強いですよね。
 麻生さんに付いていけば、情報やその他のコトで政治活動でプラスになると思うからこそ集まっているのであり、それが派閥になったのです。
 そしてそれはいつか麻生さんが引退されると誰かに継承されるのでしょう。
 他の派閥もそうやって継承されてきたワケです。
 だからもしかしたら、“石破派”だって、それが派閥として機能し、いつか誰かに継承されるようになるのかもしれません。
 もちろんされないかもしれませんが、しかしこれは派閥の発生という観点からは今回の石破グループ発足はそのものなのですから、この時点で派閥を否定するコトは矛盾しているワケなのです。
 
 派閥を悪玉にして、それを攻撃するコトで人気を得る手法というのは、やえは感心しません。
 また同時に、こういう論調に何も考えずに悪玉論に乗っかるというのも感心しません。
 マスコミが煽るせいもあるワケですが、では本当に悪なのかどうか、政治にとって不要なモノなのかどうか、自分で考えて判断してもらいたいと思います。

ホーム > 政治 > 自民党

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2020 年 2月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top