Home > 政治 > 選挙制度

選挙制度 Archive

組織的犯行の可能性が出てきた不正選挙。しかしマスコミはだんまり。


 web拍手から情報を頂きました。
 ありがとーございまーす。
 

 高松の開票不正事件 職員「事務局長の指示」
 
 去年7月の参議院選挙比例代表の高松市での開票作業を巡る不正事件で、選挙後に隠蔽工作を行ったとして在宅で起訴された高松市選挙管理委員会の職員の1人が「当時の事務局長の指示でやった」と話していることが、代理人の弁護士への取材で分かりました。
 高松地方検察庁などによりますと、この職員は、ほかの高松市選挙管理員会の職員らとともに、参議院選挙翌月の去年8月、票がこん包された箱を選挙管理委員会の部屋で開け、集計されていなかった自民党の衛藤晟一参議院議員の票を無効票の中に混ぜたうえ、ことし1月、無効票が入った箱を開けて、何も記入されていない白票322枚に判別できない文字などを書き入れたとして、封印破棄の罪で在宅のまま起訴されました。
 代理人の弁護士によりますと、3人の職員のうち1人が、上司だった当時の選挙管理委員会の事務局長の山地 利文被告(59)から「開票当日に票が合わず、白票を水増したことなどを知らされ、発覚しないようにする隠蔽工作を指示された」と話しているということです。
 また、この職員は「隠蔽工作に加担していることは分かっていたが、それぞれの行為の意味はよく分からなかった。本当に申し訳ないことをした」と話しているということです。
 隠蔽工作に関わったとして在宅起訴されたほかの2人も、高松市に対して隠蔽工作をしたことを認めているということです。

 
 以前取り上げました、文字通り民主主義の根底を破壊する行為である選挙の票の操作という大事件のお話しです。
 さらに性質が悪いコトに、これが組織的犯行だった可能性が出てきました。
 記事にありますように、「当時の事務局長の指示でやった」というコトで、これが本当なら、現場責任者である選挙管理委員会の事務局長が職員に職務命令として不正を指示したというコトになります。
 これはもう完全に、組織が組織として不正を行った組織犯罪そのものだと言うしかありません。
 
 ここで選挙管理委員会という組織についておさらいしておきましょう。
 選挙管理委員会、略して「選管」なんて言うワケですが、これは総務省管轄の中央選管が1つと、それぞれの地方自治体に1つずつ存在しています。
 今回事件を犯した選管は「高松市選挙管理委員会」ですから、高松市が所轄する地方の選挙管理委員会というコトになります。
 
 では「事務局長」とは何かというところを見てみましょう。
 各選管は、委員会というぐらいですから、それぞれ数名の「選挙管理委員」という人達が存在します。
 選管の委員と委員長は、市の職員とかではなく、有識者などから議会の承認を受けて選ばれるコトにないます。
 任期は4年と区切られています。
 よってこれはイメージとしては、中央省庁の大臣とかをイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。
 つまりですね、選挙管理委員会も、任期に関わらず役人としてずっと事務作業を担当する「事務方」と、任期付きの司令塔となる委員会(大臣)との、二重構造になっているのです。
 その上で「事務局長」とは何かと言えば、そうですね、これは「事務方のトップ」なワケです。
 中央省庁で言えば「事務次官」ですね。
 
 今回の事件は、つまり事務方のトップが部下に不正の指示をした犯罪です。
 これは一大事件ですよ。
 やもすれば末端の職員が自分勝手に票を捜査したかのようにこの事件を捉えている人もいるかもしれませんが、これはそんな生やさしい事件ではないのです。
 事務方のトップという、部下にとってはこれからもずっと上司であり続ける人からの「業務命令」であり、その不正の根は大変に深いと言わざるを得ません。
 その証拠に不正を実際行った部下も、「隠蔽工作に加担していることは分かっていたが」と言っていますように、犯罪を犯している意識はあったけどそれに結い諾々と従っていたコトがうかがえます。
 完全に「組織的犯行」です。
 この職員、その後に「それぞれの行為の意味はよく分からなかった」と言ってますが、選挙事務のプロである選管の事務方が分からなかったワケがないので、さすがにここは言い逃れかと想像されますけど、とにかく少なくともこの高松市選管は不正選挙を監視する組織なのではなく、不正だと分かっていても不正を組織として実行する存在だと言うしか無いのです。
 これはとんでもない大犯罪ですよ。
 
 この問題、政治家本人から口を出すのは憚れる問題です。
 被害者の衛藤議員はともかくとしましても、他の国会議員が「選管改革だ」とは言いづらいです。
 なぜなら、選挙を受ける身の政治家が選挙を司る選管に手を入れるというコトは、それだけで選挙の公平性の疑義を産んでしまいかねないからです。
 ですから本来そこは国民がキチンと正しい目で見て、その改革は不正を改善させるためだと理解すればいいのですが、その最も先陣を切るべきがマスコミなんですよね。
 「権力の監視者」であるマスコミこそが本来はキチンと動くべき案件なんですよ。
 それなのに、なんでしょうかこの体たらくは。
 悪いモノと悪いモノを比べても詮無いコトは重々承知の上で言いますが、地方議員が裏金を作るコトなんかよりも、選挙の票を捜査する方が国家にとっては大重罪だと思いますよ。
 もちろんどっちも罰せられるコトですが、マスコミとしての取扱いはどうすべきなのかという部分については、現状は大変に疑問に思わざるを得ません。
 本当にもう日本のマスコミは、脱ジャーナリスト宣言をした方がいいのではないのでしょうか。
 
 この「民主主義を破壊する大犯罪」を目前して、しかしくだらないワイドショー的な内容のモノですら「ニュース」と称して公共の電波に垂れ流す。
 この事件って高松市選管を一度解体するほどのモノで、それぐらいの報道はなされるべきであるハズで、全国の選管を一度洗い直すぐらいのコトをさせるべき案件だと思うのですが、実態は、この事件すら知らない人も少なくないのが現状です。
 やっぱりマスコミは政治や選挙の公平性なんてどうでもいいのでしょうね。
 自分たちの都合の良い結果だけが欲しいのでしょう。
 もう何度も何度も言ってきたコトですが、日本の政治を悪くしている一番の原因はマスコミとしか言いようがありません。
 

デモや自殺をしたから言うコトを聞け、は全ての国民が等しく平等であるという民主主義を破壊する主張


 民主主義とは何か、と言うと、それは「全ての国民が政治に対して等しく平等に権利と責任を負っている制度」です。
 重要なのは「等しく平等」の部分です。
 なぜなら自分と他人の権利と責任に生まれながらに差があるのであれば、その権利が多い人間はすでに民ではなく、貴族などと呼ばれる特権階級となるのですから、それはもはや民主主義ではありませんよね。
 どんな生まれであったとしても、どんな仕事に就いていたとしても、所得がいくらだったとしても、日本国籍を持ち年齢が20歳を超えれば「自動的」に選挙権を得るからこそ、全ての国民は平等の権利と責任を持つという民主主義制度が担保されるワケです。
 そして「平等の権利と責任を持つ国民の中から平等に選ぶ」という選挙を経て、政治家という大きな権限を持つ人を選出する、すなわち、国民の中から国民の代表たる国民を選ぶのが選挙なんですね。
 国会議員は「全ての平等の権利と責任を持つ国民から選ばれた国民」という根幹があるからこそ大きな権限を持ち得るのです。
 民主主義国家において政治的権限を大きく持つためには、その根幹に必ず「全ての平等の権利と責任を持つ国民から選ばれた国民」がなければならないワケであり、その根幹がないのであれば、その人の権利と責任は「他の一般国民と等しく平等」の大きさであるのです。
 
 この大原則は多くの場面で言えるコトなのですが、今回特に言いたいのが、「こんなにもデモで人が集まった。これが民意だ」とか「自殺までしようとした人の声をなぜ無視するのか」と言ってしまう人に対してです。
 何を言っているのでしょうか?
 デモをしようが自殺をしようが、その人の権利と責任は、他の国民と全く等しく平等です。
 それなのになぜ、デモをした、自殺をしたっていうだけで、他人の権利を凌駕しなければならないかのような言い方をするのでしょうか。
 デモをすれば、自殺をすれば、「他人よりも大きな権限が持てる」と、どういう理屈で言っているのでしょうか。
 
 デモをしようが自殺をしようが、その人の権利は、デモも自殺もしていない人と全く同じですよ。
 平等ですよ。
 仮にデモで1万人が集まったとしましょう(実際は数百人ぐらいのようですが)。
 しかし1万人って衆議院の小選挙区では当選に箸にも棒にもかかりません。
 まして選挙には住居によって区分けされるワケで、こうして考えれば、いくらデモで人が集まろうが、自殺をしようが、それだけの理由で政治を動かして良い理由には一切ならないんですね。
 逆にもしそれで政治を動かしてしまえば、それはデモや自殺をしていない人の権利よりも、デモなどをした人の権利の方がより大きいというコトになってしまいますから、この時点で民主主義は破壊されたと言わざるを得なくなるワケです。
 それなのになぜ、デモや自殺という行為をするだけで、他人の権利を超えるかのような物言いをするのでしょうか。
 
 こういう人達は、政治家や政府に対して主張をしているつもりなのでしょうけど、しかしその実は、「他の国民より自分たちの権利の方が大きいんだ」というコトを宣言しているコトに他ならないのです。
 あまりにも傲慢ですね。
 やえは決してデモをしてはならないとは言いません。
 まぁ自殺もそうです、それは個人の勝手だと思ってますから、他人に迷惑をかけないのであれば、デモでも自殺でも個人の自由の範囲内ですればいいと思います。
 しかしそれはあくまで「個人の自由の範囲内」だけのお話です。
 決してそれらの行為が「他人の権利」を犯してよいモノにはなりません。
 ここを勘違いしないでほしいです。
 そもそもデモ自体が騒音や通路の封鎖などの他人に迷惑をかける行為ですから、正直やえ個人の意見であればデモは禁止すべきだと思っていますが、とりあえず日本の法的にはデモは合法行為ですからやってはならないとは言いません。
 言いませんが、それでもそれは絶対に「他人の権利を侵害出来るモノではない」というコトは、デモなどを行う人自身が強く自覚しておかなければならないコトのハズなのです。
 自分の行動に自覚を持ってもらいたいです。
 デモとは、行うだけで他人に著しく迷惑をかける行為であり、そしてその行為は決して他人の権利を侵害できるモノではなく、あくまでデモの参加者も他の一般国民も等しく同じ権利と責任を有しているという事実は決して忘れてはなりません。
 デモに参加している人も、デモに参加していない人も、どちらの権利が強いのかではなく、どちらも同じなのです。
 声を張り上げようが、首相官邸の前に集まろうが、それでその人達の権利が大きくなるワケでは決してないのです。
 
 自分の権利と他人の権利は平等です。
 それを超えようとするのであれば、それはもはや民主主義ではありません。
 デモなどで大声を張り上げている人は、ここのとても簡単な大原則を、キチンと理解して欲しいと思います。
 

民主主義の根底を覆す史上最悪の犯罪と、それを伝えない腐ったマスコミ


 ここ最近でこれは最も最悪の大犯罪です。
 

 元市選管事務局長ら、白票300票不正に増やす
 
 昨年7月の参院選の開票作業で比例選の白票約300票を不正に増やしたとして、高松地検は25日、当時の高松市選管事務局長兼選挙課長・山地利文容疑者(59)(現・市農業委員会事務局長)ら3人を公選法違反(投票増減)容疑で逮捕した。
 高松市内では、比例選で当選した自民党の衛藤晟一えとうせいいち・首相補佐官の得票が「0票」だったことから、支持者から疑問の声が上がっており、地検は関連を調べる。
 他の逮捕者は、得票計算係の責任者だった元税務部長・大嶋康民(60)(定年退職)と、同係主任だった消防局次長・山下光(56)両容疑者。
 発表では、3人は共謀し、投開票日の7月21日から22日にかけ、開票所だった高松市内の体育館で、すでに集計が終わっていた比例選の白票300票をパソコンの入力担当者に手渡して再集計させ、故意に白票を増やした疑い。
 開票時、投票数と開票結果が合わず、不足分を補うため水増ししたとみられる。

 
 何がどうなったのかちょっとわかりにくい記事ですので簡単に言いますと、実際に投票された自民党の票を、集計の段階で白票(無効票)とカウントするコトで、比較して自民党の票を減らしたという犯罪事件です。
 無効票は誰の得票にもならない死票ですからね。
 そして説明するまでもなく、これは民主主義国家において最大最悪の大犯罪です。
 
 ハッキリ言って、やえはこの自体は想定外でした。
 細かいコトになるのですが、選挙の票の集計の際には立候補者各陣営から立会人という人達が立ち会いをするので、票のごまかしはその場では出来ませんから、パソコンなどに入力する際も立会人が立ち会うのかと思っていたのんですよね、やえ。
 でも違うんですね。
 かくして犯罪は成立したワケです。
 当たり前ですが、今後二度と同じようなコトが起きないよう、これは選挙管理委員会などの職員の周知の徹底というだけでなく、不正が出来ないよう制度的に二重三重のチェックがされるように組み直すコトが必要不可欠です。
 犯罪を直接犯した重罪人には厳罰を処するのは当然としても、これを見過ごした関係各所にも猛省を促したいところです。
 
 またこわいところが、今回のこの件はまだ「ゼロ票」だったからこそ発覚したっていう点です。
 すなわち、もし票を減らすだけでゼロにはしなかった場合には、これは事件自体が発覚しなかったのではないかという点が、これまた民主主義の根底を覆す大事件であるというところなのです。
 つまりですね、今回は「ゼロ」と表示されたけど、でも実際に自民党立候補者に投票した人が存在するワケで、ここで不正の存在に気づくワケですが、しかし例えば200票のところを100票にした場合、果たして「少なくされた」コトに有権者が気づくでしょうか。
 これはかなり難しいですよね。
 小さな村とかでしたら、一人ひとり名乗り出れば検証出来ないコトもありませんが、もっと規模の大きな街、例えば2万票が1万票ぐらいにされたとすれば、こんなのはもう検証も出来ませんし、そもそも不正の存在自体に気づかないのではないでしょうか。
 今回は「ゼロ」だから気づいたんですね。
 つまりもしかしたら別の選挙において、同様の、しかし発覚すらできないような票の操作が行われていた可能性を否定するコトは出来ないワケです。
 もちろん実際そんな操作があったのであればとんでもないコトですし、またこういう選挙という絶対に厳正に行われなければならないモノにおいて、可能性が入り込む余地があるっていうコト自体も問題です。
 
 このニュース続報が聞かれませんので、都道府県の選挙管理委員会などがこれを受けてどう対応しているのか分からないのですが、これはここだけの特殊事例としてスルーするような件ではありません。
 本来なら、調べられる分だけ過去の選挙の全てを洗い直すぐらいはしてしかるべきの件ですよ。
 今後どう対応するのか、全ての選管は自分のコトとして考えてもらいたいです。
 
 そしてやっぱり腐っているのがマスコミですよね。
 最初にも言いましたようにこの事件は民主主義の根底を覆すような事件なのですから、新聞は一面に、テレビは連日連夜とまではいいませんが、少なくとも一地方議会の野次問題よりは大きく取り上げるべき事件のハズです。
 それなのになんでしょうか、このスルーっぷりは。
 正直、あの野次問題の(野次の内容の問題はともかくとしても)取り上げ方というモノにはかなり不自然なモノを感じるところですが、この件までスルーするというのは、やはり「自民党が不利になるような事件でないと取り上げない」「自民党が被害者の事件はスルーする」というのがマスコミの行動原理なのではないかとしか思えなくなってしまいます。
 状況証拠が揃いすぎなんですよね。
 民主党の過去の野次は一切スルーする姿勢もそうですし、今回の事件も、被害者が誰であったとしてもこれは大問題ですよ。
 不正選挙ですよ?
 もしこれのコトの重大さが分かっていないのであれば、もはやジャーナリズムなんで二度と名乗る資格はありませんし、意図的にスルーしているのであれば今すぐ廃業すべきでしょう。
 
 この事件は民主主義の根底を覆す史上最悪の犯罪です。
 マスコミはこういう不正を質すコトこそが存在理由であるワケで、それが出来ない腐ったマスコミなんて必要ないと言うしかありません。
 

ホーム > 政治 > 選挙制度

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top