Home > 歴史

歴史 Archive

ナチスのやるコトなすコト全て否定しなければならないと言うのは歴史という価値観を持つ人間という存在の否定 定


 ナチスのやるコトなすコト全て否定しなければならないと言ってしまうのは、歴史という価値観を持つ人間という存在の否定です。
 ナチスの良い部分があればそれに学び、ナチスの悪い部分があれぱそれを教訓にしてこそ、それが歴史としての価値となり、人間としての成長の糧になるのです。
 そしてそこに必要なのは、事実を事実として見つめる努力です。
 まず事実を事実として受け止めなければ、それを学ぶのか、それとも教訓とするのかは判断出来ませんからね。
 
 そういった場合、ナチスが関わったコトを全て悪とする風潮、むしろ「悪としなければならない」と考える風潮というのは、歴史そのものを否定する考え方としか言いようがありません。
 事実として見た時に、それが悪なら悪でいいんですよ。
 それを教訓として繰り返さないよう努力すればいいんですから。
 例えばホロコーストです。
 民族浄化を目的とした非戦闘員の暴力を用いての大量虐殺は、当時の価値観からも現代の価値観からも到底容認できる行為ではありません。
 ですから、こういう「事実」を目の当たりにした上で、これを教訓として二度と繰り返させないように努力するというコトは、人間の歴史という面において必要なコトだと思います。
 
 しかし、ホロコーストの件だけを持ってナチスの全てを否定するコトはできません。
 いやこれだと語弊があるかもしれません。
 ホロコーストの件を持って「ナチスという組織」を悪だと認定するコトは構いません。
 ホロコーストというのはそれだけの大きな罪だと言うしかありませんから、それを行ったナチスは悪の組織だったコトは否定できません。
 しかし、ナチスという組織は悪だとしても、ナチスが行った行為の全てを歴史的に振り返った時に全否定できるかどうかというのは別の問題です。
 当時のナチス・ドイツは、それでも国家としての運営に成功し、最後は負けはしましたが一時はヨーロッパを席巻し世界と対等に戦ったのですから、やるコトなすコト全てが悪の行為ばかりでは決してそうはいかないでしょう。
 例えば北朝鮮のような失敗国家とは比べられないぐらいの国力の増強には成功したのですから、いまでもその手法としての学ぶべき点というのはあろうかと思います。
 こういうところまで否定して、「ナチスに関わるコトの全てを否定しなければお前は悪だ」と言ってしまうのは、タブーを作り出すコトにしかならず、歴史の否定であり、人間の否定とすら言えてしまうワケです。
 
 特に「民主主義の制度からナチスが生まれた」という点については、その是非も含めて多いに議論すべきコトです。
 ここから目を逸らしてはなりません。
 民主主義的に、民主主義の国家を運営するのであれば独裁者は決してそ許してはなりませんが、そうであるなら、なぜドイツはそうなってしまったのかという点については多いに検証し議論しなければなりません。
 まして「国民の大半が独裁者を望んだ」という完全に矛盾を孕んでしまう場合にはどう考えるべきなのか、ここは本当に真剣に考えなければならないところでしょう。
 しかしいまの「ナチスタブー化の空気」においては、この議論すら、というか議論するコトすら否定しなければならないと言わんばかりです。
 口に出すコトすら悪だと言わんばかりです。
 これは本当に愚かしい行為です。
 
 歴史を知り事実を踏まえてその議論をするコトと、「ナチスという組織」の評価は、まったく別の概念であり問題です。
 しかしここを同一視する人が多すぎるのです。
 これは本当に愚かしいです。
 昔、朝鮮半島をタブー化し、批判は絶対に許さない、褒めちぎるコトしか許さないと、これは国民の側からそのような空気を作ってタブー化した結果、果たして日本はどうなってしまったのか、拉致問題はどうなってしまったのか、韓国に対するいわゆる歴史問題はどうなってしまったのか等、もっと国民は自分達のコトとして、“自分達が蒔いたタネとして”考えるべきです。
 議論のタブー化は、対象がなんであれ決して許してはなりません。
 それは必ず自らの不利益という形で返ってきてしまうコトでしょう。
 
 いま多くの人が間違えているのが、「ナチスという組織の評価」と「ナチスが行ってきた行為への評価」を混同してしまっているコトです。
 そしてその結果として、「ナチスに関わるコトは全て悪と“しなければならない”」となってしまい、歴史をも踏みにじる、人間をすら否定してしまう考え方になってしまっているのです。
 歴史は学んだり教訓するタメのモノではないですか。
 それためには、事実を見るコトすら否定してはなにもならないではないですか。
 いま大騒ぎしている人達には、自分達の視点がいかにズレているのか、よくよく考えてもらいたいところです。
 

事実と解釈は分けて考えろ


 従軍慰安婦の問題ですが、これほどテレビが醜悪な存在になる件はないですね。
 テレビに出るタレント達は、とにかく自分が叩かれないよう、自分が「綺麗な存在」であるよう無難なコメントを出すのに必死顔で必死です。
 そんなに自分は「正しいセックスしかしたコトがありません」ってテレビに向かって誇らしげに言いたいのでしょうか。
 本当に醜いです。
 名前も知らないような女タレントがこんなコトを言ってました。
 
 「女性を守るために女性風俗嬢を使えって、意味がわかりません。どっちも駄目じゃないですか。」
 
 意味がわからないのはアナタです。
 この問題に関して、ことさら事実の部分と解釈の部分をごちゃ混ぜにして語っている人が多くて困ります。
 多分自分でも気付いていないのでしょうけど、解釈の部分はあくまで自分の主張でしかなく、言い換えれば「主観」でしかなく、それは決して普遍的価値観ではないというコトに気付かなければなりません。
 主観は、他人に理由も論拠もなく押しつけていいモノではないのです。
 しかしこの件に関しては、なぜか主観を押しつける言説ばかりになっているので、議論がメチャクチャでデタラメになってしまっているのです。
 
 従軍慰安婦制度が日本だけに留まらず世界各国にあるっていうのは、これは事実です。
 主観ではありません。
 歴然とした、誰にも否定できない事実です。
 ここはどんなヒステリーおばさんでも素直に認めなければならないコトです。
 なぜなら事実だからです。
 こんな記事もあります。
 

 デービス氏はまた、アフガニスタンでのフィリピン人売春婦は “士気福祉レクリエーション”カテゴリの下にブラックウォーターの給与に置かれたと主張し、会社は売春婦の飛行機のチケットと政府への毎月の給料を請求したこと。

 
 つい最近のコトで、アメリカも堂々と政府や軍が直接慰安婦を雇うワケにはいかないので下請けに出しているのでしょうけど、でも結局はアメリカ軍として必要だったし活用したと文書も残っているワケです。
 よって「軍にとって慰安婦制度は必要」という点は何ら変わらないのですよね。
 特にまだ売春が公的にも非合法だとされていなかった時代においてならなおさら、その当時の政府や軍が公式に慰安婦制度を整備していたコトは事実であり、それは日本だけでなく世界各国で制度を持っていたというのは事実なワケです。
 これは誰にも否定できません。
 
 そして同時に、自分の身体を売ってお金を稼いでいた女がいるっていうコトも事実なワケです。
 ここをどうしても否定したがる人がいるのですが、ここについては解釈の問題ではなく、純粋たる事実なのですから、いくら喚き散らしてもダメです。
 そしてなにより、それは「自分の意志でその仕事に就いている」という点も、純然たる事実として認めなければなりません。
 もちろん人それぞれ様々な事情があるでしょう。
 本来その仕事に就きたくないけど、致し方なく今の仕事に就いたって人もたくさんいるでしょう。
 しかしそれはなにも風俗嬢だけに限ったお話ではありません。
 誰だってそうです。
 全ての人間が理想とする仕事に就いているワケは絶対にないワケで、むしろ本音を言えば「働きたくないけど生きていくために仕方なく働いている」っていう人の方が絶対多数なワケで、そういう様々な事情の中で、でも「最後は自分の意志でその仕事を選んだ」のですから、ここは「自分の意志で就いた」と言うしかありません。
 現在の風俗嬢だって、昔の従軍慰安婦だってそうです。
 暴力でもって監禁状態的に無理矢理仕事をさせられているのでしたらダメですが、結局最後は「自分の意志」でその仕事に就いている以上は、やめようと思えばいつでもやめられるけど今でも続けているっていう以上は、それは自分の自由意志でそういう仕事をしている人達なのです。
 ここに解釈が入る余地はありません。
 純然たる事実として認めなければならないのです。
 
 その上で、「それでもかわいそうな人達だ」と上から目線で一方的な同情をするっていうのでしたら、それはその人の自由ですが、ただしそれはあくまで「解釈」だというコトを忘れてはいけません。
 所詮「主観」です。
 それを他人に押しつけるコトはでません。
 普遍的価値ではないのです。
 
 ですから、全く自由意志を無視したレイプと、自由意志である慰安婦や風俗嬢との行為を同列に語ってはならないのです。
 
 いくら風俗嬢を可哀想な存在だと同情しても、それはあくまで主観でしかなく、事実とは一線を画するモノです。
 主観とは、場合によっては、ひとりよがりのわがままでしかない可能性だってあるのですからね。
 そして例えば自分の確固たる意志で性風俗で働いている人の中には決して他人に同情されたくないという人だっているかもしれないですし、主観で決めつけてしまえばそういう人にとってはそれこそ人間の尊厳の否定であり、冒涜以外何者でもないでしょう。
 無自覚なヒステリックなタレントの主観の押し付けこそが、他人を冒涜そのものなのです。
 
 まずこの問題を考える時は、何が事実で、何が主観なのかを考え、そこを切り分けて考える必要があります。
 そして事実は誰も否定できず、まず肯定するコトからはじめなければなりません。
 従軍慰安婦制度が各国軍に存在したコトは事実です。
 古今東西、体を売ってお金を得ている女がいるのも事実です。
 日本軍においては実力による強制で慰安婦を集めていたワケではないというのも事実です。
 この問題は、この事実を前提として議論をはじめなければならないのです。
 
 主観によって事実を否定するコトはできません。
 それはただのヒステリーだというコトを認識してほしいと思います。

「慰安婦は必要」がすべての女性に対する冒涜???


 日本共産党の志位委員長が以下のようなツイートを出しています。
 

 「慰安婦は必要」(橋下氏) 「軍隊に売春はつきもの」(石原氏)。すべての女性にたいする冒涜。全人類への冒涜。さらに戦場にかりたてられた日本国民への冒涜となることがわからぬか。この発言は、二人の共同代表がどんな人間観の持ち主なのかを、みずから明るみに出した。

 
 こういうのを「論拠の無い妄言」と言うのです。
 
 いつも言ってますように、意見というモノは論拠があって初めて意見とか主張とか呼べるモノになるのです。
 論拠なくして結果だけ叫ぶのは、ただの妄言です。
 妄言を自分だけが読める鍵付きの日記帳に書くのでしたら構いませんが、このような駄文以下の妄言は公の場に出していいモノではありません。
 「慰安婦は必要」というのが、どう「すべての女性にたいする冒涜」なのか分かりません。
 どういう理屈ですか?
 やえはどう冒涜されているのですか?
 女の身体を必要としている男の人がいて、身体を使ってでもお金が必要な女がいて、両者の思惑が一致したときに売春とか性風俗とかいう商売が成り立つワケで、いえ古今東西の全ての世界において成り立ってきたワケで、やえは決してお金で身体を売ろうとは思いませんが、しかしその存在を認めるコトがその商売に関係しない女までを冒涜するという主張の論拠になってしまうコトに、やえには全く因果関係が分かりません。
 まして「戦場にかりたてられた日本国民への冒涜」というのもますます意味不明です。
 
 戦場において女の身体を欲する人は確実に存在したワケで、その存在を否定する方が冒涜ですし、同時に身体を使ってまでもお金が必要だった女も確実に存在したワケで、やはりその存在も否定する方が冒涜なワケです。
 
 で、この場合の冒涜の論拠は「存在の否定」で、おそらく誰でも納得できる論拠、例えば「お前はこの世に存在していないんだ」と言いつけられたら、それはもう人権侵害であり冒涜そのものですよね、ですから論拠たり得るワケです。
 しかし「お金で女の身体を買った男性がいる」「お金で自分の身体を売った女がいる」という事実を述べるだけで、それに一切関与していないやえも含めた「全ての女性」までを冒涜となるというのは、まるで論拠にはなりません。
 もしこれが冒涜となるのであれば、現在でも性風俗で働いている女性が、しかもそれは自分の意志で働いているワケで、それらの女性の存在を認めるだけですらやえを冒涜したコトになります。
 これでは現在進行形でやえは冒涜され続けているコトになります。
 やえはまったくもって冒涜されたとは思いませんし、もし「冒涜されたんだぞ」と押しつけられるのであれば、それこそ冒涜と言い返しましょう。
 トンデモ論甚だしいですね。
 ハッキリ言って、志位委員長の発言こそが女性の意志や自立心というモノを無視した冒涜としか言いようがありません。

ホーム > 歴史

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 3月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top