Home > 歴史

歴史 Archive

橋下大阪市長の従軍慰安婦発言についてひとこと


 橋下大阪市長の従軍慰安婦発言についてひとこと言っておきたいと思います。
 
 この問題に言及する場合、様々な点をキチンと整理してからでなければなりません。
 論点をごちゃ混ぜにしたまま問題や橋下市長を批判しても、それは的外れなモノにしかならないでしょう。
 パッと思いつくだけでも4つの論点が存在します。
 
・一般論として従軍慰安婦が軍隊において必要かどうか
・慰安婦が必要な場合、その慰安婦を軍が強制権を持って、本人の意志に関係なく連行されたのかどうか
・過去において日本軍と日本政府が、強制権を持って慰安婦を集めたかどうか
・軍隊に慰安婦が必要な場合、しかしそれを公的な場で認めての議論をすべきかどうか
 
 これらは全てバラバラの別問題のお話です。
 
 「従軍慰安婦が軍隊において必要かどうか」という点においては、事実として日本以外の国にも慰安婦制度があった以上、普通に考えて「慰安婦は必要だ」と言うしかないのでしょう。
 やえにはよく分からないのですが、まぁ男の人は必要なんでしょうと思うしかありません。
 極限状態になると、まずそういう欲求が高くなるっていうのは、お話としては聞きますしね。
 そしてこの場合において最低なのは、敵国の中で民間人相手に兵士がレイプしてしまうコトです。
 これは絶対に避けなければなりません。
 しかし歴史の残念な結果として、古今東西軍隊が派兵先でレイプを繰り返してきたというコトは、事実として記録に残っているワケです。
 ネットでは、ベトナム戦争時に韓国軍がベトナムの民間人に対してそのような行為に及んだと、よく指摘されているところですね。
 ですから、こういう最低最悪の行為を抑止するためにも、レイプではなく報酬を払っての合意の上での管理売春で収めようというのが従軍慰安婦制度なワケです。
 そしてそれは、日本だけに限らす世界各国で採用されて、軍や政府の管理下で運用されていたのです。
 
 こういう実体を鑑みれば、従軍慰安婦制度は必要だったと言うしかないのでしょう。
 この手のお話をするとすぐに女性のジンケンガーとかヒステリックに叫ぶおばさんが出てくるワケですが、しかし現在の日本においても、お金で身体を提供する女性は少なくない人数いるワケですから、レイプを無くすコトができる上に合意の元で対価をキチンと支払えるのであれば、従軍慰安婦制度は絶対悪だと言う方が人間という性質を正面から見ない盲目的な意見だと言うしかありません。
 人には食欲もあれば性欲もあるのです。
 汚いと一方的に決めつけてそこから目を逸らしても、それはただの逃げでしょう。
 逃げている人の意見などは、ただのヒステリーであって、それを意見と呼称するコトはできないと思います。
 
 従軍慰安婦の問題は、それが問題化するのであれば「慰安婦が必要な場合、その慰安婦を軍が強制権を持って、本人の意志に関係なく連行されたのかどうか」という部分にあります。
 つまり慰安婦を人さらいのように連れてきて仕事に従事させるのであれば、それはレイプと何ら変わらない行為であり、それは最低最悪の行為と呼ぶしかなくなるワケです。
 ですから、もしここの部分を議論するなら必要な議論だと言えるでしょう。 
 橋下市長がもしこの部分さえ肯定するのであれば、それは批判されて仕方ないと思います。
 でもやえは、さすがの橋下市長でもここまでを肯定しているとは今のところ読み取れていません。
 
 そしてそれは日本軍に対しても同様のコトが言えます。
 「過去において日本軍と日本政府が、強制権を持って慰安婦を集めたかどうか」ですが、これは宮沢喜一内閣時に正式に日本政府として否定しているところです。
 日本軍に従軍慰安婦制度があったコトは事実ですが、しかし軍や政府が強制権をもって意にそぐわない慰安婦を武力を持って集めたという証拠は無かったと、日本政府として認めているワケです。
 よってこの点においても、もはや日本軍を批難するような言説というのは全て妄想を論拠としたヒステリックな誹謗中傷だと断じるしかありません。
 新たな証拠が出てくれば別ですが、これは先日も言いましたように、そうでない以上は日本は誰にも責められる謂われはないのです。
 ここは全ての国民が冷静に受け止めなければならない「事実」です。
 
 さて最後の「軍隊に慰安婦が必要な場合、しかしそれを公的な場で認めての議論をすべきかどうか」というのは、要は、「慰安婦の問題は常に軍のブラックボックスであり、公の場で語るべきではない」という性格を孕んだ問題なのかどうかという点です。
 やえはこういうタブーは好きじゃないんですけどね。
 ただ、少なくとも民主主義の国会において「従軍慰安婦は必要だ」と行政府の立場から堂々と言える人って難しいんじゃないでしょうか。
 なぜなら、それはもう現状の橋下市長への批判、というか誹謗中傷の類だと思いますが、それを見れば明らかでしょう。
 いくら論にならないヒステリックな中傷とは言え、それでも一票には変わりないというのが、民主主義政治のこわいところです。
 特に「下」のお話は、政治に限らず一般的にもタブーにされやすい話題でもあります。
 よって、実際橋下市長の発言にもアメリカはイヤな顔をしたとかしないとかというお話もありますように、こうも堂々とこの手のお話を、特に外国の一市長程度に突然振られたら、不快感を示しても当たり前なのかもしれません。
 その対応一つで自分達の政権が吹っ飛んでしまう可能性だってあるのですからね。
 
 まぁここの問題は、やえは「議論においてタブー化はどんな議題でもイヤだ」と言っておきます。
 昔から議論のタブー化・聖域化はありましたが、朝鮮半島への批判とかですね、全てにおいてロクなコトはありませんでしたからね。

そこに生まれた以上、その土地の条件を好条件に変える視点と意志こそが民族の力でしょう


 歴史をどう捉えるのかというコトについて、コメントを頂いた上でのレスをしようと思ったところ、けっこう厚い内容の、ぜひみなさんにも読んで貰いたいと思うような内容になりそうなので、今日はこちらのコメントについて書いていこうと思います。
 いつもみなさんコメントありがとーございまーす。
 

 常に独立していて江戸末期でも世界の中で高い戦力や文化を築いていて植民地時代に占領は難しいと判断されていた日本と基本的にどこかの国家の一領土として存在していた現アルジェリアではまったく難易度の違う話ですよね
 例えれば鳥取だけで欧州列強を追い返し独立を守れ、みたいな状況ですよ、ムリゲーではないでしょうかw
 日本は出来たといってもせめて同等くらいの力をもってないと比較にならないかとw
 清が出来なかったのは情けない、というならわかりますが。
 当時この辺りはトルコの支配にありました、この地域を守れなかったのはトルコですね
 
 内戦は宗教問題ですね、イスラム教の人達が厳格主義を押し付けたら軍部や庶民が反発しイスラム政府が倒されましたが、その後イスラムさんお得意の自爆テロだのなんだので内戦が続いている、大雑把にいうとこんな所でしょうか
 つまりアルジェリア人はむしろ文明化を望んだら内戦になったという事ではないでしょうか?
 まぁお決まりのイスラム原理主義が背景のキチガイが敵なので、嫌でも戦い続けるしかなかった、と。
 どうすればよかったのでしょうか?イスラム原理主義の支配を甘受すればよかったでしょうか?
 敵対勢力が愚かで頭がおかしい場合って結局強制的に戦い続けさせられますよね
 今回の対応を見る限り現政府が頭悪いのは確かですが、戦争というのは一方の都合だけで可能なのです
 アルジェリア政府がもっとしっかりすべき、という主張ならわかりますが、民族的に欠陥というのはどうでしょうか?
 まぁ基本的にはやえさんの感じ方の問題なので、私が口出しすべきものではありません。
 私はそうは思わないというだけの事です。
 アルジェリア政府の対応なら私もふざけるなと思いますしね。

 
 歴史って結局結果論で、いま日本がこうだから色々と恵まれているんだ、アルジェリアはこうだから不利な条件だったという、結果から原因を見るという風なそういう見方にならざるを得ません。
 もし日本がいま散々たるコトになっていたら、それは歴史的にシナ大陸の巨大国家のすぐ近くにあり、その先兵たる朝鮮に常に攻撃を受け、島国であり情報や物流が乏しく……とかなるんじゃないでしょうか。
 だからそういう見方ではなくてですね、結局、そこに生まれて生きる以上は、その場所の条件をいかに好条件に変えていくのか、その条件をどう生かしていくのか、という視点が、これは歴史家の視点ではなく、そこに生まれた人間の視点として必要なんだろうと思うのです。
 
 これはぷぺーさん(コメント主さんです)も以前ご指摘の通り、中世以前はアルジェリア、というか北アフリカの地中海周辺と言った方が適切でしょう、この辺の地域は文化的に高いモノがありました。
 というか、中世以前のヨーロッパとは、むしろ地中海周辺こそが文化の中心でしたよね。
 ですからこれは逆に言えば、いま現在の「ヨーロッパ」という言葉が北アフリカをも指す言葉になっていた可能性があったコトを示す事例なんだろうと思うのです。
 つまり、北アフリカの国や民族がうまくしていれば、ヨーロッパとは北アフリカをも含んだ地域の名称になっていた、すなわち北アフリカもやもすれば幕末日本を蹂躙しようとしていた国、世界大戦では戦勝国になる国、いま現在先進国に数えられる国になっていた可能性というのはあったのではないでしょうか。
 それぐらいの条件がアルジェリアを含めた北アフリカにはあったんだろうとやえは思うのです。
 少なくとも北アフリカは中世以前はヨーロッパと同じ位置にいたのですからね。
 
 さらに言えば、古代ではエジプトはメソポタミアは世界四大文明……という言い方はちょっとどうなのかという気もしますが、そういう高い文明をもっていたコトもあったのですから、これはつまり少なくともアフリカも中東も文化が絶対に発展しない何らかの致命的な悪条件があるワケではないコトを示しているワケですし、むしろ他よりも高い文明を誇ったコトもあるのですから、比較は無意味ではありますが、決してやえは「ムリゲー」ではないと思うのです。
 日本に出来たのですから、こちらの地域でも、決して可能性はゼロではなかったと言えるのではないでしょうか。
 見方を変えれば、日本よりも好条件だったとすら言えるかもしれません。
 
 だからその「歴史」を受け継いでいるのかどうかなんですが、残念ながらやえには受け継いでいるようには見えないんですね。
 事実の羅列としての歴史は学んでいるかもしれませんが、それを「民族のDNA」としているかどうかは、甚だ疑問なのです。
 地中海文明華やかなりしき頃の歴史を自らのDNAとして受け継いでいるのであれば、少なくともではヨーロッパとはどのように付き合っていくかというのは、自ずと見えてくるハズなのではないのでしょうか。
 日本がシナ大陸の国々とどう向き合ってきたのか、どのような考えのもとに国として民族としてシナ大陸の国々とその文明に付き合ってきたのかという歴史と同じようにですね。
 
 いまのアルジェリアはそれが全く出来ていないと言わざるを得ないです。
 
 どこに生まれるか選べない以上、その生まれた土地の条件を良いとか悪いとかは一概には決められないでしょう。
 またその条件も、その面から見れば悪条件かもしれませんが、別の面から見れば好条件となるコトだってあり得ます。
 ですから、日本は恵まれていたからとか言ってしまうのは、むしろ先人達の労苦を軽く見てしまう結果にしかならないのではないでしょうか。
 その条件を好条件の変えたからこそいまがあるんだ、と言うのが適切だと思います。
 そう考えた時、やっぱりやえは、日本人にできるコトなんですから、他の民族だって出来たハズですと、そう思うしかありません。
 
 さて後半ですが、もう一度引用します。
 

 内戦は宗教問題ですね、イスラム教の人達が厳格主義を押し付けたら軍部や庶民が反発しイスラム政府が倒されましたがその後イスラムさんお得意の自爆テロだのなんだので内戦が続いている、大雑把にいうとこんな所でしょうか
 つまりアルジェリア人はむしろ文明化を望んだら内戦になったという事ではないでしょうか?
 まぁお決まりのイスラム原理主義が背景のキチガイが敵なので、嫌でも戦い続けるしかなかった、と。
 どうすればよかったのでしょうか?イスラム原理主義の支配を甘受すればよかったでしょうか?
 敵対勢力が愚かで頭がおかしい場合って結局強制的に戦い続けさせられますよね
 今回の対応を見る限り現政府が頭悪いのは確かですが、戦争というのは一方の都合だけで可能なのです
 アルジェリア政府がもっとしっかりすべき、という主張ならわかりますが、民族的に欠陥というのはどうでしょうか?

 
 「戦争というのは一方の都合だけで可能」はそうだと思いますが、どう向かい合うのかというところは千差万別だと思います。
 「イスラム原理主義が背景のキチガイが敵なので、嫌でも戦い続けるしかなかった」……というのは、まぁどうなんですかね、多分ここら辺を紐解くなら、むしろなぜイスラム原理主義はああなのかというところからの考察が必要になってくる気がします。
 その上で、こういう人達が…どの時代から存在しているのかっていう問題も出てきますが、そういう人達とどう付き合っていくのかというのも、ノウハウとしての歴史の積み重ねというモノはあってしかるべきなのではないのでしょうか。
 現状を悲観して対処療法だけに留まるというのは、ちょっとどうかなと思わざるを得ません。
 
 で、もうちょっと一歩踏み込んで聞いてみるんですが、こうやってくると民族的に欠陥と表現するのではなく、イスラム教が欠陥ってなってしまう気がします。
 まぁこう言うと、「あくまで原理主義者が異常なんだ」という言葉とか、「キリスト教だって過去には多くの人間を殺してきた」とかいう言葉が常に出てくるのですが、ただそれだとしても、世界の覇権を握ったキリスト教の欧米と、蹂躙されるしかなかったイスラム教のアフリカや中東辺りの地域と、この差はどこにあるんでしょうかという点は、目を逸らさず考えるべきところなのではないかと思うのです。
 どうすれば良かったのかという命題は、そこに生まれて歴史を継承していない外部の人間が考えるにはかなり難しい問題ですが、宗教によって差が付いてしまっているのであれば、そこにキチンと目を向けなければならないのではないハズです。
 そして宗教も、その民族の思想を決定するかなり重要な役目を負っている部分です。
 ここについてはどう考えるべきなのでしょうか。
 できれば多くの方からのご意見をいただければと思います。

冷静な明治維新があったからこそ先進国になった歴史を忘れてはいけない


 アルジェリアの件についてコメントを頂きました。
 

 流石に今回のやえさんの意見には同意しかねます。
アルジェリアやマリの詳しい歴史的ないきさつを知らないで、
(私も詳しくは知りません。不勉強です。)
日本人に危害が加えられたからといって相手を「歴史を紡げない野蛮人」呼ばわりはないと思います。
日本もかつてはアルカイダのような尊皇攘夷派や軍国主義者のテロが横行した国であり、国民だけでなく外国の方も多数犠牲になっているんですよ。
また、明治以降の日本も列強からの援助を受けたり、あるいは利用したりして今日の地位を築いたのです。それを棚に上げて相手を野蛮人呼ばわりするのはいただけないです。
そういう他国を見下した態度って、あなたが日頃から嫌っている時代錯誤な中華思想を振りかざしてるどこかの国々と同レベルだと思います。
ミイラ取りがミイラにならないように少し冷静になっていただきたいです。

 
 ありがとーございまーす。
 しかしですね、これではあまりにも日本の先人達の苦労が報われない書き方だと思います。
 
 少なくとも、尊皇攘夷派や軍国主義者は、主目的として民間人をターゲットにはしていない(もしくは池田屋の時のように未然の防がれる。そもそもその計画自体は史実的には疑問視されている)ですし、なにより全然別の国の人間を人質に取って堂々と取引材料にしようなんてコトはしていません。
 その中で民間人がひとりも犠牲になっていないなどと言うつもりはありませんが、しかしここは大きな違いです。
 
 何が違うのかと言えば、ひとことで言えば「日本は欧米列強と対等に渡り歩いた」というコトです。
 ここで言う「対等」とは、最終的な条件が不平等だとか、そもそも最初の国力が違うとか、そういう意味ではありません。
 次々に欧米列強に植民地にされていく中、日本は、ある意味日本だけはむやみやたらに襲いかかるのではなく、対等な目線で交渉して、その結果はもちろん不平等ですが、それもあくまで対等の目線で交渉した結果だったワケです。
 先を考えずにただただ暴力でなんとかしようとしたのではなく、理をもって交渉に当たったのです。
 さらに日本は、明治維新という特権階級が自らその特権を捨てるという改革を行い、自らの自助努力で欧米列強に近づこうとしました。
 もちろん中身をよくよく見れば徳川軍対長州藩的な面もありますが、しかしそれでも武士という欧州で言えば貴族的な階級の人間が、法的にはその階級を撤廃したのですから、これはちょっとあり得ないコトです。
 例えば幕末の佐幕派だって、自らの権力にしがみつくだけのために幕府を守ろうとしたのではありません。
 それが日本の未来のために必要だと思ったからこその思想の戦争だったのです。
 日本は、自らの力で、自助努力によって、欧米列強と渡り歩いたという歴史を持っているのです。
 
 まして江戸時代というのは世界史で見ても奇跡の長年による平和が続いた時代です。
 日本としては別に無理して開国する必要は無かった、ただ欧米列強の一方的な都合によってその平和な時代を捨て去らなければならなかったのにも関わらず、それなのにさらに自らの力だけで国のシステムを一新して欧米列強と対等になろうとしたのですから、いえ結果としては対等になったのですから、その不断の努力と不屈の精神を、いつまで経っても独り立ち出来ない国なんかと比べるのは大変に失礼なお話だとやえは思っています。
 
 また、対等な目線で戦うという姿勢は案外難しいコトですが、日本はそれを平気でやってのけました。
 例えば薩英戦争です。
 キッカケはともあれ(とは言っても生麦事件も日本側としても法的根拠のある行為、ただ単に外国人が気に入らないからという理由だけではない行為でしたから、一概に日本の野蛮行為とは言えません)、戦争後に薩摩はイギリスから武器を購入する仲にまで発展しました。
 それが最終的に明治維新の決定打の1つのなっていくのですから、この「未来のための目線」がどれだけ重要なコトなのか分かろうというモノです。
 そしてこれがいかに難しいコトなのか、日本の他にこのようなコトをやってのけた国があるのかどうか、やえは寡聞にして知りません。
 
 やえは援助を受けたり外国を利用するコトそのモノはダメなコトとは思っていません。
 ただそれを、自分達の未来のために使おうとしない姿勢に、強い憤りを覚えているのです。
 日本の幕末は外国から援助なんて貰っていませんが、自らの力で変革して国の形を変えて欧米列強と立ち向かい、日米戦争もむしろ経済封鎖の中で開戦を余儀なくされ、戦後は援助を貰いましたがすぐに奇跡の復興を成し遂げて今や世界3位(2位?)の経済大国になっているワケです。
 
 アルジェリアをはじめアフリカ諸国はいままでたくさんの援助を受けています。
 いまでも日本でもなんとか募金とかしてますよね。
 しかしこれ、もう何十年やってますか。
 同時に内紛も何年やっているんですかと。
 やえは別に発展したくないのであれば別にその国や人に対してその理由だけをもってどうこう言おうとは思いませんが、しかし援助を受けている現在進行形の中において、全く関係の無い案件で巻き込んで自分勝手な要求をする行為に対しては、とてもじゃないですけど怒りしか覚えられませんし、まして過去の日本と比べるなんて出来ません。
 日本がいつ、善意で手助けをしてくれている国に、その国とは一切関係ない案件で国民を人質にとって、他国との交渉材料に利用しようとしましたか。
 援助を受けるコトは構いません。
 しかし残念ながらアルジェリアはその援助をどうしているのでしょうか。
 内紛している場合なのでしょうか。
 恩を仇で返していませんか?
 
 中華思想は、周辺国を属国として見るコトを指します。
 しかしそれと、いつまで経っても自分の足で歩こうとしない、その努力すら見えず、まして恩を仇で返すような行為に対して軽蔑の念を抱かざるを得ないコトとは、まったく違います。
 我々は先人達の苦労のおかげでいまの日本を生きられています。
 だからこそ、先人達に感謝の念を忘れないと共に、この歴史を未来に繋ぐ努力をしなければならないのです。
 ただ単に「外国に対して冷たい目で見る」という行為だけを切り取って中華思想とか色々なモノと同列視するのは違うでしょう。
 これは9.11の時にもやえは散々言ったのですが、無関係にも関わらず自分と同じ日本人が殺されたという怒りを感じない方が、むしろ日本にとっては危険なコトなのではないかと思わずにはいられないのです。

ホーム > 歴史

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2020 年 2月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top