Home > 永田町のお話

永田町のお話 Archive

総理大臣評価論6-麻生太郎-


 では麻生太郎総理です。
 
 麻生太郎という政治家について、世間ではタカ派的なイメージで見ている人が多いと思いますが、やえはこの人のコトはリベラルだと思っています。
 それは政策的なお話ではありません。
 日本政治史で言うタカ派やハト派、保守的なリベラル、そして保守本流と保守傍流などという場合の定義論というのは、多くの要素によって成り立っているので一概に言えるモノではありませんし、見る方向によっても定義が変わってくるのですが、ではこの場合、やえはどういう理由を持って麻生太郎さんをリベラルと見ているのかと言えば、それは「権力に対する姿勢」の問題です。
 この面において麻生太郎さんは極めてリベラルであり、言い方を変えれば極めて保守本流・宏池会的な人だと思っています。
 
 保守本流・宏池会的の人は、権力は極力抑制的に使い、また極めて公的に公平に使おうとします。
 保守傍流・清和会的の人は、権力は積極的に使うものだと考え、また可能なら自らのために使おうとします。
 これらは政治哲学的なお話であり、また何事にも例外があります。
 例えば前回取り上げました福田康夫総理は、まったく清和会的なにおいを感じさせない人でしたよね。
 そういう中で、麻生太郎さんは雰囲気は清和的な感じを醸し出しつつ、しかしよくよく見れば、その本質は宏池会的な姿勢で政治を行ってきた総理大臣だとやえは思っています。
 
 麻生太郎さんの総理としての評価は難しいです。
 なぜなら、結局国民によって途中退場させられたからです。
 本来、総理大臣の職責を1年だけで評価しろという方が無茶なのであって、だからこそ第一次の安倍総理や福田総理の評価は難しく、しかしそれは自らが投げ出したという点をもって厳しい評価を付けざるを得ないのですから、自らの意志に反して総理から引きずり下ろされた麻生太郎総理については、評価は難しいのです。
 それは「国民の意思なんだから当然だろ」と言う人もいるかもしれませんが、そもそもとしてやえはあの時の選挙は国民の判断が間違っていたし、過ちだったとずっと批判していますので、やえとしたら当然ではないのです。
 国民の判断によって暗黒の民主党政権が誕生したという十字架は、日本国民はずっと背負っていかなければならない、そして教訓にしていかなければならないでしょう。
 麻生政権の時の国内の雰囲気は本当に異常でしたし、選挙後の民主党へのメディアの持ち上げ方も異常でした。
 しかしそれはすべて国民が望んだコトであり、そしてその結果があの3年間だったコトについての責任は国民にあるのです。
 
 麻生総理はそんな異常な雰囲気の中で、さらにリーマンショックという前代未聞の出来事と対峙するコトになります。
 
 当時麻生政権は、選挙管理内閣になると言われていました。
 安倍・福田と続く1年しか持たなかった政権と自民党に対し、マスコミと世間は「もはや選挙待ったなし(=自民党政権の終わりを決定する)」という雰囲気になっていました。
 そんな中で自民党が切った最後の切り札が、当時「国民的人気がある」とされていた麻生太郎さんだったんですね。
 自民党としては、負けるかもしれないけど麻生太郎の人気によってギリギリイーブンぐらいになれば大成功、ダメでも少しでも傷を浅くしたい、という思いがありました。
 よって、麻生政権としてはできるだけ政権発足直後、まだ期待値が高い時点で解散を行い、元々の麻生人気と期待値によって選挙を可能な限り有利に進めたいと考えていたのです。
 
 しかしその思惑は、リーマンショックによって打ち砕かれました。
 
 打ち砕かれたというのはちょっと違うかもしれません。
 というのも、麻生総理は自らの判断によって、解散ではなくリーマンショックと戦うコトを決めたからです。
 衆議院議員選挙となれば実質的に2ヶ月ぐらいは政治が止まりますし、特にこの時の選挙ともなれば、政権交代か否かの関ヶ原になるワケですから、こういう言い方もどうかとは思いますが、行政なんて構ってられなくなってしまいます。
 少なくとも自民党総裁である麻生総理は1秒も休むコトなく全国を応援で飛び回るコトになるでしょうし、他の閣僚もそうです。
 最低限の行政の職務は官僚が行うにしても、閣僚不在では大胆な政策が打てるハズもありません。
 自らの使命は「選挙に勝つ」というコトは麻生総理も身にしみて分かっていたハズですが、こういう事情から、自民党総裁としての責任を捨て、総理大臣としてこの国難から背を向けるコトが麻生太郎総理にはできなかったのです。
 
 あの時、自民党の中でさえ、いえ自民党の中だからこそかもしれませんが、この姿勢を批判する人達がいました。
 「リーマンショックは分かるが、だからこそ速やかに解散した後に次の内閣に任せるべきだ」と。
 もちろんそれは、できるだけ支持率が高い今のうちに選挙をしたいという意図なワケですよね。
 麻生太郎さんは、日本国内閣総理大臣であると同時に、自由民主党総裁だったのですから、その両方のプレッシャーは相当だったでしょう。
 麻生さんの有名な言葉ですが「(総理大臣とは)どす黒いまでの孤独に耐えきれるだけの体力、精神力がいる」と語っているように、本当に色々なところからの期待や責任やプレッシャーが、麻生太郎という一人の人間に集まっていました。
 その中で出した結論が、選挙を先送りにしてでもリーマンショックと対峙する、というモノでした。
 
 その結果どうだったかというのは、やえはかなり高く評価しています。
 たぶん麻生総理があの時多くの対策をしなければ、日本経済はもっと悪くなっていたと思っていますし、できれば次の政権も自民党政権であればもっとマシだった、アメリカ並みの復活ができたのではないかと思っていますが、その辺は残念なお話です。
 そして、この姿勢こそが、麻生太郎という政治家が極めてリベラルな人だという証拠でもあると思うんですね。
 
 他の人だったらどうしていたかは分かりません。
 それは所詮「もし」のお話ではありませんから。
 しかし確実に言えるコトは、麻生太郎総理は、自らの権力よりも、日本国の公のために権力を使うコトを選択したのです。
 そしてそれで救われた部分はかなりたくさんあるでしょう。
 例えば、この時総理だったらどうしていたのかというのは分かりませんが、小泉総理というのはどこまでも自分のために権力を利用しましたよね。
 だからこの人は、政治政策はタカ派かどうかはともかく、政治哲学はかなりタカ派であり保守傍流の清和会的な人だと言えるワケなのです。
 逆に麻生太郎という政治家は、政治家として公のために権力を使うコトを決断した人だったのです。
 できればあと2年は麻生政権を見てみたかった、というのが、やえの麻生太郎総理の評価です。
 
 では次は、民主党政権を超えて、第二次以降の安倍総理についてです。
 とは言え、まだ続いている総理ですから、評価は断言できません。
 ですから主に、第一次の時とどう違うのかっていう視点が多くなるかと思います。
 

総理大臣評価論5-福田康夫-


 では福田総理の評価について書いていきましょう。
 
 まずやえの印象を言いますと、政策能力はあり、実は外交が得意で、当選回数のわりには年齢を経ているので経験は豊富な上に、元来の性格からか冷静沈着(であろうとしているのかもしれませんが)なので、総理大臣という職に耐えうる能力は持っている人ですが、残念ながら本来であれば総理になるべき人じゃなかったのになってしまったのが不幸だったと言える人です。
 まぁ逆に言えば、総理大臣になるような人じゃなかったのに総理になるコトができたのは、政治家としては幸運だったと言えるかもしれませんけどね。
 ただやはり、1年で政権を終わらせてしまったのは、かなりマイナス評価にせざるを得ません。
 それがどんな理由があってもです。
 
 もう少し詳しく分析していきましょう。
 「総理になるべき人じゃなかった」というのは、偏に永田町のパワーバランスの中心にいるような人ではなかった、という意味です。
 例えば派閥の会長やそれに近い人とか、時の総理総裁にすごく近い人とか、派閥ではないにせよ幅広いグループを率いている人とか、そういう人ならば総理の座に近しいと目されるワケですが、しかし福田総理はそういうタイプではありませんでした。
 まして所属している派閥は清和政策研究会(当時は森派)というタカ派の派閥ですが、福田総理本人はそのような雰囲気は全く感じない、むしろ宏池会的な雰囲気すら持っている人です。
 おそらくお父さんの福田赳夫総理が清和会の創立者みたいな立場ですから、その流れで清和会に入っていたのでしょうけど、やっぱり福田康夫総理からは安倍さんや森さんのようなタカ派的な雰囲気は感じないですよね。
 そして当時は当選6回目でしたから、派閥の中心という立場でもないワケです。
 閣僚経験は安倍さんよりはありましたが、それでも昔で言う「財務大臣か外務大臣、それと党三役の両方を務めるのが総理の資格」に比べれば全然経験不足です。
 どれもこれも、福田総理は総理になれる環境にはなかった人なんですね。
 つまり結局福田総理も、小泉総理がぶっ壊した「清和会一強の自民党」と、これまた小泉総理が作ったと言える「麻垣康三」という後継者候補という、外的要因によって総理大臣になってしまった、なれてしまった人だと評するのが適切なのではないかと思っています。
 また、「自民党末期」という雰囲気も後押ししたと言えるかもしれません。
 
 果たしてそれは、結局政権が1年しか持たなかったという結果で証明されてしまいました。
 第一次の安倍総理と同じく、「政治家としての総合人間力」不足によって、政権を投げ出さざるを得なくなったのです。
 まして安倍総理は参議院選挙(の敗北)という辞任理由に足る理由があった(安倍さんはそれを理由にしませんでしたが)一方、福田総理は国政選挙をしないままでの辞任です。
 ねじれ国会において国政機能がストップするよりは自分が身を引いた方がいいという理由は、国益に適うかどうかは判断の迷うところですが、ただ結局「毎年1年ごとに総理が替わる」コトがどれだけ国益を損ねてきたのかを考えれば、せめて選挙で国民の信を問うまでは続けるべきだったと言うべきところだと思っています。
 
 念のために言っておきますが、福田総理の辞任の本等の理由はアメリカからなんとかかんとかっていう話があるようですが、やえはこれに与しません。
 そもそもそれが本当だったとしても、いやしくも経済大国日本のトップのクビと引き換えにしなければ止められなかったなんて前例を作ってしまうコトが日本を軽くしてしまう行為だと断じざるを得ませんし、それこそ「自分が総理として正式に断る」コトこそが日本国総理大臣としての責任だったと言えるでしょう。
 まぁこのお話が本当だったとしてもウソだったとしても、当時の自民党と福田総理に対する世間のプレッシャーはすごかったですから、そこから解放されたいと思ってしまったのは人としては理解できます。
 が、やはり政治家としては、そこは低い評価を出すしかないワケなんですね。
 
 小泉政権時に長らく官房長官を務め、一時は「影の外務大臣、影の防衛庁長官」とまで言われた人ですから、政策能力や調整能力はかなり高い人です。
 特に中東関係へのパイプは、議員になる前の前職の関係からも強いモノを持っていて、日本の政治家としては強い武器となっていました。
 ですから、「落ち行く自民党時代」ではない、平時の自民党政権下であれば、それなりに有能な総理になっていたのではないでしょうか。
 こう言ってはなんですが、第一の安倍さんはどのタイミングでもあの結果になっていたと思います(そもそも小泉後はそんなに悪いタイミングではなかった)が、平時の福田総理であれば着実に実績を遺していたのではないのでしょうか。
 
 福田総理で1つ功績を挙げるとすると、やはり消費者庁の創設でしょうか。
 消費者問題って本来自民党のフィールドではないハズなんですが、これを福田総理が手を付けたというのは、かなり画期的だと言えます。
 と同時に、やはり清和会的じゃない人だなという印象をさらに強めているんですけどね。
 ちなみにその時の担当大臣に指名したのが、いまの外務大臣の岸田文雄さんです。
 消費者庁を作るっていう作業は、本来その役所が持っていた権限を引き剥がす作業になりますので、役所としては最も抵抗する作業になるのですが、岸田さんはあっさりとこれを達成してしまいました。
 もしかしたらあまりこの件については印象が薄い人の方が多いかもしれませんが、しかしそれは福田総理と岸田大臣の手腕が高かった証左とも言えます。
 なぜならマスコミが騒ぐ場合は、対立を面白おかしく煽る時ですから、それがなかったというのはかなり巧く消費者庁創設を実行したと言えるワケです。
 
 この辺のコトからも、平時であれば質の高い政治が福田総理の下ならできたのではないかと残念に思います。
 
 では次は、麻生太郎総理です。
 この人の場合、状況が状況だったので、評価はだいぶ難しいんですけどね。
 

総理大臣評価論4-安倍晋三(第一次)-


 では今回は安倍晋三総理です。
 ただし今回は自民党が下野する前の、小泉総理の後の第一次安倍内閣の安倍総理だけについて言及していきます。
 
 まずバッサリ言っちゃいますと、やえの小渕総理以降の自民党の総理の評価は、安倍総理(第一次)が一番低いです。
 と言うと語弊が多少出ますが、この時期確かに成立させた法案などは大きいモノが多く、例えば教育基本法改正ですとか防衛庁の省昇格ですとか、政策的には評価できるモノが多いのですけど、ただ政権運営という面では一番ダメだったと言わざるを得ません。
 きびしいコトを言いますと、総理大臣になれれば権力も権限もありますから、自らの政策をある程度強引に押し通すコトはできるワケで、事実、第1次安倍政権の頃はかなり強引に法案を通したイメージがありますが、しかしそれを繰り返せば色んなところから反発は出るワケで、決して日本は王国ではない以上、味方にも敵にもある程度の配慮をしなければ、いろんなの人にその座から引きずり下ろされてしまうワケです。
 そしてそうなってしまえば、政策そのものの評価も下がってしまいますし、なにより安倍さんに期待した人を裏切る結果にしかなりません。
 そういう意味で、総理になった以上は、できるだけ長く続ける努力というのも、総理にとっては大きな仕事の一つなんですね。
 いえ、政策を実現させるためこそ、長く続けなければならないのです。
 安倍さんは、そこが一番分かっていなかったと言わざるを得ないのです。
 
 ではなぜ第一次の安倍総理はそんな体たらくだったのかと言えば、それはもう権力を自らの力で取ったとは言いづらい形で総理大臣のイスに座ったからでしょう。
 安倍晋三という個人に全く不自由や苦労がなかったなんて言うつもりは毛頭ありませんが、ただし、権力の取り方を見てみれば、それはかなり優遇された、エレベーターで上り詰めたというのは否定できないところです。
 初の閣僚は官房長官という各役所に命令を下せるような役職ですし、党だって当選3回なのに突然の幹事長に就いたワケで、「苦労して上り詰めた」とはさすがに形容できない出世です。
 副大臣も官房副長官という、やはり各役所に命令を出せる役どころです。
 そしてあれよあれよという間に、麻垣康三とは言われつつも、事実の上のポスト小泉として小泉後の総理となりました。
 それも当選5回という、本来議員としてはまだまだこれからだという期数においてです。
 苦労はなかったとは言いませんが、しかし自ら取ったイスだとはねさすがに言えないワケなのです。
 
 そうした権力に対する姿勢について甘さが残る中で総理になった安倍総理は、その巨大な権力に対して自らの思想に沿う政策を、言わば権限の力だけで押し通してしまい、そして権限だけでは通用しない部分に対する配慮が足りなかったために、余計に内外に不満を貯める政権運営を行ってしまいました。
 そしておそらくこれは、安倍総理自身が一番気づかないままに、です。
 特に第一次の時の安倍総理の後半は、「なぜダメなのか」というコトすらも分からないままだったのではないのでしょうか。
 「自分は常に正しいコトをしている」「間違いなど存在しない」「なぜ批判されなければならないんだ」と、疑いもなく突き進んでしまい、自身への反発すら、なぜ反発されているのか理解できなかったままに、第一次政権の幕は下りてしまったのでしょう。
 
 第一次の安倍さんの突然の辞任は、基本的には体調不良と説明されていますが、もちろんその要因がなかったとは言いませんけど、それでもあのタイミングでは「続けられなくなってしまい辞任するしかなかった」という、リタイヤでの辞め方だったと言うしかありません。
 そしてそれは、民主党政権も含めての6人続けて1年で辞めてしまうという総理の前例の呼び水にもなってしまいました。
 もちろん全ての責任が安倍晋三個人にあるとは言いませんし、エレベーター式の権力ののぼり方も安倍さん個人の責任だけではありませんが、やはり政治家は結果責任、権力の怖さをしらないままに揮うコトしか頭になかった第一次の安倍総理は、言わば「子供っぽい総理」に終わってしまったと評するしかないのです。
 
 もしかしたら今回のこのやえの評を読んで怒る人がいるかもしれません。
 「普段、政策を見ろと行っているくせに、安倍総理の政策については評価しないのか」と思う人もいるかもしれません。
 でも、だからこそなんですね。
 もし政策が評価できる人が権力を握ったのであれば、なお「権力を維持する方法」も頑張ってもらわなければならないのです。
 それはある種の選挙にも通じる部分で、いくら優れた政策を持っていたとしても選挙で勝てなければそれを実行するコトなんてできないワケですから、「選挙に明け暮れるだけの政治家なんて」みたいな斜に構えたような、言い換えれば甘えた考えでは、政治家としては大成しません。
 まして選挙や権力闘争が、政治家としての器を磨き、人間を大きくするコトに繋がるワケですからね。
 政治家とは、選挙であり権力に対する姿勢も含めて政治家なのです。
 ですからやえ自身は政治家でもなんでもありませんから政策をサイトとかで取り上げる時は政策のみで評価しますが、しかし政治家自身が「政治家は政策だけをやっていればいい」となってしまい権力の維持に無徳着になってしまうと、その最も大切な政策を実行するコトができなくなりますし、そうなれば結果的に国民こそが不利益を被るのですから、政治家として総理大臣として評価するというコトならここ込みで、むしろこここそを評価すべきだと思うのです。
 第一次の安倍総理の「失敗」を、「でも政策はよかっただろ」と正しく評価できないままに終わると、次の期待する政治家も同じ轍を踏んでしまいかねません。
 ですから、政策も大切ですけど権力の維持の方法も大切ですよと、そう評価しなければ線の細い政治家ばかりになってしまい、それは結果的に国民に不利益をもたらしてしまうコトになってしまうでしょう。
 例えば稲田大臣です。
 やえが稲田大臣の政策をどう評価するかはともかくとしても、もし今の稲田大臣のままに総理になってしまえば、絶対に失敗しますし、その混乱は国家国民に大きなキズを与えてしまうコトでしょう。
 それは、一国民としても、また稲田大臣を応援している人はなおさら、ここをシッカリと踏まえておく必要があるんだと思います。
 
 そういう意味で、やえとしましては第一次の安倍総理は、自民党の総理の中では最も評価の低い総理となってしまいます。 
 逆に言えば、この時代を教訓とした第二次以降の安倍総理は、これまでにない最強レベルの総理に生まれ変わったと言えるでしょう。
 
 では次は福田総理ですね。
 

ホーム > 永田町のお話

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top