Home > 河野官房長官談話

河野官房長官談話 Archive

河野談話の事実認定の部分についての考察と評価


 では河野談話をまとめた上で、今日は事実認定の部分について考察と評価をしたいと思います。
 
 まず最初に言っておくコトは、「政府としては慰安婦を強制的に連れてきたという事実は存在しない」というコトを河野談話ではハッキリ言っているというコトです。
 厳密に言えば「証拠は未だ発見されず」ですが、法治国家としては「証拠はない=事実ではない」ですから、同じモノとして進めます。
 河野談話を持ってしても、「軍が暴力や権力などを使い強制的に慰安婦を連れてきた」という部分については否定しています。
 そしてそれは、政府の正式な閣議決定(第1次安倍内閣)をもってして確認までされています。
 以上のコトから、ここについては政治的にはもちろん、歴史的学術的な観点からも、証拠がない以上は無かったと言うのが理性的な反応であり、むしろ「あると言うなら証拠を出せ」と言うのが当然の姿勢でしょう。
 特に河野談話を取り扱うお話をする際、ここは前提条件としてハッキリさせておく必要のある点です。
 たまにここをごっちゃにして議論している人いますからね。
 
 では日本政府と軍は何を行ったのか、ですが、しかし軍としては直接的な行為はあまり行っていません。
 ハッキリしているのは、「慰安所の必要性を認識」し、「設置についての要請」を業者に行った、のは確実でしょう。
 また、「直接あるいは間接にこれに関与した」という文言から、「慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送」については軍が直接関与したモノもあった、ぐらいまでは言えるんだと思います。
 ただしこの場合も、直接とは言いつつ「関与」ですから、日本語を正しく解釈するなら、軍が本当に直接手をわずらって行動した、とは言いづらいです。
 「直接の関与」とはなかなか二律背反な書き方ですが、例えば「慰安婦の移送」で言えば慰安婦を軍車に乗せて移動させたというコトまでは無かったのではないかと思います。
 想像にはなってしまいますが、「軍の移動計画に従っての移動」ぐらいが「直接の関与」という言葉には一番当てはまるんじゃないでしょうか。
 
 さらに「慰安婦の募集」については、これは河野談話をキチンと日本語的に読めば、むしろ軍は一切関わっていないと読むのが適切です。
 「慰安婦の募集」に言及する文章以前に出てきた行動(設置要請や移送)は間接的な部分も含めて軍の関与を示す直接的な表現が見られますが、こと「慰安婦の募集」についてはわざわざ「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たった」と、業者があたったコトを明言し、つまり軍が直接行ったコトを否定しているコトからも、一部すら軍は関わっていないコトが読み取れます。
 あくまで行ったのは要請であって、つまり「仕事の依頼を出した」だけであって、その先に軍は一切関わっていないワケです。
 官憲がなんとかっていう部分も、これは検証の部分で取り上げましたように、敢えて「官憲」という言葉を河野談話内で初めて用いたように、明らかに「悪質な募集」については軍の関知する部分から離れた個人的な行為によって行われたという書き方をしています。
 よってこの構図というのは、例えば国土交通省が自分たちの官舎を建て替える際に、国交省自体には建設能力はないワケですから民間建設会社に官舎建設の依頼をかけたというところであって、つまり軍の行為はここまででしかないんですね。
 もしその民間会社が悪質で、社員に給料を一切払っていなかったコトが明らかになったとなったとしても、それは国交省や軍の発注元は、むしろトバッチリの被害者でしかなく、その責任を求めるなんてとんでもないってお話にしかならないのです。
 
 依頼人が公的機関だった時、国民は簡単に「見抜けなかったのが悪い」とか「監督責任」とか「任命責任」なんて言いますが、そんなコト言い出したら詐欺師天国になりますよ?
 「騙されないためにある程度チェックは必要だった」という注意喚起程度ならまだしも、悪質な業者を雇ったから悪いんだと責任を押しつけるような言い方をしていたら、一番得をするのは詐欺師でしょう。
 融資詐欺は未だによく耳にする事件ですが、どれもこれも全て一番悪いのは騙した人、悪質な行為をした人、その人自身です。
 当たり前のコトです。
 ですから、「軍が慰安婦募集を要請した」というコトそれ自体の評価は次回以降に回すとしても、軍の行為というコトを考えれば、あくまでそれは要請だけであって、その発注先に犯罪があっても発注元まで責任を取れなんてまで言われる筋合いはないワケです。
 
 まして軍としても、悪質な業者にそのような行為は募集はやめるように通告する文章まで見つかっているワケですしね。
 黙認すらしていないワケですよ。
 
 と考えたら、軍の行為っていうのは、かなり限定されるコトが分かります。
 ハッキリ言えば、要請とか関与とかしか行っていないんですね。
 まぁ要請と言っても当時どの役所よりも強大な力を持っていた軍の要請ですから、単に「お願い」というレベルではないのは確かです。
 軍は「慰安婦の設置の発案者」であり「発注元」であるのは確かだと言えるでしょう。
 また時には、戦時中や戦場という特殊事情もあるので、それに関する部分で移動などに不自由を強いたコトもあるでしょう。
 しかしそれはあくまで慰安婦などの身の安全を守るためです。
 例えば慰安婦が突然「明日帰国したい」と言い出しても、戦場ではそれは簡単ではありませんよね。
 まして下手にその場で解散して、もし敵国の捕虜にでもなったら、慰安婦本人にとっても軍にとっても、なにより国にとって大きな損失ですよね。
 そして、軍の行動とはそれだけなんですね。
 
 つまり河野談話をちゃんと読む限り、河野談話自身も軍の動きはその程度だしか言っていないのです。
 軍が直接慰安婦を募集したとも、慰安所を経営運営していたとも、まして強制連行したなんて、一切と語にも書かれていないのです。
 むしろその辺はハッキリと否定する書き方すらしていると言えるワケです。
 
 さて、ここまで河野談話の事実認定の部分について考えた時、いま「河野談話の検証を」という声が上がっているワケですが、果たしてその検証というのは具体的にどこをどう直せばいいと言えるのかという部分について、やえはちょっと疑問でなりません。
 歴史的学術的観点から考えても、慰安婦が存在したコトは事実ですし、それを軍が要請したのも事実でしょうし、その中に朝鮮半島出身者がいたというのも事実でしょう。
 そして強制連行した証拠が見つかっていないのも、一部「証言だけで十分」とか言ってるアレな人達を除いて、物的証拠がないのは確かですし、それは河野談話も認めています。
 となれば、なにをどう河野談話を検証するのか、もっと言えば、どこを直せばOKと言えるようになるって言うのでしょうか。
 河野談話の事実の部分において、キチンと文章を読んで理解すれば、ここが大変に疑問になってしまうワケです。
 
 もちろん検証自体は行ってもいいでしょう。
 検証なんですから、いくらでも検証するのはいいと思います。
 しかし、何を検証するのかちょっと分からないんですね。
 この騒動のきっかけとなった「(自称)慰安婦の証言はねつ造だった」という報道にしても、しかし慰安婦の証言にねつ造が本当にあったとしても、河野談話のどこの部分が変わると言うのでしょうか?
 「軍が慰安所設置の要請をした」というのがウソだったのでしょうか?
 「軍が移送などに関与した」というのがウソだったのでしょうか?
 もちろんこれが歴史的事実と違うのであれば訂正されてしかるべきです。
 でもやえにはちょっとここの部分を否定する材料って、少なくとも「慰安婦の証言」からは覆す要素を見いだせません。
 逆に言えば、ここの「軍の行動」という部分に関しては、「慰安婦の証言」というモノがあったとしても、仮になかったとしても、特にここの部分の事実認定自体にはなんら影響は与えられないのではないでしょうか。
 
 もちろんもし「甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例」とか「慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった」とかの業者の行為についてウソがあったのであれば、それはそれを明らかにするのも一定の意味はあるでしょう。
 業者の名誉回復という意味では。
 ただまぁ、それだけなんですよね。
 業者っていう主体はもう現在では存在しないでしょうし、もうひとつあるとしたら「自称慰安婦がウソをついている」っていう部分が明らかになるだけで、まぁそれはそれで意味はないコトはないのでしょう、だからここは小さくないですから検証自体は行ってしかるべきだと思います。
 ただし今回の議論の中心である、軍や日本政府の責任という部分においては、これは一切意味のないコトだと言えるのではないのでしょうか。
 慰安婦の証言を検証して、果たして河野談話のどこが変わるのでしょうか?
 
 謝罪の部分については後日取り上げます。
 たぶんここまで整理すると、問題は謝罪の部分だなんて言われそうなので先に言っておくのですが、しかし現在巷に聞こえてくる検証論というのは、どうも軍の行為に関する事柄に対して言っているようにしか聞こえないんですよね。
 もっと言えば、「「軍が強制連行した」と河野談話が認定している」という前提で検証論を言っている人が多い気がしてなりません。
 ちゃんと原文を読んでから言っているんでしょうかと疑問に思うワケです。
 
 例えばこんな記事があります。
 

 従軍慰安婦・河野談話検証チームが狙う「韓国からの外電」
 
 「いろいろ調べてみようとしたが、どうしても慰安婦の証言の裏がとれない。政務の官房副長官だった近藤元次氏らは頭を抱えていた。だが韓国は『認めてくれたら、後は何も言わない』とせっついてきた。結局、『やむをえない』ということで決断し、河野談話の形になった」
 要するに「見切り発車」だったわけで、石原氏の証言の内容と一致する。

 
 韓国側の「要請」の有無はともかくとしても、しかしその「認めてくれたら」とは果たしてどの部分なのかというのがハッキリしないんですね。
 慰安婦の存在なのでしょうか。
 それとも強制連行の存在なのでしょうか。
 この記事、全体を眺めても、その「主語・主体」を全く明確にしていないんですね。
 言っているコトは、「韓国が要請してきて、当時の政権が飲んだ」というコトだけ。
 そしてそれは、「強制連行を河野談話が認めている」という前提でないと成立しないような主張ばかりなのです。
 この記事に関わらずですね、この問題を語る人ってこういう姿勢の人が多いんですよ。
 いったい何が問題なのか、ここを明確にせず、ただ政府や河野洋平元官房長官や当時の役人や、そして韓国を責め立てる人ばかりなのです。
 これでは議論も検証にもならないのではないのでしょうか。
 果たして何が問題なのか、まずはここをハッキリさせてから意見を述べるべきだと思います。
 
 ちょっと次に、この記事をもとにして、河野談話は河野官房長官の韓国の要請をスルーするための高度な政治判断の産物であるかもしれないっていうお話をさせていただきます。
 

「河野官房長官談話」の分析のまとめ


 いわゆる「河野官房長官談話」について、3回に渡って分析した結果を簡単にまとめます。
 詳細な分析はこちらで行っていますので、今回のまとめについてご意見等ありましたら、まずはこちらをご覧になってからお願いします。
 
 河野談話は2つの要素に分けられます。
 ひとつは「事実認定」の部分。
 もうひとつは「謝罪」の部分です。
 そしてこの2つについて、分析した結果をまとめるとこうなります。
 
-------------------------------------
◆事実認定について
1.戦時中、広範囲で慰安所が設置され、慰安婦が存在した。
2.慰安所は、軍の要請によって設営された。
3.慰安所の設置は、軍が直接あるいは間接にこれに関与した。
4.慰安所の管理は、軍が直接あるいは間接にこれに関与した。
5.慰安婦の移送は、軍が直接あるいは間接にこれに関与した。
6.慰安婦の募集は、軍が業者に要請した。
7.慰安婦の直接の募集は、業者があたった
8.慰安婦の直接の募集を行った業者の中には、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあった。
9.慰安婦の直接の募集の際の悪質な行為について、官憲がそれに荷担した事例もあった。
10.慰安婦の直接の募集の際の悪質な行為についての官憲の荷担は、軍としての行為ではない
11.慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。
12.慰安婦の出身地は、日本本土が最多。
13.慰安婦の出身地は、日本本土を除けば朝鮮半島が続く。
14.当時の朝鮮半島は日本の統治下だった。
-------------------------------------
 
-------------------------------------
◆日本政府の謝罪について
1.「従軍慰安婦」問題は、軍の関与のもと、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。
2.日本政府は慰安婦の出身地を問わず、数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。
3.日本政府としてその気持ちの表明の仕方は、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。
4.日本政府はこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。
5.日本政府は歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。
6.この問題は、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。
-------------------------------------
 
 謝罪については言葉を換えると微妙なニュアンスも変わってしまいますので、ほぼそのままの引用になってしまいますが、まとめとしてはこれぐらいでしょう。
 では、これをもっと分かりやすくまとめてみます。
 
-------------------------------------
■軍の行為
1.慰安所の設営
2.慰安所の設置・管理の関与
3.慰安婦移送の関与
4.慰安婦募集の業者への要請
 
■業者の行為
1.慰安婦の募集
2.本人の意思に反して悪質な募集もあった
3.慰安所の運営
4.慰安所の生活は強制的な状況の下での痛ましいものだった
 
■軍務を離れた官憲の行為
1.慰安婦の募集
2.本人の意思に反して悪質な募集もあった
 
■日本政府の謝罪
1.慰安婦という存在に何らかの形で軍が関与したことについて、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけたので、慰安婦の出身地に関わらず謝罪。
-------------------------------------
 
 こんなもんですかね。
 というワケで、今回はまずまとめてみたっていうところで、次回以降にさらなる考察を行いたいと思います。
 

「河野官房長官談話」のその文章を読み直す (3)


(つづき)
 
 
 ものすごく長くなってきましたが、やっと第三段落目です。
 

 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

 
 この部分なんて、まさに一見しただけでは理解しにくいようにワザと書いているとしか思えない文章です。
 というのも、ここも主語というか主体が曖昧なんですね。
 前半の「戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていた」っていう部分は、他に解釈の余地のないほどストレートな文章なので、ここはいいでしょう。
 敢えて言うなら、「日本を別とすれば」という一文で、絶対数的には朝鮮半島出身者よりも日本本土出身者の慰安婦の方が多かったと捉えるのが自然な文章になっている、というところです。
 それが事実かどうかは調べないといけませんが、そう捉えるに足りる文章であるコトは間違いないでしょう。
 
 しかし問題はその次です。
 「当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた」については、特に「意思に反して行われた」という状況を表す言葉が、「その募集、移送、管理等」という3つ全てに同時にかかっているという点が問題です。
 というのも、「募集」と「移送」と「管理」は、それぞれ主体が別であるというコトは、そもそもこの河野談話の中で自らが定義しているコトですから、本来ここは一緒にして語ってはならないハズなのです。
 一番分かりやすいのが「移送」ですよね、これは軍の管轄下によって行われていました。
 ここは誰も否定しないでしょう。
 次に「管理」ですが、これも河野談話中においては軍が行ったと定義する行為ですが、その管理とは具体的にどういう行為なのかは不明瞭な部分が多い点です。
 ただ日本語を素直に解釈するのであれば、「管理」とは、慰安所が慰安所として機能するための最低限度の外側からの保全行為と捉えるのが自然だと思います。
 そして「募集」は、河野談話が「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たった」とハッキリと業者が行ったと定義しているんですね。
 このように、「移送」と「管理」は軍が行いましたが、「募集」については業者が行ったモノだと、この河野談話自身が認めている事実であって、よって主語が違う以上はここを一緒にして述べるのは日本語としては不適切なのです。
 かなり「ひとつの文章」としては不適切な書き方をここではしてしまっているといえるでしょう。
 
 また「意思に反して行われた」も、これは上で述べたコトとまったく同じで、戦争中である以上は、特に第二次世界大戦後半のきつい場面になっていった時期の日本においては、朝鮮半島も含めた日本国内におけるありとあらゆる場面において軍の管理下におかれていたワケですから、ある程度の強制性はあったと表現するのが実情に最も即した書き方だと言えるでしょう。
 例えばお寺の鐘も軍に接収されたとか、動物園の動物も逃げ出す前に軍によって殺させられたとか、そういうお話はよく聞くワケです。
 また、従軍カメラマンも基本的にはどこでも自由に取材出来るワケではなく、行動はかなり制限されるワケですが、これだって「意思に反して行われた」という表現が使えるワケです。
 まぁそれ以前に、主体があやふやなままでの言及ですから、もうそれだけで「事実認定」という観点からは無意味な文章になっているんですが、よってこれもことさら大げさに取り上げるほどでもない部分と言えると思います。
 
 このセンテンスは、字面だけ見ればかなり印象の強い文字が躍っている部分ですが、よくよく日本語としての意味を解釈するなら、「発言者の感想以上のモノはない」と言い切れる程度の意味しか存在しないと言えるでしょう。
 
 
 第四段落目です
 

 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。
 政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。
 また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

 
 ここまでくると、だいたいの「パターン」が読めてくるのではないでしょうか。
 「本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である」も、ここでは「関与」という言葉を使っていますように、例えば、軍営慰安所があったとか、軍が正式に直接慰安婦を強制的に攫ってきたとか、そういうコトを認める文言ではありませんね。
 「当時の軍の関与」とは、この四段落目より前に述べてきた様々な事象をひっくるめて一言にまとめているだけで、そこに具体性はありません。
 これは本来日本語としてはこれはまずい表現です。
 
 そして日本語としてまずい表現だからこそ、「多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」の主体が曖昧なままなんですね。
 これだけの文章だと、その「名誉と尊厳を深く傷つけた問題」を起こしたのは誰なのかという点がハッキリしません。
 よってこうなればさっきと同じで、「ただの発言者の感想」という解釈しかできない文章になってしまうんですね。
 わざとこうしている可能性も否定出来ませんし。
 
 2センテンス目の「政府は、この機会に、」から「今後とも真剣に検討すべきものと考える」までは、河野談話として一番良く引用されると思われる「お詫び」の部分です。
 ただし今回は、極めて日本語としての解釈のみに、今回は専念します。
 
 「いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる」というのは、その「お詫び」を、どういう人達に向けたモノなのか、ここは日本語としても議論が分かれる部分ではないかと思います。
 というのも、素直にこの一文だけを読めば誰に対してなのかという部分は「従軍慰安婦」となるワケですが、しかしこの「従軍慰安婦」という単語、河野談話の中では、第一段落目に出てきた後は「慰安婦」という言葉に変わっており、ここにきて急にまたこの表現が復活していますから、果たして「従軍慰安婦」はただの「慰安婦」と区別して使っているのか、それとも単に「慰安婦」は「従軍慰安婦」の略称として使っていたのかという、ここの部分が解釈出来ないんですね。
 また河野談話は日本政府としての正式な談話である以上、それは旧軍を含めた「日本政府としてのお詫び」であるワケですが、それは果たして「軍が直接関与していない人達」に対しても含まれるのかどうか、それはこのセンテンス以前の言葉の積み重ねとして含まれるのかどうか、というのは非常に難しい問題です。
 さらに、いっこ前のセンテンスで「当時の軍の関与の下に」という文言がありますから、これは第二段落目の「旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した」に相当するモノであり、間接的関与であっても含まれる、という解釈もできるワケです。
 ここの部分が、河野談話における最も解釈が難しい箇所だと言えるでしょう。
 
 そもそも「従軍慰安婦」という言葉自体の定義が難しいワケです。
 一般的なイメージだとこの言葉は、どうしても「軍に強制的に従事させられていた人達」という感じに見られてしまいますが、しかし「従軍」という単語自体には「強制される」なんて意味合いはないんですね。
 何度も言ってますように「従軍カメラマン」は、カメラマン自身の身の安全や、軍としての不確定要素にならないために「管理下」には起きますが、軍が強制してそのカメラマンを戦場に連れてきたワケではありません。
 よって、ある程度(移送など)の管理下に置かれる「慰安婦」という存在に対して、「従軍」を付けて「従軍慰安婦」とするのは、ただの「カメラマン」と「従軍カメラマン」とを区別するのと全く同じ意味で、適切だと言えます。
 「慰安婦」だけだと、まぁなんと言いましょうか、軍人相手だけではない市井の慰安婦さんも存在するワケですからね。
 その区別として「従軍慰安婦」と表現するのは間違いではありません。
 
 では果たしてこの部分では、どういう意図で言葉を分けているのか、単なる略称なのか、それとも「特別な意味」を含めて「従軍慰安婦」と言っているのか、そこの真意がこの河野談話の文章だけでは判別が付かないのです。
 ここはもうハッキリ言って分かりません。
 ただしひとつハッキリしているコトは、「河野談話」をもってしてでも、軍が正式に慰安婦を強制的に連れてきた、というコトは一切認めていないというコトです。
 いくら「従軍慰安婦」に強制的な意味合いがあるんだというコトにしたとしても、本文の中では丁寧に「軍の直接の強制」があったと断言する表現を明確に避けている以上、この段階に来て「言葉の意味合いがあるだろ」と意味を押しつけるのは不適当でしょう。
 「軍の直接の強制」という部分を河野談話の中では明確に「分離」して言及している以上、「軍の直接の強制」という事象のみに関しては、ここが最優先させられるのは日本語として当然だからです。
 
 よってこのセンテンス(と前のセンテンスも含めたお話になりますが)を要約すれば、『この世の中には綺麗な世界しかないと考える建前論だけで言う「慰安婦なんて仕事を選ぶ女なんていない」というところから立脚した、「金のためであろうと親に売られたのだろうと何であろうととにかく「慰安婦なんていう仕事」をさせるキッカケを作ってしまったコト」に対しての謝罪だ』というのが、解釈としては一番自然かと思います。
 
 ちなみにこの段落の最後のセンテンスは、謝罪はするけど、(お金などの)実際の行動については政府としては何もしないから、あとは有識者とかで議論してくださいな、という、けっこう投げっぱなしジャーマンな表明になっている部分にも注目です。
 これは、河野談話以前に「戦争補償問題は日韓基本条約で解決済み」という従来の日本政府の公式見解に基づいた上での表明でしょう。
 「一切考慮すらしない」と言ってしまうのもアレですので、なんらかの形は見せますが、しかし政府見解を崩しかねない「政府内での議論」は避けて、あくまで「政府外」の有識者という表現を用いているのだと推察されます。
 慎重な表現でしょう。
 
 
 第五段落目です。
 

 われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。
 われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

 
 もうこの段階になると特筆すべきところもないんですが、この辺は「決まり文句」と言ったところでしょうか。
 なんかもう何度も言っているのですが、「同じ過ち」とか「繰り返さない」という述語の主語はどこまでの範囲で考えれば、「このような歴史の真実」という突然出てきた主語は具体的にどういうモノを指定しているのか、ここの文章だけでは判断が付かないんですね。
 まぁ一番あり得る解釈としては、前の段落で謝罪した内容、すなわち『この世の中には綺麗な世界しかないと考える建前論だけで言う「慰安婦なんて仕事を選ぶ女なんていない」というところから立脚した、「金のためであろうと親に売られたのだろうと何であろうととにかく「慰安婦なんていう仕事」をさせるキッカケを作ってしまったコト」』に対して「このような歴史」なのでしょう。
 ただしその「従軍慰安婦が存在するコト」自体も、その中身をキチンと考える、河野談話の中でも前半にかなり細かく分類して注意深く「軍が慰安婦を強制して連れてきた」という断言を避ける言い方をしている、という事実も考えなければなりません。
 一方でものすごい主語の範囲を広げた部分に関しては謝罪するけど、同じ口で細かい部分については事実認定すら否定している、という、二律背反な内容だとも言えます。
 ですからこれはむしろ、「総体としては謝罪するけど各論としては議論の余地がある」というコトを河野談話自身が主張している、とも言えるワケです。
 
 またもっと広く考えれば、「第二次世界大戦」という範囲に対して「歴史の真実」「歴史の教訓」と言っているという可能性も否定出来ません。
 同時にこの段落の後半部分も、全く同じコトが言えます。
 主語が明確でない以上、この程度の推察をするのが限界でしょう。
 
 
 ついに最後の段落です。
 

 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

 
 ここも前の段落の言い直しぐらいの解釈でいいと思います。
 訴訟問題もあるし、そもそも日韓基本条約に関わる問題である以上、政府が主体的にどうこう動くというのは得策ではなく、民間の研究とか有識者の議論を見守る、という程度の意味合いです。
 表現もかなり注意していて、民間の研究に「委ねる」ではなく、「関心を払って参りたい」です。
 言い方を変えれば、「見るコトもやぶさかではない」ぐらいの、「見る」とが「関心を持つ」とかいうその程度のコトすら断言しない、かなり注意した言い方となっています。
 その心理を読めば、つまりは「日本政府は、謝罪はするが、それ以上の実行を伴う行動は何もしたくない」という本音が潜んでいると言えるのではないでしょうか。
 
 
 さてとんでもなく長くなった「河野官房長官談話」の文章解釈ですが、これで以上です。
 いかがでしたでしょうか。
 結構誤解を持っていた人も少なくないのではないでしょうか。
 というワケで、次回からはこの「文章解釈」をもとにして、それ以外の部分についても含めた、包括的な河野談話について取り上げていきたいと思います。
 

ホーム > 河野官房長官談話

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2020 年 4月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top