Home > 社会

社会 Archive

広島をダシに使うのは本当にやめてください


 ごめんなさい、今日はちょっと感情的な文章になるかもしれません。
 まず一言。
 
 広島をダシに使うのは本当にやめてください。
 
 なんなのですか。
 いままで原爆や広島なんて見向きもしなかったような人たちが、いざオバマ米国大統領が広島に来るって決まってから、好き勝手広島をダシにして言いたい放題言ってくれまして。
 まして全然関係のない、沖縄の軍属の人間の犯罪をからめていろいろ好き勝手言ってですね、アナタたちは本当に広島の人間の気持ちを分かっているのですか?
 広島をダシにして自説を言いたいだけとしか思えませんよ。
 
 何度も言いますが、広島の人間の一番の想いは「核廃絶」です。
 まずこれを達成するためにどう一歩ずつ歩みを進めていくのかっていうのが重要なのであって、そのためにどうすべきかというコトを広島の人間は考えているのです。
 
 沖縄の事件、確かに大問題です。
 やえの個人的な感想としては、元軍人であろうと現在は米軍基地で働くだけの人間なので、アメリカ人に限らない全ての外国人犯罪と同じ問題(だから扱いを小さくすべきだではなく、むしろ全ての外国人犯罪はもっと大きく取り上げるべきだと思っています)だとは思うのですが、それはそれとしてももちろんそれぞれの立場でしっかりと取り組まなければならない問題だとは思います。
 でも、でもですよ、それって原爆と核廃絶の問題には何の関係もないお話です。
 「平和と核廃絶を志向するオバマ大統領なら、沖縄の事件についても真摯に耳を傾けるはずだ」とはなんのお話ですか?
 そもそもそれって日本語として成立しているんですか?
 G7サミットはG7サミットです。
 毎年7つの国で持ち回りで議長国が決まっているので、予定通り今年は日本で開催されるだけです。
 その上でオバマ大統領は、G7とは直接関係ないけど、特別に広島を訪問してくれるのです。
 それは、オバマ大統領にも様々な思惑があるにせよ、少なくとも「核廃絶」という目的のために広島を訪問してくださるのです。
 その理由だけで、サミット開催地以外の場所に忙しい日程を縫って移動してくれるのです。
 
 これ以外の理由で広島にたかってくるの、本当にやめてもらえませんか?
 
 前からずっと言ってますように、広島の人間としては様々な想いがあります。
 核廃絶という目的のためだけで、全ての感情を洗い流せるような簡単な感情ではありません。
 表に出さないだけで、奥深くにはとても言えないような暗く深い感情が渦巻いてます。
 でもそれでも、核廃絶という目的のために表に出さないだけなのです。
 
 そういう「人間の生の感情」を、このダシにしている人たちはどう感じているのでしょうか。
 全く理解していませんよね。
 むしろ広島をダシにして色々好き勝手言っている人たちは、広島の人たちのそういう気持ちを踏みにじっているとしか言いようがありません。
 
 広島や原爆・核兵器問題に興味が持てない人は、別にそれそれで構いません。
 全ての人に興味を持てなんてやえは言いませんよ。
 でもそれなら、ほっといてくださいってお話です。
 まして、興味もないのにあるようなフリをして、しかし全くそれとは関係ない自説のダシにするコトだけは本当にやめてもらいたいです。
 迷惑です。
 

日常を送ろう


 東日本大震災の時にも言いましたように、被災地以外の人が一番大切にすべきは「日常を過ごすコト」です。
 同じ国の中で大変な目に遭ったいる人がいるのに、と思う気持ちも分からないでもありませんが、ただ身もふたもないコトを言ってしまえば、だからといって被災者以外が被災者と同じ暮らしをしても復興が早まるワケでもなんでもありません。
 むしろ逆です。
 被災者以外の人が無意味な自粛を行い、経済活動を縮小させてしまえば、それだけ経済が停滞してしまい、国全体の力が弱まってしまうコトに繋がります。
 ハッキリ言ってしまえば、「被災者に寄り添って、慎ましい生活を送る」は、ただの自己満足でしかないのです。
 
 もちろん義援金を贈るとかそういう非日常の行為は、余裕のある人はどんどんすればいいと思います。
 ただし、その好意が必ずしも有効かどうかという点は考えなければなりません。
 例えば千羽鶴を被災地に送っても、むしろ邪魔でゴミにしかならないというコトは東日本大震災の時にも多く言われたコトですよね。
 またボランティアにしても、本当にいまそこに必要かどうかはシッカリと考えなければなりません。
 「いてもたってもいられないからとにかくボランティアに来た」は、高確率で邪魔にしかならないワケで、普段なんの訓練も受けていない一般人が、さらに大規模広範囲での活動なのに組織的に動く教育を受けていない一般人が突然被災地に押しかけても、むしろ二次災害を誘発する要因にしかならないと言わざるを得ません。
 とにかく人手が必要だという場面では、様々な手段を用いて現場から情報発信されますので、どうしてもボランティアがしたいという人はそれを待つべきです。
 
 冷静に考えてほしい点があります。
 それは、日本においてはここまでの災害が起きても、決して略奪などの無法地帯が出来るワケでもなく、また餓死者が出るコトもない、という点です。
 地震や津波による被害によって命を落とすコトはあったとしても、逃げた先で別の理由で命を落とすコトは日本では起こりません。
 これは最近では当たり前かのような感じで特段語られるコトもありませんが、世界的に見れば相当に珍しいコトであり、もちろん被災者には確かに日常的な生活の部分で不自由な思いをしなければならなくなりますが、少なくとも命を落とすコトはないのですから、そういう意味で、被災者以外の人が「とにかく一刻も早く、何も考えなくてもとりあえず駆けつけて手伝わなければならない」なんて事態はないんですね。
 少なくとも、そういう一刻一秒を争う事態というのは、それは消防や自衛隊などのプロに任せるべきコトです。
 特に地震などは言うまでもなく1回起こればそれで終わりというコトではなく、何度も揺れて、またその回数が増えるコトに建物などの崩落の危険性が高まるのですから、そんなところに素人が行っても、プロの邪魔をするだけ、最悪、プロの仕事を増やしてしまうだけになってしまいます。
 繰り返しますが素人が今すぐ現場に急行しなければならない理由などありはしません。
 必要な場合はプロの人がキチンと募集しますから、それに従うようにしましょう。
 
 よくよく考えなければならないのは、なぜボランティアをしたいと思うのか、です。
 それは本当に「被災者・被災地のため」ですか?
 ただ単に「自分は役に立っているんだ」と思いたいだけの自己満足になっていませんか?
 
 やえは大嫌いな言葉なのですが、「やらない善よりやる偽善」という言葉がネットで流行っています。
 でもこの言葉のニュアンスというのは「やる偽善」がそれでも役に立っているという前提の言葉になってしまっているワケなのですけど、でも実際は「むしろ害悪になっている」という場合こそを本来は「偽善」と言うのです。
 つまり「やらない善よりやる偽善」を盾にして、実は害悪にしかなっていない行為すらもこの言葉は正当化してしまっているとしか思えないんですね。
 「押しかけボランティア」は、偽善ではなく、自分のコトしか考えていない自己満足の害悪なのです。
 善か悪かの心の問題ではありません。
 「他人に迷惑をかけている」という害なのです。
 「やらない善よりやる偽善」という自己満足丸出しなこの言葉、もう一度考え直してほしいところです。
 
 自粛はいけません。
 日常を送りましょう。
 その上でどうしても何かしたいなら、義援金を送るなり、被災地産の商品をいっぱい買って経済を回すなりをしましょう。
 その上でどうしてもそれ以上を行いたいという人は、そして国や自治体のサイトをチェックして、一次情報を確認した上で、自分が出来るコトを探してみてください。
 日常を送れるコトは決して後ろ指を指される行為なのではなく、これこそが国の力になるのです。
 

テロルはCM


 フランスで起こったテロルについて一言言っておこうと思います。
 
 テロルの目的とは何かと言えば、それは「政治目的の達成」です。
 よく勘違いしている人がいるんですが、テロルとは決して暴力そのものを目的としているワケではありません。
 テロルとは「建物を破壊した、人を殺した、これで目的は達成した」というモノではないんですね。
 それはただの無差別殺人犯です。
 
 例えば日本国内最大のテロル事件のオウムのサリン事件にしても、世界で最も有名なテロル事件の9.11にしても、それは犯人達が望む世界があり、その主張があった上で、その達成のために人心に恐怖を与えてそれを実行しようとテロルを行ったワケです。
 決して破壊活動が成功したからそれで終わりってコトなのではなく、それはあくまでひとつのキッカケでしかなく、それをもって「政治目的を達成する」のが真の目的です。
 オウムもアルカイダも、それぞれの事件で多くの人間を殺しただけでは満足していなかったコトからも、それは明かですし、そして今回のフランステロルでもISISが犯行声明を出したのも、殺人そのものが目的なのではなく、ISISが主張する世界の実現こそが目的であるからこそです。
 殺人そのものが目的なら、わさわざ自分が犯人であるなんて公言する必要ないんですからね。
 
 つまりテロルとは「自らの政治手段を広く伝えるためのCM」なのです。
 
 だからやえは、テロルの犯人がどういう意図を持って破壊活動を行ったのかなんてコトは、極力書かないつもりでいます。
 他の主題でどうしても触れなければならない際には、できるだけぼやかして書かざるを得ないかもしれませんが、それ以外では触れません。
 なぜなら、テロリストにおけるテロ行為とは、その主張の流布も大きな目的だからです。
 
 テロリストの最終目的は自らの政治を達成するコトですが、やはり政治ですから、その思想の主張を広く伝えるというコトも大きな目的のひとつとなります。
 もっと言えば、その伝達によって同調者が増えれば、テロリストにとっても政治目的への大きな前進となりますからね。
 実際、ISISだって破壊活動によりその名が有名になり、そうするコトで同志やお金が集まっているワケで、破壊活動を行うコトで資金集めに繋がり、人材の獲得に繋がり、そして賛同者の獲得をするコトができているのです。
 だから「テロルはCM」なんですね。
 破壊活動は目的なのではなく、むしろそこから発生する様々なコトこそが目的なのです。
 テロリストの最終目的は政治の達成ですが、同時に破壊活動によって自らの存在自体について、またその主義主張について広く伝えられれば、それだけでテロリストにとっては大きな目的の達成になってしまうのです。
 
 ですから是非とも今後公の場でテロルを語る時には、「テロルはCM」という視点を持って欲しいと思うんですね。
 テロリストの主義主張を語れば、それだけでテロリストの利益になるのです。
 ここをよく考えて貰いたいんです。
 破壊行為そのものが目的かのように考えている人や、またテロリストの宣伝をしているだけになっているのではないかと思わざるを得ない言説を見かけたりするのですが、それこそまさにテロリストの思うツボになってしまいます。
 テロリズムとはなにか、よくよく考えて貰いたいのです。
 

ホーム > 社会

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 5月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top