Home > 社会 > 原子力問題

原子力問題 Archive

政府主導で原発事故対応をしろと言うのはほぼイコールで国有化となるが…


 今日はこらちのコメントにレスしたいと思います。
 コメントありがとーございまーす。
 

 原因かどうかはまったく違うと思います。
ただ政府としての対応が遅かったことは否めません。
東電を大人扱いしすぎたのでしょう、民間会社ということで関与を遠慮しすぎたのでしょう。
政権をとってから結構な期間がたつのにあまりにも原発事故の収束をスルーしすぎていました。
民主党からかわってすぐに2年もほったらかしにされていた応急処置でしかない現状にメスをいれるべきだったのです。
国民の顔色を伺うあまり緊急対処を怠ってしまったと考えます。
福島の事は東電の処理能力を超えており(自己利益ばかり追って無能すぎるからですが)政府がやるべきです。
他の案件と違い極めて危険なものなのですから政府権限でやってしまえばよかった、国民もそれに文句は言わないでしょう。
もし文句が出るとしたら法家原理主義者か反日主義者ぐらいのものでしょうし。
繰り返しますが2年間の間で東電はすでにその資格がない事を知らしめているのですから。
青山繁晴氏と同じく私は東電にも民主党にも、現政権にも現状維持以外何もしてこなかった責任があると考えます。
少なくとも素晴らしい対応をしたことはありません。

 
 2点気になるところがあります。
 ひとつは「ただ政府としての対応が遅かったことは否めません」というところ、もうひとつは「他の案件と違い極めて危険なものなのですから政府権限でやってしまえばよかった」というところです。
 かぶるところもありますが、順番に考えてみましょう。
 
 まず「ただ政府としての対応が遅かったことは否めません」ですが、そもそもとして、なにを根拠に「遅い」と言っているのかという点が不明瞭です。
 早いとか遅いとかいう感覚は、あくまで相対でしか語れない概念です。
 単に「2年が経っている」だけでは、それを「遅い」と呼べる根拠にはならないんですね。
 なぜ2年経っているのか、2年間何をしていたのか、そしてその2年の間に何が出来ていたと“考えられるのか”、という点を考えなければなりません。
 
 つまり「2年もあったのであれば、○○というコトが出来ていたハズ」と何か具体的な方策を挙げるのであれば、それがひとつの「指針」となって、相対論である早い遅いを論じるコトができるようになります。
 極端なコトを言えば、秀吉の「一夜城」というのは、「普通城を建てるのには年単位の時間がかかる」という基本的な指針があるからこそ、それをたった一夜で作ってしまった一夜城は「早い」と相対的に評価出来るワケです。
 もし城を建てるのに秀吉に限らず誰でも一夜で作れるような状況であれば、秀吉の「一夜城」は「一夜」とは呼ばれなかったコトでしょう。
 そう考えた時、政府の対応が本当に遅いのかどうかというのは、特に批判をするのであれば、感情だけで遅いと言うのではなく、その辺をキチンと理屈立てて考えてみるべきでしょう。
 本当に「遅い」と呼べる根拠があるのかどうかです。
 
 前回の更新では何が言いたかったコトの1つに、政府というのは民間企業に強制権をもって命令を下す機関ではない、というコトがあります。
 改めて説明するまでもありませんね。
 これが共産主義国であればお話は別ですが、日本は資本主義国であり自由主義国ですから、民間企業に対して政府が強制権を持って命令するコトは基本的にはできません。
 この原則を前にして、では汚染水の問題を考えた時、果たして本当に政府は汚染水が「流出する前」に対応が出来たのかどうかというのは、ちょっとよく考えてみるべき問題なのではないのかと前回問題提起をしたのです。
 汚染水だけではありません。
 原発事故の収束に関して、結局国民の意思によって東電は国営化されなかったのですから、全ての責任は第一義的には東電が負うというコトになったのです。
 よって原発施設の放射線漏れもその対策から完了まで東電だけでやるべきのコトであって、本来ここを政府をアテにするって発想自体がもう基本的にはイレギュラーな考え方なのです。
 
 ですから、前回から繰り返しますが、事故の規模の問題から政府が動く理由にはなるとは思いますが、ただ「初動」の問題を考えれば、それは政府が動くべき問題なのではなく、それは越権行為でしかなく、政府が動き出すのはあくまで「問題が起きた後」になってしまうワケです。
 それが、共産主義国家ではない民主主義の法治国家としての原則だからです。
 
 そう見た時に、果たしていまの政府の対応が「遅い」のかどうかというのは、それなりに考えるべき問題なんだろうと思うのです。
 もちろんやえは原発問題や東電の全てを知っているワケではありませんから、キチンと見れば「遅い」と表現するに適当な理由があるかもしれません。
 それまではやえは否定しません。
 ただ、残念ながら、いただいたコメントだけでは、またやえが知りうる限りの情報では、政府や安倍さんを口汚く批判するまでの「遅い」とする結論は得られないのではないかと思うのです。
 もし他の材料があればぜひ教えて下さい。
 
 もうちょっと言うのであれば、これを解決するにはやはり東電を国有化させるか、もうひとつは法律を作って政府に命令権を与えるか、でしょう。
 というか、国有化させるのも時限立法が必要かとは思いますが、もし「政府主導で東電の問題は全て解決しろ」と言うのであれば、国有化かそれに近い措置をとらなければならないかと思います。
 また同時に、国有化されるのであれば賠償の問題などの責任問題もキチンと整理しなければならないでしょう。
 でなければ、賠償金が税金から支払われるコトになりますからね。
 また同時に、本来東電が支払わなければならない事故対策費用の問題もキチンと整理する必要があります。
 いまでも汚染水問題の対策費がうやむやのまま税金から投入されようとしていますが、それも本来はおかしいコトなんですよね。
 あれは東電が全額出すべきお金なんですから。
 ですから、こういうコトはもっとちゃんと議論して決めておかなければならない問題のハズなんですよ。
 まして一回民主党政権の時に国有化は不採用となったのですから、その辺の整合性と共に、キチンと理屈を持って整理しておかなければならない問題なのです。
 
 可能かどうかは立法の専門家ではないやえには判断つきませんが、一番いいのは、期限を区切って東電を国有化させ、トップに官僚や政治家も入れて、その期限の中で政府主導で原発問題に対応に辺り、その間の費用は全額民営化された後の東電に、長い年月をかけさせてでも支払わせるよう、法律に明記した上で時限立法として成立させるコトでしょう。
 果たしてこんなコトが可能なのかどうかは分かりませんが、しかしここまでしてやっと「政府主導の原発対策」が出来るのです。
 本来はここまで考えなければ、議論しなければならないんですよ、一言で「政府主導の対策」なんて言いますが、それがどれだけ大変なコトなのか、マスコミも国民もシッカリと自覚して考えなければなりません。
 そしてもちろん、ここまでしてでもやれと国民が言うのであれば、やるべきでしょう。
 やえはいまの東電よりも、こうした方がよっぽど「早く」対策が取れるようになると思いますしね。
 
 
 さて長くなっちゃいましたので、もうひとつの「他の案件と違い極めて危険なものなのですから政府権限でやってしまえばよかった」については次回に持ち越したいと思います。
 

想定できるのだから対策を


 先日、「想定できなかった」と「想定しなかった」は全く違う、というお話をしました。
 想定外とは、人類史上想像を絶する出来事であってこれを防げなかったのは致し方ないという意味であるワケですが、しかし例えば東日本大震災においては、過去に同規模の大津波が発生していて、それを警告する石碑が残っているなど、決して「想定できなかった」ワケではないというお話です。
 結局想定できていた、想像はできていたコトなのに、それをしようとしなかったからこそもたらされた災厄であって、その点は致し方ないと言うのではなく、想定するよう考えを改めてシッカリとした対策をとらなければならないというお話です。
 「想定外」と逃げていては、いつまでたっても前進しないでしょう。
 
 そういう中で、やはりおかしいなと思うのが、同じ核というモノを扱うのに、より容易に想定し得るコトよりも、「可能性はゼロではない」という極論を旗印に騒ぎ立てる人が少なくないという点です。
 前者は北朝鮮による核兵器であり、後者は原発問題です。
 
 原発は、シッカリと対応すれば東日本大震災レベルの地震や大津波でも耐えれるコトが実証されています。
 実際女川原発は耐えたのですからね。
 また今回のコトをさらに教訓にすれば、さらなる対策を「想定の範囲内」として実行するコトが可能です。
 前回言いましたように、震度5とは外国であれば壊滅状態になり得る規模であるにも関わらず、日本では被害をほぼゼロにしてしまうコトもままある程度でしかなく、これはたまたまでもなんでもなく、普段からの対策をしているからこそ、高い建築基準などがあるからこそ成し得ているワケです。
 シッカリと「想定の範囲内」として考えていれば、外国からすれば「地震が多発する日本なんて住めたもんじゃない」と思っているコトでも、日本人は平然と暮らしていっているのですからね。
 結局これは「想定にしているかしていないか」だけの問題でしか無いのです。
 
 ですから原発だって、科学力次第でどうとでもなるでしょう。
 繰り返しますが、耐えた実証もあるワケですからね。
 こういう現実を目の前にして「安全が100%ではない、事故の可能性はゼロではない」という誰にも絶対に証明できない、まして「安全100%」なんてモノは現実世界には存在しないにも関わらず、それを論拠として使うのは、これはちょっと卑怯というべきでしょう。
 「想定外」に逃げても何もなりません。
 そんなコトを騒ぎ立てるのであれば、もっと「想定内」の出来事を考える方がよっぽど建設的ですし、「安全100%」に少しでも近づけるというモノです。
 
 北朝鮮による核兵器は、たったひとりの人間が決断するだけで日本人が生きている頭の上に爆発させるコトが出来るのです。
 その災厄度は原発の比ではないでしょう。
 原発はそれでもまだ爆発や放射能が広がらないよう設計が施されていますが、原子力爆弾はむしろ爆発を誘発させ放射能を広げるように設計されているモノです。
 それが、ある程度場所を特定して撃ち落とすコトができるのです。
 「想定度」はどう考えてもこっちの方が上でしょう。
 
 もちろん日本はけっこう対策を施しています。
 ミサイル防衛システムとかですね。
 でも出来るコトってまだまだたくさんあるハズなんですよ。
 その過程には憲法の改正とかありますが、でもそれは決して現実不可能な極論なのではなく、想定の範囲内での出来事です。
 そう考えたら、未だに国民からの空気によって再稼働ができていない原発問題ばかりに批判が集まり、いつ撃つか分からない北朝鮮の核兵器に対しては次の手を打とうとしないのは、矛盾にも程があると言えてしまうのではないのでしょうか。
 
 どっちかだけをすればいいっていうモノではありませんが、しかし想定できるモノに対してしようとしないのは、もはや罪とさえ言えてしまうコトです。
 ましてもしあの震災や津波を想定外と言ってしまうのであれば、ますます北朝鮮の核兵器は想定内です。
 時に日本人は「想定したくない」という心理から現実に目をそらしてしまいがちですが、そうなってしまえばますます危険はじわじわとはい寄ってくるコトでしょう。
 ひとつのコトだけを特別視してそれだけしか見えない、それだけが全てだと凝り固まってしまうのではなく、色々な面を多角的に見た上で、さまざまな想定をした上で対策を取って行かなければならないのです。

原爆忌


 8月6日は広島に原爆が投下された日です。
 広島に生まれた者として一言申し上げます。
 
 原爆、核兵器については過去にも散々言ってきましたので繰り返しません。
 それはこの辺を読んでいただければと思うのですが、今年改めて思い知らせれたのが差別の問題です。
 言うまでも無く、福島原発事故に関連する、様々な差別の問題についてです。
 
 広島で生まれ育つと、原爆関連で多くの他の地域とは違う教育を受けます。
 中には完全にヒダリに向きすぎている害悪としか思えないモノもありますが、しかし功罪の功の部分も確かにあります。
 その1つが、こういう差別の問題です。
 やえは福島原発事故の中で起こった差別問題で改めて、というよりも、はじめて気付きました思いです。
 ハッキリと差別の問題とか言うといきなり同和教育とかになってしまうのですが、しかしもっと違う形というか、原爆の問題を知っていくと必ず差別の問題っていうのは出てくる問題ですから自然に考えさせられるんですね。
 そしてその方が、シッカリと身になるんだと思うんです。
 
 かの有名な『はだしのゲン』でも、差別については度々描かれています。
 主人公のゲンも、放射能のせいで髪の毛が抜け落ちそのせいでいじめを受けてしまいますし、別の女性の登場人物もケロイドによる見た目の問題で差別を受けるというシーンがあります。
 (よく言われる朝鮮人(三国人)問題は、いい人もいれば悪い人もいるという是々非々のスタンス(というか作者の体験談マンガですからその態度は当然と言えば当然)なので、これを差別問題と言うのは違うと思っています)
 そしてまたはだしのゲンだけでなく、様々なで、時に被曝者の方本人からのお話を聞いたり、資料を見たりしながら、「原爆のにおける差別の問題」というモノを身近に感じていくワケです。
 こうして「差別の問題」と明確に区切って教育を受けるワケではなく、「原爆の問題」として差別が内在しているという形で、その苦しみと悲しみを自然と広島に生まれ育った者として感じて受け継いでいます。
 
 差別についてはよく「寝た子を起こすな論」が言われるのですが、今回の原発の件でそれが完全にデタラメだったコトが証明されました。
 もしかしたら、部落問題とかの差別についてはそれで解決するのかもしれません。
 全ての人間の記憶から部落という存在がなくなれば、部落差別のみは解決するのかもしれません。
 しかし、理由無く他人を貶し汚い言葉をぶつける差別というそのものは、「寝た子を起こすな論」では絶対に解決しないコトがハッキリしたのです。
 
 差別は差別する人が差別だと意識しなくても差別が起きます。
 「福島ナンバーには近づくな」
 このたった一言でどれだけ大きな心の傷を作るのか、やえには怒りしか覚えません。
 しかしどうせ言った人には分からないのでしょう。
 差別問題をもし教育の場で取り扱わなくなったら、またいつこのような「心ない言葉」が生まれ出てくるのか、現状でさこんな最低の言葉が出てくるのですから、分かったモノじゃありません。
 本当に悲しいコトです。
 
 これはやえの主観で、広島で教育を受けた全ての人がそうだとは言えませんし、それはなんでも人による、不真面目な人もいますし、頭が残念な人もいますし、極端に走る人もいますから、全ての人がそうだとはいいませんが、それでもやえは、広島で教育を受けた方がその差別の苦しみや悲しみを知っている分、同じ原因で起こる差別についてはシッカリと正面から問題を見るコトが出来たと思っています。
 広島の人間は誰よりも放射能のこわさを知っているからこそ、放射能に関する差別についても正面から考えるコトができるのです。
 「ピカドンが移るぞ」と言われた過去を持つ土地に生まれ育った身としては、まさか「放射能が移るぞ」なんて、そういう発想がそもそも生まれないのです。
 そしてなにより、いくら言った本人が冗談だと言い張っても、それを受ける人がどのような気持ちにさせられるのか、広島の人間なら簡単に想像が付くのです。
 
 例えば、自動車に放射能が付いてるからガソリンスタンドへの入店禁止とかいうどうしようもなく低レベルな差別が起こりましたが、広島でちゃんと教員を受けていればこんなコトはあり得なかったお話です。
 避難してきた家族の子供が、福島から来たというだけでいじめをうけるとか、しかも親まで「あの子と遊んではいけません」とか言ってしまうとか、原爆のコトを思うと、正気の沙汰とは思えません。
 もちろんこの程度のコトは常識を持って最低限の科学的知識を持っていれば当然として分かるコトではあるのですが、それが出来ない人も少なくないというコトが露呈したのが3.11であり、でも広島だったらこういうコトは無かったんじゃないかなぁと思わざるを得ないところだったりしています。
 
 ごめんなさい、もしかしたら感情がいつもより入りすぎてとりとめの無い文章になってしまったかもしれませんが、今まで原爆のお話をすると基本的には核兵器のお話になるのですが、ぜひですね、差別の問題という点も忘れないで考えてほしいと思います。
 被曝者の苦しみというのは、もちろん病気などによる肉体的苦痛もあるのですが、発病しなくても精神的苦痛がとても大きいのです。
 「いつ発病するのか」という精神的苦痛と、「差別」という精神的苦痛です。
 特に原爆の当時は、科学もいまほど発達しておらず、となれば一般人にはさらにそんな知識はない状態でのコトでしたから、言ってしまえば今の福島原発事故の時よりも全然差別が起こりやすい状況でした。
 そんな中の被曝者の精神的苦痛がどれほどのモノだったか、それはとてもとても悲しい事実だろうと思います。
 原爆の問題はこういう点もあるんだというコトを知ってもらって、そして考えてもらいたいと思います。

ホーム > 社会 > 原子力問題

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 11月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top