Home > 言論活動

言論活動 Archive

結論から入る人間とは議論にならない


 ほとんどの物事って、理由や論拠があるからこそ結論があるワケです。
 単純なお話で、例えばなぜ信号機があるのかと言えば、自動車の発達にともなって道路の交通整理が必要となったからという理由から、信号機が発明されて設置されているんですよね。
 決して「信号機を設置するために設置している」ワケではありません。
 理由も無く「道路には信号機があって当然だ」と置かれているのではなく、交通整理が必要だからという純然たる理由や論拠があるからこそ信号機はそこに存在しているのです。
 
 それなのに、理由も論拠も存在せず、結論から入ってしまう人がけっこういたりします。
 例えば、安保法案に反対する人たち。
 一見、理由らしきモノがあるようには見えます。
 「戦争が起きるから」
 でもこれ、理由になっていないというのはちょっと考えれば分かります。
 なぜなら集団的自衛権は国連が認める国家固有の権利であり、もし集団的自衛権が行使可能な状態がイコールで戦争開始の合図になるのであれば、現在進行形で集団的自衛権の行為が可能なほぼ全ての国がいまも戦争していなければならなくなってしまうからです。
 だいたいそもそもとしてですね、今回のお話の主題通りに言えば、この「戦争が起こる」という結論に対して、その論拠が存在しないんですね。
 とにかく安保法制が成立したら戦争になると、そういう決めつけだけで反対反対と騒いでいるワケです。
 このような、論拠が無い決めつけで物事が言えるのであれば何でもありになってしまうワケで、例えば「信号機があるから交通事故が起こるんだ」と言って誰が納得するのかっていうお話なのですす。
 
 でも、自分が正しいと信じて疑わない、別の意見が存在しているコトすら見ようとしない人は、何を言っても聞く耳を持ちません。
 ひどいところまでいってしまうと、「法案の中身とか言われても難しいコトは分からないが、とにかく戦争になるから反対だ」と、冷静に考えればとてもまともな人間が発するとは思えないセリフを発します。
 なぜ理由が分からないのに「戦争が起きる」という結論を得るコトができるのでしょうか。
 こんなのまだ「占い師が言っているから戦争が起きる」と言われた方が、理由が分かるだけマシと言えるでしょう。
 「理由は無いけど戦争が起こる」なんて言われても、それはただの妄想ですよねとしか言えないワケです。
 でも世の中には、こんなコトを平然と言ってのける人がそれなりにいてしまうワケです。
 
 そしてこれは決して、サヨク系の特徴ではありません。
 残念ながらどの問題でもこのような構図が発生する可能性があります。
 やえとしたらその最たるモノが、人権擁護法案に関する問題でした。
 「よく分からないけどとにかく人権擁護法案に反対するコトが日本のためだ」と平然と言ってのける人が、これがかなりいたんですね。
 「法案の中身の話をされても分からない。それは分かる人がやっていればいい。自分はただ反対するだけ」と、実際にこんなコトも言われたモノです。
 やえには、理由が存在しないのに反対という結論がどうやって出せるのかまったく理解できなかったのですが、とにかくこういう人は問題の中身に関わらず存在してしまうんですね。
 
 そしてこういう人に対しては議論が成立しません。
 議論とは論拠の応酬ですから、そもそも論拠が存在しない人とは議論にならないんですね。
 「○○という理由からその問題は賛成だ」と言っても「いいや反対だ」としか返さない人には、何を言っても聞かない、「いや反対という理由を聞かせてください」と言っても「とにかく反対だ」としか言わないんですから、議論なんて成立するハズがないのです。
 ですからこういう人とは議論するだけ時間の無駄なワケなんですが、でも残念ながらいま日本ではこんなデタラメが一定数まかり通っているというのが現実です。
 本来こういう構図には、その問題の個人的見解はともかくとした上で、主張の仕方というそもそも論として間違っていると冷静な判断を下すべきなのですが、マスコミすらこうした姿勢をとっているところがあるというのが今の日本の厳しい現状と言えるでしょう。
 
 どんな論にしろ、結論ではなくまず論拠を見るようにしてほしいと思います。
 

正しいコトを正しいと言うのが正道


 特にwebサイトとかで自分の意見を表明するのであれば、正しいコトを正しいって言うのが最も正しいコトだと信じたいじゃないですか。
 少なくともやえはそう信じてずっとこのサイトをやってきました。
 決して「本当は間違っているけど、うまく誤魔化して別の主張を広めてやろう」なんて煽動的なコトはしたくありません。
 それって結局、いつも強く批判している既存マスコミの手法ですからね。
 もしかしたら理解されないかもしれない、多くの人には受け入れてもらえないかもしれない、そう感じたとしても、やえは正しいと思うコトを正しいと言い続けてきたつもりです。
 
 そしてこういう姿勢って、せっかく誰しもが公の場で自らの主張が出来るインターネットというツールが発達した今こそ、全ての人にこうあって欲しいと思っています。
 もちろん人によって正しさは違うでしょう。
 その違う正しさによって議論が起こるコトもあるでしょう。
 でもそれでいいと思うんですね。
 それこそが本当の議論というモノであって、これこそが建設的な議論だと言えるモノでしょう。
 決して目的のために手段を選ばないようなテロリズム的手法に陥らないよう、公の場で意見を表明するのですから、自分の中で正しいと思ったコトをそのまま正しく表明して欲しいです。
 
 やえは正しさの広がりはこうして生まれるべきモノだと思っています。
 例えば従軍慰安婦の件にしても、ネットによっていよいよ朝日新聞が自らの嘘を隠しきれなくなったのでああいうコトになったワケで、しかしそれは当たり前のコトとして、マスコミだから煽動していいというワケでは決してなく、国民もマスコミも全ての人が「煽動よりも正しさ」を実践していれば、そもそもとしてこういうコトにはならなかったハズです。
 当時はネットも無かったので中々一般国民がこの嘘を見抜くのが難しかったというのは否定できないところですが、それでも国民こそが日本政府に賠償すべきだという声を強く上げていた時代があったという事実は噛みしめておくべき事柄でしょう。
 もし国民が正しいコトを正しいと認識し声を上げていれば、いまは幾分マシだったと言えるハズなのです。
 
 従軍慰安婦問題と言えば、過去にも取り上げましたようにいわゆる「河野談話」も同様です。
 河野談話を従軍慰安婦の根拠だと言わんばかりの人や、河野談話があるから韓国に言われるんだと、やっぱりこっちも「河野談話根拠説」を唱える人が、未だにかなり存在するワケですが、しかしキチンと河野談話を読めば、そんなコトは言えないとハッキリしているんですね。
 河野談話の詳しい解説はリンク先を読んで頂きたいと思うのですが、慰安所はあったし、不幸な背景によって慰安婦になった人もいたけど、軍が直接関与したとは言っていないんですね。
 そしてこれって歴史的に正しいワケですよ。
 もちろん中には好んで慰安婦になった人もいるかもしれませんが、中には親に売られた人もいたコトでしょう。
 それは日本や朝鮮半島だけの特有の事情なのではなく、時代としてどの国にもあったコトであって、それを今後無くそうとしていくコトは重要ですが、ただし実際にあったコトを無かったかのように言うのは、それも違うワケです。
 「日本は悪くない」という判断と、「慰安婦なんて存在は無かった」と言ってしまうコトは、やっぱり違います。
 事実は事実として受け止めた上で、しかしその善悪の判断は、ここも冷静に当時の状況や当時の法に照らし合わせて考えるべきです。
 そうしたとき、河野談話は決して間違っているとは言えないモノなんですね。
 
 そして、こういう正しいコトを正しいって主張する人がもっと増えてこそ、正しいコトが正しいと伝わるのではないのでしょうか。
 本来はこうやって正しさを伝えていくべきなのではないのでしょうか。
 やえはいつも思うのです。
 「河野談話なんて誤解されるモノがあるから日本が責められるんだ、日本政府はなんとかしろ」と言う人がいますが、しかし河野談話自体は正しいモノなのですから、それを否定するっていう行為が果たして本当に日本のためになるのでしょうかと。
 やえはいつも思うのです。
 もしその政府批判する労力をかけるのであれば、同じ労力で「日本は間違っていない」と公の場に発信する方がよっぽど日本のためになるのではないのでしょうかと。
 
 もちろん政府が間違っているなら、それを正面から堂々と批判するコトは、それこそ日本のためだと思っています。
 でも正しいコトを「利用されているから」という理由で批判するのは、間違っているのではないのでしょうか。
 それは悪用する方が間違っているワケであり、もし批判するなら悪用している方ですよね。
 もし正しいコトを正しいと広く伝わっていないのであれば、それは正しいコトを言っている人が悪いのではなく、正しいと言う人が少ないからなのではないのでしょうか。
 ましてその中に内ゲバのように標的を間違えている人が少なくないならなおさらでしょう。
 
 やえは、正しいコトを正しいと言うコトこそが正しいコトだと思っています。
 そしてそういう姿勢の人が一人でも増えて欲しいと思っています。
 なによりネットが発達したいま、正しさを検証するコトは決して難しくないハズです。
 ネットを、感情を爆発させるツールとして使うのではなく、正しさを検証し正しいコトを広く伝えるツールとして使って欲しいと、そう思っているのです。
 

思想を語る立場で語る


 今日は頂いたコメントにレスする形で語っていきたいと思います。
 というのもこの問題というのは、思想を語る上でよく言われるコトであり、同時に最も考えてもらいたいコトだからです。
 なぜ思想を語り、そしてなぜ思想を受け取るのか。
 こういう根本の問題です。
 

 人間はロボットじゃないからな〜
 感情も納得させないと治まらん
 この場合相手の感情を納得させないといけなかった
 プレゼンはより感情に訴えたもの勝ち
 どんなに理論的に正しいことを主張しようがね
 卑怯とかいってるうちはオリンピック招致は無理だな

 
 やえは前回の更新では、何のために何を語ったのでしょうか。
 やえは理論的思考が出来ない人や、それに便乗して安易な安倍政権批判をしている人達を批判したのであって、もっと本質的なコトは、「論理的理屈や科学的理屈に対しては、同じ論理的・科学的理屈で考えなければならない」というコトを主張しているのです。
 頂いたコメントを絡めて言うなら、「感情論は間違っている。理論的に考えろ」と、そう言っているワケですね。
 
 やえは決して、2020年オリンピックを東京に招致するため、それを促進させるために前回の文章を書いたのでありません。
 むしろそんな意味は1つもないとすら言えます。
 なぜなら、前回の更新の主題は、オリンピックに関する内容でなくても成立するからです。
 たまたまお話のキッカケになったのがオリンピックに関する記事だっただけであって、「理屈に対して感情で返答する無理筋」という主題は何もオリンピックに限らずあらゆる問題で起きるコトですから、そもそもオリンピックが東京になるのもならないのも全然関係がないのです。
 よって「卑怯とかいってるうちはオリンピック招致は無理だな」は、申し訳ないのですが、まったく内容に即していないコメントになっちゃうんですね。
 
 こういうズレって昔からよく言われます。
 「人間には感情があるんだから感情を納得させないと意味がない」とか、その手のコトは思想をやっていればよく言われるコトです。
 でもそれは、いまその場で問題に当たっている人に対する言葉なんですよね。
 今回のコトで言えば、オリンピック招致委員会ですとか安倍総理にかける言葉です。
 オリンピック招致に関係していない、またそのために文章を書いたワケでもないやえにそんな言葉をかけても仕方ないのです。
 そうではなく、やえの言っているコトはもっと根本的な、「人間はどう考えるべきで、どうあるべきなのか」というとっても難しい命題に対する主張なのです。
 そしてそのひとつとして、「人は感情より理屈を優先すべきだ」という答えがあるワケなのです。
 
 理屈で理解出来ず、感情でしか物事を考えられない人、いっぱいいるでしょう。
 それは前回取り扱った記事を見れば一目瞭然です。
 しかしやえはそういう現状に対し、「それでいいんですか?」って問題提起しているワケです。
 だって理屈に対して感情で返しても、そんなの「議論」にはならないじゃないですか。
 いや、話し合いや会話にすらなりません。
 感情より理屈を優先させろっていうのも、まずここがあります。
 例えば感情の方が大切だって言ってしまうのであれば、誰が何と言っても「自分はそんなのイヤだもーん」で終わってしまいます。
 まして「イヤだもーん」に対しても「イヤって言われるのもイヤだもーん」となってしまうワケで、こんなのが許されるのであれば、後は殴り合いの喧嘩しか決着手段はないでしょう。
 それは動物の理屈です。
 暴力だけではない力で物事を決められる能力を持っている人間は、感情ではなく論理を優先させて物事を考えなければならないハズなのです。
 人間が人間であるためにも、理屈こそを最重要視して価値判断しなければならないのです。
 
 やえは思想という面から、いまはまだいっぱい感情で物事を判断している人がいて、まして相手は論理で主張をしているのに、それを感情で反論した気になっている人がいっぱいいる現状を、やえは「それではいけないハズです」と、そう説いているのです。
 前回の内容で言えば、「東京は距離的に安全だ」という科学的論理的主張に対し、「福島の人のコトを考えろ」という感情論で返す人達は「間違っている」と、そう指摘しているのです。
 確かにオリンピック招致を目指しているいまのいまは(もう東京に決まりましたが)、いちいちIOC委員ひとりひとりに「感情より理屈の方が大切ですよ」なんて説いている時間はありませんから、いかに感情的にも納得させる必要があるんだろうと思います。
 しかしやえの役割と言いましょうか、立場はそんなコトをする立場ではありません。
 在野のネットで思想を語る身としては、オリンピックをどうするのかではなく、いかに人はどうあるべきなのかを問うのがあるべき姿でしょう。
 だってオリンピックなんて決まってしまえばこの問題はそれで終わりですが、しかし「人は感情ではなく理屈で判断すべきか」というのは、これからもずっと考えなければならない、目指さなければならない人のあり方だからです。
 やえは日本のオリンピック招致委員会やそれに関係する人に感情を納得させる言い方をしなければいけないとか、逆に感情論なんて放っておけとか、そういうコトを言ってはいません。
 言うつもりもありません。
 むしろやえは前回の更新については、オリンピック招致委員会に向かっては何も言ってません。
 そうではなく、あくまで「理論に対して感情で反論する人達」に対して、「それは間違っている」と言っているのです。
 
 最近政治のコトを扱うコトが増えてきましたが、本来はやえはこういうコトを語るために「ネット思想家」を名乗っているのです。
 オリンピックが東京になってもならなくても、そんなのは関係なく「感情よりも理屈を大切にしなければならない」のです。
 感情で物事を判断している人は「間違っている」のです。
 ですからもし仮に感情でオリンピック開催地が決まっているのであれば、それが東京でなかったとしても東京であったとしても、やえは「決め方が間違っている」と言うコトでしょう。
 やえはオリンピック招致委員会の委員でも、招致のためにネットで主張しているワケでもないのですから。
 
 もちろん、やえの今回の主張も、もし間違っていると思うのであれば、いくらでも反論してくださって構いません。
 むしろお待ちしてるぐらいです。
 ただし「理論」でもってお願いします。
 イヤだからイヤなんだー、という感情論で言われても困ります。
 それでは議論も会話も成り立ちませんからね。
 
 やえの基本的なスタンスというのは、「その問題を解決する手段」を提示しているのではなく、「その問題の根本をどう考えるのか」という思想を語っているのです。
 

ホーム > 言論活動

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2019 年 11月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top