Home > 海外 > 中国

中国 Archive

尖閣に関する諸問題は仙谷官房長官から始まった


 これは歴史的な事実として繰り返して書き残しておきたいと思います。
 
 簡単なお話、仙谷以前の時代は尖閣は「問題」にはなっていませんでした。
 思いだしてみて下さい。
 小泉政権下・第一次安倍政権下・福田政権下・麻生政権下で、中国は尖閣を理由にして外交問題をどうこうしようとしていたでしょうか。
 小泉政権時代には、日中間がかなりギクシャクしていた時期がありました。
 それは小泉総理の靖国神社参拝を中国が理由としていたからです。
 それを理由にするだけでも中国の幼稚さが際立つというモノですが、しかしあの時でさえ「尖閣」なんていう単語は全く表舞台には出てきませんでした。
 そして小泉総理が退陣して安倍さんが総理になり、まず安倍さんは中国との関係改善に乗り出してある一定の改善は見られましたし、それはその後福田政権でも引き継がれましたが、その時も「尖閣」っていう単語が聞かれるコトはほんとんどありませんでした。
 やもすれば、日本人の中にも尖閣ってどこだろうって程度の認識の人は少なくなかったかもしれません。
 麻生政権の時はリーマンショックが大変で外交的にはどうだったのかちょっと記憶に薄いですが、「自由と繁栄の弧」という中国包囲網的なモノを作ろうとしていただけに対中政策はきびしいモノになるんじゃないかと予想はできていましたけど、それでも「尖閣」っていう単語は俎上に全く上がってきませんでした。
 あの時から政治を見ていた人は、簡単に思い出される光景ですよね。
 
 この事実を前にしたら、おかしい点があると思いませんでしょうか。
 だって、小泉政権下・第一次安倍政権下・福田政権下・麻生政権下でも、尖閣諸島に対する日本の立場は一切変わっていないからです。
 簡単に言いますと、もちろん尖閣は今も昔もずっと日本の固有の領土だからです。
 
 もしこれが、小泉政権時の尖閣は「領有権不明」であり、現在は日本政府が「日本の領土だ」と言い出したというのであれば、尖閣諸島が外交問題になってしまうというのも理解出来なくもありません。
 でも違うんですよね。
 尖閣が外交問題として中国が俎上に挙げる前から、ずっと日本政府は変わらず尖閣は日本の固有の領土だと宣言し続けているのです。
 その姿勢は今も昔も一切変わっていません。
 その証拠に、昔中国も尖閣諸島にちょっかいを出そうと漁船とかを派遣していましたけど、日本政府はそれはただの領海侵犯だと、不法侵入だというコトで、日常的な対応をしていました。
 例えばパスポートを持たずに正規の手続きを踏まずに沖縄や東京に外国人が侵入したら、日本政府としては法に則って粛々と対応しますよね、国外退去とか。
 尖閣諸島が事実として日本の領土という何よりの証拠です。
 そしてそれは、それ以上の問題にはなりませんでした。
 日中間がもっとも悪かった小泉政権下ですら、尖閣諸島のコトが外交問題にはなっていませんでした。
 当然です。
 日本の中に不法滞在している中国人がいるからといって、それが日中の外交問題になるでしょうか。
 この時代は尖閣が外交問題になるコトすら想像も出来ないコトでしかなかったのです。
 
 それを一変させたのが民主党政権化での仙谷由人官房長官でした。
 
 あの時何をしたのかは敢えて繰り返しませんが、それまで外交問題の俎上に尖閣諸島を挙げるコトすらバカバカしいモノだったにも関わらず、それを一気に外交問題にまで発展させたのです。
 尖閣諸島はいまも昔も一貫してずーっと日本の領土だと変わりがないのに、仙谷以前と以降では、ここまで違うのです。
 いかにあの時の対応が大失敗だったのか、中国側からすればこれ以上無いクリティカルなアシストだったのか、一目瞭然なのです。
 そして一度俎上に挙げたら、当然中国としてはそれを降ろす必要性なんて一切ありませんよね。
 いくら日本の政権が自民党に戻ったとしても、中国が自らを不利にするようなコトをするワケがありません。
 そうして仙谷官房長官のせいで、尖閣諸島に関する諸問題がここまでの「外交問題」になってしまったのです。
 
 これは、外交はひとつ間違えば未来に対して大きすぎる負債を負わせてしまう、という痛い痛い教訓です。
 まぁ仙谷官房長官は失敗したのではなく、意図して中国のアシストをした可能性も否定できないワケですが、少なくとも政治や政権を自らのおもちゃぐらいにしか思っていなかった民主党のせいでこうなってしまったというのは、否定できない事実です。
 外交というハンドルがいかに重いのか、いまは自民党政権ですが、国民自身もよくよく考えておく必要がある事案でしょう。
 
 事実として踏まえておくべきコトは、尖閣諸島に関する諸問題は、中華人民共和国や中華民国が建国されてから、または第二次世界大戦が終わった直後の昔からある問題ではないというコトです。
 ついつい最近、たった数年の、ましてひとりの政治家、ひとつの政権が原因となってはじまってしまった問題だというコトです。
 そしてそれはなにより、現在では考えも付かないようなコトが、ひとつの外交的失敗で大問題に発展して、未来に大きな負債になってしまうコトもあり得るというコトなのです。
 

中国との付き合い方


 日本人って基本的にお人好しですし、信頼する相手には全幅の信頼を寄せる気質ですから、それは美徳だとは思いますが、場合によっては欠点になってしまいます。
 その程度で疑いもしないのであれば、騙そうとする相手にとってはこれほど汲みやすい相手もいないでしょうからね。
 例えば10年かけて信頼を築いて情報を売りさばくスパイにとっては、日本人相手なら5年でその信頼が築けるのであれば、大変にやりやすい相手と言えるでしょう。
 大もうけですね。
 特にこれは外国を相手にする場合なら尚更です。
 別の歴史と文化と考え方を持つからこそ外国であるのですから、ここはちょっと1歩冷静になって考え直さなければなりません。
 
 日中友好。
 悪いコトではありません。
 やえも友好には賛成です。
 好き好んで対決姿勢を示す必要なんて1つもありませんし、誰だって戦争はしたくありません。
 だから友好自体は反対ではありません、賛成です。
 
 でも友好と一言で言っても、中身は様々です。
 ここが日本人の悪い癖だと思うのですが、「友好」と言うと、何十年来の親友の関係化のようにべたべたな友好関係をすべき、そうでなければならないというようなイメージを持つ人が実は多いのではないでしょうか。
 例えば外交関係で言えば小泉―ブッシュ関係が友好だと、そういうイメージの人、少なくない気がします。
 もちろんそれは1つの友好の形だと思います。
 それはそれでいいのです。
 でも間違ってはいけないのが、それだけではないというコトです。
 別の形の友好もあるってコトです。
 
 日本と中国がいま経済関係で切っても切れない関係になっているというのは、マスコミがことさらに大きく取り上げていますので聞いたコトある人は多いと思います。
 数字を見れば、それは間違いではないでしょう。
 日本にとっても中国にとっても貿易相手国としてはお互いに最上位の相手国です。
 それは間違いではありません。
 ただし、それだけの事実を持って相手に対して何十年来かの親友のように思うのは間違いです。
 経済相手として最上位だからといって親友かと言われれば、それは自分の身に置き換えてみればすぐ分かるハズです、そんなコトはないでしょう。
 取引先の相手がみな親友と呼べる関係の人ばかりですか?
 お金の額としては最大級の取引先かもしれませんが、そこの社員すべてが親友ですか?
 違いますよね。
 お金の関係と親友かどうかというのは、まったく別問題です。
 中には取引先の相手と何度か交流を持ったコトで親友的な関係になる人もいるでしょう。 
 それは否定しません。
 しかしそれはあくまで個人的なお話、たまたま個人的な感性が似通っていたからというだけであって、ビジネスの関係の大小、つまりお金の多い少ないで親友関係が築かれるというワケではないコトは、これは個人間でも会社間でも国家間でも同じコトなのです。
 お金の繋がりが強いから親友、と言ってしまうのは、これはもう常識的な問題としてあり得ないコトですね。
 
 中国はビジネスパートナーです。
 親友ではありません。
 ビジネスパートナーとしての日中友好なのです。
 ビジネスパートナーというのは、今回はたまたまお互いの利益になるから手を結ぶっていう意味であり、利益になる以上は友好関係を結び続けましょうという意味であり、その方がお互いの利益を拡大させられそうだから自分の利益の為に友好関係を継続・拡大していこうという意味であって、基本はお金があってこそ、利益があってこそです。
 ですから利益が出ないなら友好関係である必要は無いワケですね。
 パートナーであるのに利益が出ないのであればパートナーとしては意味がありませんし、逆にそれがマイナスになるのであれば真っ先にその関係を見直さなければなりません。
 そしてお互いに時にビジネス相手はパイを取り合うライバルになるのですから、その利益によって関係が変わるのは当然でしょう。
 友好が先にあるのではなく、ビジネスパートナーとは利益が先にあるのです。
 
 日中関係とはこうです。
 もしかすれば日本国内には「そこを越えて真の友好を」なんて言う人がいるかもしれませんが、残念ながらそれは出来ません。
 中国は別の国家だからです。
 民族性が違います。
 考え方が違います。
 中国人民は、気に入らないという理由だけで国内の商店等を破壊して、物品を強奪します。
 日本人には理解出来ないコトです。
 少なくとも同じ国家にはなれませんし、未来永劫肩を並べて同じ方向を見る親友にはなり得ないでしょう。
 もしそれができるなら同じ国家となり得るのでしょうけど、今現在違う国家だからこそそれは不可能なのです。
 国が違うというのはそういうコトなのです。
 人間同士でさえお互いのコトを100%わかり合えるコトはないのに、国同士でそれが出来るハズもありません。
 永遠の同盟関係なんてあり得ないのです。
 
 そしてその手前までの友人にも、少なくとも中国とはなり得ません。
 なぜなら、国家としての価値観も違うからです。
 中国は民主主義国家ではありません。
 法治国家ですらありません。
 もし外国人が日本に来る場合、日本の法律を知っていれば身を守るコトは可能です。
 日本国内においては、自分が何人であろうとも、そして時の為政者が誰であっても、2国間の関係がどんなコトになったとしても、法律に書いていないコトや法律を越えるようなコトは絶対にありません。
 でも中国は違います。
 中国は日中間が悪化したという理由だけで、軽罪でも死刑にされる可能性がありますし、そもそも法を犯していなくても逮捕されて死刑にされる可能性もあるのです。
 中国という国の中では、それが憲法によって定められている合法行為なのです。
 法を越えるコトが合法なのですからなかなか変な言い方になりますが、それが中国なのです。
 日本とは国家としての価値観もまるで違うのです。
 これでどうやって親友になれ友達になれと言うのでしょうか。
 
 最初に言いましたように、日中関係が友好的になるのは問題ありません。 
 できればそういう関係の方が望ましいでしょう。
 しかしそれは、親友関係でも友達関係でもありません。
 もしそうなれればそれでもいいのですが、現状それは不可能です。
 あり得ません。
 価値観という一番根っこの部分がまったく違うからです。
 ここを無視して無理矢理友達になろうとしても、待っているのはお互いの不幸だけです。
 ですから中国が中国である以上、日中関係はビジネスパートナーです。
 お互いに利益を求め合うライバルですが、お互いに利益があるから手を握っているだけっていう関係です。
 日本人としても、これ以上を求めるのは現状日本を不幸にするだけです。
 ここの「わきまえ」はシッカリとつけるべきなのです。

事実を事実として受け止めた上で対応しなければ外交は勝てない


 あーもー。
 
 今回の自民党総裁選挙については、各候補者の発言に対するような更新はしないコトにしていたのですが、これはさすがにひどすぎます。
 これは無いです。
 だからカウンターとしての更新をしておきたいと思います。
 
 というのも、これ、国民がこの程度の認識だと、むしろ日本の危機ですよ。
 石原候補をこき下ろすために冷静さを失っているのか、それとももともとそんな見識が持てないのかは分かりませんが、しかしこんなコトを言っているようだからこそ民主党にいいようにやられて中国にいいようにやられて国益を失う結果になっているのです。
 つまり、こういう見識だからこそ危険なのであって、自民党総裁選には本義的には関係ないコトをまずもっと明記しておきます。
 内容的には石原候補を擁護する形にはなりますが、やえは石原候補を応援するための更新をしているのではありません。
 これは外交の見方についての内容であり、それは日本の国益のタメだというコトを理解して読んでいただければと思います。
 
 まず引用です。
 

【バカ】石原伸晃「誰も住んでいないから攻めてこないと言ったけど、こりゃ中国の勝ちだね(テヘッ」
 
時事通信
———-
石原氏「中国が情報戦制す」=尖閣国有化、撤回せず-自民総裁選4候補

 自民党総裁選候補者が19日午前、東京・有楽町の外国特派員協会で共同記者会見した。 この中で石原伸晃幹事長は、沖縄県の尖閣諸島をめぐる日中関係の緊迫について「これまで 領土問題は存在しないというのが(日本政府の)基本の立場だが、日中の間に領土問題が存在すると世界の人が知ることになった。中国は情報戦の緒戦を制した」との認識を示した。
 石原氏はまた、野田政権が尖閣諸島を国有化したことに関し、「民民(民間と民間)の取 引と、国が所有するのでは、中国の受け止め方は違う。ボタンの掛け違いがあった」と批判 し、中国に対する事前説明の努力が不十分だったとの考えを示した。【以下略】
———-

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012091900467

 
20 名前:イエネコ(関東・甲信越):2012/09/19(水) 14:42:53.10 ID:jxIsoM3uO
 
喋れば喋れるほどハンパない馬鹿さ加減がばれてくね
 
112 名前:白(新疆ウイグル自治区):2012/09/19(水) 15:12:56.65 ID:yc7glz3D0
>日中の間に領土問題が存在すると世界の人が知ることになった。中国は情報戦の緒戦を制した
 
おいおいそれをお前が認めてどうする!
評論家にでもなったつもりか?
こいつほんとに頭空っぽなんじゃね?
 
137 名前:サビイロネコ(東日本):2012/09/19(水) 15:21:20.48 ID:zrqqP0iS0
 
よく読め! 日本国民に尖閣を諦めろといってるんだろ わはは
 
140 名前:トラ(禿):2012/09/19(水) 15:23:50.79 ID:xICo/ay00
こいつはもしかしてチベットの事知らないんじゃね?

 
 ブログの記事名の元になっているのがこの発言でしょう。
 

 「これまで 領土問題は存在しないというのが(日本政府の)基本の立場だが、日中の間に領土問題が存 在すると世界の人が知ることになった。中国は情報戦の緒戦を制した」

 
 これをもって「こりゃ中国の勝ちだね」って発言をしたと2chやブログは捉えているのだと思われますが、本当に底の浅い、批判のための批判としか言いようがありません。
 当サイトでは尖閣の諸問題に関してはもう何度も何度も言ってますよね。
 尖閣に関する諸問題というのはもともと「領土問題は存在しない」というのが日本の公的な立場であり、日本はそれに沿って行動していた、しかしそれが崩されたのが仙谷事件だった、と。
 
 つまりですね、仙谷以前の日本の対応というのは、いくら中国が何言おうが何しようが日本はそんなのを正面から受け止めずに適当に受け流して、外国人が不法入国するなら、それは尖閣に限らないどこの土地でも同じ対応をするっていう方針でした。
 尖閣は他の日本の土地となんら変わりは無いのですから、東京に不法侵入しようが、北海道に不法侵入しようが沖縄に不法侵入しようがどことも変わりなく、「いつも通りの対応」をしてきたワケです。
 尖閣だけ特別扱いするっていうのは、むしろ変なお話ですよね。
 だって当然として尖閣は日本の領土なのですから。
 ですから日本はずっとそういう対応をしてきたワケです。
 
 それを一変させたのが仙谷官房長官です。
 
 彼の行為は尖閣を「領土問題」にしてしまったワケです。
 尖閣に不法侵入してきた船を特別扱いし、これを政治問題にして、領土問題にしてしまったのです。
 これは日本にとっては大変なコトなのですが、しかしこれ、中国として見れば非常にラッキーだったワケです。
 だって、今まではなしのつぶてだったのに、つまり今までは「問題すら存在しなかった」のに、仙谷官房長官のおかげで「問題になった」のですからね。
 もっと砕いて言えば、今までは中国一人の妄言だったモノが、交渉のテーブルに着くまでの問題になってしまったのです。
 これはステージが1段階も2段階も前に進んだというコトですよね。
 ゼロだったのが5にも10にもなったのです。
 これが仙谷官房長官と民主党の罪なのです。
 無から有を生み出して問題を発生させた大きな罪なのです。
 
 こういう構図を見たとき、では石原候補の発言をどう考えるべきでしょうか。
 

「これまで 領土問題は存在しないというのが(日本政府の)基本の立場だが、日中の間に領土問題が存在すると世界の人が知ることになった。中国は情報戦の緒戦を制した」

 
 正しいですね。
 中国が仕掛けて民主党と仙谷官房長官がアシストして、ある意味日本と中国を「対等な位置」まで引き上げて問題化をさせてしまったのです。
 今まで門前払い以下だったのに、今は交渉せざるを得ない段階にきてしまったのです。
 仙谷官房長官によって「中国は情報戦の緒戦を制した」のです。
 事実を事実として冷静に判断すれば、そう言わざるを得ません。
 ここを言葉の上だけで誤魔化しても何にもなりません。
 いえ、事実が見えなくなる分だけ、国益を損なうとしか言いようが無いでしょう。
 
 民主党と仙谷官房長官の対応は、文字通り国を売る行為そのものであって、なにがあっても決して許されるモノではありません。
 しかし民主党や仙谷官房長官が悪いからといって、この「問題」に対して何も対応しないというコトにはいきません。
 別の段階にきてしまった以上は、事実は事実として受け止めた上で対応をしなければなりません。
 中国としては門前払いから交渉する段階まで引き上がってきてしまった、これは完全に「緒戦を制した」と呼べるシロモノであるコトは、これは事実です。
 民主党と仙谷官房長官の罪は計り知れませんが、しかしいまどういう段階にあるかってコトは、その責任論とは別の問題として考えなければならないのです。
 
 もしかしたら案外この構図、理解していない人多いんですかね。
 仙谷以前と仙谷以後では全く尖閣の諸問題に対する環境が違うってコトを。
 実際問題、仙谷官房長官によって中国はすごい得をしているんですよ。
 これは紛れもない事実なんですよ。
 日本として問題自体が存在しないという見解と、仙谷官房長官によって中国が得をしてしまっているコトは、全然別問題です。
 むしろいまの段階で「中国は何も得をしていない。得をしていると言ってはならない」なんて言うのは、もはや現実を見たくない、「日本は戦争に負けていない、絶対に負けない」と妄執に駆られた終戦直前のヤバイ人達と同じです。
 現実から目を逸らしても、それはむしろ国益を損なう行為にしかなりません。
 ここのところをシッカリと理解して、現実を見据えてほしいと思います。
 
 自民党のタメでも総裁選のタメでも、まして石原候補のタメでもありません。
 誰が言ったからとかそういう視点でこんなコトを言っていても、ただただ国益を失わせるコトにしかならないでしょう。
 日本の国益のタメに、批判のための批判に陥らずに現実を見てほしいと思います。

ホーム > 海外 > 中国

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2020 年 2月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top