Home

バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

マスコミは民主主義を破壊する


 さて、急に解散風が吹き荒れているようですが、これについてマスコミはしきりに「森友・加計隠しだ」とネガティブキャンペーンをしています。
 しかしこれ、ハッキリ言って、民主主義を破壊する行為だと断じざるを得ないんですね。
 なぜなら、それを決めるのは国民だからです。
 だって本当に森友学園と加計学園の問題によって安倍政権がダメだと言うなら、それこそ選挙によって国民が審判を下せばいいんですからね。
 前国会では重要法案を前にして、野党はほぼこの問題ばかりに時間をかけて質問を繰り返し、そしてテレビなんかではそれを散々取り上げるコトによって、結果的に安倍内閣の支持率が大幅に下がったという現象が起きたのですから、それがあった上でのこの時期に解散なのですから、もし本当に「森友・加計隠し」であれば、それは国民自身が言うべきコトでしょう。
 「審議したけどやっぱり安倍総理は疑惑だらけだ。信任できない」と思うのであれば、それは国民自身の声であり、それを選挙によって示せばいいだけのコトなんですね。
 マスコミに言われる筋合いはないワケです。
 
 まだこれが、安倍内閣と対峙する野党が、自らの支持を得ようと訴えるのであればいいんですよ。
 国民の中にそういう声があって、それをすくい上げようという行為ですから、選挙の際の政党の行動としては正しい行為だと言えるでしょう。
 それが党勢拡大に繋がるかどうかはともかく、国民の声をすくい上げようとする行為は間違っていません。
 しかしやっぱり、ここにマスコミが出る幕はないんですね。
 
 つまり言ってみれば、マスコミが「森友・加計隠しだ」と主張する行為というのは、それは野党の広報を行っているというコトに他ならないんですね。
 マスコミは野党に肩入れしているのでありません。
 マスコミは野党の広報を担当しているのです。
 こんなの民主主義を破壊する行為以外何者でもありません。
 
 同時に「大義がない」とかも言っているようですが、民主主義の根幹たる選挙に、そもそも大義なんでありません。
 なぜなら、選挙そのものが大義だからです。
 民主主義を民主主義たらしめているのが選挙であり、これが行われているコトこそが民主主義の大義なのです。
 何もしなくても衆議院議員は4年の任期があるところ、3年で国民が評価を下すチャンスが得られるのですから、これは本来国民としては歓迎すべきコトなんですね。
 そもそも衆議院は平均して3年ぐらいで選挙が行われてきた、4年満期を迎えたのは数えるぐらいしかないのですから、解散自体にケチを付けるというのはイチャモンでしかないでしょう。
 3年の政権の是非を国民は判断すればいいのです。
 これは民主主義の根幹です。
 民主主義はコストも時間もかかる制度です。
 でもそれでも国民の意思によって民主主義を選択しているのですから、コストも時間もかかるけど、それでも選挙によって国民の意思が直接し召される機会というのは、国民こそが大切にしなければならないコトなのです。
 
 選挙なんですから、隠すも何も、各政党に対する評価を国民が自らの手で下す絶好の機会です。
 普段の世論調査とかなんとかなんて関係なく、これが最も重要で意味のある国民の意思表示なのです。
 国民は、森友や加計に対して安倍総理が隠していると思うのであればNOを示せばいいのですし、安倍政権約5年を評価するならYESを示せばいいのです。
 これは国民の権利であって義務であって、マスコミなんかに言われる筋合いではないのです。
 



理想論より現実論


 岸田前外務大臣が核兵器禁止条約に対して「実現不可能な条約を持ち出すコトで、より核保有国と非保有国の対立を招いてしまう。両者が協力し合える現実的な案を考えなければならない」と言ったとき、しかし日本国内でこれに賛成する声はあまり聞かれませんでした。
 これについては当サイトではしつこいぐらいに取り上げていますから今さら説明するまでもないとは思いますが、特にマスコミは、理論ではなく被爆者の感情だけを一方的に取り上げるという、ただ叩きたいから叩いているとしか思えない記事を連発していました。
 しかし現実はやっぱり、「実現可能なコトをコツコツと積み重ねる」しかないワケで、それ1つの大きな実例のニュースが流れてきました。
 

 石油輸出に上限=北朝鮮制裁決議を採択―米譲歩、中ロ容認・国連安保理
 
 核ミサイル開発を急速に進展させる北朝鮮に対する懸念の強まりを背景に、米国が決議案の調整を急ぎ、核実験から約1週間という異例の早さで採択に至った。安保理の制裁決議は9回目となる。
 米国は当初、石油の全面禁輸や、金正恩朝鮮労働党委員長を渡航禁止や資産凍結の制裁対象とすることを求めていた。ただ、北朝鮮の不安定化を懸念する中ロとの交渉で、米国が譲歩し、いずれの措置も見送られた。

 
 石油の全面禁輸がどうなるかが焦点となっていた安保理決議ですが、結果的に言えば、石油の全面禁輸は見送られる形になりました。
 これについてどう評価するか、全く無意味な決議と取るか、それとも実行できる形は作れたのだから評価すべきと言うべか、しかしでは「無意味」と言うのであれば今回は決議が無しでも良かったのですか?と聞きたいんですね。
 なぜ今回の決議では禁輸までいかなかったのかと言えば、それは中国とロシアの強い反発があったからであり、まして安保理では常任理事国に拒否権を認めており、これを使われると多数決ではなく強制的に否決されるというシステムになっているからです。
 つまり日米などが禁輸を採決の場まで持っていったとしても、そこで拒否権が出されると、全てが無に帰してしまうんですね。
 だから採決の前の交渉の場において、中国やロシアも賛成に回れる案にまで落とし込んだワケです。
 否決されて全てが0になるよりは、10ではないけど5ぐらいの具体的な意味のある案を決議して、結果を出したワケです。
 
 現実というのはこういうモノです。
 決してやえは常任理事国の拒否権というシステムが良いモノだとは思いませんし、こんな不平等なモノはないと思っていますが、だからといってそれが存在する現状においてそれを無視して考えるのも無意味であり、よってそれがあるコトを前提に物事を考えなければなりません。
 そしてそれは外交や政治のお話に限りません。
 人間が複数存在する場においては、交渉なんて大なり小なり必ず発生するワケで、その中で常に理想論ばかりが採用されているなんてコトはないワケで、それは自分の身に置き換えて考えてもそうでしょう。
 ましてそれが利害が相反する相手であればなおさらです。
 お互いの利益をお互いに、100ではないけど50ずつぐらい得られるような妥協は、だれだってした経験があるハズです。
 政治も外交も、結局は人と人とのやりとりなのですから、同じコトなんですね。
 
 石油の全面禁輸が、そもそもとして議題の俎上に上がったコト自体が前進しているという見方もできると思っています。
 記事にもありますように今回の決議は6回目になるようですが、例えば1回目にいきなり全面禁輸を提案していたらどうなっていたでしょうか。
 おそらくそれだけで猛烈な反発が起きていたコトでしょう。
 それを今回は実現可能性が見えるところまで議論の俎上に持ってきたというのは、やはり前進している証拠と言えるのではないでしょうか。
 
 現実というモノは理想通りにはなりません。
 そして本来それは誰だって分かっているコトです。
 北朝鮮の問題も、核廃絶の問題も、ゴールはここにあるワケではありませんから、どうゴールに向けて取り組みを行っていくかを考えなければなりませんが、そこに向かっての道は、決して理想論だけを振りかざせばいいというワケでは絶対にないというコトは、本来だれでも分かっている現実論でもって考えなければなりません。
 北朝鮮の問題も、では次回、もっと現実的にはどう考えられるのかという部分を語ってみたいと思います。
 



怒りは北朝鮮に向けなければ


 北朝鮮が、いよいよ日本列島を越える形でミサイルを発射しました。
 言うまでもなく、とんでもないお話であり、許してはならないコトであり、野放しにしてはならない事態です。
 
 しかしこの事態に対して、なぜか日本政府に怒りの矛先を向けている人達がチラホラと散見されます。
 でもそれって、ハッキリ言って北朝鮮を利する行為ですよね。
 北朝鮮がトンデモナイ行為をしたコトをもって日本政府を批判するのであれば、北朝鮮としては今後ますますミサイルをバンバン撃ってしまうコトになるんじゃないでしょうか。
 変なお話、やえがキムの立場だったらそうしますよ、だって撃てば撃つほど日本の政権に打撃を与えられるんですから、こんなおいしいお話はありません。
 敵対する相手が喜ぶコトをしてどうするんですかと。
 
 これ、もっと怒らなければならないコトなんですね。
 もちろん北朝鮮に対してです。
 いまの日本の報道や雰囲気って、ではミサイルが本当に日本本土に飛来したときにはどうしたらいいんだっていう、そんなお話ばかりしている気がしてならないんですが、ちょっとそれってズレてるとしか言いようがありません。
 なぜなら、対処すべきは「いかに撃たせないか」だからです。
 撃った後にどう対処すべきかは、全く準備しなくてもいいとは決していいませんしそれはそれで大切ですが、しかしそれよりも「撃つ前の対処」の方が格段に大切であるというコトは、本来言うまでもないコトのハズです。
 何事も、戦いは始まる前に勝敗がついているモノですし、少なくとも勝つためには勝つ道筋が見えてなければなりません。
 でもいまの日本では、この議論が全くできていないのではないのでしょうか。
 撃った後にどうするか、なんて後手後手の事後策しか考えないというのは、あまりにもまずい考え方だと言わざるを得ません。
 
 日本の国土を飛び越えてミサイルを撃ってきたワケです。
 例えばこれがアメリカだったらロシアだったら、いったいどんな反応をするのでしょうか。
 ロシアは過去に、間違って飛行機が領空内に入ってきただけで撃墜していたような国です。
 そしてそれが国際的に何か制裁を受けるような問題に発展したとは記憶していません。
 まして今回は、平和利用が確実な民間航空機なんかではなく、核兵器すら積むコトができるミサイルです。
 この段階まできて、「撃ってきた後どう対処しよう」と言っているのは、さすがに平和ボケしていると言われても仕方ないのではないのでしょうか。
 
 やえは感情論は好きではありませんが、怒りという感情を理性的に表すコトは、場面によっては必要です。
 そしていまこそ、その時でしょう。
 撃つ前の対処をさせるために日本政府に怒るべきだと言う人がいるかもしれませんが、それで政府の力を弱めれば北朝鮮の思うツボです。
 むしろ北朝鮮への怒りが国民の中で高まれば、その方が北朝鮮に対する対策が強いモノになっていくコトでしょう。
 政治とは政治家の考えを変えさせるモノなのではなく、国民の意思と総意によって変えさせるモノなのです。
 
 いま日本は戦後最大の岐路に立たされていると言っても過言ではありません。
 この重みをどう国民自身が考えるのか、ひとりひとりが大変な決断を迫られていると言えるでしょう。
 



Home

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 10月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top