Home > 天皇・皇室問題

天皇・皇室問題 Archive

天照大神は天皇ではない


 「天皇家の始祖神である天照大神は女神だから、天皇は女系でも構わない」
 
 こういう意見をたまに見ます。
 やえとしましたらこれ、今のところ最も皇統問題をミスリードする言い方だと思っています。
 
 天皇家の始祖神が女神である天照大神であるというのはその通りです。
 別にここに異論は一切ありません。
 というか、この議論の場合には、天照大神の性別はわりとどうでもいいお話です。
 
 なぜなら、天皇継承のルールはあくまで天皇のルールであって、始祖神ではあれど天皇ではない天照大神には関係のないお話だからです。
 
 初代天皇は神武天皇です。
 天照大神は天皇ではありません。
 天皇ではないのですから、天照大神は天皇継承のルールには関係ないのです。
 
 もっと言いましょう。
 神武天皇は実在しない人物だと言われていますが、それはもちろん天照大神も同様です。
 おそらく神武天皇も天照大神もモデルとなった複数の人物がいるのでしょうけど、ハッキリとした実在した人物ではありません。
 
 では、両人(正確には一柱と一人)とも実在しない人物なのに、それなのになぜ、この両者は神と天皇とに立場が別れたのでしょうか?
 
 天照大神がなぜ女神なのかはやえには分かりません。
 けど、天照大神は天皇としては数えられてはいないコトはハッキリしています。
 これってやっぱり、ここに明確な意志があると考えるのが自然なのではないのでしょうか。
 つまり意図して「初代天皇は男性」と定めたのであり、「天皇という存在は男系で続ける」と明らかな意志があったからこそ、初代天皇は男性である神武天皇だと定められたと捉えるのが自然だと思うのです。
 
 繰り返しますが、「初代天皇」は「男性である神武天皇」であるコトにはなんら変わりありません。
 そして天皇継承の問題は天皇の問題です。
 天照大神は天皇ではありません。
 よって、天皇継承のルールには天照大神は一切関係がありません。
 ですから、いくら天照大神が女神だったとしても、そこに天皇継承の問題には何ら影響はないのです。
 
 テレビとか公共の場では「天照大神は天皇ではないから関係ない」とは声に出して言いづらい内容ではあります。
 しかしそれを盾にして自説を押し通そうというのは卑怯な論法です。
 ですからやえはこれを、今のところ最も皇統問題をミスリードする言い方だと思っているのです。
 

歴代天皇は日本の正史である


 さて、やえが挙げました天皇継承の基本の3項目について、最後の「これらは全て日本の正史によって紡がれてきたものである」についてです。
 
 科学的に言えば初代神武天皇などは実在しないというコトのようですが、ハッキリ言ってこの際、この手のお話をする場合にはどうでもいいコトです。
 なぜなら、日本の正史として初代が神武天皇から始まっていると明確に定められているからです。
 天皇の継承の問題を考える際においては、天皇という存在が現れた時点からすでに「男系男子で継承されるべきだ」と考えられていたからこそ、初代から実在する天皇まで男系で継承されてきたと“記録”されたワケですよね。
 逆に言えば、仮に神武天皇が実在していなかったとしても、それは「男系男子というルール」を架空の過去にわざわざ当てはめたというコトなのですから、やっぱりそれはその最初の記録の当時からしてそのルールが存在したコトの証拠だと言えるワケなのです。
 
 ですから、神武天皇から数代の天皇が実在していないと言うお話をしたとしても、しかしそれが「日本の正史」である以上、むしろそれは「男系男子というルールが存在する」というコトを裏付ける証拠にしかならないのです。
 
 もう1つお話をしましょう。
 継体天皇については、いまでも本当に皇統の血族だったかどうかという議論が存在します。
 詳しくは色々と調べて貰えればと思いますが、Wikipediaにも「この特殊な即位事情を巡っては種々の議論や推測がある」と書いてあるぐらいの方ではあります。
 しかしこれも、むしろ「天皇の継承は男系男子である」というルールが存在するコトの裏付けがとれる案件となるワケですよね。
 つまり当時の皇族貴族や日本人からして、「身近な女系皇族」よりも、わざわざ「縁遠い男系男子」を天皇に迎えたのであり、それこそが正史として公式に認められた継承だったのです。
 これだけでも十分に、明らかに「男系男子」というルールが絶対だったと認識されていると言わざるを得ない証拠でしょう。
 
 繰り返しますが、これらは全て「日本の正史」で紡がれてきたコトなんですね。
 日本の正史では、どのような困難があっても必ず「男系男子」で紡がれてきたと記してきたんですね。
 初代神武天皇から125代今上天皇まで、言わば「神武天皇家」は、日本の歴史と共に常に男系男子で継承されてきたのです。
 これこそが日本の歴史なのです。
 これを無視する方がどうかしていると言わざるを得ません。
 どんな理屈を持ってしても「日本の正史」を無視できる理由になりはしないでしょう。
 
 以上、3点について天皇継承の基本としておさらいをしてみました。
 次回からは、この基本を踏まえて、天皇継承にまつわる諸議論や考え方について、色々と述べていきたいと思います。
 ぜひ多くの方のご意見をお待ちしております。
 よろしくお願いいたします。
 

男系の系統は不断の努力で繋がれてきた


 さて、前回太字で書きました皇統の基本について、「1.女性天皇の例はあっても、女系天皇の例はなし。一度たりとも例外は存在しない。」については、もう調べれば事実かどうか分かると思いますので、解説は不要でしょう。
 初代神武天皇から125代今上天皇までにおいては、女性天皇は8人10代(つまり2人は2度目の即位をされています。これを重祚(ちょうそ)と言います)いらっしゃいますが、女系天皇は一人として存在しません。
 これは誰にも変えられない事実です。
 
 よって今日は、「2.男系の系統はたまたま繋がってきたのではなく、当時の人々の不断の努力で繋がれてきた。」について解説しようと思います。
 
 たまにある誤解で、昔は側室制度などもあったために、そう難しくなく男系を紡げてきた、つまりたまたま男系で受け継がれてきただけであって、男系でなければならない理由は無かったと言う人がいるのですが、これは大変に誤解です。
 最も分かりやすい例が継体天皇でしょうか。
 第26代天皇の継体天皇は、先代第25代武烈天皇から見て、血筋はかなり遠い人です。
 こちらの図を見て頂けると分かると思いますが、継体天皇は「応神天皇5世の孫」であり、もちろん天皇の血筋ではありますが、先代の25代と26代の間にはもう一言では間柄を表現する言葉が無いくらい遠い関係での天皇の継承が行われました。
 そもそも今でも議論があるように、継体天皇の「応神天皇5世の孫」というコト自体に疑問があるぐらいの微妙な継承だったようですが、その議論は端に置いておくとしても、この事例で少なくとも確実に言えるコトは、「男系は簡単だから受け継がれてた」という事実です。
 むしろ「確かに近親者」よりも「不確かだけど男系の血筋」に継承が行われたという事実こそを重く見るべきです。
 
 つまり「男系でなければならなかった」と言えるワケです。
 だってもし「男系でなくてもいい」という認識が当時の天皇や朝廷・貴族、また一般国民の間にあったとしたら、こんな遠くの血筋の人を天皇に即位させる必要なんてなく、例えば武烈天皇の姉妹(姉妹は男系ですから問題ありますが、おそらく次が続かなかったのでしょう)とかに継がせてもよかったのではないのでしょうか。
 でもそうせず、もはや他人と呼べるような間柄の人(5代前に分かれた親戚の人と付き合いのある人って果たしてどれだけいるでしょうか)をわざわざ後継として天皇を継承したというのは、もはや「男系が絶対のルール」として存在していなければ説明が付かないワケです。
 
 そしてこれは継体天皇の1例だけではありません。
 
 こちらの図をご覧ください
 そして46代孝謙天皇と47代淳仁天皇の間柄を見てみてください。
 こちらも一言では続柄を表現できない遠い遠い親戚関係です。
 さらに48代称徳天皇(46代孝謙天皇と同一人物です)と49代光仁天皇の間からも、異母姉妹の夫という以外、血筋という意味では全くかけ離れた親戚関係の間で継承が行われています。
 むしろ異母姉妹とのご成婚は、この継承を円滑に進めるためのモノだったと言うのが実際のところでしょう。
 この「強引な継承」も、全ては「男系こそが絶対のルール」だからこそ行われたモノなのです。
 そう言わなければ他に説明は付かないのです。
 このように、これまでの天皇は何度も「継承の危機」を迎えつつも、絶対に男系継承だけは守りながらなんとかかんとか現代まで紡がれてきたのです。
 
 女性天皇は存在した上で、しかし継承は100%男系のみで受け継がれてきた、そしてそれは決して安易な道のりでは無かったという「事実」を見た時に、それでも「男系というルールなんて存在しない」と言ってしまう方があまりにも現実離れした考え方だと言わざるを得ません。
 合理的理由は一切ないのです。
 事実は、古代の時代から天皇とは「神武天皇の男系の血筋でなければならない」と明確な意志を持って継承されてきたし、だからこそ明治になってからの“憲法・法律の時代”になった際に改めて明文化されただけに過ぎない、と表現するのが適切なのです。
 
 
(つづく)
 

ホーム > 天皇・皇室問題

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2020 年 2月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top