Home > 国民の見抜く力 | 国民の責任 | 政治 > 「テレビで言ってた」は恥ずかしい

「テレビで言ってた」は恥ずかしい


 民主党政権が一度誕生してから変わったコトがあります。
 それは、マスコミの洗脳に国民が騙されにくくなりつつあるというコトです。
 中でもやえはその最たるモノとして、公共工事とか派閥とか、そういう今まで論拠も無しに悪だと断じ続けられたモノに対する再評価が最近は徐々になされている点を強く評価したいと思っています。
 
 公共工事とか派閥とか、またさらに言えば料亭とか政治資金パーティーとか、それを悪と言うのが絶対正義の雰囲気というモノが今まではあったかと思います。
 しかしこれらはよくよく考えれば、何が悪なのかという論拠の部分がかなり抜け落ちていて、これらについてはやえはもう何年も前からずーっと絶対悪ではないと言い続けて、その論拠をも示して主張してきたところですが、しかしその前に立ちふさがるのは「テレビが言ってるから悪」という、大変に頭の悪い返答でした。
 そういう人たちの中では、「マスコミが言っている」というのが論拠になっちゃっているんですね。
 でもこんなモノが論拠になるワケはなく、ではどうして公共工事がダメなのか、なぜ派閥がダメなのか、そこを自分の頭でキチッと考えてもらいたいと、やえはずっと言い続けてきました。
 自分で考えられないのであればせめて、マスコミが言っている論拠の部分をキチンと自分の中で理解して、それを論拠として言えるようになるぐらいにはなってほしいワケです。
 「なぜ悪なのですが?」という問に対して「マスコミが言ってるから」では、もはやなんのために脳みそがあるのか分からないとすら言えてしまうのですから。
 
 それほどにマスコミの洗脳というモノは大きなモノがあったワケですが、しかし最近のなりふり構わないマスコミの扇動報道に嫌気が差した、またネットというモノが普及したせいもあるでしょう、ついにそのマスコミの洗脳が徐々に解けつつあります。
 民主党政権をキッカケにして、いままで「マスコミが言っていたから」という論拠が大変に恥ずかしい物言いだというコトが分かったワケです。
 これは民主党の功績ではなく、単に民主党にどうしても肩入れしたかったマスコミの自爆ではあるのですが、まぁ良い方向に向かっているのは確かですから良いコトでしょう。
 マスコミが言うコトは絶対正義ではない、本当の真実は自分の頭で考えなければ見えないというコトが、やっとやっとここにきて理解されるようになってきたのです。
 
 公共工事も派閥も政治資金パーティーも絶対悪ではありません。
 もちろん度を過ぎれば時に悪となる場合もありますが、そんなコトはどんなモノでも言えるワケです。
 「政治主導」も民主党がやれば独裁であり現場の破壊でしたが、官僚と意思疎通が出来る人が上手く巧くコントロールすれば、それは正しい政治主導となるでしょう。
 公共工事も派閥も同じです。
 強靭な国土を作るためには絶対に公共工事は必要ですし、不況時での景気対策としての公共工事も世界中で歴史的に認められた有効な手段です。
 派閥も、人間3人集まれば派閥が出来るというように、どうしても人間関係ですからある程度のグループができて当然ですし、勉強会的な意味合い、新人教育の意味合い、また人材の把握という意味でも、党内300人以上も議員がいる中で総裁一人が全ての議員の適正能力を把握できるワケが無いのですから、そういう意味でも派閥の意味合いというのは有効なワケです。
 
 派閥が度が過ぎれば長老政治というモノにもなりますが、それもここはひとつ立ち止まって考えてみるべきでしょう。
 マスコミが言っている「長老政治」とは本当に全否定されるべきの絶対悪なのかどうかをです。
 もはや「マスコミが言っている」は恥ずかしい言葉ですから、まずは自分の頭で考えてみましょう。
 何事も、物事を語る場合には論拠が必要です。
 ここをシッカリと自分の頭で、そして自分の言葉で語るコトが一番大切なのです。
 
 マスコミに騙されず、自分の頭と言葉で国民が政治を語れるようになれば、それこそ民主主義政治として最も正しい姿になるでしょう。
 いまこそそれが実現できる時なのかもしれません。



コメント:6

nao 12-12-21 (金) 23:25

丁度いいので自分の頭の整理もかねて公共投資について胡乱な知識で一筆ぶってみます。誤謬指摘大歓迎。
まず公共投資が必要な場面は『存在します』。絶対悪論はナンセンスです。
ではどんな場合に公共投資がいるのーって事ですが、
経済学では概ね以下の三つの条件が存在する場合市場に任せてると財が供給されないってんで政府が供給したり補助金出したりするのを推奨しております。
 
1:一度供給しちゃうと誰でも使える状態になっちゃうから、自分が必要だからと私財投じて設置なんて馬鹿馬鹿しくてやってらんねー案件
ex)道路とか橋とか
2:お金に換算できない+方向への思わぬ効用(正の外部性なんていったりします)が発生するもので、市場に任せておくと望ましい供給量より少なめにしか供給されないもの
ex)教育とかねー
3:固定費用が膨大すぎて需要と供給の均衡する価格よりも費用の方が高くなってしまうもの
ex)今話題の電気とかですねー
 
要するに『論理的に考えた場合市場に任せたまんまだと必要なぶんだけ供給されることが絶対にない』ものは公共財として政府がつくったり補助したりするのがいいんじゃねーのーってのが一般的な自由主義経済学での考え方です。
これを『しゃらくせぇっ! なんでも政府がやりゃぁいいんだよぉおっ!』ってすると実際共産主義なので注意が必要です。
というわけで公共事業についてあれこれ議論する際は、まず、『何が公共投資で供給されないといけないか』の原則を把握しておくのが望ましいですねー
そいで財源を国債で手当てする場合は、『どこにどれだけ』供給するかについてもしっかりまた別の原則に従う……と
要はルールを守ってやりましょーってのが大事なわけですなー

nao 12-12-21 (金) 23:29

ってポストしておいてあれですけどブログ立ち上げて自分の庭でやれって気がしないでもないですので、
邪魔くさかったら遠慮なく削除して下さいませー

禍福は糾える縄の如し 12-12-22 (土) 0:50

さっそくマスゴミ共が安倍総裁攻撃を始めていますなあ・・・先日も書き込みましたが、こんなのを放置してはいけないと思います。党に対してだろうと政府に対してだろうと著しく中立を損ねる内容であるとか、事実を歪曲している報道に対しては毅然として対処しなければまた同じ事の繰り返しになってしまうのではないかと。古館、みの、鳥越、小倉、大越といった偏向放送の常習犯はメディアからの追放も可能にする法整備も必要かと思います。

gizen 12-12-22 (土) 2:33

自民党が導入しようとしているインフレターゲットですが
マスコミは不勉強すぎます。
マクロ経済学くらい勉強してから語ってもらいたい。
やれ物価だけ上がったらどうするだの、ハイパーになったらどうするだの・・・

そのへんきっちり突っ込んでください>やえたん

ちょっと失礼 12-12-22 (土) 10:14

池田信夫(嫌いだか)みたくインフレ政策に疑問視すること自体は良いのではないか。
ただ自民や安倍叩きに利用していることが問題なわけで。
自分はずっと前からやってほしい政策だったから期待してますけど。
ただ反対意見も必要かと思う。
経済は専門家でも意見は分かれているし正解のない分野だとも思う。

匿名 19-07-27 (土) 9:44

「自分の頭と言葉で国民が政治を語」らないから「国民(隷属)」なのです。

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2012/12/211042.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「テレビで言ってた」は恥ずかしい from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > 国民の見抜く力 | 国民の責任 | 政治 > 「テレビで言ってた」は恥ずかしい

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2012 年 12月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top