Home > 安倍内閣 | 政治 > 第三次安倍第二次改造内閣発足

第三次安倍第二次改造内閣発足


 報道されていますように、第三次安倍第二次改造内閣が発足しました。
 今日はこちらの内閣改造について、ちょっとした解説を入れておこうと思います。
 
 まず内閣の名前について説明しておきましょう。
 現在は第三次内閣ですが、これは第一次安倍内閣は小泉内閣の後の内閣を指しますので、自民党が野党から復帰した時に発足した内閣が第二次安倍内閣と呼称します。
 その後、衆議院選挙があったので第三次安倍内閣となり、さらに一度改造を行い第三次安倍改造内閣となって昨日まで来ていたところ、本日さらに改造が行われたので「第三次安倍第二次改造内閣」となったんですね。
 ですから例えばこのまま衆議院選挙がないままもう一度改造を行うと「第三次安倍第三次改造内閣」と呼ばれるコトになります。
 まぁちょっとした豆知識です(笑)
 
 さて新内閣の陣容を見てみましょう。
 
 色々言われましたが、結局のところ主要閣僚というか、行政の要の部分はほぼ留任という形になりました。
 すなわち、麻生副総理兼財務大臣、菅内閣官房長官、そして岸田外務大臣ですね。
 岸田外務大臣については自民党幹事長という見方もあり、フジテレビが大誤報もしたようですが、結局ロシア問題などの継続の任に当たるため、岸田さんが留任となりました。
 
 また重要閣僚としては、稲田朋美さんが新たに防衛大臣に就任されました。
 稲田大臣、衆議院議員としては4期と期数はそんなに多くはないのですが、第二次安倍内閣発足時から安倍総理に重用され続け、ついに防衛大臣です。
 稲田大臣と言えば保守派の姫として有名ですが、防衛大臣という立場で靖国神社に参拝するのか、諸外国の反応はどうなのか、色々と気になるところです。
 
 今回での初入閣は8人です。
 スライドも含めると新たな大臣は12人ですから、本来ならなかなかの大規模改造とは言えるのですが、やはり中核は変わらないのと、稲田さんや世耕さんをはじめ、元々政権中枢にいた人のスライドもあり、あまりガラッと変わったという感じは受けないですね。
 新内閣の一番の目玉はやはり稲田防衛大臣ですが、五輪担当大臣にスライドした丸川前環境大臣が、多少の注目点かなとは思っています。
 つまり安倍総理からの小池新都知事へのメッセージではないかと。
 丸川さんは選挙区が東京で、つまり都連所属の女性議員としてもマスコミ人としても小池さんの後輩に当たるワケですから、五輪開催に向けて政府と東京都の連携を図るという意味のメッセージではないでしょうか。
 
 ところで、内閣の方はまぁ無難な感じですが、自民党の役員はビックリしました。
 正直やえは幹事長は岸田さんだと思ってたんですけど、まさかの二階さんとなりました。
 報道などによると、官邸としては谷垣さん続投を強く望んでいたようですが、おそらく谷垣さん、かなり容態が良くないのでしょう。
 というワケで、総務会長を務めていた二階さんが幹事長にスライドとなりました。
 
 なぜ意外かと言えば、やはり二階さんは今時珍しい豪腕タイプの政治家ですから、幹事長という党内で強い権限を持つポストに就けたら、その豪腕ぶりが止められなくなるのではないかと危惧するからです。
 俗な言い方をすれば、安倍総裁にしても寝首をかかれかねないと思うんですね。
 もちろん安倍さんもそれは承知のコトなのでしょう、その上でしかし安倍総理に対しては常に従順な態度を見せ続けていてる二階さんを、むしろその豪腕でもって党内を制してもらおうという人事なんだと思われます。
 特に安倍さんとしては、自民党総裁の任期の延長という大野望がありますから、二階幹事長というのはその布石なのではないのでしょうか。
 それが成功するかどうか、これからの注目点です。
 
 最後に派閥単位で見てみましょう。
 閣僚だけで選出派閥を数えると、細田派4人・額賀派2人・岸田派2人・麻生派2人・二階派2人・石破派1人・石原派1人・山東派0人・谷垣グループ1人、無派閥3人・公明党1人(安倍総理を除く)となっています。
 しかしこれに自民党副総裁と四役を加えると、細田派5人・額賀派3人・二階派3人・山東派1人となる上に、新しい選挙対策委員長の古屋圭司さんは今でこそ無派閥ですが元々二階派で、今でも二階さんと強いつながりがあると言われていますから、今回の人事では二階さんの強い影響力が見て取れます。
 やはりここでも二階さんの豪腕ぶりが見て取れるワケです。
 
 また、意外なのが石破派から1人閣僚が出ているコトです。
 石破さん本人が閣僚を固持したコトで、石破派は完全非主流派になるのかと思われましたが、一人閣僚が出たコトで、安倍さんのギリギリのバランスを取ろうという意図が見て取れます。
 また、二階派が突出したせいか、岸田派と麻生派が多少割を食った感じになっています。
 麻生財務大臣・岸田外務大臣と最重要閣僚を占めているとは言え、第二次安倍内閣からの引き続きですから、やっぱりちょっと物足りないと言わざるを得ないでしょう。
 
 とりあえず、第三次安倍第二次改造内閣の陣容はこんな感じです。
 この内閣であとどれだけ続けるのか、そしてこの内閣で何をするのかが注目となります。
 例えば次の選挙という目線で考えても、解散自体がが安倍さんが憲法改正に手を付けるかどうかでかなり変わってきますから、安倍総裁のあと2年の任期の間でどうなるのか、予想が付きません。
 この内閣は「憲法改正」と「総裁任期延長」が、今後2年でのキーワードとなるでしょう。
 さてどうなるでしょうか。
 



コメント:5

S.S 16-08-04 (木) 2:47

 ひとえに憲法改正と言っても、まず自民党内が国家主権の厳格化から9条は神聖にして侵すべからず(岸田氏の「憲法9条の改正を考えない」等)までバラバラで、公明党との兼ね合い(支持団体が護憲派)もかなり難しいものになっています。加憲とは言っていますが、それは改憲を党是とする自民党との軋轢を生まないための表向きの配慮と見た方がいいと思われます。
 他にも是々非々型の野党も、地方分権(地域主権)の考え方といった「譲れない一線」を持っていますが、それは自民党と相容れない形となっており、妥協点を見出すのは困難な作業です。
 また仮に「国会での発議」を無事乗り切ったとしても、国民投票という洗礼がつきますが、現状でも世論調査では護憲派が優位(7月25日【日本経済新聞】『「反対」が49%で「賛成」の38%を上回った。』)であり、またいざ投票となれば、(本来は情報を正しく伝えない報道が主因なのだが・・・)集団的自衛権の法制化や特秘法で内閣支持率が低下したように、野党(民共社生)に増々有利な情勢となるでしょう。そして否決と出れば、安倍内閣は無論、自民党そのものの求心力、支持率の急落は避けられないものと思われます。
 つまり、現状では憲法改正はリスクが大き過ぎるため、本当に発議することはないのではないかが、自分の考えるところです。多分何等かの討論会は開くとは思いますが、それは「改憲へ作業を進めている」という支持者(改憲派)へのポーズ以上にはならないと思います。
 一応二階氏は、総裁任期延長は否定的ではないとは報道でありましたが。首相の望む望まないよりは、後任の人材が育っているかどうかにかかっていると考えられます。元々4年以上の長期政権が珍しい日本にとって、6年より更に伸ばすとなると、あらぬ批判(暴走だの独裁だの)が飛ぶことでしょうし。まして首相直々に述べたら尚更の事。

匿名 16-08-04 (木) 12:28

神奈川の事件は取り上げないんだね
差別はいけないとよく言ってたやえたんだから
どんな記事書くのかと思って待ってたけど
内閣改造と自分の意見を押し通す方が重要ですかそうですか

匿名 16-08-05 (金) 0:13

丸川の五輪担当大臣は女同士の不毛な争いになりそうで悪い予感しかしないw
遠藤のままの方が森や安倍との調整役として良かったんではないだろうか
まあ、すでに東京五輪の準備はグタグタだし、一回、とことんグタグタになるのも良いのもしれんけどね
二階の幹事長はわりと良いかなと思う
憲法改正は今の自民の時代錯誤な草案をベースするなら改正なんで無理だと思っていたけど、二階が慎重にやっていきたいっていうなら野党(民進党とも)とも話し合って国民が妥協できる草案が出来るかもしれない
憲法9条の改正自体は国民の多くは改正に傾いていると思うが、その内容こそが問題だろう

匿名 16-08-05 (金) 12:55

主要閣僚を4年以上も留任するのはやっぱり小泉さんの一内閣一閣僚の影響なのでしょうね
特に麻生さんと菅さんは竹中さん以上の長期在任になりそうな予感
がします
岸田さんに関しては体の良い「暗殺」な気がしないでもありませんが…(体力的な意味で)

憲法改正に関しては今の日本にとって緊急に取り組むべきなのは参議院の合区解消だと思ってます
理由にこないだの参議院選挙を見てどう考えても現実に即してないからです
最低でも都道府県に1人は議員を出す様に憲法改正するべきだと思いました

ズミシ 16-08-07 (日) 3:45

個人的に今回は党役員・閣僚人事よりも副大臣・政務官の方が面白かったですね
例えば安倍政権下で3人いる外務政務官の内1人は1年後副大臣になる人事が完全に慣例として定着した事(今回は薗浦さん)や
防衛副大臣の留任やもう一人の外務副大臣に岸さんを再登板させた事から連続性の重視している事、
外務政務官の内の1人が岸田さんの側近の一人の武井さんで、前回の木原副大臣も含めて岸田さんの外務省内の影響力が強くなって来た事、
あと個人的に嬉しかったのは木原稔さんが財務副大臣と花形ポストになった事でしたね

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2016/08/032482.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
第三次安倍第二次改造内閣発足 from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > 安倍内閣 | 政治 > 第三次安倍第二次改造内閣発足

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2016 年 8月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top