Home > 天皇・皇室問題

天皇・皇室問題 Archive

他の家の継承ルールをとやかく言うべきものではない


 さて、皇統問題についてのお話を続けていきましょう。
 今日は、男系継承という神武天皇家の継承のルールについて、大きな誤解を持っている人がいるようですので、そこを解説していきます。
 
 言うまでもなく神武天皇家の継承のルールとは「男系継承」です。
 これがどういうルールなのかというのは今さら説明しませんが、しかし間違ってはいけないのが、この男系継承というルールは決して「日本の家や組織全般に当てはまるルールではない」というコトです。
 つまりですね、家とか組織とかって次の代次の代へと継承されていくモノですし、ほとんどの場合そのための努力をするワケですが、その継承のルールとはそれぞれの家や組織が自ら独自に決めるコトであって、外の人がとやく言うモノではないんですね。
 
 例えば徳川宗家は、宗家にもし継ぐべき男子がいなくなったら、いわゆる御三家のどこかから養子を迎えて宗家を継ぐというルールを定めました。
 最後の将軍徳川慶喜は、御三家の一つ水戸藩出身で宗家を継いだというのは、幕末ファンにはおなじみだと思います。
 また例えばいわゆる「一子相伝」なんて言われる家では、実子の一人にだけ秘伝の技を伝えていくっていう方法で継承していますよね。
 一方、同じ技を伝えるという継承でも、弟子の中から最も優秀な人を宗家に迎えるっていう家もあるでしょうし、新選組の局長近藤勇が宗家を継承していた天然理心流は、勇で3代目ですが、初代から勇まで全て養子で継承されています。
 勇は子供の頃に2代目に剣術のセンスを認められて養子に迎えられたっていうのは、幕末ファンにはおなじみのお話です。
 さらに例えば神社なんかでは、元皇族の方が継承するところもあれば、世襲のところもあります(ラーメン・つけ麺・僕イケメンの人は実家が神社で継がなきゃいけないと言ってますよね)。
 そしてそのどれもが、他人がとやかく言うべきモノではありませんし、そして世間には普通に受け入れられている継承のルールなワケです。
 
 神武天皇家が男系で継承してきたのは、それは神武天皇家が自ら定めたルールだからです。
 勘違いしてはいけないのが、この男系というルールをもって、性別の論争にもっていってしまうコトです。
 違うんですね。
 この際、男性が女性がってお話なのではなく、それは単に「そういうルール(男系)だからそのルール(男系)で繋がなければならない」と言っているだけなんですね。
 例えば神武天皇家が仮に女系で繋がれていたのであれば「絶対に女系を崩してはならない」と言っていたでしょうし、宮家からであればだけでもいいというのであれば「宮家を増やす努力をすべき」と言っていたコトでしょう。
 やえは、男性が優位であるべきだと考えているから男系で継承すべきだと言っているのではなく、神武天皇家が男系で継承してきた、逆に言えば男系だけがルールとして絶対的に守られて継承されてきたからこそ、男系でなければならないと言っているのです。
 ただそれだけのコトで、つまりこれは事実の確認なのです。
 男女論は個人の思想であり主張でしかありませんが、「神武天皇家が男系で継承してきた」は事実の確認でしかなく、やえの個人的な思想でも主張でもないのであり、よって誰も否定するコトはできないのです。
 
 これまで悠久の歴史の中で神武天皇家が男系で繋いできたのですから、もし男系が途絶えるような事態になったら、それはやっぱり神武天皇家ではなくなる(天皇ではなくなるという意味ではありません)と言うしかありません。
 これも考え方なのではなく、事実の確認です。
 ここに個人の思想を挟む余地はなく、「男系で継承された時だけ神武天皇家の継承」は、誰であったとしても否定はできない事実なのです。
 これが基本です。
 よくよく踏まえておく必要があります。
 
 ですから、天皇であればどんなルールでもいいと主張するのであれば男系にこだわらないのかもしれませんし、やえも存在自体を完全否定するつもりはありません(当たり前ですがルールによりますので)が、ただその際一つだけ確実に言えるコトは、男系でなければ「神武天皇家の継承ではない」という揺るがしようのない事実です。
 「神武天皇家ではなくなる」というというのは動かしようのない事実なんですね。
 すなわちこの問題、男系か否かを考えるというコトは、イコールで「神武天皇家を続けるかどうか」の問題なのです。
 

国民こそが神武天皇家の存続を願わなければ


 三笠宮崇仁親王殿下のご薨去の報に接し、謹んで哀悼の誠を捧げます。
 
 この皇統問題について、やえが一番理解できないコトは、「どうせ旧宮家復帰などはできないんだから言ったって無駄」という手合いの、どこか他人事のように言う意見や人達です。
 なぜ理解できないのか、先に結論を言うならば、こういう人達がいるからこそ実現できないからであり、こういう人達こそが一番の障害になっていると思っているからです。
 例えば「旧宮家の皇族復帰」は、もちろんご本人達の同意が必須ではありますが、そこさえ乗り越えれば法律改正で実現できるハズです。
 そして現状は、旧宮家の方達に正式に打診すらしていない状況です。
 ではなぜ打診すらできていないのかと言えば、これはまさに「国民の理解が得られないから」だと言うしかありません。
 端的に言います。
 この問題の障害は国民なのです。
 
 「国民の理解が得られない」という一文を読み上げる時、どこか自分だけはここに含まれないかのような他人事感が伴います。
 これは皇統問題に限らず政治全般に言えるコトなのかもしれませんが、「どうせ自分だけが意見を言っても全体は変えられない」とか、「自分の一票では何も変わらない」とか、どこにでも見られる、そういうあきらめのような感情ですね。
 でも、特に民主主義政治において国民自身がそう思っていては、本当に何も変わりません。
 逆に言えば、国民の主張が大きなモノになれば、政治は簡単にひっくり返すコトが出来るのです。
 国民が動かなければ政治は変わらないのです。
 そのためには、別に一人で国民を動かせなんて言いませんよ、でもせめて自分だけは「そうすれば可能だ」と主張すればいいじゃないですか、そう思えばいいじゃないですか。
 それなのになぜ「どうせ出来ない」と言うのでしょうか。
 なぜ真反対のコトを、反対するかのように言うのでしょうか。
 その必要性は全くないんじゃないですか?
 端的に言います。
 アナタが「どうせ出来ない」と言うから本当に出来ないのです。
 
 そしてその一人ひとりの思いの結果、本当に国民運動のように世論が盛り上がれば、政治は動きますし、皇族の方の気持ちだって変わってくるでしょう。
 他人を動かすコトは難しいかもしれません、でも、自分の気持ちを動かすコトはできるじゃないですか。
 それなのになぜ自分だけが特別かのように他人事を言うのですか?
 これは日本国民全員の問題なのです。
 この自覚が国民が一番欠けているのではないのでしょうか。
 
 敢えて悪意ある言い方をするなら、「どうせ出来ない」と言う主張は、自分への責任を回避した上で神武天皇家の断絶を狙っている卑怯な戦法を採っている人なのではないかと、疑ってしまうんですよね。
 本当はそうは思いたくないんですが、なぜ自分の気持ちすら反対に走るのか、理解が出来ないのです。
 つまりそういう人って、ニヒリズムを装って、実は日本の歴史の断絶を計っている人達ではないのでしょうかと。
 少なくとも、出来るコトがまだあるのに、その可能性すら投げ捨てる姿というのは、あまりにも無責任ですし、むしろ別の意図があるのではないかと疑わざるを得ないのです。
 もしそうでなければ、もう一度国民の責任をよくよく考えてもらいたいです。
 
 前回言いましたように、やえは決して新しい天皇家を否定するつもりはありません。
 しかし可能性があるにも関わらずそれを捨てる方向に進むのなら、それは事実を事実として指摘するしかありません。
 それは天皇家を敬う気持ちとは別問題です。
 「それを指摘するのは天皇家を敬う気持ちを裏切るコトになる」かのような言説には与しません。
 事実は事実です。
 ですから、神武天皇家が断絶してしまえばこれまで悠久の歴史を育んできた日本の国家としての歴史を一度断絶するコトになるという事実は指摘し続けますし、存続させる手立てがあるのに可能性すら捨てるようとしているという事実も指摘していきたいと思います。
 

女系になれば「神武天皇家」ではなくなるので男系維持を最後まで努力すべき


 では、これまでのお話を踏まえた上で、ではどう考えるべきなのか、やえはどう考えているのかというところについてお話をしていきたいと思います。
 
 まず前提というか基本であり、繰り返しになると思うのですが、誤解されたくないのでもう一度言っておきます。
 やえは決して天皇という存在が日本には必要ないなんてコトは毛頭思っていませんし、むしろいまの天皇のあり方が永遠に続いて欲しい、続くべきだと思っています。
 そのためにはなんでもやるべきだと、出来るコトなら躊躇わずにどんどんやるべきだと、そう思っています。
 もはや世界で唯一と言っていいでしょう、有史以来一度も骨格が変わらず現代に至っている国家というのは日本だけであり、それは誇りに思うべき日本の素晴らしさであって、これをこれからも続けていく義務が日本人にはあると、やえはそう思っています。
 
 その上で考えるべきコトがあります。
 仮定のお話ですが、では女系の方が天皇を継承するとしましょう。
 しかし女系になった時に、果たしてそれは事実として「それまでの天皇」であるかどうかについて、やえはここに異議を唱えざるを得ないのです。
 だってそれは「やえの個人的意見」ではないからです。
 これは明らかに事実として違うんですよね、「それまでの天皇家とは違う天皇家になる」というコトは。
 なぜそうなのかはこれまで説明してきた通りであり、そしてそれは、やえの「続いて欲しい」という気持ちとは全く無関係のコトなんですね。
 気持ちがいくらあっても、現実は無情にも一の感情とは裏腹にただ流れていくだけなのですから。
 ですから、仮に女系の方が天皇の御位に就いたとしましょう。
 その際、誰がなんと言おうと「これまでの天皇のあり方ではない」、簡単に言えば「神武天皇家の継承ではない」、としなければなりません。
 まずこれは事実としての確認なのです。
 
 意見の部分はここからです。
 しかし天皇家が変わってしまうとしたとしても、だからといって天皇という存在に全く意味を見いだせなくなったとは、少なくともやえはそうは思いません。
 女系の方が天皇の御位に就いても、これまでの神武天皇家の縁戚の新しい天皇家が誕生したのであり、天皇を戴く日本という基本的国家は保たれていると、そう思います。
 決してやえは、神武天皇家が続かなければ他には一切価値は無いので天皇という存在なんてやめてしまえ、なんて全く思っていません。
 新しい天皇家が出来たとしても、いまと変わらない敬愛の心は持ち続けると思います。
 これはやえの個人的な意見です。
 
 よって、ここからが「価値観の違い」「人によって意見が変わるところ」になります。
 「神武天皇家でも新しい天皇家でもどちらでもいいから、とにかく天皇を戴く国家としてあり続けるべきだ」と考える人なら、より継承しやすい新しいルールを作るべきだと主張するでしょう。
 しかしやえは、神武天皇系の継承こそを最優先と考えますので、そういう意見とは相容れられません。
 「女系天皇になったら神武天皇家ではなくなる」という事実がまずあり、それを前にしたらやえは、男系継承=神武天皇家の継承が何よりも最優先であるという意見になるのです。
 やえは決して新しい天皇家を天皇とは認めないなんてコトは言いませんが、最優先にすべきは神武天皇家の継承であって、その可能性があるウチは他の天皇家を新しく作るなんてコトは考えるべきではないと思っています。
 
 意見の違いがあるなら、まずここです。
 キチンと言っておきたいコトは、いまの神武天皇家と新しい天皇家は何ら全く変わらない、かのように誤魔化して言う人が時々いるので、それは絶対に違いますとは言っておきたいので、これまでまずそこを複数回にわけて説明してきたのです
 ここは意見の相違なのではなく、事実の部分ですから、もはや議論にすらならないのです。
 ですから、よろしければ「意見の相違がある部分」について、色々なご意見があればお聞かせ頂きたいと思います。
 

ホーム > 天皇・皇室問題

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2017 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top