Home > 国民の見抜く力 | 国民の責任 | 安倍内閣 | 政治 | 日本維新の会 > 権力闘争しか頭にない維新の会

権力闘争しか頭にない維新の会


 今日はこちらのニュースです。
 

 黒田氏に不同意も=維新・橋下氏
 
 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は25日、日銀の次期総裁に黒田東彦アジア開発銀行総裁を起用する人事案が国会に提示された場合の対応について、「いきなり財務省OBの就任を認めてしまうよりも、民間人からまずは幅広く(人材を)探っていくべきではないかという維新の哲学を、しっかり示すべきではないか」と述べ、同意しない可能性を示唆した。市役所内で記者団の質問に答えた。

 
 さてこのニュースですが、今朝のテレビ朝日の「モーニングバード」でも取り上げていて、その際に記者会見の様子も放送していました。
 その中で橋下市長は「民間から人材を探っていって、それで万策尽きたら財務省OBもあり得るが」というコトを言ってたのですが、やえはこのセリフを聞いた瞬間、ああもうこの党は権力闘争しか頭にないんですねと思ったのです。
 
 そもそも「財務省出身だから」っていうのは、反対する理由にはならない、論拠にはならないじゃないですか。
 財務省悪玉論なんてマスコミが作りだした妄想であり、その悪玉論ですらまともな論拠が存在しません。
 財務省は間違いなく日本政府の機関であって、財務省がやるコトなすコト全て悪だと言うのであれば、それは日本政府の解体論からまず始めなければならないでしょう。
 ですから、日本という国家の政府機関が全て悪だと言う人であれば、まぁこういう論拠でもいいのかもしれませんが、しかしまさか日本維新の会はそうではありませんよね。
 少なくとも橋下市長がそこまで言っているところをやえは聞いたコトがありません。
 もしそうするのであれば、まずは全ての役人のクビを切るところからはじめなければならないですからね。
 もちろんですが、財務省の政策全てが正義なんて言うつもりはありませんし、全ての官僚が良い官僚とは言えませんが、それは同時に、優れた官僚もいるっていうコトの裏返しでもあります。
 なんでもかんでも財務省が裏にいるとか、財務省のシナリオで動いているとか言ってる人は、ちょっと頭を冷やした方がいいです。
 もし財務省が政治の全てを動かしていたら、役所には政権交代なんてないんですから、民主党政権と安倍政権とでここまでの違いが出るワケがないんですからね。
 ですからただ単に「財務省」っていうくくりだけで物事を判断するのは、もはやマスコミに洗脳されているアレな人か子供かぐらいの単細胞思考と言わざるを得ません。
 
 まして今回提示された黒田さんっていう方は、財務省の中でも異例の長さの財務官を務め、現在はアジア開発銀行の総裁という、財務省の中でもピカイチの手腕を持っている人だと伝えられているところです。
 また、ずっと財務省の中にいて事務次官に上り詰めるより、財務省を体感して内閣官房参与に起用されたり、その後一橋大学の教授を務めたり、そしてその後にアジア開発銀行総裁に就任するなど、もはや財務省という枠組みに留まらない力を持ち合わせていると評するのが、その経歴から見て取れるワケです。
 こういう人をもって「財務省出身だからダメ」と言うのは、物事がまるで見えていない単細胞思考か、もしくは最初から反対のための反対を決めていて、その理由を探しているだけの人かの、どちらかとしか言いようがないでしょう。
 
 橋下市長の悪辣さは、「万策尽きたら財務省OBでもいい」というセリフに現れています。
 これはつまり、「にっちもさっちも行かなくなったら自民党は自分のところに泣きついておいで。そしたら助けてあげるよ」という意味です。
 自民党に恩を売り、国政の中でイニシアティブを握ろうと画策しているのでしょう。
 最初は反対して自民党を困らせ、最後に自分が助けてヒーローになろうという、そういうシナリオを描いているのだと思われます。
 しかし、そもそもとして日本銀行総裁という日本の中でもかなり重い役職の人間を、「仕方ないけどこの人で我慢しよう」程度で認めるという発想が間違っているんですね。
 「万策尽きたからこの人でいい」とは、なんとも失礼なお話です。
 本来は「その人がベストだと思うから賛成」もしくは「こっちの人の方がふさわしいから反対」とならなければならないのですが、橋下市長の口からはそんなセリフは出てきません。
 「日銀総裁は適当でもいいから、自分のいうコトさえ聞けばとにかく決定は出来るよ」という政局を安倍総理に仕掛けているだけなのです。
 つまり橋下市長と維新の会は、権力闘争しか頭にないんですねと断じざるを得ないのです。
 
 みんなの党も「財務省OBだからダメ」と言っているようですが、どうしてこういう人達は人物本位で物事を見るコトが出来ないのでしょうか。
 財務省OBでない人間が日銀総裁になっても、白川総裁のように日本の経済を壊すコトしか出来なかった人もいるのに、なぜ「人物本位」が出来ないのでしょうか。
 財務省OBでも、民間出身でも、ダメな人はダメであり、有能な人は有能なのです。
 こんなコトすら分からない橋下市長や維新の会やみんなの党は、所詮民主党と同じレベルだと言うしかありません。



コメント:3

せい 13-02-26 (火) 22:22

最近、倉山満氏の「財務省の近現代史~政治との闘い150年を読む~」を読んで、大蔵省を誤解していたというか、戦前、戦中からずっと日本のために頑張ってきた組織だったんだなと知りました。まあほんの触りというか、ずいぶん要約しているそうですし、鵜呑みにはしておりませんけれど、そもそも大蔵省について取り上げることもあまりやってこなかったそうですので、この本はかなり参考になります。
戦前、高橋是清が死んだ後に近衛文麿によって送られた異分子によって軍部の予算要求に歯止めがかけられなくなったとか、GHQ支配の前半、アカと闘って日本守ったとか、戦後の法では戦前と違って政治の暴走を止められなくなり、田中、竹下時代のバラマキ要求による赤字国債のトラウマを負ったとか、、、いま増税を叫んで悪者にされていますが、実は心から日本のために闘ってきた組織だったんだなとかなり見方が変わりましたね。増税は大蔵省の伝統に反する行為らしいですので、正気に戻って頂いて、高橋是清の時代のようにアベノミクスを後押しして欲しいですね。

nao 13-02-26 (火) 23:13

>白川総裁のように日本の経済を壊すコトしか出来なかった人もいるのに、

経済無策っつーかアンチ経済の民主党政権下で日銀まで緩和的なスタンスとった場合に国債の信認がどうなったか、ちょっと想像してみると楽しいんじゃないすかね?

成長がないですね 13-02-28 (木) 0:01

あいかわらず「新聞の見出し」で全てを判断する愚かさに気づくべきですね。
日々のぶら下がり会見が動画でアップされているので、これほどソースを確認しやすい人は居ないのですけれどね

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2013/02/261116.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
権力闘争しか頭にない維新の会 from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > 国民の見抜く力 | 国民の責任 | 安倍内閣 | 政治 | 日本維新の会 > 権力闘争しか頭にない維新の会

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2013 年 2月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top