Home > 言論活動 > 政治家批判とは?

政治家批判とは?


 やえも皆さんのコメントのレスで、一言「政治家批判」という言葉を使ってしまっているので、様々な意味で混同してしまい、誤解を生みやすくなってしまっていてちょっと失敗したかなと思っている部分もあるんですが、やえが言いたいのは「政治家に直接向けた主張なのか」それとも「政治家を評価し、それを国民に向けて主張するのか」では全く意味合いが違うワケなのです。
 
 政治における結果と過程、そして主張するってコトについては、2つの点において、2つの視点が必要なんだと思うんですね。
 まず「政治家に直接向ける主張なのか」それとも「政治家の行動への評価を国民に向ける主張なのか」という点。
 そして次に、そもそもとしてその主題に対しては政治家はどういう行動を行うのが正しいと主張者が判断するか、です。
 
 「男系を優先するために、最終的には法改正すべきだ」という結論が同じだったとしても、この2つと2つの点において、その主張方法は大きく変わります。
 この皇統問題で言えば、やえは「政治家に直接向ける主張なのか」についてはすべきではないと思っていますが、その前に、そもそもとしてこの件は本来は国民の側から動くべき問題であるという前提があります。
 特に「天皇皇族と政治家(権力者)との距離という非常にデリケートな問題」は、日本という常に天皇を戴いた上で悠久の歴史をはぐくんできた国家としては、本当によくよく考えなければならない問題です。
 その上で本来なら、国民の側からキチンと道筋を立てた上で、権力者にはただの実務者として動いて貰うっていうのが、この皇統問題で言えばベストでしょう。
 一方最も悪いのは、一部の国民の声だけに押されて動くような事態です。
 これだけは絶対に避けねばなりません。
 ですから、「政治家に直接向ける主張」はすべきではないと思っています。
 
 ところでやえはこれまで、政治家の評価、政党の評価という意味では、過去に色々と文章を上げてきました。
 例えば、民主党政権の時代は、今ではなかなか考えられない、記憶が薄れている人も多いかもしれませんけど、特に前期は民主党政権こそが正しくて批判する人間は悪だと単純なレッテルが貼られるぐらい、強い民主党への追い風がネット上でも吹いていましたが、やえは以前の主張通り、あの政党が行う政策の多くの部分について具体的に指摘をして間違った政策だと、かなり強く批判をしていました。
 でも間違って欲しくないのは、これらは全て「国民に向けた文章」なんですね。
 これって過去何度か説明しているんですよね、実は。
 つまり「政治家を直接批判して政治家の行動を変えてやろう」とした文章なのではなく、「政治家の間違った行動を国民に向けて説明するコトによって、国民の意識に訴えよう」という意味での文章なワケです。
 似てるように思うかもしれませんが、これ、全然違うワケです。
 
 お話を皇統問題に戻すと、何度も言ってますように、やえはいまの動きについて政府与党の動きが間違っているとは思っていません。
 もし間違っているとやえが判断するなら、「安倍政権はこんな風に曲がっているんですよ」と国民に向けて文章をアップしていたかもしれませんが、しかしこの件に関しては、安倍政権も与党も間違っているとは判断していません。
 となければ、「政治家の行動への評価を国民に向ける主張」においても、政治家を主題とする文章というモノは出てこないんですね。
 
 短絡的に考えれば、確かに「男系を優先するために、最終的には法改正すべきだ」という結論を得るためには「政治家が動けば良い」という方法を採るコトが簡単ではありますから、そのルートをとるのであれば政治家批判になるような主張になってしまうのかもしれません。
 本来は「政治家は政治家としてどう行動すべきか」という理由を考え、その評価を冷静に下さなければならないのですが、結論を早く得たいがためにその中身の評価が出来ず、短絡的に「行動しないから悪い」という結論を出してしまうのでしょう。
 しかしそれは、「政治家は政治家としてどう行動すべきか」がないままの政治家批判であり、結局のところは「政治家に直接向ける主張」になってしまっているんですね。
 「政治家が動けば最良の結論が得られて解決するんだ」と、理屈抜きの結果ありきの主張にしかなっていないからです。
 この理屈は大変に危険な理屈なんですよね。
 
 やえは皇統問題を今の段階で政治家が具体案を出すべきではないと思っています。
 1つは、未だ国民の理解が低いので、男系優先の具体案を政治家が提示しても、むしろ反発されてマイナスにしかならないだろうと予想しているから。
 もう1つは、天皇皇室と政治家(権力者)との距離のバランスの問題からです。
 
 逆に言えば、これらがクリアされれば、どんどん議論を前進させて法改正まで持って行くべきだと思っています。
 ですから、もっと国民が男系男子優先こそを最優先に考えるべきだと意識を持ち(やえは側室制度すら復活には賛成です。もちろんこれは理解されるかどうかの問題は度外視しています。やえの個人的な意見です)、その上で天皇と権力者の距離の問題をうまく整理できれば、後は法改正が必要なのですから政治家がリーダーシップをとるべきでしょう。
 こういう意味において、もしこの段階まで来たのにも関わらず政治家が動かなければ、それはその時に「キチンと動かない安倍総理はおかしい」と国民に向かってやえは主張するでしょう。
 そして残念ながら、あらゆる意味でいまの日本においては、足りていないモノばかりだと言わざるを得ないのが正直な現状だと思うのです。
 
 結論も主観でいいんですが、ただその結論を達成するために安易に「政治家が動けば達成される」→「政治家が動かないから達成できないんだ」→「この政治家は悪だ」と思考してしまうのは、ちょっと短絡的すぎるのではないのでしょうか。
 なぜ動かないのか、本来はどう動くべきなのか、他に理由や足りないモノがあるのではないのか。
 様々なモノを考えるべきなのです。
 「とにかく政治家が動いて法改正をすればそれで終わる」とは、結果だけ見ればその通りなのかもしれませんが、それは大変危険な考え方だと指摘するしかありません。
 
 以前よく使っていたフレーズなのですが、「政治家や国家は国民の安楽装置ではありません」。
 少なくともこの問題について言えば、現状、男系最優先論が未だ国民の中で受け入れられていない以上は、国民以外の言葉で表現される主体に責任を転嫁させるようなコトはできないのではないでしょうかと思っているのです。
 
 さて、何度もこのようなお話を繰り返してもアレですから、次回はまた皇統問題の中身について書いていきましょう。
 次回は「神武天皇家が続く意味」を説明してみようと思います。
 



コメント:25

匿名 16-11-16 (水) 18:12

間違ってるかどうか判断するのは主観だが
一体どうなったらやえさんとして充分なのかが見えないんだよな
具体論に言及しない
そういうことを訴える人が当選して国会で男系維持が多数派になれば国民が責任を果たしたと言えるのか?

5 16-11-16 (水) 18:55

※匿名
必ずしも責任を果たすイコール男系維持が安定する…ではないけどね。
男系維持を公約に掲げて当選する人が議会の多数を占めるようになる(国民の多数が男系維持の為の法整備を望む)のは、ひとつの段階としての到達点ではあると思うよ。
重要なのはその過程。
多分だけど、匿名さんや.さんは政治家に直接訴えかけて現職の政治家を動かそうという考え方。思い通りに動かないから政治家を批判するというやり方だね
対してやえちゃんは、国民に理解を深めてもらって、国民世論の多数を男系維持に向けさせようという考え方だと思うよ。
だから、今の段階で政治家がうかつに動くと国民世論の男系維持の浸透にマイナスになるから目立った行動をしないで欲しいんじゃないかな。だから、維持派曰く動かない安倍政権を批判する必要が無いだろうって事。
そもそも民主主義の日本では、直接代表者や権力者を批判したり行動させるように働きかけるのではなく、投票や選挙によって間接的に達成させるものだと私は考えてる。
ぶっちゃけると、男系維持を表明すると票に繋がると政治家に思わせるってことさ。
だから、政治家を批判するよりも考え方を投票券持ってる人に広めた方が手っ取り早い。
私の解釈だとこんな感じ。長文で乱文だからわかりにくいだろうけどね

やえ十四歳 16-11-16 (水) 18:57

 結果も必要ですが、手段も正しい道筋が必要です。
 こう書くと難しいお話かもしれませんが、でも民主主義政治ってそういうモノですよ。
 「目的達成のためなんだから」を許してしまえば、結局はテロリズムの理論に行き着いてしまいます。
 やえも含めて1国民というのは、あくまで「1/1億」でしかないのですから、1人が出来るコトなんてたかがしれていますし、そうであるべきです。
 だからこそ、正しい手続きや手段っていうのは大切にしなければならないと思っています。
 
 今回の件で言えば、これも何度も言ってるんですが、正直いまの日本国内の世論っていうのは「旧皇族を復帰させてでも(いまの女性皇族の方に旧皇族の男系男子と結婚してもらってでも)男系継続は絶対に必要なんだ」というほどにはなっていないというのが、やえの見立てです。
 いまの皇統問題の根本はここにあります。
 世論の熱が全然足りていないと思わざるを得ないんですよ。
 これも何度も言ってますが、もし「世論が先行しているのに政治が遅れている」という状態でしたら、やえは政治家批判するコトでしょう、「この政権は間違っていると国民に訴えるため」に。
 でも現状は違うとやえは認識しています。
 一体どうなったらやえとしては十分なのか、その具体論とは何かとのコトですが、世論がそうなれば「十分」だと思います。
 と言っても「世論がそうなれば」が具体的じゃないと言われるのかもしれませんが、でも世論ってそういうモノなのではないのでしょうか。
 多分未だ「世論」ってモノを具体的に形に出来る形で定義できている人なんていないと思いますよ。
 「国民の理解の元で皇統問題が正しく整理される」という状況を、もっと形にして見せてみろって言うのでしたら、逆に例えばどういう状況なのかをやえが聞きたいぐらいです。
 
 ですから、「国民理解なんていらないからとにかく法改正を」という意見の人とは、残念ながらやえとは相容れない意見だと言うしかありません。
 もしくは、「いまでも国民理解が十分だ」という意見の人とも相容れないと言えるでしょう。
 後者の場合は、そういう形自体はやえの望むところですので、そういうご意見の方はぜひやえに、なぜいまでも十分の世論形成だと言えるのかという根拠を教えて頂きたいと思います。
 やえがそれに納得できれば、認識を改めたいと思います。
 
 なんかこういう言い方もアレなんですが、では男系継続優先論の方で、かつやえの国民世論に訴えるという手法では納得できないという人は、ではアナタはどういう形が具体的に良い形なのかをお聞かせ頂きたいです。
 やえでは思いつかない方法があるのであれば、それはそれで歓迎したいです。
 
 あと、それからすみません、できればハンドルを付けてください。
 もし匿名のままの人が多いのであれば、システム上の問題としてメールアドレスを入力しなければコメントできないようにしかやえや管理人のあまおちさんにはできませんので、一人ひとりのご協力をお願いしたいと思っています。
 

. 16-11-16 (水) 20:36

5さんの書き込みにレスさせていただきます。
.
>>現職の政治家を動かそうという考え方。思い通りに動かないから政治家を批判するというやり方だね
.
匿名さんの意見はどうかは知りませんが、私としては何度も
政治家を動かせば、簡単に結果が手に入るとか、
そういった方法論は否定してきましたが…。
.
繰り返しますが、政府自身も問題の遅延は懸念し、
それを公式に発表しています。
.
三笠宮さま逝去に伴い、10月27日に菅官房長官が記者会見で
皇族減少への対応について「検討を先延ばしすべきではない」
とはっきりと述べています。
.
遅延すると何が不味いかというのも、何度か書き込ませていただきました。
.
例えば、現在の女性皇族が婚期が近いなか、旧宮家の復帰が決まって
いなければ、皇族離脱などの進路決定に不安を与えてしまう事。
.
旧宮家の復帰は、当人だけの問題ではなく、その家族…子供たちにも
係る事なので、一世代だけ説得すればよいというものではなく、
世代を跨って時間がかかるかもしれないこと。
.
旧宮家が、民間で自由意思において結婚・出産を行い続けると
(もしくは結婚しない)
世代交代につれ人員が減少してしまい、男系維持が難しくなる…等々。

. 16-11-16 (水) 20:53

そして何度も書いてきましたが、ここで一部の人間が、
一部の政治家を動かして、一部の勢力のみで皇族の将来を決める…
というのも大問題です。
.
他の方の意見はどうかは知りませんが、やはり国民全体が考え、
大勢の理解と支持によって成り立たせなければなりません。
.
その為の方法論として、ネットを使って理解を広めるのもよし。

もしくは問題の内容を、責任ある立場の人間から、公共電波などで
呼びかけてもよし。
.
できれば男系・女系とも具体案も伴っていれば、なお良いでしょう。
.
政治家に男系を決定して貰うのではなく、きちんと形にした上で
広く国民に呼びかける事を目的にしているのです。
.
例えば、個々人が防災についてネットで注意を呼びかけるのと、
政府が具体的な防災計画を提示して、国民に注意とその是非を
問いかけるのとの違いぐらいで、最終的に決めるのはあくまでも
国民の理解と意思です。
.
政府批判は、誰かに責任を押し付けて吊し上げようなどというケチなもの
ではなく、政府自体が遅延を懸念している現状を踏まえて、
その背中を押し、広範に国民に訴える契機を促すものです。
.
無論、それで反発や無理解などの反応も生まれましょうが、
どのみち説明や説得はいつかはしなかればいけないので、
どこかで腹は括らないといけないと思われます。

匿名 16-11-16 (水) 21:08

そしてブログなどで話し合う事や、記事を載せる事の意義ですが
政府も懸念している不安材料を理解し、その対応について考えたり
話しあったりするだけでも有意義だと思います。
.
なにしろ政府自身も公式発表し、先日の陛下のお言葉の中でも
安定継承に言及した言葉がありました。
.
そして攘夷問題に伴い、皇室典範の改正や次代の扱いなども
言及せざるを得ない状況になっています。
.
このような状況下では、どちらにせよ
皇族減少問題の遅延について、これから先に議論にあがらないと
いう事は、たぶんないと思われます。
.
ですから、政府が何を懸念しているかを理解して、議論のピッチや
具体案を出すタイミング、タイムリミットなどを意識し、
それを考えて置く、踏まえて置くというのは、個々人、民間人にとっても
これから議論する上で有意義になるのではにでしょうか。
.
政治家が短絡的に動くとか、誰かに責任や鬱憤をぶつけてやろうかとか
そういうお話しではないです。

. 16-11-16 (水) 22:13

加えますと、安倍政権は、動かないのが正解…としている訳ではなく、
動く必要性は相当感じているけど、今まで踏ん切りがつかなかった、
これからは…? が正確な認識だと思われます。
.
7月15日の記者会見において、同じく菅義偉官房長官は
皇族の減少への対応策について
「かなり具体的な形で対応することができるように検討中だ。
年内というよりも、早急に対応しなければならないという
問題意識を持っている」…と述べています。
.
ですから、少なくとも数年以内には、具体案を出すか
それがとん挫するかという結果が出ると思われます。
.
ですが、退位問題が進展する中(その結果がどうあれ)
皇族減少問題が放置され続けるという状況は、政治自身も含めて
多くの人間は、望ましいとは考えないでしょう。
.
問題としては、色々と連動する部分があり、進展に対する言及などは
最早避けられないものとなると思われます。
.
個人としては、政府を吊し上げたいというよりは
その状況認識の正確さを評価し、できれば勇気を持って決断する事が
国民にも政府にとっても、良い結果になるのではないかと思います。

5 16-11-17 (木) 8:07

※.
何が言いたいのかよく分からない。察しと理解力が不足してて申し訳ない…
出来れば「ここまで言えばわかるよね?」という感じの書き方じゃなくて、答えそのものをずばりと書いて頂けると助かります。

. 16-11-17 (木) 9:01

皇族減少問題の遅延は、政府も懸念して、「先送りにすべきではない問題」
だと認識している事。
.
具体案の作成の必要性も、考慮に入れている事。
.
だから、この場合の政府批判は、責任転嫁や吊し上げなどではなく
「速やかな検討・対応が必要だと痛感しているなら、そうなされたら」
というもの。
.
>>今の段階で政治家がうかつに動くと国民世論の男系維持の浸透に
マイナスになるから目立った行動をしないで欲しいんじゃないかな。
.
>>維持派曰く動かない安倍政権を批判する必要が無いだろうって事。
.
寧ろ、動かない方がよいと言っている方が、真逆の政府批判に当たる事。
こちらとしては、政府のいう「緊急の問題性」を理解・共有しています。
.
>>「かなり具体的な形で対応することができるように検討中だ。
年内というよりも、早急に対応しなければならないという
問題意識を持っている」…
.
>>皇族減少への対応について「検討を先延ばしすべきではない」。

. 16-11-17 (木) 9:01

皇族減少問題の遅延は、政府も懸念して、「先送りにすべきではない問題」
だと認識している事。
.
具体案の作成の必要性も、考慮に入れている事。
.
だから、この場合の政府批判は、責任転嫁や吊し上げなどではなく
「速やかな検討・対応が必要だと痛感しているなら、そうなされたら」
というもの。
.
>>今の段階で政治家がうかつに動くと国民世論の男系維持の浸透に
マイナスになるから目立った行動をしないで欲しいんじゃないかな。
.
>>維持派曰く動かない安倍政権を批判する必要が無いだろうって事。
.
寧ろ、動かない方がよいと言っている方が、真逆の政府批判に当たる事。
こちらとしては、政府のいう「緊急の問題性」を理解・共有しています。
.
>>「かなり具体的な形で対応することができるように検討中だ。
年内というよりも、早急に対応しなければならないという
問題意識を持っている」…
.
>>皇族減少への対応について「検討を先延ばしすべきではない」。

. 16-11-17 (木) 9:16

失敬しました。
操作ミスで、余計な重複投稿になってしまいました。
.
後は、政府から呼びかけるのは、別に問題ないという事。
.
鶴の一声で問題を決めるのはNGですが、
皆で考えましょうと呼びかけるだけなら、特に問題が生じるわけでは
ありません。
.
交通事故に気を付けましょうと、生徒から自発的に呼びかけるは素晴らしい
ですけど、緊急性のある問題なら、校長先生が全校集会で、呼びかけても
別に構いません。
.
できるのなら、両方やればいいだけの話しです。
そして校長先生が、対応の必要性を痛感しているなら
「やったら?」と述べるだけです。
.
それで、大多数の人間が学校側を吊し上げる事ばかりに必死になるとか
責任転嫁して、責任感が著しく欠如するとかは、ちょっと極論だと思います。
.
民間から呼びかけるのも良いし、
政府から呼びかけるのも特に問題ありません。
.
どちらにしろ、一定の反発や無理解は生じるでしょうし、
それらに説得・説明しなければいけないのも同じです。

匿名 16-11-17 (木) 9:31

それから、遅延に対する政府批判はどうか…といっても、現実的には
これから先、その問題が言及されないとは思えません、
.
なにしろ、政府自身が公式に遅延への懸念を表し、
先送りすべきではないと問題提議しているのですから、
それらに言及するなという方がナンセンスです。
.
併せて、退位問題は、さらに緊急に解決しなければならない問題であり
その進展状況は国民が注視し、これまで以上に皇室問題を
頻繁にメディアなどで取り上げる事でしょう。
.
それらの進展状況や、退位問題がクローズアップされる度に
皇族減少問題の進展についても、併せて言及される機会が
遥かに増えると思われます。
.
ですから、状況的にはすでに、それらの問題への言及は
最早避けられないものとなっているかと。

. 16-11-17 (木) 9:52

逆に5さんにお聞きしたいのですが、政府から国民に呼びかける事の
何が致命的にまずいとお考えでしょうか?
.
民間で呼びかけるのは、自発性の面で良いかと思います。
.
それに併せて、政府などの公共機関から呼びかけるのも
広範性から良いかと思います。
.
できるなら両方やれば、良いだけの話しでは?
そして政府が、その必要性を感じているなら、その後押しの督促をするのが
何か問題になるのでしょうか?
.
鶴の一声で決めてしまうならともかく、政府に呼びかけられただけで
大勢の人間が、吊し上げや責任転嫁に走るとお考えでしょうか?
.
反発が生まれると言われますが、
民間で呼びかけても、政府から呼びかけても一定量は同じかと思います。
.
民間だけで呼びかけると、問題なくスムーズに民意形成される…というのは
現状を踏まえても、ちょっと考えにくいのですが。

ああ 16-11-17 (木) 9:53

いくら聞いても理由は分からないがとにかく「自分は悪くない」と下手な弁明聞かされてる気分w

. 16-11-17 (木) 10:08

更に付け加えますと、政府が国民に呼びかけたとしても
その場で即時、多数決をとって決定…とはならないでしょう。
.
当然ながら、問題整理し、それを会議などで諮って、提示する事から始めて
国民も含めて、充分な審議期間を経てからの決定となるかと思います。
.
なんだか、政府が動く=決定がすぐに下される…みたいなニュアンスで
捉えている様な気がするのですが、現実的にはそういう事態にはならないと
思います。
.
理解の浸透と、民意形成が必要というなら、緊急性を意識しつつ
拙速を避けて、その期間中に充分やれば良いだけの話しでは?

. 16-11-17 (木) 10:20

理由としては
 
 
・政府は、これ以上は、問題の先送りをすべきではないとしている。
 
・自分も、それはもっともだと思うので、遅延した場合は督促するのは普通。
 
・政府が問題提議するだけで、大勢の人間が責任転嫁に走るとは思えない。
 
 
という三点だけですかね。 
さほど難しい理由ではないと思いますが。

. 16-11-17 (木) 12:45

民意形成や、理解が不足しているので、政府は動かない、動けない…
というのも、決意表明した今となっては、的外れかと。
.
そういったデメリットを考慮しても、先送りは望ましくなく
進展を急ぐと、はっきり政府は述べているわけですから。
.
で、そのデメリット解消のために、民間で呼びかけたり、政府で呼びかけたり
するのは、どっちも余り大差はないと思います。
.
やる気になってきた政府が出てくると、民間人の自主性が失われるとか
邪魔になるとか、責任転嫁に走るとかは、ちょっと穿ちすぎなのでは。

匿名 16-11-17 (木) 13:51

※5さんへ
《また長文になってしまいましたが、読むのが面倒なら
コメントの15~18あたりだけ読んで下さい。》
.
どちらにせよ、現在の政府が取り組もうとしているのは
会議で検討するとか、具体案のサンプルを作るとかの段階で
それこそ、理解の浸透や民意形成を目的にしたものでしょうから、
問題などどこにもありません。
.
それらの取り組みが遅れれば不味いと、政府自身が言っているので
遅れたら不味いというだけの事です。
.
どうみても、独断専行で、最終決定するとか主張している訳ではないし
安倍政権の支持率が倍あったとしても、現実的にそんな事は不可能です。
.
逆に、5さんのように、政府に関与する事になると
なんでもかんでも独断専行や責任転嫁に繋がるような
一律的な見方の方が理解できません。
.
政府も含めて、誰もそんな事をするなどとは言っていないし
現実性が皆無です。

5 16-11-17 (木) 15:16

過去の例から見ると、国民は一般的によく分からないものはとりあえず反対する傾向にあるという事。
人権擁護法案しかり、TPPしかり、原発再稼働しかり、集団的自衛権しかり、後期高齢者医療制度しかり。その他もろもろ。
ちゃんと調べればどれも国益、自分達の利益に繋がるのに、よく分からないからとりあえず反対…とね。
そして日本のマスコミも大半が日本の利益国益に繋がる行動に対して批判する傾向にあり、その「よく分からない」派を後押しするわけで。
政府が問題意識を持っている、といった程度の発言に留めているのもそれが理由じゃないのかな。
もし、国民の大半が女系と女性の区別すらついてない、関心も無い現状で大々的に動いてみなさいな。
過去の例の通り、多分皇室の人権云々や女性軽視やらなんやらで、国民世論の大半を占めるよく分からない派の人はよく分からないまま改定に反対するだろうね。
そして人権やら女性差別やらごっちゃごちゃにして男系維持派が壊滅すると想像するよ。マスコミも日本の不利益になることには全力を出すからそれを一大キャンペーンで後押しさ。

つまり、政府が動くのはマイナスが致命傷に繋がりかねないってこと。
伝わるかな

5 16-11-17 (木) 15:50

妄想をあげてみると…
「政府が男系維持の為に人権軽視の側室制復活や女性差別法案を強行か!」
「自民党による皇室の政治利用だ」
「古い日本の男性優遇に舵を切り世界の流れと逆行」
「天皇は女性でもいいじゃない。過去にも女性天皇はいたんだし、男の子が授かれば次代にも繋がるでしょ」
「DNAが染色体が云々」
「マスコミや野党が大反対する男系なんかにこだわる女性差別主義者の右翼の言うことなんていちいち聞いてられないわ」
「男系維持なんていう右翼政治家に投票なんてしない」
「よくわかんないけど、男系維持って差別的でよくないんだろうからとりあえず反対で」
原発やTPPや人権保護法案、共謀罪、集団的自衛権なんか全部こんな流れでしたからね。

匿名 16-11-17 (木) 18:40

はて、大体の国民は愚かで、マスゴミに流されやすいので
自分たちが導かないと、正しい答えに辿り着かないといったような驕りを感じますが…。
.
正直、国民は皆へそまがりで、大多数がマスコミに変な方向に誘導される…
…といった極論だと思われますが。
.
そちらで挙げた諸々の他の問題にせよ、国民が騙されてマスコミのミスリードで全て撤廃したという事もなく、多くは現実的な見解に落ち着いていると思われますが。
.
また、マスコミのミスリードや、わからないものは反対というのを防ぐなら
寧ろ、せめて政府見解は、きちんとしたものにした方が良いのでは
ないでしょうか。
.
集団的自衛権も見解なし、原発問題もノープラン、後期高齢者も放置…では
逆に、マスコミなどはミスリードしまくりではないでしょうか。
.
皇族減少問題なども、現実にいる女性皇族に婿を取ったら…
という意見の方が蔓延すると思いますが。
.
そっちの方が一般的に「わかりやすい」ですから。

. 16-11-17 (木) 19:00

まあ、自分自身も、現段階で即決を採るとなると、恐らく混乱が生じると
思いますので、政府見解は一つの契機であって、そこから審議を
進めていかないといけないと思います。
.
見解の違いといえば、別に政府を動すのは、
政府自身が緊急性を認識していますし
審議や理解を深める契機を期待しての一方法論なので
それで政府批判して終わりとか、即決で決着とかは全然考えてない事ですね。
.
一部に、極右や極左に、そういう人たちもいるかもしれませんが
この件で民意がガン無視して、一部の人間が強行採決とか
とても現実的な話しとは思えません。
.
>>多分だけど、匿名さんや.さんは政治家に直接訴えかけて現職の政治家を動かそうという考え方。思い通りに動かないから政治家を批判するというやり方だね
.
政府見解を出す事への、メリット・デメリットの考え方の相違はあるでしょうが
いい加減、上記なような誤解や推測は解除して欲しいのですが。

5 16-11-17 (木) 20:39

ああ…そういった解釈をされるんでしたら、もう私から言うことは何も無いです。
返信ありがとうございました。

. 16-11-17 (木) 21:21

お付き合いありがとうございました。
.
まあ、前にも書きましたが、退位問題で、
皇室問題がクローズアップされた今、
政府としても、いつまでも検討中…といったスタイルでいるのは
やはり現実的に難しいんじゃないですかね。
.
今すぐ即決…のような愚行はしないと思いますが、
待ったなしの退位問題が決着する頃には、何らかの動きがあるのでは。
.
まあ様子見に徹するかもしれませんが、遅かれ早かれ節目というのは
やってくるでしょうから、それまでに民意形成や、理解の浸透に努めて
備えるというご意見には、全面的に賛成です。

マコ 16-11-18 (金) 7:10

政府がやるのは男系、女系の勉強会でも良い。
国会議員自体がそもそも理解してないと思う

コメントフォーム
Remember personal info

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.amaochi.com/blog/2016/11/162540.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
政治家批判とは? from バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳

Home > 言論活動 > 政治家批判とは?

最新の更新
web拍手

面白かったらぜひ拍手ボタンを!
メッセージを送るコトも出来ます。
ブログランキング

政治 ブログランキングへ

幅を広げるために参加しました。
良かったらクリックしてください。
カレンダー
« 2016 年 11月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
月別記事一覧
カテゴリー
最近のコメント(レスをツイッターでやってます)
最近のトラックバック
RSS
箱入りやえちゃん
 
過去ろーぐ!

平成23年10月以前過去ログ
平成14年から続いているんですよ!

Return to page top